遺品整理の料金相場を教えて!

遺品整理という仕事は、明確なサービス内容が決められているわけではありません。 このため、業者ごとにサービス内容や料金が異なることも少なくありません。 法外な値段を請求されたり、予想外の追加料金を取られたりすることのないよう、業者を選ぶ際は遺品整理の料金相場を参考にしましょう。

遺品整理のサービス内容

一般的な遺品整理のサービスでは、まず、遺品を残しておくもの、供養するもの、処分するものに分類します。
そして、遺品を搬出し、供養や処分をしていきます。
整理後の部屋の掃除もサービス内容に含まれていることが多いです。

このほかに、遺品供養の料金、遺品を買い取る場合の手数料、リサイクル家電の引き取りサービスなど、業者によってはサービス内容に含まれておらず別途料金がかかる場合があります。
当日にトラブルがないよう、必ず事前にサービス内容を確認しておきましょう。

部屋の広さごとの遺品整理の相場

遺品整理の料金は、仕分けにかかる時間や運び出す荷物の量によって変動するので、ほぼ部屋の広さに比例して上がっていくと考えて良いでしょう。

1Rや1Kの部屋でしたら、2トントラック1台で積み込めることが多く、料金相場は5万円から8万円程度となります。
1DKから1LDKの部屋になると、2トントラックが2〜3台必要となり、料金は9万円から15万円程度と、幅広くなってきます。
2LDK以上の部屋になると、作業員やトラックの台数も増え、かかる費用も増えていきます。
2LDKで15万円以上、3LDKで20万円以上、4LDKでは25万円以上が相場となっています。

また、間取りではなく部屋の面積や体積によって料金を算出する場合もあります。
●●立方メートルにつき●●円というように算出します。

どちらの場合でも、部屋が広くなればなるほど、業者間の差額は広がっていきます。
なぜその価格なのか、きちんと説明をしてくれる業者だと安心して依頼することができますね。

遺品が少ない場合

上記は部屋の広さあたりの相場ですが、部屋の広さに対して遺品の量が少ない場合には、割高な料金になることもあります。
その場合には部屋の広さではなく、家具などの遺品の個数や重さあたりいくらという料金体系の業者がおすすめです。
布団が●●円、机が●●円、椅子が●●円…といった形で料金を算出します。
事前に荷物量を伝えることで金額を見積もることができますが、想定よりサイズが大きいなどの理由で追加料金を請求される場合もあるので注意しましょう。

また、遺品が少ない場合には自分たちで仕分けをすることもできるので、遺品整理業者ではなく不用品回収業者に依頼をすることで費用を抑えることも可能です。

最後に

ここでは遺品整理の料金相場について触れましたが、大切な遺品を取り扱う作業なので、料金だけでは決められないですよね。
どのような業者に頼むと良いのかは、遺品整理を依頼する際のポイントを確認しておきましょう。

また、くらしのマーケットでは遺品整理を代行してくれる遺品整理業者、不用品回収業者、便利屋を価格や口コミ・評判で比較することができます。

関連記事

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る