メニュー

引越しの際のマットレス梱包方法と、運搬方法を紹介

2022.9.22 更新
  • lineで送る

引越しの際に困るのがマットレスをどのようにして梱包・運搬するかです。 サイズが大きいため、梱包方法も難しいイメージを持っている方も多くいます。 今回は、引越しの際のマットレスの上手な梱包方法・運搬方法を紹介していきます。

マットレスの梱包と運び方

目次

  1. 1)引っ越しでマットレスを梱包する際におすすめの材料4種
  2.   エアパッキン
  3.   大型ラップ
  4.   圧縮袋
  5.   汚れても問題ないシーツ・布団
  6. 2)引っ越しでマットレスを梱包する際の注意点
  7. 3)自分でマットレスを運ぶ方法
  8. 4)マットレスの大きさによっては自分で運べないこともある


1)引っ越しでマットレスを梱包する際におすすめの材料4種

マットレスを梱包する際におすすめの材料を4種類紹介します。それぞれを組み合わせることで頑丈に梱包することができます。

エアパッキン

エアパッキン

エアパッキンとは、いわゆるプチプチのことを表します。緩衝材の役割をになっており、中には空気が入っており、マットレスを衝撃から守ることができます。

特に厳重に梱包した方が良い箇所はマットレスの角部分です。最も擦りやすく、破ける可能性が高いのでしっかりと梱包するようにしてください。

包み終わったらガムテープで固定し、ひもで持ち手を作ると運びやすくなります。エアパッキンは、ホームセンターで購入できますので手軽に入手することが可能です。

大型ラップ

大型ラップは、一般的な家庭で使用しているラップと同じですが50m巻き、100m巻きと非常に長いのが特徴です。

エアパッキンとは異なり何重にも巻くことによってマットレスを保護する役割を果たします。マットレスが大きい方は、長い大型ラップを使用するようにしてください。

縦横隙間なく頑丈に巻き終わりましたら、最後に持ち手を作るためにロープで結んでおくと楽に運ぶことができます。

大型ラップを巻いてからエアパッキンを巻いても大丈夫ですし、その逆でも問題ありません。

圧縮袋

圧縮袋

圧縮袋を使用する一番のメリットは、かさを減らすことができることです。引越しの際に荷物をより多く運べるようになります。

注意

性能重視の高反発マットレス・低反発のウレタン・スプリングが内臓されているマットレスへの使用は避けましょう。マットレス自体を圧縮できない可能性もありますし、圧縮したことによってマットレスを劣化させる恐れがあります。

汚れても問題ないシーツ・布団

自宅にあれば最も簡単にマットレスを梱包できるのが、使わなくなったシーツです。

1枚で梱包できれば良いですが、2枚で梱包した方が頑丈になりますので可能であれば2枚で梱包してください。

ポイント

シーツで梱包した後に、さらに毛布で包むとマットレスが運搬中に擦れて穴が空くことを防ぐことができるのでおすすめです。

こちらも梱包後にひもで結ぶことで運搬しやすくなりますので、忘れずに行うようにしてください。

2)引っ越しでマットレスを梱包する際の注意点

マットレス

引っ越しでマットレスを梱包する際の注意点はそれぞれありますが、運搬中にマットレスに穴や傷が付かないようにすることが一番気を使う面となります。

特に一番傷つきやすいのがマットレスの角部分です。この部分は大型ラップを少しよけいに巻いたり、エアパッキンを多めに巻くことで傷が付く事を防げます。

3)自分でマットレスを運ぶ方法

ハイエース

引越し事業者に運搬をお願いせず、自身でマットレスを運搬する場合はレンタカーを借りるのがおすすめです。

普通自動車運転免許を所持していると、「最大積載量2トン未満、車両総重量3.5トン未満」までの車なら運転することが可能です。

トラックを運転し慣れている方は問題ありませんが、トラックの運転をしたことがない方はかなり運転リスクがありますので、できるだけ普通車をレンタルすることをおすすめします。

マットレスを運ぶのにおすすめの普通自動車

  • ハイエース
  • アルファード
  • デリカ

車内が広いのでマットレスを運びやすく、マットレス以外の引越しの荷物も沢山運ぶことができます。

4)マットレスの大きさによっては自分で運べないこともある

マットレスがあまりにも大きく、圧縮袋も使用できない場合は車に積み込むことができないので自身では運搬できない可能性もあります。

その際は引越しのプロに任せるか、処分となります。

マットレスの安くて簡単な処分方法はこちらの記事で紹介しています。マットレスの処分を検討している方は合わせてお読みください。

マットレスの処分方法6選|一番安くて簡単な捨て方は?

