イタチの駆除の仕方教えて!

住宅街でイタチが出没しているという話を聞いたことがないでしょうか?近年、天井裏や床下に棲みついたり、家屋内に侵入して食品などをあらしたり、糞尿の臭いや周辺を汚すなどイタチの被害が多く発生しています。ここではイタチの被害を未然に防ぐための予防、イタチが棲みついた場合の駆除方法についてまとめています。参考にしてみてください。<

イタチ駆除

イタチに棲みつかれないように予防するには

生ゴミやエサになりそうなものを屋外に放置しないようにしましょう。
棲みつかれる前に侵入口になるおそれがある3cm以上の隙間はふさいでおきましょう。
木登りが得意なので侵入経路にならないように庭木の枝は剪定しておきましょう。

イタチに棲みつかれてしまった場合は

イタチは天井裏や床下などに棲みつき被害をもたらします。
原則として捕獲は鳥獣保護法で禁止されています。
捕獲には保健所、市町村役場に申請する必要があり、罠を使用する場合は免許も必要になります。
保健所、市町村役場に申請して捕獲が必要と判断されれば捕獲許可証が交付されます。

イタチを自分で追い出す方法

臭いで駆除することが可能です。
漂白剤や酢でも一定の効果がありますが駆除するためには効果が出るまで何度も散布しないといけません。
強い臭いを発する木酢液やクレゾール石鹸液は駆除の効果が高いです。
しかしこれらは医薬品になりますので使用上の注意をよく読んでご使用ください。
また点滅灯とアルミホイルを天井裏や床下に設置し夜間に点灯する方法も駆除に効果があります。
しかし火事の原因になるおそれがありますので、設置するときは燃えやすいものが周辺にないことを十分確認してください。
燻煙剤、動物忌避剤も有効です。

イタチを自分で捕獲する方法

エサ場や通り道に捕獲するための罠とエサを設置します。
エサは罠に固定しておきましょう。
罠に滞在する時間を長くすることができるので捕獲の成功確率がアップします。
一定期間、罠を設置しても効果がないときは設置場所を変更しましょう。
必ず1日1回は現状確認しましょう。
捕獲した場合は迅速に対応してください。

イタチを確実に駆除するなら

自分での予防や対策だと手間がかかり、確実に駆除できない場合もあります。
イタチを確実に駆除したい人は業者に依頼することをおすすめします。
それは一度捕獲に失敗すると、警戒心が強まりさらに捕獲が難しくなるからです。

くらしのマーケットではハクビシン・アライグマ・イタチ駆除を明確な料金表と口コミで比較し、予約することができます。

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る