畳がへこんでしまった!直し方や予防法教えて!

畳に長い間重い物を置いておくとへこみが生じることがあります。 また、机などの脚がある家具を使用すると一部分に穴のようなへこみができてしまうことも。 これらのへこみの直しかたと、へこみ防止グッズについてまとめました。

へこんだ畳の直しかたと道具

驚くことに畳のへこみを直す道具は、水にぬらして固く絞った雑巾とアイロンだけです。
ここで紹介する方法は畳の素材であるイ草の性質を利用した方法です。
畳はイ草を編んで作られているため、熱と水分を与えることで繊維が膨張して元に戻ろうとしてきます。

畳を直すには、まず初めにへこみが気になる部分へ濡れ雑巾を置きます。
そしてその上からアイロンを当ててあげるだけでイ草の圧縮された繊維が戻ってきて、少しずつへこみが改善されていきます。
もしもスチームアイロンを用意できた場合には、濡れ雑巾は必要なく、畳のへこみにスチームを十分に当てあげるだけで圧縮された部分が元に戻ってきます。

へこみ防止グッズ

最近では、畳の部屋に和モダンなインテリアコーディネイトをして、暮らしを楽しむ人も増えています。
しかし、畳は重い家具や脚のあるものには向きません。

この問題を解決することができるのは、畳のへこみ防止グッズです。
ホームセンターや100円グッズなどにある分厚いコルク素材のへこみ防止マットを、畳と家具の間に挟むことでへこみを予防することができます。
へこみ防止専用のグッズが用意できない場合でも、畳との間にカーペットを必要なサイズでカットして代用することもできます。
畳の部屋に置く家具選びと合わせてへこみ防止グッズを購入しておくと、お好みのインテリアコーディネイトを楽しむことができます。

最後に

畳のへこみにもさまざまな状態があります。
固く絞った濡れ雑巾とアイロンだけでは上手く直らなかったひどいへこみや、家具を退かしたあとの色あせなどが気になる場合もあります。
自分の手には負えない状態の畳には、畳の交換を検討することもいい方法です。
畳のプロに相談すれば張替えから交換まで、依頼者にベストな方法を紹介してもらうことができます。
畳の交換業者は検索サイトを利用するだけで簡単に見つけることができます。
くらしのマーケットでは畳張替え業者を明確な料金表と口コミで比較し、予約することができます。

関連記事

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る