洗面所を使いやすくリフォームする方法を教えて!

洗面所は、年数がたつにつれて傷んできます。また、子どもの成長によって物が増えたり混み合ったりして、使いづらくなってきます。洗面所は洗顔だけでなく、洗濯、脱衣所としても利用されます。リフォームは使う人のことを考え、ポイントを絞って考えると失敗しません。まずは、洗面台と収納について考えてみましょう。

洗面台の高さとボウルの大きさ

洗面所のリフォームで一番重要なのは、洗面台です。交換するなら、洗面台と収納、鏡などが一体となった既製品が便利です。

洗面台の高さは?

既製品の洗面台は、高さのバリエーションがあまりありません。家族の中には背が高い人、低い人がいるので、全員にとって適切な高さにはできませんが、低すぎると腰に負担がかかります。ですから、できるだけ高いものを選んだ方がよいでしょう。
キャビネットの下段が踏み台になっている洗面化粧台もあります。使わないときは収納できるので邪魔にならず、小さな子どもがいる家庭には便利です。

洗面ボウルの大きさは?

ボウルの大きさも重要です。小さいと、周りや床に水がはねて、びしょびしょになってしまいます。
かといって、目いっぱい大きくしてしまうと、洗ったもの、使ったものをちょっと置くスペースがなくなってしまいます。
また、大きいとボウルの掃除が行き届かなくなります。固定式の水栓金具では、ボウルのふちを洗い流せません。引き出せる水栓にすれば、ボウルの端まで掃除できます。

収納は多ければ多いほど良い

洗面所の困りごとといえば収納です。
タオル類はかさばりますし、化粧道具などの細かいものもきちんと整理したいですよね。

大きなものの収納

バスタオルや洗剤のストックなど、普段使わないものをしまえるよう、天井まで棚があれば便利です。オプションとなることが多いのですが、収納量は格段に増えます。
洗面台の下は排水管が通っており、収納が難しい場所です。従来の開き戸タイプですと、無駄なスペースができてしまったり、奥のものがとれなくなったりしがちです。
引き出し式ならデッドスペースも少なくなります。

細かいものの収納

洗面所で化粧をするなら、こまごまとしたものがしまえるトレイや浅い引き出しが多くあると便利です。
ただし、ミラーキャビネット(鏡の後ろが棚になっているもの)の中にあると、いちいち扉を開けなければなりません。取り外せるトレイがあるか、よく確認しましょう。

予算がない!そんなときは

リフォームを考えると、ついあれもこれもと加えたくなり、予算をオーバーしてしまいます。
すべて希望が叶えられず妥協した場合や、そもそもリフォームをあきらめている場合でも、少しの工夫で悩みが改善することがあります。
まずは、鏡をきれいにするだけでも気分が違ってきます。
>洗面所の鏡の掃除の仕方教えて!
特に、洗面所で化粧をする女性はきれいにしておきましょう。
他には、突っ張り棒を利用してタオルハンガーにしたリ、棚を作ったり、低予算でもできることはたくさんあります。
洗面台を交換するだけでも10万円前後しますから、リフォームを検討しつつ、自分でできるところは改善していきましょう。

この記事のキーワード

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る