バスタオルの臭いが気になる方に!臭いの原因と消臭できる方法5選をご紹介

気づいたら発生しているのが、バスタオル独特の不快な臭いですよね。洗ったばかりの体を拭き、ちゃんと干してもなくならないこともしばしば。そんなバスタオルの臭いに悩まされている人も多いのではないでしょうか?そこで今回は、臭いの原因を解明し、快適な状態でバスタオルを保存しておく方法を5つご紹介します。バスタオルの適切な管理方法を知りたい方、臭いで困りたくない方はぜひお読みください。

2019.9.11 更新
タオルの臭いが気になる女性  

目次

  1. 1)バスタオルの臭いの原因は3つ
  2. 2)バスタオルの臭いをなくす方法5つ
  3.  2−1)熱湯OKなバスタオルなら煮洗いする
  4.  2−2)白色または色落ちしなければ酸素系漂白剤で
  5.  2−3)アイロンの使用可ならアイロンで
  6.  2−4)タンブラー乾燥機の使用可ならタンブラー乾燥機で
  7.  2−5)上記4つの方法を使えない場合は重曹で
  8. 3)バスタオルに臭いが付くのを防ぐには
  9. 4)お風呂上がりには清潔なバスタオルを
  10. 5)忙しすぎて洗濯物が片付かないときに

1)バスタオルの臭いの原因は3つ

バスタオルの臭いの元は雑菌で、繁殖する理由は主に以下の3つです。

  • 気温
  • 湿度
  • 皮脂や汗
気温でいうと、30〜40℃の場合に雑菌が繁殖しやすいと言われています。
浴室で上記以外の気温のときはあまりないですよね。
つまり、浴室に保存しておくだけで臭くなってしまうことがわかります。

さらに湿度も原因の1つであり、80〜85%のときに活発に雑菌が増えます。
湿度の低い場所なら気温が高くても繁殖しにくいです。
しかし、こちらも他の部屋に比べ、浴室での湿度の高さは圧倒的に高いですよね。

雑菌は皮脂や汗をエサにしているので、いくら体を洗った後とはいえ、残っている皮脂や汗から栄養をとり、雑菌は繁殖していってしまいます。

以上の理由から、バスタオルを消臭しにくいことが分かります。

2)バスタオルの臭いをなくす方法5つ

笑顔で教える女性

バスタオルの臭さの原因が分かれば、あとは解決するのみです。
以下に消臭する方法を5つご紹介するので、タオルの洗濯表示等と照らし合わせながら適切な方法を使ってみてくださいね。

2−1)熱湯OKなバスタオルなら煮洗いする

臭いの原因となる雑菌は60℃以上の高温で死滅します。
ですので、バスタオルの洗濯表示を確認し、60℃の熱湯に耐えられるなら熱湯で殺菌させましょう。繊維を痛めてしまうので、洗濯表示の確認を怠らないようにしてください。

60℃以上の熱湯に、温度が下がらないよう途中でお湯を足したりしながら、バスタオルを1時間ほどつけておきます。

1時間経過したら脱水し、風通しのいい日向で干してくださいね。

2−2)白色または色落ちしなければ酸素系漂白剤で

酸素系漂白剤は除菌や殺菌効果があるので、バスタオルの臭いを落とすには効果的です。

酸素系漂白剤としていま人気なのが「オキシクリーン」です。臭いだけでなくシミ汚れにも効果を発揮します。

オキシクリーン 使用する際は、最初に色落ちしないか確認する必要があります。
バスタオルを、使用する漂白剤をつけた綿棒で擦り、綿棒に色移りしていなければ大丈夫です。

殺菌方法は簡単です。
40〜60℃のお湯に少量の酸素系漂白剤を入れたものに、バスタオルを1時間ほどつけておきます。

1時間経ったら通常通り洗濯し、風通しのいい日向に干して完了です。

2−3)アイロンの使用可ならアイロンで

前述したように、臭いの原因となる雑菌は60℃以上の高温で死滅します。
ですので、洗濯後、アイロンをかけたら自然と臭いはなくなります。

しかし、バスタオルを痛めてしまう可能性もあるので、ここでも洗濯表示を確認してからアイロンがけを行なってください。

2−4)タンブラー乾燥機の使用可ならタンブラー乾燥機で

洗濯表示を確認し、タンブラー乾燥機の使用が可能なものであればタンブラー乾燥機を使用してみましょう。

タンブラー乾燥機とは、コインランドリーに置いてあるような乾燥機です。
バスタオルは衣類ではないため、型崩れする心配がなく、使用を許可していることが多いですよ。

普通の乾燥機よりも高温のため、乾かしながら殺菌してくれます。
さらに、乾燥機の中で回りながら温風を当てるので、固くなってしまったバスタオルもふんわりと柔らかい状態に戻してくれます。

