横浜市でプリンターを処分|リサイクル・リユースならお得な処分方法も

横浜市でプリンターを処分する際には、1番長い辺が50cm未満は燃やすゴミ、1番長い辺が50cmを超えると粗大ゴミとなります。もし、プリンターの状態が良ければリサイクルでお得に処分するという方法も。横浜市でプリンターを処分する方法を解説します。

2022.4.28 更新
プリンター

目次

  1. 1)横浜市でプリンターを処分する際の注意
  2. 2)1辺が50cm未満のプリンターは燃やすゴミ
  3. 3)小型家電回収ボックス
  4. 4)横浜市の粗大ごみの収集と持ち込み
  5.  4-1)粗大ごみ申し込み連絡先(収集・持ち込み)
  6.  4-2)横浜市で粗大ごみを収集に出す手順
  7.  4-3)横浜市での粗大ごみ自己搬入手順
  8. 5)状態がよいプリンターはリサイクルショップへ
  9. 6)不用品回収事業者もプリンターを回収可能
  10. 7)まだ使えるプリンターなら不用品回収でリユース!
著者の写真

ライター:佐倉玖弥
暮らしライター。主婦の経験を生かし「家事はキレイにスムーズに」をモットーにノウハウをご紹介。楽して無理なくできる家事を目指します。整理収納アドバイザー、クリンネスト、調理師、野菜ソムリエなど家事を楽しくする資格を保有。趣味は、犬の散髪・トレッキング・観葉植物を育てる事。

1)横浜市でプリンターを処分する際の注意

横浜市

プリンターを処分するときには、個人情報を残さないように注意が必要です。

  • SDカードなどがスロットに残っていないかチェック
  • ハードディスク内蔵のプリンターの場合は、データを消去
  • 原稿台に書類が残っていないか確認
  • 紙詰まりで印刷途中の紙がプリンターの中にないか確認

また、インクや給紙トレイの用紙は取り除きます。

インクは「インクカートリッジリサイクルボックス」が、区民利用施設など市内274か所に設置されているので、持っていきましょう。

インクをゴミで出す場合は、燃やすごみになります。

インクカートリッジ回収箱設置場所一覧:https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/sumai-kurashi/gomi-recycle/gomi/tyokusetsu/ink.html#kaisyuubakosetti

インクカートリッジ里帰りプロジェクト:http://www.inksatogaeri.jp/

2)1辺が50cm未満のプリンターは燃やすゴミ

プリンター

プリンターはプラスチック製ですので、1番長い辺が50cm未満であれば「燃やすごみ」で出せます。

中が確認できる、透明か半透明の袋に入れて収集日に出しましょう。

3)小型家電回収ボックス

1辺が30cm未満の、モバイルプリンターやフォトプリンターなど超小型タイプのものなら「小型家電回収」ボックスに投入することもできます。

ボックス投入口のサイズは30cm×15cmなので、あらかじめサイズを測ってから利用するのがおすすめです。

小型家電回収ボックス設置場所一覧:https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/sumai-kurashi/gomi-recycle/gomi/tyokusetsu/20171117134442.html

4)横浜市の粗大ごみの収集と持ち込み

申し込みイメージ

1辺が50cm以上のプリンターは、粗大ごみとなります。粗大ごみは、収集と持ち込み2つの処分方法があり、どちらも事前に申し込みが必要です。

4-1)粗大ごみ申し込み連絡先(収集・持ち込み)

【電話】
一般電話から:0570-200-530(ナビダイヤル)
携帯電話から:045-330-3953
FAX番号(聴覚・言語に障害のある方専用):045-550-3599

【横浜市のLINEアカウント】 
@cityofyokohama
アカウントを追加し基本メニューの中の「粗大ごみ申込」から申し込みましょう。

【チャットURL】
https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/sumai-kurashi/gomi-recycle/gomi/shushu/sodaigomi/dashikata-shousai/chatkaishi.html

粗大ごみの手数料の確認、申込みなどができます。

【インターネット受付】
https://www.sodai.city.yokohama.lg.jp/eco/view/yokohama/top.html

24時間申込が可能です。

4-2)横浜市で粗大ごみを収集に出す手順

  • コンビニなどで粗大ごみの手数料(プリンターは200円)を支払い、領収印を押した収集シールを受け取る
  • プリンターの見やすい場所に、収集シールを貼る
  • 収集当日の朝8時までに、申込時に確認した収集場所に持ち出す

4-3)横浜市での粗大ごみ自己搬入手順

  1. コンビニなどで粗大ごみの手数料(プリンターは200円)を支払い、領収印を押した収集シールを受け取る。
    ※自己搬入ヤードでは収集シールの取り扱いがないため、必ず事前に購入しプリンターの見やすいところに貼り付けておく。
  2. 申し込んだ日時・搬入先に粗大ごみを持ち込む

<横浜市の粗大ごみ自己搬入ヤード>

鶴見資源化センター:横浜市鶴見区末広町1-15-1(鶴見工場内)
長坂谷ストックヤード:横浜市緑区寺山町745-45
神明台ストックヤード:横浜市泉区池の谷3949-1(神明台処分地内)
栄ストックヤード:栄区上郷町1570-1

5)状態がよいプリンターはリサイクルショップへ

状態の良いプリンタイメージ

壊れたわけではなく、使わないので処分する場合や、引っ越しなどで処分をするときは、ゴミに出すのはもったいないですよね。

プリンターの年式がまだ新しくて、正常に動く場合は、リサイクルショップで買い取ってくれる可能性があります。発送に手間がかかりますが、オークションやフリマで売るという方法もありますね。

これらは、処分ができて、いくらかお金にもなりお得な処分方法です。

6)不用品回収事業者もプリンターを回収可能

不用品回収事業者も、不用品を回収した後にリサイクルやリユースで再利用してくれるところがあります。

家に眠っている家具や家電で、手放したいものがあれば、プリンターと一緒に一括回収してもらいましょう。

また、大きな家具や乗らなくなった自転車、使わなくなったスポーツ用品なども回収して貰えますよ。

依頼先によっては、家の中から運び出してくれることも。不用品を手放すと気持ちがすっきりしますね。

7)まだ使えるプリンターなら不用品回収でリユース!

不用品回収事業者イメージ

横浜市でプリンターを処分する方法解説しました。横浜市は、申込方法が多種あります。電話は混むこともあるので、インターネットで申し込めるのは簡単でいいですよね。

状態のいいプリンターは、リユース・リサイクルに出しましょう。まだ使えるものを、誰かが引き続き使ってくれるのは嬉しいですよね。

プリンター以外にも家にモノがたくさん眠っていて、整理のためにも手放したいという時は、不用品回収事業者に依頼してはいかがでしょう

くらしのマーケットには、横浜市で不用品を回収している事業者がたくさん登録しています。口コミであらかじめどんな事業者かチェックして依頼できるのがメリットです。

この機会に、ぜひ、依頼してみてくださいね


くらしのマーケット

くらしのマーケットは、ハウスクリーニング・引越し・不用品回収など、200種以上の暮らしのサービスをオンラインで予約できる、日本最大級のサービス比較サイトです。

くらしのマーケットの安心・安全

徹底した品質管理と万が一の際の保証制度!

⇒詳しくはこちら

もう一度使いたいサービスNo.1

「人」で選べる。「値段」がわかる。「なんでも」頼める。

⇒詳しくはこちら

最大1億円補償制度

くらしのマーケット独自の損害賠償補償制度です。

⇒詳しくはこちら

サービスカテゴリ一覧を見てみる

※サービス比較や口コミ閲覧に会員登録は必要ありません

  • lineで送る

関連記事

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る