お風呂のふたの掃除、どうやるの?

お風呂のふたは、表面の溝やつなぎ目に水分が溜まりやすいため、雑菌の温床になりやすいと言われています。気づいたときには、黒カビがびっしりということも。今回はぬめりやカビが発生しやすいお風呂のふたの掃除方法について、ご紹介します。

“お風呂のふたの掃除、どうやるの?"

まずは普段のお掃除!

浴槽を毎日掃除する人は多いと思いますが、ふたを頻繁に掃除する人は少ないと思います。
浴槽の掃除のついでや入浴後、気が付いた時にサッとお掃除するのをおすすめします。
洗剤を付けたスポンジで軽くこすって洗い流し、ふたを立てて乾燥させるだけでOK。
まずは汚れを溜めないことを習慣にしましょう。

汚れが気になってきたら

ぬめりやカビがある時は、念入りにお掃除をします。
まずは中性洗剤をつけてスポンジで全体をこすり、洗い流します。
細かい溝は使い古しの歯ブラシを使うと汚れが落としやすいでしょう。
すると、目につくぬめりやカビなどはだいたいきれいになっていると思います。
しかし、年季の入ったカビは洗剤で擦っただけでは落ちない場合も多く、落ちたように見えたとしても、菌の根が奥まで伸びていると、またそこからすぐに繁殖してしまいます。
そういったカビの退治には、塩素系漂白剤とティッシュを使った方法がおすすめです。
漂白剤をティッシュに浸し、それをふたに貼って半日~1日置いて水で流すだけです。
奥に入り込んだ菌の根まで浸透して、洗浄してくれます。

最終手段は捨てる!

以上の方法を試しても、長い間お掃除していなかったふたの場合、カビが取れない可能性があります。
そういった場合はもう潔く捨てて、新しいふたに交換してしまいましょう。
一度繁殖したカビを根絶するのは、かなり難しいです。
掃除をしたつもりでも、どこかに残っているとまたすぐに広がってしまいます。
お風呂のふたは数千円程度で購入できますので、洗剤を購入してカビといたちごっこを続けるよりも、結果的に安くなるはずです。
また、お風呂のふたに気になるくらいにカビが広がっている場合は、すでにほかの場所でも多くのカビが繁殖しています。
シャンプーボトルや洗面器、風呂椅子など、安価で購入できるものは一緒に交換してしまいましょう。

最後に

今回紹介したお手入れ方法は比較的簡単なものなので、ぜひ試してみてください。
ただ、これをやってもお風呂のふたの汚れが取れない場合、浴室中に菌が蔓延している可能性があります。
健康にも影響がありますので、1度お風呂クリーニングを依頼してみることをおすすめします。
1度プロの手によってすみずみまできれいにしてもらった後は、清潔な浴室を保つようにしましょう。

関連記事

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る