メニュー

アシナガバチの巣は放置していい?巣を見つけたときの対処法を紹介

2022.11.24 更新
  • lineで送る

ベランダの端などにアシナガバチの巣を見つけたとき、巣をそのまま放置しておいていいのか迷うことがあります。この記事では、アシナガバチの巣を放置しないほうが良い理由や、駆除についてご紹介します。

アシナガバチの巣イメージ

目次

  1. 1)アシナガバチの巣を放置しないほうが良い理由
  2.  1-1)刺される危険がある
  3.  1-2)周囲の人が刺される可能性もある
  4.  1-3)幼虫を狙ってスズメバチが飛んでくることがある
  5. 2)巣の駆除は小さいうちがおすすめ!
  6.  2-1)駆除するのはいつ?時期ごとのアシナガバチの活動
  7.  2-2)アシナガバチの巣を駆除する方法
  8. 3)アシナガバチの巣を見つけたらプロに駆除を依頼!
著者の写真

ライター:池浜 由華
くらしの「コツ」を見つけるのが趣味。築30年以上のわが家には、住まいの悩みがたくさん。修理、リフォームを繰り返して、快適なくらしをめざしてます。

1)アシナガバチの巣を放置しないほうが良い理由

アシナガバチの巣のイメージ

アシナガバチはスズメバチほど攻撃性がなくおとなしいため、つい巣を駆除せずに放置してしまいがちです。ここでは、放置するとどんな危険があるのかをお伝えします。

1-1)刺される危険がある

アシナガバチは人を刺すことがある蜂です。スズメバチほど攻撃性や毒性はありませんが、危険を感じると人を襲うことがあります。

蜂に刺されると痛いだけでなく、体質によってはアナフィラキシーショックを起こすなど、命を危険にさらす可能性があります。

1-2)周囲の人が刺される可能性もある

アシナガバチは、人の生活圏内に巣を作ることがあります。庭木の手入れをしようとしたときや、ベランダで洗濯物を干そうとしたときなど、気づかずに巣に近づいてしまい蜂を驚かせてしまうことも少なくありません。

アシナガバチがよく巣を作るのは、次のような場所です。

【巣を作りやすい場所】

  • 軒下
  • ベランダや雨どいの下
  • 窓のサッシのすき間
  • 庭木の枝

アシナガバチは巣の半径50~100mほどの範囲で餌をとると言われており、放置しておくと近隣の家に餌を探しにいくかもしれません。

近所から苦情が出る場合もあるので、早めに駆除することをおすすめします

1-3)幼虫を狙ってスズメバチが飛んでくることがある

スズメバチ

アシナガバチの巣はスズメバチのように大きいものではないため、急いで駆除しなくてはという気持ちになりづらいものです。

けれども巣の中には数十匹の蜂の幼虫がいる場合もあり、そのまま成長させれば刺される危険も増えてしまいます

また、アシナガバチの幼虫を狙ってスズメバチがやってくることもあります。スズメバチに餌場と認識されれば屋根裏などに巣を作られてしまうこともあり、駆除はもっと難しくなります。

小さい巣だからと放置せずに、早めに駆除しておくのがおすすめです。

2)巣の駆除は小さいうちがおすすめ!