マットレスを寝室までの搬入経路を考える必要がある

運搬ができて引越し先に到着しても、マットレスを家の中に入れられなかったら大問題です。

自身で運ぶ際に一番注意すべき所でもあります。運んでから困ることがないように念入りにマットレスの搬入経路は考えておくことが必要です。

マットレスを自身で運搬したくない・梱包に不安がある・引越し先に搬入する際に不安があるという方は、引越しのプロに任せるのが一番です。

梱包から荷解きまで全てのことをやってくれるので、安心・安全にマットレスを運搬できます。

くらしのマーケットで格安引越しを利用した人の口コミ

口コミ

★★★★★ 5.0
この度は、大変お世話になりました(*^^*)!! マンションの一斉入居物件で幹事会社の見積もりに愕然としていたところ、くらしのマーケットで高田様を知りました。 くらしのマーケットを利用すること自体が初めてで、引越しも口頭で荷物をお伝えするのみで、当日を迎えるまで、荷物は本当に全部載るのかな、と正直不安でした… こちらの都合でお伝えしていた荷物以外のものも急遽お願いしましたが、 『ひとまず載せたい荷物、集めてみましょう‼︎』と、パパパッと荷物を見て判断してくださり、無事に全てお願いすることが出来ました‼︎ 何かした方がいいかな、とあたふたしていた私に、 『大丈夫ですよ、ゆっくりしていてください』と言ってくださいました(。pω-。) 3階でエレベーターなしで心配していましたが、男性お2人で、あれよあれよと嵐のようなスピード感で、あっという間に搬出作業終了‼︎ ひと晩積み置き、翌朝搬入でしたが、時間もゆとりを持って到着してくださり、逆に私たちがお待たせしてしまって、本当に申し訳なかったです( ; ; ) 搬入はお一人でしたが、スムーズでこれもまたあっという間に作業してくださいました。 『荷物の位置とか大丈夫ですか?移動するものないですか?』と、最後の最後までお気遣いくださり、高田様にお願いして、本当に良かったなと思いました。 気さくで、安心感があって、お荷物の少ない方の引越しには、本当におすすめしたいです‼︎ 繁忙期に良心的な価格で対応してくださり、本当に感謝です!! 本当にありがとうございました(*^^*) お身体には気をつけて、これからも頑張ってください(p`・Д・´q)‼︎
利用時期:2022年3月

出典:口コミ|くらしのマーケット

口コミ

★★★★★ 5.0
今までで一番の引っ越し業者さんでした。 引っ越しは今まで基本大手の業者さんで済ませていたのですが、引っ越し金額が高額で何とか安く済ませようとくらしのマーケットで業者さんを探していたところ、こちらのコーセーさんが目に留まりました。 自分の知ってる引っ越しの値段の相場と比べて格安だったので、多少仕事が雑になるのかなぁなんて思っていましたが、そんな心配は無用でした。 引っ越しの事前の荷物調査のとき、メールで別途料金がかかる旨を伝えてくれて、その上で了承しますかと確認をくれました。個人的には後々、追加で料金がかかると知らされると損した気分になるので、事前に料金がこれだけかかりますと言ってもらえるのは凄くフェアで誠実な業者さんだと感じました。 引っ越しの荷物の積み込みの際も、事前に予定した荷物よりも多くの段ボール荷物をサービスで運んでいたたげたり、ラックや棚、冷蔵庫などを運ぶ際にもホコリを濡れタオルで拭いてから積み込んだり、後で自分で外そうと思っていた照明を外してくれたりと、細やかな心遣いがとても気持ち良かったです。 また、オプションでエアコンの取り外しからコンセントのアンペア変更まで一括で、対応もしていただけたのが凄く助かりました。 京都の引っ越し業者さんみたいなので、近畿で引っ越しを考えられてる方なら、おすすめしたい業者さんだと思います。
利用時期:2022年6月

出典:口コミ|くらしのマーケット



著者の写真

ライター:aya
趣味は料理、筋トレ、読書。動物が好きで、愛玩動物飼養管理士1級の資格を保有。サービス業界で働きながらライターとして活動しています。分かりやすく、ためになる記事を皆様にお届けするため日々勉強中。

くらしのマーケット

くらしのマーケットは、ハウスクリーニング・引越し・不用品回収など、300種以上の暮らしのサービスをオンラインで予約できる、日本最大級のサービス比較サイトです。

くらしのマーケットの安心・安全

徹底した品質管理と万が一の際の保証制度!

⇒詳しくはこちら

もう一度使いたいサービスNo.1

「人」で選べる。「値段」がわかる。「なんでも」頼める。

⇒詳しくはこちら

最大1億円補償制度

くらしのマーケット独自の損害賠償補償制度です。

⇒詳しくはこちら

サービスカテゴリ一覧を見てみる

※サービス比較や口コミ閲覧に会員登録は必要ありません

  • lineで送る
はじめての方へ
くらしのマーケットとは?