実は黒カビよりしつこい!お風呂掃除のストレス最大要因は「石鹸カス」だった!

最もストレスがたまる家事とは何か、その意外なストレス要因について調査結果を用いて紹介。また、その「意外なストレス要因」について、特徴や解決策などを説明します。

驚いている女性

一口に家事と言っても、やるべきことが多い上に、終わりがなく面倒臭いですよね……。面倒な家事の中でも最もストレスがたまる家事とその意外なストレス要因、解決策について紹介します。

目次

  1. 1)嫌いな家事第1位が判明!
  2. 2)風呂掃除のストレス要因とその実態
  3. 3)石鹸カスの正体と落とす時の工夫

1)嫌いな家事第1位が判明!

仕事や家事、人間関係など日々ストレスを感じることは多いですよね。毎日溜まっていくストレスの中で、最もストレスを感じやすいことは何なのでしょうか。

調査機関ファストアスクが30〜40代の女性441人にストレスに関するインターネット調査(※1)を行なったところ、4人に1人が「家事に関すること」にストレスを感じていることがわかりました。

この441人のうち既婚女性277人に限定すると、「夫婦・パートナーとの人間関係」を上回り、「家事に関すること」と答えた人が32.5%とダントツに。

さらに、ストレスの元になっている家事の中でも、最も嫌われている家事は「風呂掃除」だということがわかりました。実に49.4%もの人が「嫌い」だと回答しています。

ストレスに感じること女性441名の調査結果 ストレスに感じること既婚女性277名の調査結果 嫌いな家事の調査結果

※1:ストレスに関するインターネット調査、調査機関ファストアスク(2018)

2)風呂掃除のストレス要因は意外にも「石鹸カス」だった!

嫌いな家事第1位の風呂掃除。そのストレス要因を検証する実証実験(※2)で、30代〜40代の女性107人に、「黒カビ」「ピンク汚れ」「石鹸カス」それぞれの汚れを落とす掃除動画を見てもらい、掃除前から乾燥後にかけてストレス値を測定しました。

その結果、黒カビやピンク汚れは、掃除直後から乾燥後にかけてストレス値が低下しましたが、石鹸カスは掃除直後にストレス値が低下するものの、乾燥後に再び上昇しました。

掃除直後の浴室が濡れているときには汚れが落ちているように見えますが、乾燥すると白くてザラザラした汚れが再び浮き出る「ぶり返し汚れ」が原因です。

つまり、風呂掃除のストレス要因は、「黒カビ」や「ピンク汚れ」ではなく、「石鹸カス」ということがわかりました。

石鹸カスのぶり返し汚れに関して、被験者からは「残念だった」「掃除がムダに思えた」との声も。

汚れ別のストレス値推移

しかも、石鹸カスが厄介な理由はぶり返し汚れだけではないのです。

日本石鹸洗剤工業会によると、石鹸カスに多く含まれる油分はプラスチックと相性がよく、特に椅子や洗面器などの小物に付着してザラザラした汚れになります。水の成分や他の汚れと合わさり、床や浴槽にもこびりつくため、黒カビの温床になってしまうのです。

黒カビを取り除こうとしても、カビの上に石鹸カスが溜まっているとカビ取りの効果が薄れてしまうため、効果的な黒カビ掃除にはまず石鹸カスの掃除をすると良いでしょう。

※2:お風呂掃除のストレス要因に関する実証実験、ジョンソン株式会社(2018)

3)石鹸カスの正体と落とす時の工夫

石鹸カスの正体

石鹸カスとは、お風呂の床や壁、ドアの内側、プラスチック製の椅子などに付着する白くてザラザラした汚れのことです。カルシウムやマグネシウムを含む水道水と、脂肪酸を含む皮脂や石鹸が反応してできます。

お風呂場に溜まりやすい頑固汚れですが、その認知度は意外と低く、認知度調査(※3)では「黒カビ」の認知度が71%、「ピンク汚れ」が61%なのに対し、石鹸カスはわずか15%という結果が出ています。

※3:アンケート調査、インテージ社(2018)

石鹸カスを落とすには?

石鹸カスは中性やアルカリ性の通常の浴室用洗剤では落ちません。通常の洗剤には石鹸と同じ脂肪酸が含まれているためです。

そのため、石鹸カスに特化していることをパッケージに記載している、酸性の洗剤を使いましょう。スーパーや薬局、ホームセンターなどで購入することができます。

家事研究家の高橋ゆき氏は「石鹸カスに特化した洗剤を毎日使うことで、石鹸カスのない綺麗なお風呂になる」とコメントしています。

石鹸カスの掃除後は?

頑張って石鹸カスを落としても、掃除後のカビ予防を怠ると再びカビが増殖してしまい、風呂掃除の頑張りが水の泡に……。

黒カビは、温度20〜30度、湿度60%以上など一定の条件を満たしていることで増殖します。

カビの増殖を防ぐためには、掃除後、お風呂に防カビ剤を置くと良いです。黒カビ菌は浴室全体に浮遊しスプレータイプの防カビ剤では対処しきれないため、煙で除菌できるタイプの防カビ剤を使いましょう。

汚れが落ちない場合や溜まっている場合は?

実際に風呂掃除をしてみても、汚れを隅々まで綺麗に落としきれているか不安な場合や、しばらく掃除をしておらず、気付くと汚れが溜まっていたという場合もありますよね……。

そんな時はプロのクリーニングに依頼しましょう。頑固なカビ汚れが違えるほど綺麗になり、浴室の嫌な匂いや普段掃除しないエプロン内部の汚れも徹底的に除去できます。

くらしのマーケットには、お風呂(浴室)クリーニングをしてくれる数多くの業者がいます。

くらしのマーケットの最大の特徴は、料金やサービス内容、口コミなど、業者選びに必要な情報がすべてページ上で確認できること!

「◯◯円〜」といった不明瞭な料金表示はなく、当日の急な追加料金や手数料なども発生しません。各業者のサービスページ閲覧には会員登録も不要なので、作業スタッフの写真や利用者の口コミもしっかり事前確認が可能です。

「予約前に聞きたいことがある」という場合も安心。ページ上のメッセージ機能で店舗スタッフに直接質問することができます。

◆オンライン予約可能
◆予約前の個人情報の登録不要
◆しつこい営業電話なし
◆不明な店は店舗スタッフに直接メッセージが可能

お風呂(浴室)クリーニングを見比べる

関連記事

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る