お風呂の天井のカビを簡単にとる方法教えて!

お浴室の天井の掃除は手が届きにくかったり洗剤や水が垂れてきたりして、手間がかかりますよね。しかし天井のカビを放っておくと、カビが浴室中に降り注いでしまうことに! 今回は、そんなお風呂の天井の掃除の仕方を詳しく説明します!

お風呂の天井のカビを簡単にとる方法教えて!

お風呂の天井、掃除しないとどうなる?

浴室の掃除やカビ取りはこまめにやっているよ!という方でも、見落としがちなのが天井の掃除です。

お風呂の天井はシャワーが届きにくく、入浴時に洗い流した水や石鹸が直接流れるわけでもないので、汚れにくいイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。

しかし、浴室は湿気が籠りやすい空間なので、入浴するたびに天井にも水滴がつきます。
そしてそのまま放置される場合が多いため、目に見えないカビ菌が繁殖しやすいのがお風呂の天井なのです。

そして、カビ菌が天井に潜んでいると、上から下へと降り注ぎ、浴室中にカビ菌が蔓延してしまいます。もし、お風呂のカビを取っても取ってもすぐに出てきてしまう……という場合は、天井の掃除がおろそかになっている可能性が高いです。

カビが皮膚に付いたり体内に入り込んでしまったりすると、皮膚炎やぜんそく、アレルギーなどの原因となってしまいます。体をきれいにするためのお風呂で、健康被害に遭ってしまうなんて……なんとしてでも避けたいですよね。

というわけで、お風呂の天井は定期的な掃除が絶対に必要なのです。

基本のお掃除の仕方

ワイパー

まずはお風呂掃除のついでにもできる、簡単な天井のお掃除の仕方を説明します。

用意するのは柄付きのブラシやモップだけです。ウェットシートを付けたフロアワイパーでもいいでしょう。

ブラシやモップなら水に濡らし、ウェットシートならそのままで天井を満遍なく拭くだけでOKです。四隅も忘れずに拭いてくださいね。

数分足らずで終わってしまう掃除ですが、こまめに行っていれば、カビが繁殖することはそうそうないので、強力な洗剤を使ってのカビ落としをやらずにすみます。
週1回程度行うのが理想です。

念入りお掃除の仕方

掃除の前の注意点

浴室の他の箇所の掃除とは違い、天井の念入り掃除では気を付けなければならない点がいくつかあります。
安全に掃除をするために、以下の点を守るようにしてください。

  • 換気を十分にする
  • 洗剤が落ちてきても大丈夫な格好をする
  • 踏み台にお風呂の椅子はNG! 安定性のある足場の用意を

それではそれぞれ詳しく説明いたします。

〇換気を十分にする

市販のカビ取り剤は成分が強力なものが多く、大量に吸い込んでしまうと健康被害の恐れがあります。商品のパッケージにも「使用の際は換気を十分に行うように」との注意書きが記載されていることが多くあります。

天井掃除の場合ももちろん換気をする必要がありますので、窓と扉を開け、換気扇を回して空気をこもらせないように気を付けましょう。

〇洗剤が体に落ちてきても大丈夫な格好をする

天井に洗剤を付けるとどうしても雫が下に垂れてきてしまいます。これも市販の洗剤を使用した場合に特に注意していただきたいのですが、直接体に落ちてきてしまっても大丈夫なような格好をしてください。

具体的には以下の格好がおすすめです。

  • 理想はフード付きのレインコート
  • レインコートがなければ、いらない長袖長ズボン&帽子
  • メガネは必須。水中用ゴーグルがもっとも安全(なければ100円SHOPなどで購入推奨)
  • マスク
  • ゴム手袋

直接吸い込まない・触れないためにはこれくらいの準備が必要です。特に目や頭が一番洗剤がかかりやすいので、帽子とメガネ(またはゴーグル)はしっかりとしたものを用意してください。

〇安定性のある足場の用意

踏み台

お風呂の天井まで届かない場合、足場を用意するかと思いますが、安定性のあるものを用意してください。立って乗ることを前提としている踏み台が安全です。

お風呂用の椅子を足場に考えている方もいるかもしれませんが、お風呂用の椅子は座るためのものなので、立って乗ってしまうと非常に不安定です。
転倒の恐れがありますので、お風呂用の椅子を足場に使用することは避けましょう。

用意するもの

  • カビ取り用洗剤(市販の塩素系洗剤、消毒用エタノール、重曹水、セスキ炭酸ソーダ水など)
  • フロアワイパー
  • ドライシート(洗剤を付ける用、乾拭き用を用意する)
カビ取り用洗剤は市販の塩素系洗剤が強力でもっとも効果が高いです。

