マンションのトイレリフォーム|失敗しないための必要なダンドリ・注意点

マンションでのリフォームは、集合住宅であるからこその制約や注意点があります。特にトイレなどの水回りのリフォームは、給排水も関わるため特に注意が必要です。はじめてのリフォームでも失敗しないための、リフォームのダンドリ・注意点をご紹介します。

2019.5.30 更新
TOP

目次

  1. 1)トイレへの不満や問題を洗い出し、リフォームイメージを固める
  2. 2)マンションの規約やトイレの構造を確認
  3.  2−1)選べるトイレが変わる?排水方式を確認
  4.  2−2)タンクレストイレを選ぶなら注意したいこと
  5.  2−3)増設・移設はできるの?規約や構造を確認
  6.  2−4)管理組合等へ出す申請書類を確認
  7. 3)リフォーム費用の相場確認・資金計画をする
  8. 4)リフォーム事業者を比較・検討
  9. 5)リフォーム前の打ち合わせ・準備
  10. 6)リフォーム当日・完了後
  11. 7)トイレのリフォーム事業者を探すなら

トイレへの不満や問題を洗い出し、リフォームイメージを固める

 家族でリフォーム内容を検討している様子

リフォームを検討する際に一番大事なことは、「何のためにリフォームをするのか」を明確にしておくことです。

単純に古いトイレを新しくしたくてリフォームする場合でも、「日々のトイレ掃除が大変」「水道代がかさんでいる」「トイレ全体が古い印象」など、不満や問題を洗い出すことで、リフォームすべき内容が見えてきます。

不満や問題をリストアップすることによって、1度のリフォームでまとめて問題を解決することができます。

また、重要度が高い順に並べ替えることで、リフォーム費用が予算よりもオーバーしたときに、無駄なオプションがついていないか、妥協できる点がないかを判断するのに役立ちます。

