水回りのコーティングって自分でできるの?

水回りの汚れをある程度防止できる水回りコーティング。 掃除も楽になるので、業者に頼んで施工してもらいたいものですが、費用が気になるところですよね。 今回は水回りコーティングの効果やプロとDIY施工との違いを説明します。

“水回りのコーティングって自分でできるの?”

そもそも水回りコーティングってどんなものなの?

浴室やキッチン、トイレや洗面所は使用頻度が高く、こまめに掃除をしてもカビや水垢で汚れやすい場所ですよね。
実は、あらゆる素材の表面には目に見えない凹凸があり、そこにホコリなどが引っかかることによって汚れていってしてしまうのです。
水回りコーティングは素材を皮膜で覆うことによって凹凸を滑らかにし、汚れや水垢、カビを付着しにくくすることができます。
水回りコーティングには主に以下の2種類があります。

フッ素コーティング

防汚コーティングとも言われ、フッ素樹脂の皮膜で素材を覆うのがフッ素コーティングです。
防カビの効果はありませんが、汚れや水垢はつきづらくなり、撥水効果もあるため使用後の汚れを簡単に落とすことができるようになります。

キッチンのシンクやトイレの便器、蛇口など汚れやすく使用頻度が高い箇所への塗布がおすすめです。
また、フッ素コーティングは素材を選ばずに使うことができ、塗布作業も比較的簡単なので、初心者でもDIYで塗ることが可能です。
ただし、効果は塗布してから3ヵ月程度なので、こまめに塗りなおす必要があります。

シリコンコーティング

防カビ材を含んだシリコンで、汚れや傷はもちろんのこと、カビからも素材を守るのがシリコンコーティングです。
肉眼でも確認できるほどの皮膜で覆うため、汚れやカビに対する効果は非常に高く、いったん塗布してしまえば3年ほど効果が持続します。

しかし、塗布には熟練の技術が必要なので、シリコンコーディングを行いたい場合は業者に依頼するのがおすすめです。

コーティングって安全なの?

汚れや傷、中にはカビにまで効果のあるコーティングですが、効果が高ければ高いほど、人体に影響がないのか気になりますよね。
近年では、市販・業務用問わず、塗布したあと乾燥さえしてしまえば、その上に食品を置いても食べられるほどの安全なコーティング剤しか流通していません。
また、シックハウス症候群の原因となるホルムアルデヒドという化学物質があるのですが、最近のコーティング剤にはほとんど使用されていないようです。

気になる方は、施工の前に市販品の原材料を入念にチェックしたり、施工業者に問い合わせたりして自分の納得のいく原材料のコーティング剤なのかどうかを確認しましょう。

こんな人におすすめ!

水回りのコーティングは必ずしも必要というわけではありませんが、施工しておけば掃除はグッと楽になりますし、表面を傷から守ることができます。
特にこんな方におすすめです。

掃除する暇がない方

仕事が忙しかったり、小さなお子様がいたりして水回りの掃除に時間を割けない方です。
一度コーティングしてしまえばそもそも汚れが付きづらくなりますし、汚れがついたとしても蓄積しづらいので、簡単に落とすことができます。
コーティングしていないと、汚れた場合の掃除には手間暇が必要になり、刺激の強い洗剤を使用しないと落ちないこともあります。
小さな子供がいる場合は、刺激物の使用は避けたいところですが、コーティングをしていればそれらを使用する機会もほとんどなくなります。

新築の家を購入した方

新築のピカピカの状態の水回りを少しでも長く維持したい人は、入居前に業者にコーティングを依頼するか、入居後自分ですぐにやってしまいましょう。
入居後時間が経過してしまうと、いくら気を付けていても傷がついてしまいます。
コーティングをその上から塗っても傷は消えないので、傷がつく前の未使用の状態でコーティングすることが大切です。

DIYとプロとの違い

水回りコーティングをDIYで行う場合とプロに施工してもらう場合には、それぞれ以下のメリットがあります。

〇DIYで行う場合のメリット

  • 安価で施工できる
  • コーティングしたい箇所に気軽に施工できる
〇プロに施工してもらう場合のメリット
  • 施工箇所によって、適したコーティング剤で施工してもらえる
  • DIYに比べて耐久性が高い
  • 防カビ抗菌などの効果の高いオプションを自由に追加できる
完成度や耐久性、効果の高さでは業者に依頼した方が断然納得のいくものになりそうですが、やはり費用が気になるところですよね。
安く抑えてそれなりの効果がでいい、という場合はDIYでのコーティングがいいかもしれません。

DIYコーティングの仕方

DIYで水回りのコーティングをする際の簡単な流れを説明します。
コーティング剤の説明書に詳しい手順が載っているはずなので、実際に施工する際は必ずそちらを確認の上作業してくださいね。

  1. 施工する場所を念入りに掃除します。汚い上からコーティングしてしまうと、汚れが落ちなくなってしまうので徹底的に行ってください。掃除の方法は以下を参考にしてみてくさい。
    台所のシンクをピカピカにしたい……掃除方法教えて!
    ピカピカを保つ毎日のお風呂掃除のコツ教えて!
    洗面台の汚れの種類と掃除の方法、教えて!
    トイレ掃除には重曹とクエン酸!便器から床までピカピカ掃除術
  2. 掃除後、使い古しの歯ブラシやスポンジなどで丁寧に磨きます。念入りの掃除できれいになっているとは思いますが、一度コーティングしてしまうと、今の表面の状態がそのまま維持されるので、できるだけピカピカの状態にします。
  3. いよいよコーティング剤の塗布です。コーティング剤の説明書にコツや塗り方が載っているはずなので、よく読んでその通りに行ってください。だいたいのコーティング剤で共通するコツは、何度も同じ箇所を塗りなおすのではなく、丁寧に薄く伸ばしていくことです。汚れやすい場所は多少厚めに塗ってもいいでしょう。乾燥には長時間必要なコーティング剤がほとんどなので、就寝前に塗布するのがおすすめです。
  4. コーティング剤を乾燥させます。製品によって乾燥時間は異なりますので、しっかり確認の上、乾燥時間内は手を触れたり水滴を垂らしたりしないよう細心の注意を払ってください。

水回りコーティングをプロに依頼したい場合

水回りコーティングの特性やDIYでの仕方について説明しましたが、いかがでしたか?
これなら自分でできそう!と思った方も多いと思いますが、やはりプロに依頼したいと考えた方もいると思います。
くらしのマーケットでは、水回りクリーニングのオプションでコーティングを施工している業者が多数出店しています。
口コミ内容やサービス内容、料金から業者を探しだせる上に、不明な点は担当者と直接やり取りすることも可能です。
一度プロの手によってコーティングをしてもらえば、傷がつきにくくなる上に、掃除も格段に楽になります。
ぜひご利用ください。
キッチンクリーニング
換気扇クリーニング
お風呂(浴室)クリーニング
洗面所クリーニング
トイレクリーニング

◎オンライン予約可能
◎予約前の個人情報の入力不要
◎しつこい営業電話なし
◎不明な点は店舗スタッフに直接メッセージが可能

関連記事

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る