自分でできる換気扇掃除の方法と写真で見る業者の換気扇クリーニング

自分でできるキッチン換気扇の掃除方法と業者の換気扇クリーニングをわかりやすく解説。換気扇掃除に最適な洗剤の作り方まで説明しています。

換気扇を拭く女性

キッチンの換気扇は汚れが蓄積しやすい場所の一つ。使用頻度も高いため、どんどん汚れが積み重なりベタベタした頑固汚れになってしまいます。

換気扇の掃除は大変で面倒なイメージもあり、半年に1回程度しかしないという方も多いですが、きれいを保つ理想の掃除頻度は3ヶ月に1回。

既に汚れがベッタリと付いてしまっている場合は業者のクリーニングで汚れを徹底的に落とすのがおすすめです。

目次

  1. 1)換気扇の汚れの原因
  2. 2)換気扇掃除に最適な洗剤
  3.  2-1)重曹・セスキ炭酸ソーダ沸騰水の作り方
  4. 3)換気扇掃除に必要な道具
  5. 4)換気扇ファンの外し方
  6.  4-1)プロペラファンの外し方
  7.  4-2)シロッコファンの外し方
  8. 5)換気扇の掃除方法
  9. 6)業者の換気扇クリーニング
  10.  6-1)換気扇クリーニングの料金・所要時間
  11.  6-2)換気扇クリーニングのよくある質問
  12. 7)写真で見る換気扇クリーニング
  13. 8)換気扇クリーニング業者を選ぶなら
  14. 9)併せて読みたい関連記事

1)換気扇の汚れの原因

キッチンの換気扇に付着する汚れは主に「油」と「ホコリ」です。

調理時に、熱せられた食材から出る「油分を含んだ蒸気」が換気扇に吸い込まれ、そこに空気中の塵やホコリが付着することでベタベタの頑固汚れになってしまいます。

換気扇の汚れは、故障や換気力低下の原因になるだけでなく、蓄積した油汚れが調理中の食べ物に落ちて食中毒を引き起こす恐れもあります。

揚げ物など油料理をよくするという人は特に、定期的に掃除をしましょう。長い間掃除をしていない、もしくは自分で掃除してみたけど汚れが取りきれないという場合は、業者の換気扇クリーニングを利用するのも手です。

2)換気扇掃除に最適な洗剤

換気扇の油汚れを落とすには、アルカリ性の洗剤がおすすめ。100円ショップなどで簡単に手に入るアルカリ性の洗剤には「重曹」「セスキ炭酸ソーダ」があります。

ジャーに入った重曹

どちらも同じアルカリ性で、油汚れに効果的な洗剤として紹介されることが多いですが、そのままではアルカリ度が低いため、頑固な油汚れには少々力不足。熱を加えてアルカリ度を上げてから使用するのがおすすめです。

また、市販のアルカリ性の洗剤も効果があります。住居用洗剤にはさまざまな種類がありますが、「油汚れ用」と書かれているものか、ボトルの裏面に「液性:アルカリ性」と記載があるものを選びましょう。

2-1)重曹・セスキ炭酸ソーダ沸騰水の作り方

  1. 水1リットルを大きめの鍋で沸かす(※1)
  2. 重曹またはセスキ炭酸ソーダの粉大さじ5杯を少しずつ入れる
  3. 溶け残りがないように混ぜる
  4. すべて溶けたら火から下ろす(※2)
  5. 火傷しない温度になるまで時間を置く

※1:アルミ・銅・真鍮鍋は黒く変色してしまうので避けてください。
※2:重曹水を長時間沸騰させ続けると湯気に含まれた重曹で換気扇が白くなるので時間をかけすぎないように注意してください。

3)換気扇掃除に必要な道具

換気扇掃除に使う洗剤を用意できたら、下記の道具も揃えましょう。

  1. 新聞紙 数枚
  2. ゴミ袋(40L)1枚
  3. ゴム手袋
  4. キッチンペーパー
  5. 割り箸
  6. 使い古しの歯ブラシ
  7. 食品用ラップ

4)換気扇ファンの外し方

レンジフードカバーや換気扇の外枠は、留め具を外したりカバー自体を横にずらしたりすれば簡単に外せるものが多く、素人でも簡単に取り外しが可能です。

※注意※
製品により分解方法が異なる部分もあるため、無理に外そうとせずに換気扇自体に貼られている外し方の手順シールまたは取扱説明書を確認してください。

4-1)プロペラファンの外し方

プロペラタイプの換気扇のイラスト

プロペラファンタイプは扇風機の羽のような形をしており、築年数の経った住居に多い昔ながらの換気扇です。

4-2)シロッコファンの外し方

レンジフードのシロッコファン

シロッコファンは、主にレンジフードタイプの換気扇に取り付けられている円筒状のファンです。

  1. フィルターを外す
  2. ベルマウス(※1)に取り付けられている蝶ネジを反時計回りに回して外す
  3. ベルマウスの中心にあるネジを反時計回りに回す
  4. ファンが落ちないように抑えながらネジとファンを取り外す

