給湯器の寿命ってどれくらい?

毎日当たり前のように使っている給湯器ですが、交換時期についてご存じですか? 入浴や食器洗いなどには欠かせない生活必需品である給湯器が突然壊れてしまったら、大変ですよね。今回は、とても大切な「給湯器の寿命」についてお知らせします。

給湯器の耐用年数って?給湯器の交換タイミングってあるの?

耐用年数はそのまま「給湯器の寿命」を表します。
またはなんらかの致命的な故障が起こってしまった場合も残念ですが寿命が来てしまったということになります。
給湯器の耐用年数は各家庭の利用頻度にもよりますが8年から10年ほどといわれています。
よって交換もだいたい設置後8年前後に行うのが良いということになります。

どうでしょうか?意外に早いですよね。
特に意識していなければ、気が付いたらそれぐらいはたっているかも・・という年数です。
もし10年の使用を超えてしまうと、お使いの給湯器が廃盤になってしまったりとメンテナンスのための部品が手に入らない場合があり、その際は別の給湯器へ交換となります。
そのため忙しさなどでメンテナンスをつい先延ばしにしていたら結果余計にお金がかかってしまうというケースもあります。

季節や気候などで故障してしまうことも?

また、戸外に設置されることの多い給湯器は、雨の雪の多い季節にも故障が増えることが多くあります。
特に水温の低くなる冬はお湯を沸かすパワーが必要になるために給湯器の負担が大きくなり急な故障になりやすい季節です。
そんな日こそ給湯器で沸かした温かいお風呂に入りたいのに使えないなんて・・と考えるとぞっとします。

寿命・故障に繋がるサインは?

年数はそこまで経っていないけれど、気になる症状がある。
どんな症状が出てきたら注意しなくてはいけないのかを挙げてみます。
以下の症状が出ていませんか?
・お湯の温度が安定しない。
・お湯の量が少ない。
・なかなか熱いお湯にならない。
・釜の動作音が以前よりもうるさくなった。
・リモコンスイッチの反応が鈍い。
・排気が臭ったり、煙が出たりするようになる。

これらの症状がでたらすみやかに専門家へご相談した方が良さそうですね。

いかがでしたか。
安心と安全のためにもちょっと見てもらいたいという方もいらっしゃるかもしれません。
でも「お金はどれぐらいかかるの?」「急にすごい出費になったら困る。」という方のためくらしのマーケットでは給湯器交換業者を明確な料金表と口コミで比較し、予約することができます。一度のぞいてみてください。

この記事のキーワード

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る