ふすまの上に壁紙を貼れるって本当?

ふすまの張替えを考えている方も多いと思いますが、自分では難しそうですよね。実はふすまの上から壁紙が貼れることをご存じですか? 壁紙ならデザインも豊富で洋風のイメージにすることでもできます。今回はふすまに壁紙を貼る方法について紹介します!

ふすまの種類

壁紙を貼る前に、ふすまの種類を確認しましょう。
壁紙を貼るときは両面テープか壁用のりを使って行いますが、ふすまの種類によってその方法に制限があります。
主なふすまの種類は以下の4つです。

本ふすま

木枠で軸を組み表面にべニアを張ってその上に下地、ふすま紙を張ったものです。
軽いのが特徴で周囲の枠は外すことができます。
押入れのふすまに使われることが多く、昔からの伝統的なふすまです。

戸ぶすま

骨組みの上に合板を張ったふすまです。
片面はふすまで、反対の面には壁紙や化粧板などが貼られています。
主に和室と洋室の間仕切りに使われ、叩くとコンコンと硬質な音がします。
枠の取り外しはできません。

発泡スチロールふすま

芯材に発泡プラスチックを使用し、その上にふすま紙を貼ったものです。
軽いことが特徴で、枠を外すことはできません。
芯材の耐久性が低いため、のりを使うとふすま全体が沿ってくる場合がありますので、両面テープで張替えを行います。

段ボールふすま

段ボールの芯材の両面に湿気防止のアルミ箔を重ねてふすま紙がはってあります。
軽いことが特徴で枠を外すことができません。
発泡スチロールふすまと同じで、芯材が弱いため、両面テープでの張替えが推奨です。

どんな壁紙がいいの?

壁紙には、国産と輸入のものがありますが、ふすまに貼るには国産壁紙がおすすめです。
国産壁紙は一般的に92cm幅で、ふすまの一般的な幅は90cmになります。
それに対して輸入壁紙は52cmほどなので、ふすまに張る場合につぎ目ができてしまうのです。
国産壁紙なら1枚をそのまま貼ればよいので簡単です。
柄はお部屋に合わせたお好みのものを選びましょう。

貼り方のコツ

壁紙を貼る前に、まずはふすまの表面を掃除します。
汚れやホコリがついたまま壁紙を貼ってしまうと、カビが発生しやすくなるためです。
そして両面テープなら20cm感覚の格子状に貼り、壁用のりならローラーを使って伸ばし、まんべんなく接着部を作ります。
その後壁紙を貼りつけますが、きれいに貼るコツは、壁紙をふすまより大きめにカットして貼り、はみ出してしまった部分は切ることです。
また、壁紙の中にはすでにのりつきのものもあり、フィルムをはがしてのり面を出せば簡単に接着できるものもあります。
本ふすまか戸ふすまのに壁紙を貼る場合は、利用してみるのもいいかもしれません。

部分的に貼るのもおすすめ

全体に壁紙を貼るのが大変だという場合や、オリジナリティを出したい場合は、マスキングテープやアイロンで貼る和紙のシートがおすすめです。
マスキングテープでふちを囲ったり、ワンポイントにシートを貼るだけでも、だいぶ印象が変わるはずです。
一部を汚してしまったけど、全部を張り替えるのは面倒といった場合の汚れ隠しにも使えますよ。

最後に

ふすま紙自体の張替えの場合、元の紙をきれいに剥がしたり下張りをする必要がありますが、ふすま紙の上から壁紙を貼るだけなら難しくなさそうですね。
しかし、もしふすまに穴が開いてしまっていたり、汚れがひどい場合はやはり業者に張替えを依頼するのがいいでしょう。
最近では、ふすま紙にもいろいろな種類があるので、洋風なデザインやキャラクターの絵柄が入ったものを選ぶこともできます。
くらしのマーケットでも、ふすま張替えを行う業者が多数出店していますので、ぜひ検討してみてくださいね!

関連記事

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る