遺品整理の仕方|時期・処分方法・遺品の買取は?/業者の流れや料金も

自分で行う遺品整理の仕方について。遺品整理を行う時期や準備するもの、遺品の仕分け方を解説。さらに、買取や不用品回収業者の利用など遺品の処分の仕方も説明します。また、遺品整理を業者に依頼した場合の流れや相場料金についても詳しく紹介。

遺品のイメージイラスト

大切な家族や親族のお見送りのあとに、行わなければならないことがあります。それは、故人が残した遺品の整理です。

人生の中で遺品整理をする機会はなかなかないのが普通ですし、遺品には生活用品や家具や電化製品、財産となる高価なものまで、さまざまな種類のものを整理しなければならないので大変な作業です。

特に初めて遺品整理をする場合は、何から手を付けたらいいのかわからない……と悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

遺品整理を開始するのに適切な時期遺品の仕分け方仕分けた遺品の処分方法を詳しく説明します。また、業者に遺品整理を依頼する場合の業者選びのコツや流れ、料金相場についても解説します。


目次

1.遺品整理に適切な時期
  1-1.期限がある場合
  1-2.期限がない場合
2.自分で遺品整理を行う場合の進め方
  2-1.準備するもの
  2-2.遺品整理の進め方①:遺品を仕分けする
  2-3.遺品整理の進め方②:仕分けした遺品を処分する
3.遺品整理を業者に依頼した時の詳細
  3-1.業者の選び方のコツ
  3-2.サービスの流れ
  3-3.料金相場
4.遺品整理業者選びに困ったら


1.遺品整理に適切な時期

親族が亡くなってしばらくしてから、そろそろ遺品整理をしなければ……と考えだす人が多いようですが、遺品整理を始めるのに適切な時期というものはあるのでしょうか。

答えは、「遺品整理を始めるタイミングは人それぞれで良い」です。遺族への悲しみが癒えるのにしばらくかかりそうな場合は数年後でもいいですし、諸事情により早急に片づけなければならない場合は、法要後すぐに行ってもいいのです。

中には、葬儀後間もないうちに遺品整理をしてしまうと故人に申し訳ない……と感じる人もいるようですが、そんなことはありません。親族が納得のいくタイミングで遺品整理を行い、故人への気持ちの区切りをつけることが大切なのです。

ただし、親族の了承を得ずに遺品整理を勝手に行ってしまうとトラブルの元になりますし、故人が賃貸に1人で住んでいたから早めに片付けなければいけない、といった場合は、時期を少し検討する必要があります。

以下で、一般的に遺品整理をする人が多い時期について説明します。


1-1.期限がある場合

故人が賃貸住宅に1人暮らしをしていた場合は、物件を明け渡さなければならないため、遺品整理をそれまでに終えておく必要があります。 多くの人は亡くなったあとの月末か翌月末までを契約期間とし、それまでに遺品整理を完了させています。

また、死後四十九日の間は、故人の魂がこの世を彷徨っているといわれているため、四十九日の法要が済むまで賃貸契約を結んでおき、そのあとに遺品整理を行うという方も多いようです。


1-2.期限がない場合

故人が持ち家に住んでいた場合など、すぐに住居を片付ける必要がない場合は遺品整理を急ぐ必要はありません。もちろん、早く片付けても問題はないですが、親族に相談せずに勝手に片付けるのはトラブルの元になるので気を付けてください。

多くの人が遺品整理を行うタイミングは以下の通りです。

  • 区切りのよい法要のとき
  • 死亡後の手続きが完了したとき
  • 故人を亡くした傷が癒えたとき

親族が遠方でなかなか集まるのが難しい場合は、四十九日や百日法要、一周忌などで一同が集まった際に、遺品整理を始めるのがおすすめです。

その日のうちにすべてを終わらすのは難しいかもしれませんが、遺品の分配や財産分与の詳細だけ取り決め、あとは故人の家の近くに住んでいる人が遺品整理を進めていくという形がいいでしょう。