蜂は夏場に活動期を迎え、巣を大きくします。蜂を適切な方法で駆除するために、時期ごとの蜂の巣の様子や蜂の活動の状態を把握しておきましょう。

2-1)駆除するのはいつ?時期ごとのアシナガバチの活動

アシナガバチの活動時期のイメージ

蜂が活動し始めるのは暖かくなり始める4月ごろから。7月以降は蜂の数が増え、活発に動き回るようになります。

【4~6月】

女王バチが冬眠から目覚め巣を作りだす。卵を産み、働きバチが誕生する。

【7~8月】

働きバチが増え活発に飛び回るため、刺激しないように注意する。

【9~10月】

新女王バチが登場し、新しい働きバチが誕生する。

【11~12月】

働きバチは徐々に寿命を迎え、女王バチは冬眠できる場所に移動する。巣は空っぽになるので駆除がしやすい時期。


女王バチが冬眠から目覚めて、単独で巣づくりをしている4~5月頃が、駆除がしやすい時期です。

また、11月以降の冬の時期に働きバチがいなくなるので、この時期も駆除しやすいでしょう。ただし女王バチが越冬することもあるため、駆除の際は慎重に行います。

まだ巣の小さいうちに駆除しておけば、作業が楽なだけでなく、繁殖も抑えられるはずです。

2-2)アシナガバチの巣を駆除する方法

アシナガバチは庭木についた虫を食べてくれるため益虫とも考えられ、駆除せず放置したほうがいいという意見もあります。

けれども、住宅が密集している地域や子供やペットがいる家では、うっかり刺されてしまうリスクを減らすために駆除しておくと安心です。

作り始めの小さい巣のうちは自分で駆除することも可能ですが、女王バチを逃がしてしまったり巣を取り切れなかったりすると、再び蜂がやってくることがあります。

以下の記事では自分で蜂を駆除する方法を紹介しています。自分で巣を駆除しようとすると周りが見えづらい夜間の作業になり危険が伴いますので、なるべく、駆除専門の事業者に依頼するのがおすすめです。

蜂の巣を駆除

3)アシナガバチの巣を見つけたらプロに駆除を依頼!

害虫駆除のプロ

アシナガバチは庭木や軒先だけでなく、サッシのすみやベランダなどにも巣を作ります。スズメバチに比べるとおとなしく、刺激を与えなければ攻撃してきませんが、巣の場所によってはうっかり巣に近づいてしまう恐れがあります。

おとなしい蜂だからと、アシナガバチの巣を放置しておけば近所の家を飛び回り、攻撃してしまう可能性もあります。

アシナガバチが巣を作っているところを見つけたら、まだ巣が小さいうちに駆除するようにしましょう。

くらしのマーケットには、蜂の巣の駆除を依頼できるプロが多数出店しています。この機会に、ぜひ依頼してみてくださいね。

蜂の巣駆除サービスのよくある質問
Qいますぐ駆除に来てもらえますか?
A事業者によって即日対応が可能な店舗、不可な店舗があります。
まずは店舗ページで即日対応が可能かを確認のうえ、メッセージで当日中に作業に来てもらえるか問い合わせてみましょう。

Q蜂は見かけますが、巣が確認できません。その場合はどうすればいいですか?
A巣を確認できていない場合、事業者によっては作業をお受けできない場合があります。
まずは予約前に蜂が集まっている場所や、蜂を見つけた際の詳しい状況を事業者にメッセージで相談のうえ、対応の可否について確認を行ってください。

Q予約前に事業者と連絡を取る方法が知りたいです。
A店舗のページ内にある【このサービスに質問する】ボタンからメッセージを送信すると、直接事業者へ連絡することができます。
メッセージの送信にはくらしのマーケットの会員登録が必要です。

Q予約方法が知りたいです。
Aくらしのマーケットはオンラインで予約できます。
①依頼したい店舗の詳細ページを開き「予約日時を入力する」をクリック
②必要事項を入力し「確認画面に進む」をクリック
③内容を確認し予約リクエスト(仮予約)に進む ※会員登録がお済みでない方は会員登録が必要です
④ログイン後、予約リクエストに進むをクリックし、予約リクエストが完了
⑤店舗が作業日時を確定させると予約成立です。


他にこんなサービスもあります

【毛虫・チャドクガ駆除】

毛虫やチャドクガは早期発見・防除が基本です。直接触れなくとも被害が出ます。市販の殺虫剤で対処しても毒毛は残るため後処理も大変です。毛虫・チャドクガ駆除に依頼することがおすすめです。

毛虫・チャドクガ駆除

【クモ駆除】

クモ駆除はくらしのマーケットにお任せください!発生したクモを一時的に駆除するだけではなく、駆除事業者が発生原因から調べて対応してくれます。ペットや小さなお子さんがいる家庭は、環境に優しい駆除剤を使っている事業者を選びましょう。

クモ駆除

くらしのマーケット

くらしのマーケットは、ハウスクリーニング・引越し・不用品回収など、200種以上の暮らしのサービスをオンラインで予約できる、日本最大級のサービス比較サイトです。

くらしのマーケットの安心・安全

徹底した品質管理と万が一の際の保証制度!

⇒詳しくはこちら

もう一度使いたいサービスNo.1

「人」で選べる。「値段」がわかる。「なんでも」頼める。

⇒詳しくはこちら

最大1億円補償制度

くらしのマーケット独自の損害賠償補償制度です。

⇒詳しくはこちら

サービスカテゴリ一覧を見てみる

※サービス比較や口コミ閲覧に会員登録は必要ありません

  • lineで送る

はじめての方へ

くらしのマーケットとは?