お風呂のカビ取りは塩素系漂白剤パックを!頑固な黒カビも簡単に取る方法

お風呂の黒カビには塩素系漂白剤パックが効果的です。他にもオキシクリーンなど酸素系漂白剤や重曹+クエン酸を使い、黒カビの弱点である"洗剤・50度以上の熱・乾燥"の環境を作って撃退法から予防法まで紹介します。

2021.7.21 更新
お風呂のカビ取り

目次

  1. 1)カビの弱点は「洗剤・50度以上の熱・乾燥」
  2. 2)カビ取りは塩素系漂白剤が最強
  3. 3)実践!お風呂のカビを取るコツ
  4.  1.頑固なカビには塩素系漂白剤パック
  5.  2.酸素系漂白剤でカビ取り
  6.  3.エコ洗剤の重曹・クエン酸でカビ取り
  7.  4.天井のカビにはフロアワイパー
  8.  5.ゴムパッキンには漂白剤+片栗粉
  9.  6.浴槽エプロンは年2回の掃除でカビ取り
  10. 4)カビの弱点をついてカビ予防を
  11. 5)お風呂の丸洗いをするには?
畑野 佳奈子

ライター:畑野 佳奈子
掃除が苦手でしたが…くらしのマーケットで紹介しているお手軽な掃除方法をフル活用しています。整理収納アドバイザー資格取得に向けて勉強中!

1)カビの弱点は「洗剤・50度以上の熱・乾燥」

お風呂場の壁や床などにに現れるピンク色のぬめりや、ポツポツした黒カビ。お風呂用の洗剤を使ってブラシでゴシゴシするのはちょっと待って。
汚れの種類で使用すべき洗剤が異なるように、カビにも最適な掃除方法というのがあります。

黒カビは、温度が20~30℃、湿度が65%以上の酸素がある場所で、皮脂や水垢などを栄養成分にして繁殖します。
お風呂場はカビにとって最高の繁殖環境なのです。

お風呂場のカビ

つまり、カビの弱点は、「殺菌効果のある洗剤もしくは消毒剤」「50℃以上の熱」「乾燥」ということ。

お風呂場を乾燥させただけでは一度発生した黒カビが自然に死滅することはありません。
カビ取りをする際は殺菌ができるカビ取り剤か、50℃以上の熱いお湯を使いましょう。

黒カビは放っておくと繁殖して広がっていく上、根を深くはりどんどん落としにくくなってしまいます。黒いポツポツを見かけたら、こまめに退治するのがおすすめです。

赤カビ・ピンクぬめりはこすって対処

赤カビと呼ばれる、水回りのピンクぬめりは、実はカビではなく「ロドトルラ」という雑菌です。
人体に影響はないものの、繁殖力が強く黒カビのエサになるので見つけたらすぐに対処しましょう。
こすれば簡単に落とすことができるので、スポンジで軽くこすりましょう。

2)カビ取りは塩素系漂白剤が最強

洗剤のイメージ

市販のカビ取り剤には、塩素系漂白剤酸素系漂白剤の2種類があります。
どちらにも除菌・漂白効果がありますが、効果の強さには違いがあります。

根を張ったカビや、時間が経った頑固なカビには、効果の高い塩素系がおすすめです。

ただし、効果の高いカビ取り剤には強い塩素臭があり、酸性の洗剤と混ぜると有害ガスが発生するなど、取り扱いには注意が必要です。
お子さんやご高齢の方、ペットがいる方は、塩素系より安全性の高い酸素系の使用がおすすめです。

洗剤の特徴

「重曹」や「クエン酸」などのエコ系洗剤はカビ取りにも使用できる便利なアイテムです。

塩素系漂白剤や酸素系漂白剤と比べると、洗浄効果はおだやかですが、臭いもなく手で触ったり口に入っても安全というのがメリットです。

カビ菌は酸素がある環境で活性化するため、できるだけ酸素に触れさせないよう、カビ取り剤が染み込んだキッチンペーパーでのパックや、蒸発を防ぐために食品用ラップでカバーをするとより効果的です。