また、死去後は遺産相続手続きはもちろんのこと、保険・年金・所得税の手続きなどさまざまな手続きを行う必要があります。手続きによっては死去後何日か経過をしないと行えないものもありますので、すべての手続きを終えてひと段落してから、遺品整理を始める方も多いようです。

不慮の事故や急病など、突然のお別れになってしまった場合は特に、親族の傷が癒えるのには時間がかかるため、上記で挙げた期間にとらわれる必要はありません。

悲しみの中無理をして遺品整理を行うことは、故人にも遺族にも決して良いことではないので、ある程度気持ちが落ち着いてから始めるようにしてください。亡くなってから数年後にやっと手を付け始めた、という人も少なくありません。


2.自分で遺品整理を行う場合の進め方

2-1.準備するもの

作業しやすい服装

  • 作業着、汚れてもいい服など
  • 軍手
  • マスク
  • スリッパ


遺品を整理するための資材・道具

  • 段ボール
  • ガムテープ
  • ゴミ袋
  • カッターやはさみ
  • ロープ
  • マジックペン
  • ペンチ、ドライバーなどの工具(家具などを処分する際に必要)
  • 台車
  • 軽トラやワゴン車などの運搬用の車

遺品整理中はホコリを吸い込んだり、思わぬものを踏んづけて怪我をする危険がありますので、必ず遺品整理に適した上記の服装で行うようにしてください。また、遺品整理は大量のものを仕分けをするので、資材は多めに用意しておきましょう。

廃棄する場所が少し離れていたり、集合住宅の場合は運搬用の台車があると便利です。遺品をリサイクルショップやゴミ処理場に自分で運搬する場合は、軽トラやワゴン車などの手配をあらかじめしておきましょう。


2-2.遺品整理の進め方①:遺品を仕分けする

遺品と一口に言っても、いろいろな種類のものがありますし、たくさんありすぎて一体どこから手を付けたらいいのかわからない!と困ってしまう人も多いでしょう。そんな人でもスムーズに進めるコツは、まずは遺品を大きく3つの種類に仕分けてしまうことです。

  • 貴重品や思い出の品などの形見品
  • リサイクル可能なもの
  • 廃棄するもの

それぞれについて詳しく説明します。


貴重品や思い出の品などの形見品

貴重品には以下のようなものが該当します。

  • 通帳
  • クレジットカード
  • 土地の権利書など不動産関係の書類
  • パスポート
  • 年金手帳
  • 健康保険証
  • 有価証券
  • 貴金属(宝石や骨とう品、美術品)など価値の高いもの

これらを整理するには法的な手続きが必要となりますので、見つけ次第段ボールに入れて保管し、他の物の整理が終わり次第親族間で話し合って整理するようにしましょう。

次に思い出の品の仕分けですが、整理する際にもっとも念頭に置いてほしいことがあります。それは「迷ったら処分する」ということです。

故人のものをどんどん捨てていくのは勇気のいることかもしれませんが、あれもこれもと取っておくと遺品整理になりません。思い出の品は、特に故人が愛用していたものや故人を思い出せる写真など、必要な親族に分配できる分だけ残せば十分です。


リサイクル可能なもの

リサイクル可能なものは以下のものが該当します。

  • 冷蔵庫・テレビ・洗濯機・パソコン・など稼働可能な家電
  • ベッドやタンスなどの家具
  • 鍋や釜などの金属類(銅、アルミ、ステンレスなど)
  • 衣類
  • 古紙、古布、プラスティック類

リサイクルショップで買取が可能なのは、製造から5年以内の家電、一部の高級家具、着物やブランドの衣類です。銅やアルミなどの金属・非鉄金属、古紙、古布、プラスチック類はそれぞれ専門の業者に依頼すれば買取・引き取りを行ってくれます