2−5)上記4つの方法を使えない場合は重曹で

熱湯やアイロン、タンブラー乾燥機だと高温で繊維を傷つけてしまい、酸素系漂白剤を使うと色落ちしてしまうときもありますよね。
そんなときは重曹を使いましょう。
重曹には消臭効果・皮脂汚れを落とす効果があります。

洗い方としては、まず40〜60℃のお湯に少量の重曹を入れ、バスタオルを1時間ほどつけておきます。
1時間経ったら通常通り洗濯し、風通しのいい日向に干しましょう。

3)バスタオルに臭いが付くのを防ぐには

バスタオルを洗濯する女性

バスタオルの殺菌方法を述べてきましたが、そもそも菌を発生させなければ殺菌する必要もありません。
菌を増殖させないためには、何に気をつければいいのでしょうか?

洗濯物を溜め込まない

使った後のタオルを放置していると、菌が繁殖してしまいます。特に夏場は雑菌が繁殖しやすいので、なるべくこまめに洗濯し、溜め込まないようにしましょう。

時間がない場合はせめて、日当たりのいい場所で干すように心がけましょう。

洗濯が終わったらすぐに干す

洗濯槽の中は湿度が高く雑菌が繁殖しやすい条件が整っています。
洗濯が終わったらすぐに風通しのよい場所に干すようにしましょう。

洗剤の入れすぎに注意

洗剤を規定の分量より多く入れたからといって、洗浄効果が大幅に高まるわけではありません。反対に洗剤かすが汚れの原因となる場合もあります。

洗剤は規定分量を守り、詰め込み洗いはしないようにしましょう。

洗濯槽は常に清潔に

洗濯槽に生えているカビや汚れが、タオルの臭いの原因になっていることもあります。
2ヵ月に1回をめどに洗濯槽の洗浄をするのがおすすめです。

洗浄中の洗濯槽

4)お風呂上がりには清潔なバスタオルを

以上、バスタオルの臭いの原因と消臭方法、洗濯頻度をご紹介しました。

バスタオルの臭いの原因は高温高湿な環境と、付着した皮脂や汗にあります。まずはその条件が揃わないよう、使用したらすぐに洗濯するようにしましょう。

一度臭いがついてしまったら、以下の5つのいずれかで殺菌・消臭しましょう。

  • 熱湯
  • 酸素系漂白剤
  • アイロン
  • タンブラー乾燥機
  • 重曹

いずれも洗濯表示や色落ちチェックを忘れないようにしてくださいね。

せっかくお風呂で丁寧に身体洗ったあとは、誰もが綺麗なバスタオルで拭きたいと思うもの。
ぜひこれらの方法を試してみて、綺麗なバスタオルを使い続けてくださいね。

5)忙しすぎて洗濯物が片付かないときに

「仕事や育児に忙しすぎて、洗濯物がなかなか片付かない...」
そんなときは家事代行のプロに依頼してみてはいかがでしょうか?

くらしのマーケットでは、洗濯や掃除、料理などの家事を依頼できる家事代行サービスを料金と口コミで比較し、予約することができます。


くらまくんロゴ

くらしのマーケットは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の暮らしのサービスをオンラインで予約できる、日本最大級のサービス比較サイトです。

くらしのマーケットが選ばれる理由

料金・サービス内容が明確

急な追加料金なし

店舗写真・口コミでしっかり比較

利用者評価に基づくランキングで安心

予約・質問はWEBで完結

万が一のための損害賠償補償あり


⇒はじめての方へ(わたしたちの想い)
⇒超簡単!サービス予約の流れ

人気のサービスカテゴリ

☆格安引越し
☆不用品回収
☆エアコンクリーニング
☆お風呂クリーニング
☆エアコン取り付け

⇒サービスカテゴリ一覧を見てみる
※サービス比較や口コミ閲覧に会員登録は必要ありません

この記事のキーワード

関連記事

人気記事TOP5

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る