遺品整理って、どうしたらいいの?

親族が亡くなり遺品整理をする際、気持ちの整理がつかなかったり、物が多すぎたりして整理が難しいと感じる方が多いようです。 最近では、遺品整理を自分たちで行うのではなく、業者に依頼するケースも増えています。

遺品整理とは

亡くなった方の家や部屋には、形見として残しておきたいもの、まだ使えそうなもの、大きな家具や家電、もう処分してもよいものなどが入り混じって残っています。
家をすぐにでも明け渡さなければいけない場合もありますし、遺品をいつまでもそのままにしておくわけにはいきませんよね。
遺品整理とは、このような故人の遺品を、残しておくものと処分するものとに仕分け・整理することです。

残しておくもののうち、現金、印鑑、銀行の通帳、株式証券、骨とう品や美術品などの貴重品は、遺族の誰かが管理したり相続したりすることが多いでしょう。
写真やアルバム、手作りの品など、捨てたくない思い出の品々は、手元に置いておくか、遺品供養を取り扱っている業者に依頼することもできます。
故人が一人暮らしだった場合は、食器棚やタンス、テレビなどが不要になることも多いですが、これらを自分で処分するのは大変ですよね。

遺品整理では、考えなければいけないこと、やらなければいけないことがたくさんあります。
すぐにでも遺品整理をしなければいけない方や今後遺品整理を行うかもしれないという方のために、自分たちで行う場合と業者に依頼する場合に分けて、それぞれのメリット・デメリットを紹介します。

遺品整理を自分たちで行う

メリット

・亡くなった方の遺品を自分たちの手で仕分けることで、心を整理するきっかけとなる。
・費用を抑えられる。
・第三者が介入しないのでトラブルが少ない。

デメリット

・気持ちの整理がつかない場合、思い出の品に触れると辛い気持ちがよみがえってしまう。
・処分するものが大量にある場合、トラックなどを借りて、ゴミ処理場まで運ぶ必要がある。
・時間と手間がかかる。

遺品整理を業者に依頼する

メリット

遺品整理士という遺品整理専門の資格を持つ業者や、経験豊富なベテランスタッフに任せておくだけで、スムーズに作業を進めることができる。
・仕分けから回収まで遺品整理業者に依頼をするか、遺品整理は自分たちで行い、処分するものの回収だけを不用品回収業者に依頼するなど、頼みたい作業内容によって適切な業者を選ぶことができる。

デメリット

・費用がかかる。
・想定外の追加料金を請求される、作業内容が事前の話と食い違っているといったトラブルが起こる可能性がある。
・業者によっては、遺品を丁寧に扱ってもらえなかったり、回収した遺品を正しくない方法で処分されたりする場合もある。

遺品整理を依頼する際のポイント

遺品整理の業界はまだ新しく、業者によって品質やサービス内容、料金にバラツキがあります。
亡くなった方の思いがつまっている大切な遺品を取り扱うので、業者は慎重に選びたいですよね。

遺品整理の業者を選ぶときは、費用も気になるところですが、「親身になって相談に乗ってくれるか」というポイントも非常に重要です。
ほとんどの方が、遺品整理をするのは初めての機会になるかと思います。わからないことも当然多いですよね。
家族や親戚が亡くなり、心が疲れ切っている人もたくさんいるでしょう。

そんなときに、いくら価格が安くてもビジネスライクな対応を取られたら、あなたはどう思いますか?
遺族の気持ちを汲んで、さまざまな相談に快く応じてくれるような業者だと安心ですよね。

くらしのマーケットでは、遺品整理を代行してくれる遺品整理士のいる業者、追加料金なしの業者や口コミで評判のよい業者を探すことができます。
自分たちだけで遺品整理を行うのは大変だと感じたら、ぜひ安心できる業者を探して依頼してみてください。

この記事のキーワード

関連記事

エアコンクリーニング

きれいにならなかったら全額返金します

詳しくみる

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る