マンションの規約やトイレの構造を確認

書類を確認する女性

次に、マンションでトイレのリフォームを計画する際に注意したい点について説明します。

マンションは集合住宅であるがゆえに様々な制約を受けます。事前確認を行っておき、段取りよくトイレのリフォームができるようにしておきましょう。

選べるトイレが変わる?排水方式を確認

トイレの排水は通常、「壁排水」と「床排水」の2種類があります。

比較的新しいマンションの排水は、床排水のものが多いようです。ただし、古いマンションの場合は、壁排水のタイプの場合があります。

この排水方式の違いにより設置する便器が変わりますので、リフォームしたいマンションのトイレの排水方式がどちらなのかを確認しておきましょう。

壁排水と床排水、どちらの排水方式かを確認する場合は、トイレの後ろ側を見てみましょう。壁とトイレが排水管で繋がっている場合は、壁排水です。

不安な場合や、わからない場合は、マンションの管理組合などに確認をしましょう。

タンクレストイレを選ぶなら注意したいこと

人気のタンクレストイレですが、水道に直接つないで水を流します。そのため、水圧が低い場合には向かず、マンションでは設置ができないケースも多くありました。

最近では、加圧装置やコンパクトなタンクがついたタンクレストイレがあり、水圧が低い場合でもタンクレストイレを設置することができます。

タンクレストイレを選ぶ際は、希望する便器が低水圧にも対応しているかどうかを確認しましょう。

増設・移設はできるの?規約や構造を確認

工事中のマンション

マンションでもトイレを増設したり、トイレの位置を変更したいというニーズもあるでしょう。

しかし、トイレの増設や移設のリフォームは、管理規約やマンションの構造上の問題により難しいケースが多いです。

マンションの管理規約や使用細則

マンションは、個人でリフォームができる場所とできない場所が決まっています。

個人でリフォームができるのは「専有部分」のみです。専有部分とは、玄関の内側からサッシの内側までの居住空間のことです。

マンションを支える構造部分や、マンションの住人が共同利用するエレベーターや廊下、屋上などの「共用部分」は個人でリフォームすることはできません。

マンションのトイレの増設や移設は、専有部分内であってもマンションの管理規約や仕様細則などによってリフォームが許されていない場合があります。

トイレの増設や移設のリフォームを行いたい場合は、マンションの管理組合に確認をしてみましょう。

構造上の問題

マンションの管理規約や細則では問題がなくても、配管状況や床の高さなど構造上の問題により、増設や移動できる距離が制限される、または全く動かせない場合もあります。

増設・移設をしたい場合は、マンションの管理組合やリフォーム事業者に相談・確認をしましょう。

管理組合等へ出す申請書類を確認

マンションでリフォームを行う場合、管理組合などへの連絡や届け出が必要な場合があります。トイレの交換リフォーム等は、管理組合への事前申請が必要なケースが多いです。

届け出の提出は、リフォーム実施の前日でよいところから、1ヶ月前にしないといけないとこもあり、組合によって様々です。

リフォームを計画し始めた段階で、管理組合へ問い合わせ、相談を行っておくとトラブルを回避できます。

リフォーム費用の相場確認・資金計画をする

リフォーム資金

自分が計画しているトイレのリフォーム費用がどれくらいかかるのか、またどれくらいかけてもよいのかをを事前に整理しておきましょう。

費用相場を知っておくことは、リフォーム事業者を探す際のプランや価格面の評価基準になります。

トイレのリフォームにかかる費用相場

便器本体の商品代、トイレの交換や壁紙などの内装工事を含めると、トイレのリフォームの費用相場は250,000円〜300,000円程度です。

ただし、設置したい便器のグレードが高い場合や、手洗い器の設置、コンセントの新設・増設、その他凝ったリフォームを行う場合などには、かかる費用は増加します。

資金が足りないなら、ローンや補助金の検討も

自己資金だけではリフォームが難しい場合でも、ローンなどをうまく使って妥協のないリフォームを検討しておくのも手です。条件によってはリフォームに住宅ローン減税制度を利用することができます。

また、一定条件のリフォームに対して自治体などからの補助金を受けられる場合もありますので、利用できるものがないか確認しておくとよいでしょう。

サムネイル画像

リフォーム事業者を比較・検討

数あるトイレのリフォーム事業者から1つを選ぶのは大変です。 自分の計画しているリフォーム内容が実現できそうな事業者を数社選んで、内容や価格を比較してみましょう。

インターネットを利用して探すのであれば、リフォーム実績や口コミなどが掲載されている事業者を選ぶとよいです。

価格が安すぎる場合は、思わぬ作業などがオプションとして追加費用がかさむことがあるので注意が必要です。

事前にプランやリフォーム内容について問い合わせや相談をしたり、見積もりを取って比較することも重要です。

リフォーム前の打ち合わせ・準備

事業者との打ち合わせ

リフォーム事業者を決定したら、実際のトイレのリフォーム内容や工事の工程やかかる時間を確認するなど、事前説明を受けておきましょう。

管理組合等へ出す申請書類を確認で説明したように、リフォームを行うにあたりマンションへ申請書類の提出が必要な場合があります。

リフォーム事業者に相談のうえ申請書類を記入し、期日までにマンションの管理組合へ提出をしましょう。

また、リフォーム中は、工事による騒音や思わぬ事故が起きる可能性もあります。トラブルを避けるためにも、事前に近隣の住人へ簡単にご挨拶をしておくとよいでしょう。

リフォーム当日・完了後

リフォーム当日は、作業がしやすいように、トイレ内に置いてある雑貨などは片付けておきましょう。

リフォーム中はつきっきりになる必要はありませんが、作業状況を確認しておくとよいです。少しでもおかしいなと思った時は、遠慮なく声をかけてみましょう。

トイレのリフォームが完了したら、実際に手で触ったり、使ったりしてみて確認をしましょう。何か不具合があったり、事前のお願い通りでなかった場合は、すぐにリフォーム事業者に伝えましょう。

また、使い方やメンテナンス方法についても合わせて確認しておくと、長く良い状態を保ってトイレを使うことができます。

トイレのリフォーム事業者を探すなら

くらしのマーケットでは、実際に利用した人の口コミや事業者の写真や雰囲気を確認しながら、トレイのリフォーム事業者を探すことができます。

また、くらしのマーケット経由の予約なら、特別な手続きや費用負担なしで、くらしのマーケット独自の損害賠償補償制度を利用することができるので安心です。


くらまくんロゴ

くらしのマーケットは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の暮らしのサービスをオンラインで予約できる、日本最大級のサービス比較サイトです。

くらしのマーケットが選ばれる理由

料金・サービス内容が明確

急な追加料金なし

店舗写真・口コミでしっかり比較

利用者評価に基づくランキングで安心

予約・質問はWEBで完結

万が一のための損害賠償補償あり


⇒はじめての方へ(わたしたちの想い)
⇒超簡単!サービス予約の流れ

人気のサービスカテゴリ

☆格安引越し
☆不用品回収
☆エアコンクリーニング
☆お風呂クリーニング
☆エアコン取り付け

⇒サービスカテゴリ一覧を見てみる
※サービス比較や口コミ閲覧に会員登録は必要ありません

関連記事

人気記事TOP5

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る