廃棄するもの

貴重品と形見品、リサイクル可能なもの以外は、すべて廃棄するものになります。廃棄するものは自治体のゴミ分別の仕方に合わせて仕分けしましょう。

自治体によって分類は異なりますが、一般的なゴミ分別は以下の通りです。

  • 燃えるゴミ(紙、革製品、ビニール、小物家具、その他雑品など)
  • 燃えないゴミ(せともの、金属類、電球、スプレー缶など)
  • 粗大ゴミ(大型家具、リサイクルの義務付けられていない家電、布団など)
  • ゴミとして出せない不用品(リサイクル家電、消化器、金庫など)

分別は、必ず自治体のサイトで細かい分類を確認してから行ってください。なお、リサイクル家電にはエアコン、テレビ、冷蔵庫・冷蔵庫、洗濯機・衣類乾燥機が該当します。


2-3.遺品整理の進め方②:仕分けした遺品を処分する

リサイクルショップや回収業者で買い取ってもらう

製造から5年以内の家電やブランド物の衣類やバッグなどは、リサイクルショップで買い取ってもらえるものもあります。状態がよかったり希少性が高かったりするものは、高値で取引してくれる場合もあるのでぜひ利用しましょう。リサイクル品が多い場合は出張買取に来てもらうのもおすすめです。

また、金属・非鉄金属やプラスチック、古紙・古布などは専門の業者に依頼すれば引き取ってもらえます。ただし、金属は量によっては買い取ってくれますが、プラスチックや古紙、古布は値段がつくケースは少ないです。それでも無料で引き取ってくれるため、処分費がかからないのでおすすめです。

なお、リサイクルショップでは値段がつかなかったものでも、近年利用者が増えているフリマアプリに出品すれば、買い取り手がつく場合があります。状態がよく十分使用可能なものは出品してみるのもおすすめです。


廃棄品はゴミとして処分する

不用品に分別したものは、ゴミ集積所の指定の日に出したり、粗大ゴミの回収を依頼して処分します。量が多い場合やゴミの収集日を待たずに処分したい場合は、自分でゴミ処分場に持ち込むのもおすすめです。

多くの自治体では、持ち込み処分を受け入れているので、軽トラやワゴン車にゴミを積んで運びこめばその場で引き取ってくれます。自治体によっては受け入れを許可していない場合もあるので、持ち込み前に必ず確認してください。


ゴミとして捨てられない不用品は個別に対応する

前項であげたリサイクル家電(エアコン、冷蔵庫、洗濯機など)や耐火金庫、消化器などは自治体のゴミ収集では取り扱っていない場合が多いです。リサイクル家電の場合はメーカーや購入店へ、金庫や消火器は専門の業者に引き取ってもらうのが一般的です。


不用品回収業者に回収してもらう

リサイクルショップで売るもの以外の処分として一番おすすめなのが、不用品回収業者にまとめて引き取ってもらう方法です。大量の遺品のゴミの分別は、大変体力を使いますし、処分方法もそれぞれ面倒な手続きが必要なケースもあり、相当時間のかかる作業です。

しかし、業者が行っている不用品回収の積み放題のサービスなら、細かく分類したり不用品の種類ごとに専門業者を依頼したりする必要もありません。不用品ならば、スプレー缶などの一部の危険物を除いてすべて引き取ってくれるので、廃棄品を処分する手間が大幅に削減できます。

不用品回収業者を探す


3.遺品整理を業者に依頼した時の詳細

3-1.業者の選び方のコツ



遺品整理業を展開する業者は、高齢化や核家族化の影響で年々増加してきています。数多くある業者の中から、優良な業者を見つけ出すコツですが、業者のホームページを見たときや問い合わせ時に以下のことを確認してみてください。

  • 遺品整理士認定協会の認定資格を持っているか
  • 利用者の口コミが高評価かどうか


遺品整理士になるためには、特に資格は必要ありません。誰でも看板を掲げればすぐに遺品整理業を始めることができます。そのため、近年の高まる需要から、安易に遺品整理業を開業する技術力に乏しい業者や、法外な料金を請求する悪徳業者も増えてきているという実情があります。

