ビルトインコンロの寿命ってどれくらい?

お湯を沸かしたり、ご飯を作ったりと、ガスコンロはほぼ毎日使いますよね。突然壊れてしまったら大変不便でしょう。では、ガスコンロの寿命とはどの程度なのでしょうか?こちらでは、ビルトインコンロの寿命や調子が悪い場合に交換する方法などについてお話しします。

2019.3.6 更新
ビルトインコンロのあるキッチン

ビルトインコンロの寿命は?

ビルトインコンロの寿命は、メーカーによっても多少の差がありますが、およそ10年と言われています。
丁寧に使っていれば、寿命も少しは伸びるかもしれませんが、メーカー側も10年を目安としていて、部品も10年ほどしかストックしていないというところもあります。

こんな使い方をしていると寿命は短くなる!

普段、ビルトインコンロをどのように使っていますか?
使い方によっては10年もたない、ということもあります。

例えば・・・
・大家族なので、一日中使っている。
・煮物や鍋物を良く使うため、何時間も点火させていることが多い。
・一日に数回しか使わないけれど、掃除はほとんどしない。
・油の飛び散りや拭きこぼれがあっても拭かず、そのままにしている。

こんな風な使い方をしていると、寿命は縮まります。

ビルトインコンロを点検する方法

ビルトインコンロを10年くらい使っているようでしたら、一度点検した方が良いでしょう。
10年未満だったとしても、調子が悪いと感じるなら点検した方が良いですね。
以下では点検するポイントをご紹介します。

製造年数を調べよう

何年も前に購入したら、いつから使っているかなんて忘れてしまいますよね。
お使いのビルトインコンロの製造年を調べてみましょう。
10年前後前のものだったらそろそろ寿命で交換時期が来ると思った方が良いですね。

火の付き具合をチェックしよう

スイッチを押した時にすぐ点火しますか?ガスの元栓を閉めてから点火し、電気の火花が飛ぶなら故障ではないでしょう。
そうでないときには電池切れか電気が逃げている可能性があり、後者の場合には交換が必要でしょう。

火力の調整ができるかチェックしよう

火力の調整はできますか?強火と弱火の差があまり無く、強火にならない、ということはありませんか?
これは温度センサーや中継線の不良、ニードルが連動していないなどが考えられます。
もしくは、途中で火が消えてしまう、ということはありませんか?これは、ガス中毒になる危険があるため、すぐに使用を中止しなければなりません。

最後に

ビルトインコンロの寿命は10年ほどなので、購入してそれくらい経過したら、一度点検した方が良いでしょう。
調子が悪い場合には、危険なので使用はいったん中止します。
そして、部品の交換や修理が必要なときは速やかに行いましょう。
また、ビルトインコンロの交換となった時、自分ではできないものなので、必ずメーカーや事業者に依頼するようにしてください。
くらしのマーケットではビルトインコンロ交換事業者を明確な料金表と口コミで比較し、予約することができます。

関連記事

人気記事TOP5

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る