浴槽のエプロン内部はカビだらけ!自分でできる取り外し方と掃除方法

こまめに掃除をしているはずなのに、なぜか浴室が臭う……。そんな場合はひょっとすると、エプロン内部にカビが生えていたり汚れが溜まっているからかもしれません。エプロンの取り外し方や掃除の仕方を詳しく説明します。

2020.6.15 更新
浴槽のエプロン内ってどうやって掃除するの?

目次

  1. 1)浴槽のエプロンってどれのこと?
  2. 2)エプロンの外し方
  3. 3)エプロン掃除の仕方
  4. 4)エプロン掃除におすすめの頻度と時期
  5. 5)どうしても汚れが取れない場合はプロの浴室クリーニングを

1)浴槽のエプロンってどれのこと?

エプロンつきの浴槽

エプロンとは、浴槽の外側に付いているカバーのことです。浴槽を四角いものだと思っている方も多いかもしれませんが、エプロンが付いてるためそう見えているだけで、実は浴槽内側の形状に沿った楕円形の形をしているものが多いです。

よって、取り付けられたエプロンと浴槽の間には隙間があり、入浴中などに飛び散ったお湯や洗剤などが入り込んでしまいます。湿気や汚れが溜まりやすく、なかなか掃除もしないエプロン内部は、気づいたらカビだらけだった……ということも少なくありません。

2)エプロンの外し方

エプロンを外せること自体知らない方もいると思いますが、実は簡単に外れるものが多いです。大抵のエプロンなら、下部を両手で持って上に持ち上げながら手前に引き出せば外れるはずです。

しかし、たまにねじ止めされているエプロンもあるので、その場合はドライバーでねじを取ってから外しましょう。

ただし、分譲マンションや戸建ての浴槽の場合、エプロンがない場合もあります。汚れが入る隙間がないため、エプロンがないタイプの浴槽へリフォームを検討している方も多いようです。

お風呂リフォームの料金を見る

3)エプロン掃除の仕方

必要なもの

  • 雑巾
  • スポンジ
  • 柄の長いブラシ
  • ゴム手袋
  • アルカリ性のカビ取り洗剤(市販のものまたは重曹やセスキ炭酸ソーダ)
  • スプレーボトル(重曹またはセスキ炭酸ソーダを使う場合)

通常、毎日掃除をしないエプロン内のカビはかなり繁殖していて深くまで根付いている場合が多いです。洗剤は、効果の高い市販のアルカリ性カビ取り用洗剤がおすすめです。

カビ取り用洗剤

しかし、幼児がいたり肌が弱いといった理由で、あまり強力な洗剤は使いたくない……という人は、重曹やセスキ炭酸ソーダといった体にも環境にも優しいエコ洗剤を使いましょう。

重曹を使う場合は重曹小さじ一杯に対し100mlの水、セスキ炭酸ソーダの場合はセスキ炭酸ソーダ小さじ一杯に500mlの水、という濃度で混ぜ、スプレーボトルに入れます。

そしてカビ部分に吹き付けるようにすれば、カビ取り用洗剤として使えます。ただし、市販のカビ取り用洗剤に比べると、カビを落とす力は弱いので、掃除に時間はかかってしまう点に注意です。

掃除の手順

①エプロンを外したら、ざっと汚れを洗い流す

エプロンの内側とエプロンに隠れていた浴槽外側に溜まっていたゴミや髪の毛を、熱めのシャワーで洗い流します。排水口がゴミで詰まってしまう場合があるので、ゴミが多そうな場合は溜まったら除去してビニール袋などに捨てましょう。

②スポンジで汚れをこすり落とす

新しい汚れなら、洗剤を使わずとも簡単に落とせるはずなので、スポンジやブラシを使ってできるだけこすり落としておきましょう。奥の方は手を伸ばして届かないことも多いので、柄の長いブラシを使って掃除しましょう。

③カビ取り用洗剤を全体に吹き付け、放置する

ゴム手袋をし、エプロンの内側や浴槽の外側にカビ取り用洗剤をまんべんなく吹き付け、数分間放置します。

市販のカビ取り用洗剤の場合、汚れがひどい場合は長めの時間放置するよう説明に記載されているはずなので、しばらく掃除していなかった場合はその時間通りに放置してください。

重曹やセスキ炭酸ソーダを使う場合は、数時間放置してもよいでしょう。

④シャワーで汚れを洗い流し、落ちない汚れはこすり落とす

カビ取り用洗剤によって汚れが柔らかくなるので、シャワーをあてれば大部分は洗い流せるはずです。流せない汚れは、スポンジやブラシで軽くこすれば落とせるでしょう。

重曹やセスキ炭酸ソーダを使った場合、それでも落とせない汚れもあるかもしれません。そんなときはもう一度洗剤を吹き付けて再度掃除しましょう。

⑤乾燥させてから、元のように取り付ける

エプロンとエプロン内部をしっかりと乾燥させてから、元のようにエプロンを取り付けてください。乾燥させないまま取り付けてしまうと、湿気によってカビが再発しやすくなるので気をつけましょう。

4)エプロン掃除におすすめの頻度と時期

エプロン掃除はそんなに頻繁に行う必要はありません。年に2回程度、大掃除のついでにエプロンを外して行えば十分です。

掃除におすすめの時期は、カビが生えやすくなる梅雨と、秋の台風シーズンの前辺りです。その時期に掃除をしてきれいにしておけば、清潔な状態を保てるでしょう。

5)どうしても汚れが取れない場合はプロの浴室クリーニングを

長期間一度もエプロンを外して掃除していなかった場合は、自分で掃除をしても汚れが取り切れないこともあるかもしれません。そんなときは、プロの浴室クリーニングへ依頼するのがおすすめです。

プロのクリーニングなら、エプロンまわりだけではなく、床や壁、浴槽やドア、換気扇に至るまで、浴室の隅から隅までピカピカになるはずです。


くらまくんロゴ

くらしのマーケットは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の暮らしのサービスをオンラインで予約できる、日本最大級のサービス比較サイトです。

くらしのマーケットが選ばれる理由

料金・サービス内容が明確

急な追加料金もなし

店舗写真・口コミでしっかり比較

利用者評価に基づくランキングで安心

予約・質問はWEBで完結

万が一のための損害賠償補償あり


はじめての方へ(わたしたちの想い)

人気のサービスカテゴリ

☆格安引越し
☆不用品回収
☆エアコンクリーニング
☆お風呂クリーニング
☆エアコン取り付け

サービスカテゴリの一覧を見てみる
※サービス比較や口コミ閲覧に会員登録は必要ありません

  • lineで送る

関連記事

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る