パック

3)実践!お風呂のカビを取るコツ

カビのしぶとさや範囲によって先述した塩素系漂白剤、酸素系漂白剤、重曹・クエン酸と洗剤を使い分けましょう。
それぞれの洗剤のカビ取りに効果的な方法を紹介していきます。

頑固なカビには塩素系漂白剤パック

カビ取りに一番効果的なのは、塩素系漂白剤をカビにパックすることです。

【用意するもの】

  • 塩素系漂白剤(カビ取り剤)
  • 食用ラップ
  • キッチンペーパー
  • 雑巾
  • ゴム手袋

▼【動画】買うならどっち?カビハイターvs.カビキラー


強力カビ ハイター ハンディスプレー 400ml


カビキラー 本体 400g


カビ取り手順

  1. 乾いた雑巾でカビを取る部分の水分を拭き取る
  2. 水分を拭き取る
  3. 塩素系漂白剤(カビ取り剤)をカビに直接つける
  4. カビに密着させるようにキッチンペーパーで覆う
  5. キッチンペーパーで覆う
  6. 再度上から塩素系漂白剤(カビ取り剤)をかける
  7. 食品用ラップで上からカバーする
  8. カビに密着させる
  9. 30分ほどつけ置きする
  10. つけ置きする
  11. 水で流す

カビ取りのポイント

・カビ取りに使う洗剤の中には刺激が強いものもあるので、直接肌に触れないようゴム手袋を装着しましょう。
・塩素系漂白剤(カビ取り剤)をかけるのは乾燥してから。水分が残っていると効果が半減してしまいます。
・塩素系漂白剤(カビ取り剤)はお湯でなく水で流しましょう。お湯で流すと塩素の匂いが強く出ることがあります。


▼【動画】お風呂のカビ取り実践しました!

酸素系漂白剤でカビ取り

「塩素系漂白剤や強力カビ取り剤は臭いがきつい」という方は、酸素系漂白剤でのカビ取りをおすすめします。

【用意するもの】

  • 酸素系漂白剤(粉末タイプ)
  • 食用ラップ
  • 割り箸
  • お湯(40℃・適量)
  • 古歯ブラシ
  • 雑巾
  • ゴム手袋

オキシクリーン

酸素系漂白剤のカビ取り手順

  1. 乾いた雑巾でカビを取る部分の水分を拭き取る
  2. 粉末の酸素系漂白剤に40℃ほどのお湯を少しずつ加えペースト状にする
  3. ペーストをカビに塗る
  4. 上からラップで覆う
  5. ラップで覆う
  6. 1〜6時間置く(カビの状態によって時間を変える)
  7. 歯ブラシなどで優しくカビをこする
  8. 歯ブラシなどで優しくカビをこする
  9. 水で洗い流す

エコ洗剤の重曹・クエン酸でカビ取り

重曹とクエン酸を混ぜると、炭酸ガスが発生し洗浄効果がアップします。(※炭酸ガスは無害です)
重曹とクエン酸を使ったカビ取りは、漂白剤に比べ効果は弱いです。
しかし、「漂白剤を使いたくない」「小さなお子さんやペットがいるから優しい洗剤を使いたい」という方におすすめです。

【用意するもの】

  • 重曹(適量)
  • クエン酸(小さじ1)
  • 水(200ml+適量)
  • スプレーボトル
  • 食用ラップ
  • 割り箸
  • 古歯ブラシ
  • 雑巾
  • ゴム手袋

重曹

重曹+クエン酸を使ったカビ取り手順

  1. スプレーボトルに水(200ml)とクエン酸(小さじ1)を入れクエン酸水を作る
  2. クエン酸水
  3. 重曹がペースト状になるように少しずつ水を加えてかき混ぜる
  4. 乾いた雑巾でカビを取る部分の水分を拭き取る
  5. カビに重曹ペーストを置く
  6. 重曹ペーストを置く
  7. 上からクエン酸水を吹きかける
  8. 上からラップで覆う
  9. 1時間ほど置く
  10. 古歯ブラシで優しくこすってカビを落とす
  11. 水で洗い流す

天井のカビにはフロアワイパー

手の届きにくい天井に生えたカビは、フロアワイパーを使います。天井のカビ掃除は1ヶ月〜2ヶ月に1回を目安に行いましょう。

【用意するもの】

  • 塩素系漂白剤(カビ取り剤)
  • ゴム手袋
  • フロアワイパー
  • キッチンペーパーまたはタオル

天井のカビ取り手順

  1. フロアワイパーにキッチンペーパー(タオル)を取り付ける
  2. キッチンペーパー(タオル)に塩素系漂白剤(カビ取り剤)を吹きかける
  3. 天井を拭く
  4. 天井のカビ取り

注意!

