ふすまのサイズってどんなものがあるの?

一般の住宅のふすまはほぼ同じサイズになっていますが、近年は個性的な住宅も増え、サイズが違っている場合があります。 張替えや交換を自分で行う方は、作業前に確認が必須です。 今回はふすまのサイズについて説明します。

ふすまの張替えや交換を自分で行う人も多いと思いますが、その際にサイズや厚みの確認が必要ですよね。
ふすまには標準的なサイズがあり、ほとんどのものがそのサイズに当てはまりますが、幅広や丈長と呼ばれる標準より幅や高さが大きいものや、天袋、地袋といった小さいものもあります。
また、厚みは種類によって違います。
ふすまの名称もサイズによって「五七」、「中間」、「半襖」などと呼ばれてその名前で交換用のふすまが販売されている場合もあります。
張替えや交換を自分でやりたいと考えている人は、サイズによって名称がついていることを把握しておくといいでしょう。

ふすまの幅と高さ

ふすまは部屋に合わせてオーダーメイドで作られていることも多く、サイズも多種多様ですが、ここでは広く量産されているふすまのサイズを説明します。

標準サイズ

幅90cm前後、高さ170~180cm前後のものが標準サイズのふすまです。
そのうち高さが五尺七寸(約171cm)のふすまを「五七(ごしち)」、五尺八寸(約174cm)のものを「五八(ごはち)」という名称で呼ばれ、もっともポピュラーなふすまのサイズです(一尺は約30cm・一寸は約3cm)。

半襖(はんぶすま)、中間(ちゅうま)

高さが二尺以上三尺(60cm~90cm)くらいまでのものを半襖といい、半襖と五七の間の大きさで高さが三尺以上五尺(90cm~150cm)くらいまでのものを中間といいます。

丈長

高さが五尺八寸(174cm以上)を超えるふすまを丈長(たけなが)、幅が90cm以上のふすまを幅広(はばひろ)と呼びます。
生活様式の変化によって、和洋折衷の住宅などで使われるふすまとして、近代から生産されています。
最近では、2m以上の高さのふすまも増えてきています。

天袋(てんぶくろ)、地袋(じぶくろ)

天袋は天井に近いところにあるふすまのことで、高さは40~60cmのものです。
押入れの上にあることが多いですね。
地袋は床に近いところにあるふすまで、サイズは天袋と同じくらいです。
床の間の下や、仏壇の下などに多いです。

ふすまの厚み

厚みは戸ふすまと和ふすまによって違います。
戸ふすまの場合厚みは27mm~35mm、和ふすまは20mmです。
和ふすまは通常本ふすまのことを指しますが、同じ役割である段ボールふすま、発泡スチロールふすまも同じ2mmの厚さです。
ふすまの種類がわからない場合は、ふすまの上に壁紙を貼れるって本当?の記事で確認してみてください。

終わりに

ふすまのサイズ、名前について説明しましたがいかがでしたか?
ふすまの歴史は古く、尺や寸といった昔の単位を基準に名づけられているものもあるので、少し難しかったかもしれません。
大きいサイズのふすまや、小さめのふすまはふすま紙を継ぎ足したり適切な大きさにカットしたりしなければならないので、標準サイズのふすまより張替えが大変です。
きれいに張替えができなそうな場合は、プロのふすま張替え業者に依頼してみることをおすすめします。

この記事のキーワード

関連記事

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る