遺品整理士って、どんな仕事なの?

身近な方が亡くなり、残された遺品の処理に頭を抱えていませんか。 昔は家族総出で遺品整理をしたものですが、近年ではプロの遺品整理士に依頼をする方も増えてきているようです。遺品整理士は具体的にどのようなことをやってくれるのでしょうか?

遺品整理士の仕事とは

そもそも『遺品整理士』という資格は、一般社団法人遺品整理士認定協会により認定されている民間資格です。遺品整理士認定協会のホームページによると、その目的は下記の通りとされています。

遺品整理士認定協会は、遺品整理業の社会的役割と業者数の増大に伴う、モラルの低下を是正することを理念とし、業界の健全育成をはかるため、遺品整理士養成講座を運営するとともに、認定試験を実施することを目的として設立されています。
引用:一般社団法人遺品整理士認定協会ホームページ


また、同ホームページによると、法規制を遵守した上で故人の想いがこもった品々を『供養』の観点で取り扱う、というのが遺品整理士の業務となるようです。

遺品整理士に依頼するメリット

遺品整理を専門家に依頼するとどんなメリットがあるのでしょうか。
まず挙げられるのは、体力面・精神面での負担の軽減です。
故人が物を大切にしていて、膨大な品物を残していた場合、それを仕分けするだけでも一苦労。
たとえそれが書類だとしても内容を確認していくうちに、故人の想いを感じ取って、体力・精神どちらも疲れ切ってしまうのではないでしょうか。
また、時間という観点でも大きなメリットがあります。
自分で作業するとなると忙しい合間をぬって何日もかけなければ終わらない作業も、専門の業者に依頼すれば決められた期限内に終わらせることができます。

実際に利用してどうだったか

遺品整理士のいる業者に依頼すると実際どうなのか、評判を知りたいという方も多いでしょう。
くらしのマーケットには遺品整理のサービスを実際に利用した方の口コミを読むことができます。ここで一部を抜粋してご紹介します。

>父が急死し、家族で住んでいた為4LDKの広い部屋を12月中に全てを撤去しなければならない状態でしたが、色々な所で見積もりを出してもらってもかなりの高額になってしまい途方に暮れておりました。 しかし、担当の方が親身になり自宅を訪問しても色々な提案をして相談に乗って頂き、年末でお忙しいにも関わらず無理に予定を開けて頂き、三日間をかけて全ての遺品を整理し、更に他の全ての部屋も奇麗に掃除して頂き無事に家を引き渡す事が出来ました。 (エルリムさん 利用時期:2015年12月)
>心のこもった丁寧な作業をして頂きました。 遺品といいながら、結局はゴミとして捨てることになるので心が痛むものですが、少しでもそれを軽減できたと思います。(kenさん 利用時期:2015年9月)
>父が急逝し、何から手をつけたらいいかわからず当惑していましたが、おかげでスムーズに退居することができました。(RomiJuliさん 利用時期:2015年12月)

最後に

故人が生前大切にしていた物を無下にはできない、そんな思いは誰にでもあるものです。
とはいえ残された物をそのまま放置できず、かといって自分ではどうすることもできない…そんな悩みは思い切ってプロに相談することで解消しませんか。
くらしのマーケットには、遺品整理士が所属する業者も多数出店しています。本当に信頼出来る業者かどうかも口コミを参考にして、判断してはいかがでしょうか。

関連記事

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る