※1:ファンの手前にある円盤のようなパーツ

5)換気扇の掃除方法

  1. 重曹またはセスキ炭酸ソーダ沸騰水を作る(※1)
  2. 換気扇の電源を切り電源プラグを抜く
  3. キッチン・床に汚れ防止の新聞紙を敷く
  4. (必要であれば脚立を用意)
  5. シンクや浴室にゴミ袋を広げる
  6. フィルター・ファン・ネジを外す
  7. 外した部品を袋の中に入れる(※2)
  8. 重曹またはセスキ炭酸ソーダ沸騰水を入れる
  9. 1〜2時間浸け置きする
  10. 割り箸や歯ブラシで汚れをこすり落とす
  11. お湯で汚れを洗い流す
  12. 部品の水気を拭き取り換気扇に取り付ける

※1:外した部品がすべて浸かるくらいの量が必要です。必要に応じて分量を倍にしてください。
※2:袋に入らない大型のパーツは、キッチンペーパーに洗剤を浸して汚れの上に貼り付け、その上から食品用ラップでカバーして汚れと洗剤を密着させます。

6)業者の換気扇クリーニング

業者の換気扇クリーニングとは、換気扇を分解し業務用の洗剤と道具で徹底的に洗浄するプロのクリーニングサービスのこと。

ファンやフィルターなどのパーツはもちろん、換気扇本体の奥までしっかり洗浄。固まった蓄積汚れを取り除くことで換気力が高まり、清潔な住空間を維持できるようになります。

きれいな換気扇を維持するために、1年に一度のクリーニングがおすすめです。

6-1)換気扇クリーニングの料金・所要時間

料金相場

  • レンジフードタイプ:11,500円〜12,500円
  • プロペラタイプ:7,000円〜11,000円

所要時間

所要時間目安:2〜3時間

6-2)換気扇クリーニングのよくある質問

Q事前に準備しておくことはある?
A汚れの状態や、掃除頻度、異音など気になる点があれば事前に業者に伝えておくとスムーズです。有料オプションで汚れが付きにくくなるコーティング施工をしてくれる業者もあるので、ご希望の場合は予約時に申込みましょう。
Q換気扇まわりの小物はどうしたらいい?
A作業をスムーズにするため、換気扇の下やキッチンシンク内などには物がないように片付けておきましょう。
Q換気扇を回すと変な音がするんだけど故障?
A換気扇のねじが緩んでいたり、異物が引っかかっていたりする可能性があります。ねじをはめなおしたり掃除をすれば直ることも多いですが、直らない場合は故障の可能性も。放っておかずに業者への相談をおすすめします。
Q自分で換気扇の交換ってできる?
A簡単に取り外し可能なタイプのものなら交換は可能です。しかし、換気扇は高所に取り付けられていることが多く交換作業には危険が伴う上に、サイズを間違ってしまうと取り付けができなくなってしまいます。少しでも大変に感じたら、無理をせずに業者に依頼してください。
Q自分で掃除する場合、どのくらいの頻度でやったらいいの?
Aフィルターやファンをふき取る簡易清掃は週に1回(油の多い料理をした場合はその都度)、分解しての念入り掃除はシーズンごとの年4回の頻度がおすすめです。