カビ取り剤を天井に向かって吹きかけるのは、やめましょう。洗浄剤が目に入る可能性があり危険です。


お風呂の天井のカビ取りを簡単にやるコツはこちらの記事も合わせてご覧ください。基本の掃除方法から念入りの掃除方法も紹介しています。

ゴムパッキンには漂白剤+片栗粉

片栗粉を加えて固いペースト状にして使うと、より密着させることが出来ます。カビの根が深く入りやすいパッキンにおすすめです。

【用意するもの】

  • 塩素系漂白剤(カビ取り剤)
  • 片栗粉(適量)
  • 割り箸
  • 古歯ブラシ
  • ゴム手袋

  1. 片栗粉をに塩素系漂白剤(カビ取り剤)入れる
  2. 塩素系漂白剤(カビ取り剤)に片栗粉を入れる
  3. 割り箸などで混ぜ合わせてペースト状にする
  4. カビに密着させるようにペーストを乗せる
  5. 30分ほどつけ置きする
  6. つけ置き
  7. 古歯ブラシで優しくこする
  8. 水で流す

ポイント

ゴムパッキンは塩素に弱いので、一晩など長時間置くと劣化の原因に。時間を置きすぎないように注意しましょう。


▼【動画】ゴムパッキンのしつこい黒カビにカビキラー2種類で挑んでみた


ゴムパッキンについた黒カビがどうしても落ちない場合は、薬局やネットショップに売っているゴムパッキン専用のカビ取り剤を使うのも効果的です。

カビキラーゴムパッキン用

浴槽エプロンは年2回の掃除でカビ取り

お風呂エプロン

浴槽エプロンの中はカビが大好きな場所です。ユニットバスや壁や床に埋め込まれているタイプなど、エプロンがない浴槽もありますが、エプロンカバーが外れる場合は、年に2回くらいのペースで掃除をすると良いでしょう。

【用意するもの】

  • 塩素系漂白剤(カビ取り剤)
  • 雑巾
  • スポンジ
  • 柄の長いブラシ
  • ゴム手袋
  • マスク

  1. エプロンを外したら、ざっと汚れを洗い流す
  2. スポンジで汚れをこすり落とす
  3. 塩素系漂白剤(カビ取り剤)を全体に吹き付けて放置する
  4. シャワーで汚れを洗い流し、落ちない汚れはこすり落とす
  5. 乾燥させてから、元のようにエプロンを取り付ける

浴槽エプロンを掃除する方法を紹介している記事では、エプロンを外す方法から動画付きで解説しています。あわせてご覧ください。

4)カビの弱点をついてカビ予防を

お風呂をキレイに掃除したあとは、できるだけカビを繁殖させないように予防しましょう。

お風呂のカビ予防

  • 仕上げに50℃以上のシャワーをかける
  • 浴室内の換気
  • 浴室の水分を拭き取る

利用者の声

カビは50℃以上のお湯で死滅するため、50℃以上のシャワーを5秒以上かけて浴槽を洗い流すと、カビ予防に効果的です。

浴槽のカビ予防

カビは湿気を好むため、浴室の換気扇をつけておく、タオルで浴室の水分を拭き取ることもカビ予防につながります。
毎日の入浴後のひと手間でカビ予防に効果があるので、少しでも続けてみてください。

▼動画で解説!お風呂の換気でカビ予防



こちらの記事では、面倒なお風呂掃除を楽にするコツを4つ紹介しています。の"ついで"の掃除でカビ予防ができますよ。

煙でカビ退治!お風呂のカビ予防便利グッズ

お風呂場のカビを予防できるくん煙剤も市販されています。おもちゃや浴室にあるイスやオケにも使用できますよ。

お風呂のくん煙剤

洗剤を水に入れ、お風呂場で90分ほど放置した後、30分換気するだけでカビを予防することができます。定番のフローラルの香りの他、せっけんやミントの香りも販売されているので、手軽に予防したい方は好きな香りを試してみるのはいかがでしょうか。

くん煙剤

6)お風呂の丸洗いをするには?