しかしその分、万が一体についてしまった場合の危険度が高いので、安全面を考えると消毒用エタノールや、体にも環境にも優しいエコ洗剤としてお馴染みの重曹水(水100mlに対し重曹小さじ1杯を混ぜたもの)、セスキ炭酸ソーダ水(水500mlに対しセスキ炭酸ソーダ小さじ1杯を混ぜたもの)などがおすすめです。
※それでも念のため洗剤が直接体にかからない格好で掃除してください。

カビの程度がひどく、塩素系洗剤を使いたいけど垂れてくるのが怖い……という方は、ジェルタイプの洗剤がおすすめです。液体タイプに比べて固いので、垂れてくることが少ないです。

それでもまったく落ちてこないわけではないので、やはりちゃんと全身を防護してくださいね。

掃除方法

  1. フロアワイパーにドライシートを取り付け、シートに洗剤を染み込ませます。液だれがひどくなってしまうため、天井に直接洗剤を吹き付けないよう注意してください。

  2. フロアワイパーで天井に満遍なく洗剤を塗り付けていきます。そして洗剤と汚れをなじませるために、5分~10分ほど放置します。

  3. 放置後、シャワーで洗剤と汚れを洗い流します。取り切れなかった汚れはフロアワイパーでこすると落ちることも多いです。

  4. フロアワイパーに新しいドライシートを装着し、天井の水気をふき取ります。そのあとは、換気扇を回したり窓や扉を開けっ放しにするなどして、しっかり乾かしてください。

道具を揃えて準備をすれば、それほど大変な作業ではありません。1か月に一度程度行えば、カビに発生する隙を与えないでしょう。

カビを生やさないようにする防カビテクニック

こまめに掃除をしていれば天井がカビまみれになることはそうそうありませんが、湿気のこもりやすい浴室は気を付けていてもカビが発生しやすいものです。

そこで、なるべくカビを生やさないようにする、ちょっとの手間でできる技をご紹介します!

防カビ用の燻煙剤を使う

燻煙剤といえばお部屋で使う殺虫剤のイメージが強いですが、お風呂のカビ用の燻煙剤も最近では販売されています。

使用方法は、浴室に置いて煙を出して扉を閉め、既定の時間放置するだけです。だいたいの燻煙剤には、殺虫剤とは違い人体に健康被害を及ぼす成分は含まれていないため、洗面器やおもちゃなどは置いたままでも使えます。気軽に使える点がおすすめです。

2ヵ月に一度程度の使用が推奨されており、カビの発生率を大幅に下げることができます。

常に換気をする

換気扇

入浴後は換気扇を回し、窓や扉を開けて浴室の換気をする方がほとんどかと思いますが、しばらくしたら換気扇を止めたり窓や扉を閉めたりする方が多いのではないでしょうか?

浴室を完全に乾燥させたつもりでも、空気中には湿気が漂っており、密室にしてしまうとどうしても湿度が上がってしまいます。
少しでもカビの発生を抑えるためには、浴室を常に換気しておくことです。

換気扇は24時間回しっぱなしに、窓や扉は開けっ放しにするのがおすすめです。換気扇の電気代が気になるところですが、丸1日回したところで電気代は数十円です。この金額でカビの発生を抑えられるなら、費用対効果は高いですよね。

どうしても浴室のカビが取れない場合は

天井のカビ

今回は浴室天井の掃除の仕方、カビ対策についてまとめましたいかがでしたか? 今までこまめに掃除をしているのにすぐにカビができてしまう……とお悩みだった方も、今回ご紹介した掃除や対策を行うことで、カビの発生を抑えられたのではないでしょうか。

もし、掃除をしても取れないカビがある、何度掃除してもすぐにカビが繁殖してしまう、という場合は、素人では手の届かないところにまでカビの根が侵食しているからかもしれません。そんな場合は、プロの浴室クリーニングへの依頼をおすすめします。

プロの浴室クリーニングなら、業務用の洗剤や道具で徹底洗浄し、カビ菌を根絶してくれます。そのあとは、簡単な日々のお手入れだけで、十分きれいな浴室を保つことができるはずです。
※ただし変質や染色などの汚れは、クリーニングでは完全に落とすことができない場合があります。

くらしのマーケットでは、口コミ内容やサービス内容、料金から業者を探しだせる上に、不明な点は担当者と直接やり取りすることも可能です。

気になるオプションメニューの内容や金額も提示されているため、安心して選ぶことができるので、ぜひご利用ください。

◎オンライン予約可能
◎予約前の個人情報の入力不要
◎しつこい営業電話なし
◎不明な点は店舗スタッフに直接メッセージが可能

ビックリした様子の女性

関連記事

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る