7)写真で見る換気扇クリーニング

  1. 1動作確認・養生
  2. 2分解
  3. 3本体部分・ファンの洗浄
  4. 4部品取付・動作確認

①動作確認・養生

まずは換気扇の動作確認を行います。弱・中・強すべてのモードで換気扇を回し、ランプが点くこともチェック。

問題なく作動することを確認してからお掃除に入ります。

換気扇とランプの動作確認をする業者

動作確認後は、クリーニング中に床や壁を汚したり傷つけたりしないために、養生を行います。ビニールクロスなどを使ってあっという間に養生が完成。

床にビニールクロスを敷く業者

さらに誤って火が点かないようコンロもロック。チャイルドロックが付いているコンロはロックをオンにしますが、ロック機能がない場合は電池を抜きます。

コンロから電池を抜く業者

②分解

換気扇のファンを取り出します。最近の一般的な換気扇は、「整流板」と呼ばれるパンを開けるとフィルターがあり、そのネジを回すとファンが現れる仕組みになっています。

換気扇を分解していく業者

ファンや内部の汚れは、普段全く目に付かないので掃除をする機会も遠のきます……。

あっという間に分解が進んで、油汚れで真っ黒になったシロッコファンが出てきました。

油汚れで真っ黒になったファン

本来のシルバーカラーが見えないほど汚れています。

そして想像以上に汚れていたのがこのファンが取り付けられていた本体部分。油の塊のようなものがたくさんへばり付いていました。

黒い油汚れがへばり付いた本体部分

この汚れでも、汚れレベルは10点中7〜8点。換気扇の下でタバコを吸うご家庭や、頻繁に揚げ物を作ったり、魚を焼くご家庭はもっと汚れの度合いが高くなります。

③本体部分・ファンの洗浄

本体部分の黒く固まった油の塊は、ヘラで丁寧に削り取ります。

本体の油汚れをヘラで削る業者

削り取った油の塊の残骸がこんなに…。

本体部分から削り取られた黒い油汚れのカス

続いて、取り出したファンは、まず洗浄液に浸け込み汚れを浮き上がらせたあと、金属の小さなヘラでへばり付いた油汚れを掻き出します。

洗浄液に漬けられたファン

浸け置き後のファン

ファンの羽根の間の油汚れを削り取る業者

バケツに溜まっていた透明な水は油汚れで真っ黒に。ちなみに、換気扇の下でタバコを吸うご家庭の場合は、赤茶色になるのだそう。

ビフォー・アフター

本体部分のビフォーアフター

黒い点々は油汚れが原因で変色してしまったところ。長年放置してしまった変色部分はクリーニングでも取りきれないそう。実際はきれいになっているので問題なしです。

ファンのビフォーアフター

ファンは新品のようにきれいになりました!

細かいところまでしっかり汚れが落ちています。このベタベタ汚れを自分できれいにしようと思ったら何時間かかることか……。

④部品取付・動作確認

きれいになったファンやフィルターを本体に取り付け、再び動作確認。

正常に動くことを確認したらクリーニング完了です。

動作確認をする業者

8)換気扇クリーニング業者を選ぶなら

店舗紹介:株式会社リアンソリデ

今回、換気扇クリーニングを依頼したのは、株式会社リアンソリデの土山さん。

笑顔で道具を乗せた台車を押す業者

リアンソリデは、国家資格であるハウスクリーニング技能士の資格を持ったスタッフが在籍するハウスクリーニング店。

一流のおもてなしで知られるリッツ・カールトン ホテルの接客サービスレベルを目指し、作業スタッフは挨拶・身だしなみ・サービス説明・道具や機材の置き場所に至るまで厳しい研修を受けています。

そのサービス品質の高さで、これまでに2,000件を超える高評価と口コミを獲得。2018年に開催された「くらしのマーケットアワード2018」では、くらしのマーケットに出店している全てのクリーニングの店舗の中でも、特に優れている店舗の一つとして賞を受賞しました。

数あるクリーニング店舗の中から選ばれる理由は、サービス品質だけでなくスタッフのプロ意識とおもてなしの心。

クリーニング終了後に後片付けをしながら、作業内容には含まれていないシンクまわりまでピカピカに磨いてくれました。

シンクを磨く業者

「シンクでファンを洗ったので当然です。クリーニングで使ったところは来たときよりもきれいにして帰るのがモットーです。」と当たり前のように語る土山さん。最初から最後まで気持ちの良いサービスを受けることができました♪

詳しい店舗情報と口コミを見る

換気扇クリーニング業者を選ぶなら

くらしのマーケットには多数の優良クリーニング業者が出店しています。

くらしのマーケットの最大の特徴は、料金やサービス内容、口コミなど、業者選びに必要な情報がすべてページ上で確認できること!

「◯◯円〜」といった不明瞭な料金表示はなく、当日の急な追加料金や手数料なども発生しません。各業者のサービスページ閲覧には会員登録も不要なので、作業スタッフの写真や利用者の口コミもしっかり事前確認が可能です。

「予約前に聞きたいことがある」という場合も安心。ページ上のメッセージ機能で店舗スタッフに直接質問することができます。

◆オンライン予約可能
◆予約前の個人情報の登録不要
◆しつこい営業電話なし
◆不明な店は店舗スタッフに直接メッセージが可能

換気扇クリーニングサービスを見比べる

9)併せて読みたい関連記事

異音がする換気扇のイメージイラスト 換気扇を掃除する女性 くらま君のイラスト

関連記事

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る