洗濯機の排水ホースの推奨交換時期・交換のサインと交換の仕方

洗濯機の排水ホースの推奨される交換時期や、交換目安となるサイン、交換の仕方について以下で詳しく説明いします。

2019.4.25 更新

洗濯機のホースを交換する作業員

洗濯槽の掃除を定期的に行っている方は多いと思いますが、排水ホースのお手入れは見落としている方が多いのではないでしょうか。

排水ホースをずっと掃除をしていなかったり、劣化したまま使い続けたりすると、水漏れの原因となってしまうことがあります。

洗濯機の排水ホースの推奨される交換時期や、交換目安となるサイン、交換の仕方について以下で解説いたします。

目次

  1. 1)排水ホースの推奨交換時期
  2. 2)排水ホースの交換サイン
  3. 3)排水ホースの交換方法
  4. 4)排水ホースの交換作業が不安な方は

1)排水ホースの推奨交換時期

洗濯機の排水ホース

洗濯機の排水ホースは、洗濯の際に衣類から出る糸くずやゴミなどが付着しやすく、掃除をしないと詰まってしまったり壊れてしまったりして、水漏れにつながることがあります。

定期的にメンテナンスをしていない場合、交換時期は2~3年が推奨されています。また、こまめに掃除をしている場合でも、5年に一度は交換した方がよいでしょう。

2)排水ホースの交換サイン

洗濯機の水漏れのイラスト

使用状況によっては、推奨の交換時期が起きる前に排水ホースが劣化し、水漏れが発生してしまうこともあります。

以下で排水ホースの交換目安となるサインについて説明しますので、ホースまわりを確認して同じような状況が起こっている場合は、速やかに対処しましょう。

排水ホースから水漏れしている

洗濯機の下に少しでも水が溜まっている場合は、ホースのどこかに穴や亀裂があることが考えられます。破損が大きくなって浸水被害につながるのを防ぐ前に、速やかに新しいホースに交換しましょう。

洗濯機下は普段あまり見えないので、小さな水漏れには気づきにくいかもしれません。たまにのぞいて水が溜まっていないかどうかを確認するようにしてください。

排水ホースが劣化している

洗濯機下に水は溜まっていないけれど、排水ホースが湿っている気がする、明らかに見た目が老朽化している、というような場合は、放っておくとどんどん排水ホースの劣化が進んでいってしまいます。水漏れする前に速やかに交換しましょう。

排水ホースまわりから悪臭がする

嫌な臭いがする場合は、洗濯ホース内部に洗剤カスやホコリなどが溜まっていることが考えられます。ひどい場合は洗濯物に臭いが移ってしまうことも。

掃除をすれば臭いが解消されることもありますが、5年以上交換していない場合は新しい排水ホースに交換しましょう。

排水ホースが緩んでいる

排水ホースを掃除するときは、ホースを取り外す必要がありますが、何度も取り外しをしていると、結合部が緩んでしまうことがあります。結合部はホースバンドという留め具で固定されているので、緩んできたらこのホースバンドを新しいものに交換しましょう。

排水ホース自体に劣化が見られない場合は、ホースバンドのみの交換で大丈夫です。ホースバンドは年に一度くらいは交換するとよいでしょう。

3)排水ホースの交換方法

排水ホースの交換は、準備をして手順を間違えなければそれほど難しい作業ではありません。以下で、排水ホースの交換に必要なものと、交換手順について詳しく説明します。

用意するもの

  • 新しい排水ホース
  • ドライバー(ホースクリップがねじ式の場合)
  • はさみ
  • ビニールテープ
  • 結束バンド

新しい排水ホースは、メーカー純正のものが推奨ですが、洗濯機の製造から10年以上経っていると生産が終了していることもあります。その場合は、ホームセンターなどで差し込み口の直径が同じサイズの排水ホースを購入しましょう。

交換手順

①古い排水ホースを取り外す

多くの排水ホースはホースクリップというもので止められています。ホースクリップは差し込み式とねじ式の場合がありますが、差し込み式なら手動で簡単に外せます。ねじ式の場合は、ドライバーを使ってねじを緩めて取り外しましょう。

②新しい排水ホースの長さを調節する

新しい排水ホースがメーカー純正の場合は、長さの調節は必要ありません。純正でない場合は、古い排水ホースと長さが同じになるようにはさみで切りましょう

③新しい排水ホースにホースクリップを取り付ける

新しい排水ホースに今まで使っていたホースクリップを取り付けます。緩く付けてしまうと水漏れの原因となりますので、しっかりつけましょう。

④排水ホースに排水エルボを取り付ける

排水口についている排水エルボをいったん取り外し、排水ホースと結合させます。水漏れを防ぐため、結合部にはビニールテープを巻いてしっかりと固定させましょう。その上からさらに結束バンドを巻き付ければ効果的です。

⑤排水エルボを排水口に挿入する

排水ホースを取り付けた排水エルボを排水口に挿入すれば、交換作業終了です。

ホースクリップがない場合は

古い洗濯機の中には、ホースクリップが使われておらず、結合部に接着剤が使われていることがあります。その場合は、接着剤部分をはさみで切って古い排水ホースを取り外しましょう。

残ってしまった洗剤カスは、ドライヤーで温めて柔らかくしてから拭き取ったり、サンドペーパーでこすったりして除去しましょう。そのあと、接着剤を塗った新しい排水ホースを取り付けます。

ホースクリップを新しく購入し、その上から取り付けて固定すればさらに水漏れ起こりづらくなります。

4)排水ホースの交換作業が不安な方は

洗濯機の前に立つ事業者スタッフ

上述した通り、手順を守って作業をすれば、洗濯機の排水ホースはそんなに難しくありません。

しかし、洗濯機が重くて作業が難しい、不器用でちゃんと取り付けられるか不安……という方は、無理をしないでプロの洗濯機取り付けサービスを依頼するのがおすすめです。

くらまくんロゴ

くらしのマーケットは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の暮らしのサービスをオンラインで予約できる、日本最大級のサービス比較サイトです。

くらしのマーケットが選ばれる理由

料金・サービス内容が明確

急な追加料金なし

店舗写真・口コミでしっかり比較

利用者評価に基づくランキングで安心

予約・質問はWEBで完結

万が一のための損害賠償補償あり


⇒はじめての方へ(わたしたちの想い)
⇒超簡単!サービス予約の流れ

人気のサービスカテゴリ

☆格安引越し
☆不用品回収
☆エアコンクリーニング
☆お風呂クリーニング
☆エアコン取り付け

⇒サービスカテゴリ一覧を見てみる
※サービス比較や口コミ閲覧に会員登録は必要ありません

関連記事

人気記事TOP5

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る