「自分でやってみたけどどうしても黒カビが取れない…」
「そもそもまとまった掃除の時間がとれない…」
「一気にお風呂をキレイにしたい! 」

そんなときは、お風呂クリーニングのプロに依頼するのも一つの手。

お風呂クリーニング業者イメージ

プロのお風呂クリーニングは、お風呂場のあらゆる場所をきれいにする「お風呂場の丸洗い」。浴槽やエプロン、床・壁・天井・鏡はもちろん、窓・扉・換気扇などの細かい所まで、すべてきれいにしてくれます。

お風呂場をすみずみまでピカピカにするのは、素人にはとても骨の折れる作業ですよね。一度きれいにできれば、日々の少ない掃除でも清潔なお風呂場を保つことができます。

お風呂クリーニングの費用

お風呂クリーニングの費用相場は1万2,000円〜1万8,000円。
お風呂の広さや事業者によって価格は変動します。
詳しい作業内容やビフォーアフターを紹介した記事がありますので、気になる方はこちらもチェックしてみてください。


お風呂クリーニングの事業者を比較する

お風呂クリーニング事業者は、大手から個人まで多数あります。口コミや価格、サービス内容はもちろん、万が一のときのために補償制度の有無を確認しましょう。
くらしのマーケットは、価格やサービス内容、利用者の実際の口コミで事業者を比較検討し、オンラインで予約できます。
さらに予約前に事業者にメッセージを送ることが出来るので、不安な点も確認できます。


お風呂クリーニング利用者の声

利用者の声① 利用時期:2021年6月

この度はありがとうございました。隅々まで綺麗にして頂き、まるで新築のようになりとても大満足です!夜のお風呂がとても気持ち良かったです。 見えるところの掃除はしていたつもりですが、モワッとした匂いがカウンターやエプロン内から漂ってきていて、ただ開ける勇気もなく...今回初めて暮らしのマーケットを利用しましたが、この方にお願いした自分を褒めてあげたいです。自分で掃除したら0円ですが、プロはやっぱり違います!細かいカビも全て無くなりました。 迷われてる皆様、わたしが自信を持ってオススメします!年1くらいでまたこの方にお願いしようと思います。本当にありがとうございました!

出典:口コミ|くらしのマーケット


利用者の声② 利用時期:2021年7月

今回初めて浴室クリーニングを頼んでみました。 口コミの通り、穏和な方で安心してお任せする事ができました。 綺麗だった浴室も14年の歳月で、あちこち気になって色々な掃除洗剤を試してみても納得が出来ないでいたのですが、みやび様の仕上がりを見てピカピカの鏡、天井、換気扇、サッシ、窓など、引越してきた当初のお風呂を思い出しました。 本当に自分では諦めていた頑固な汚れも真っ白に綺麗になってもう少し早く頼めばと後悔しました。 これからは定期的にお願いしようと思います。 暑い中、閉めっきりで4時間半近く、黙々と作業して頂いてありがとうございました。 またよろしくお願い致します。

出典:口コミ|くらしのマーケット



くらまくんロゴ

くらしのマーケットは、ハウスクリーニング・引越し・不用品回収など、200種以上の暮らしのサービスをオンラインで予約できる、日本最大級のサービス比較サイトです。

くらしのマーケットの安心・安全

徹底した品質管理と万が一の際の保証制度!

⇒詳しくはこちら

もう一度使いたいサービスNo.1

「人」で選べる。「相場」がわかる。「なんでも」頼める。

⇒詳しくはこちら

最大1億円補償制度

くらしのマーケット独自の損害賠償補償制度です。

⇒詳しくはこちら

サービスカテゴリ一覧を見てみる

※サービス比較や口コミ閲覧に会員登録は必要ありません

  • lineで送る

関連記事

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る