フローリングの黒ずみの落とし方、教えて!

気がついたらフローリングに黒ずみができてしまっていた、という経験はありませんか?そのままにしていると、フローリングを張り替えなくてはいけなくなることも!今回は黒ずみの原因と合わせて予防方法もご紹介します。

フローリングの黒ずみの落とし方、教えて!

カビが原因の黒ずみ

フローリングが黒ずむ原因として、いくつか考えられます。
ひとつは、アルミサッシなど窓の開口枠付近が黒ずんでいる場合です。
これは家の内部と外気温との差により結露が生じ、水滴が常にたまった状態になってしまいます。
そこにカビが生じ、フローリングにもカビが発生し黒ずんでしまいます。

カビからくる黒ずみの掃除

フローリングの黒ずみの状態が軽い場合は、食酢やクエン酸を雑巾に染み込ませて、カビで黒くなった部分をやさしくふきとります。
それから水拭きをして十分にフローリングを乾かしておくだけです。
黒ずみの状態がひどい場合は、フローリングの洗剤を使って落としていきます。
洗剤を布に含ませて固く絞り、フローリングをやさしくこするようにして黒ずみを落とします。
黒ずみが落ちた後は、ワックスも一緒に落ちてしまっているので、フローリングにワックスがけをして仕上げます。

油汚れが原因の黒ずみ

もうひとつのフローリングの黒ずみの原因は、油汚れによるものです。
台所のコンロ下の床部分に油汚れがたまり、それがこびりついて黒ずんでいることが考えられます。
また、油といっても人の皮脂による黒ずみもあります。
裸足で歩きまわることで汚れた皮脂がフローリングにつき、黒ずみになることがあります。

油汚れの黒ずみの掃除方法

この場合は、油を落とすのに効くオレンジ洗剤を使ってフローリングの黒ずみを落とします。
オレンジの油分で黒ずみの油汚れを落としておき、そのあとは、水拭きをしてフローリングを乾かしておきます。
この場合も、黒ずみを落とした後にそのままにしておくと、フローリングの木がぼろぼろと劣化してしまいます。
必ずワックスがけをしてフローリングの表面を皮膜で保護するようにします。

黒ずみを放置していると

フローリングの黒ずみは、そのままにしていると床板の内部に侵食していき、フローリングそのものを張り替える必要性が出てきます。
早めに黒ずみを落として手入れをしておいたほうが長持ちします。

黒ずみの予防方法

フローリングの黒ずみの予防としてアルミサッシを二重窓にして結露をおさえるという方法が有効です。
また、結露を見つけたらすぐにふき取って乾燥させるのはもちろんですが、湿気対策に除湿機を設置するのもよいでしょう。
コンロまわりの油の飛びはねには、フロアマットを敷いてこまめに取り替えるとフローリングへの汚れ落ちを防ぐことができ黒ずみを予防できます。

最後に

ここで紹介した方法でだいたいのフローリングの黒ずみは落ちるはずです。
しかし、すでにフローリングの黒ずみを長い時間放置してしまっている場合は、そう簡単には落ちません。
日頃から黒ずみ対策をすることが大切です。
上の方法を試しても黒ずみが落ちなかった場合は、ハウスクリーニング業者に依頼してフローリングの黒ずみをきれいにしてもらうことおすすめします。
気になるフローリングの汚れはきれいにして快適に暮らしたいですね。

この記事のキーワード

関連記事

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る