そこで立ち上げられたのが、遺品整理士認定協会という民間の団体です。遺品整理士認定協会は、遺品整理業界の健全育成をはかるため、遺品整理士養成講座を運営するとともに、認定試験を実施することを目的として設立されています。

よって、遺品整理士認定協会の認定資格を取得している業者は、講座を受け資格試験に合格しており、一定の水準以上のノウハウとモラルを持っているということになります。資格を持っているかどうかが、優良業者なのかどうかの判断材料の1つになります。


しかし、資格を持っていなくても優良な業者も多くいます。特に、普段はハウスクリーニング業や不用品回収をメインに行っている業者は、掃除や片付けの技術に長けています。

遺品撤去後に、本格的なクリーニングが必要そうな場合や、不用品が多くなりそうな場合は、こういった業者に依頼した方がスムーズに片付けが終わることも多いです。

そんな資格を持っていない優良業者の選び方のポイントは、利用者の口コミです。 最近では、業者を実際に利用した方の体験談を見ることができるサイトがあるので、業者選びの際に参考にすれば、よい業者を見つけることができるでしょう。


3-2.サービスの流れ

業者に遺品整理を依頼した場合、まず作業前に部屋の広さや間取り、作業時間や捜索品の有無、などのヒアリングがあります。そのあと、自宅に業者が訪問して実際に遺品整理が行われます。

そして遺品の仕分け後は、多くの業者が簡易清掃と不用品の運び出しまで行ってくれます。もし、本格的なハウスクリーニングまで必要な場合は、追加料金のかかるオプションメニューとしてサービスを展開している業者も多いので、依頼時に確認してみましょう。

業者の遺品整理の所要時間は、ワンルームの場合で作業時間は約2~3時間、2LDK以上になると6~8時間程度かかるのが平均的です。しかし、建物が一戸建てなのか集合住宅なのかや、遺品に含まれる物の種類や遺品の量などによっても作業時間は変動するので注意が必要です。


3-3.料金相場

遺品整理の料金の目安は、部屋の広さに比例して料金も高くなると考えると分かりやすいです。

主な相場は以下の通りです。

  • 1Rや1Kの部屋:50,000~80,000円
  • 1DKから1LDK:90,000~150,000円
  • 2LDK:150,000円~
  • 3LDK:200,000円~
  • 4LDK:250,000円~

目安としては以上の通りですが、遺品の量が多かったり部屋がゴミ屋敷状態だったりすると、上記以上の料金がかかることが多いので注意してください。

また、遺品整理後の本格的なハウスクリーニングや、ピアノなどの運搬に手間のかかるものの処分、エアコンの取り外しなどの作業を依頼すると、オプションサービスとして追加で料金が発生します。


4.遺品整理業者選びに困ったら

遺品整理は、親族と協力してしっかり準備すれば、自分で行うことも可能です。しかしあまりにも遺品の量が多かったり、遺品整理をする住居が遠方だったりすると、なかなか進められず気づいたら放置している、というケースも少なくありません。

遺品整理を終えるのが困難に思えた場合は、業者への依頼をおすすめします。

くらしのマーケットには、優良遺品整理業者が多数出店しています。

くらしのマーケットの最大の特徴は、料金やサービス内容、口コミなど、業者選びに必要な情報がすべてページ上で確認できること!

「◯◯円〜」といった不明瞭な料金表示はなく、当日の急な追加料金や手数料なども発生しません。各業者のサービスページ閲覧には会員登録も不要なので、作業スタッフの写真や利用者の口コミもしっかり事前確認が可能です。

「予約前に聞きたいことがある」という場合も安心。ページ上のメッセージ機能で店舗スタッフに直接質問することができます。

◆オンライン予約可能
◆予約前の個人情報の登録不要
◆しつこい営業電話なし
◆不明な店は店舗スタッフに直接メッセージが可能

この記事のキーワード

関連記事

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る