メニュー

パソコンが重くて動かないときに試したい5つの対処方法

2022.6.23 更新
  • lineで送る

パソコンを使用中に急に動きが遅くなったり、アプリを開こうとしたら動かなくなってしまったりすると仕事が進まずに困ってしまいます。この記事では、パソコンが重いと感じたらまず試してほしい対処法をご紹介します。

パソコンが動かず悩む女性

目次

  1. 1)パソコンが急に重くなる原因
  2. 2)動きが重くなったパソコンに試してみたい対処方法
  3.  2-1)通気口のほこりを取る
  4.  2-2)再起動を試みる
  5.  2-3)ウイルスチェックをする
  6.  2-4)スタートアップアプリを減らす
  7.  2-5)同時に複数のアプリを開かない
  8. 3)それでも解決しなければプロに依頼!
著者の写真

ライター:池浜 由華
くらしの「コツ」を見つけるのが趣味。築30年以上のわが家には、住まいの悩みがたくさん。修理、リフォームを繰り返して、快適なくらしをめざしてます。

1)パソコンが急に重くなる原因

パソコンの起動に時間がかかったり、アプリがなかなか開かなくなったりして以前より重くなった場合、ソフトウェアや環境がパソコンに負担をかけているかもしれません。

1-1)パソコンの容量が不足している

パソコンを使い続けていると、気付かないうちにデータが増えていきます。

容量の少ないメモリやハードディスクを使っていたり、一度に多くの処理が必要な作業をしたりすると動きが悪くなってしまいます。

1-2)同時に起動しているアプリが複数ある

パソコンは、同時に複数のアプリケーションを立ち上げて操作できます。

けれどもパソコンの容量に余裕が無い場合は、同時にアプリを起動することが動きを遅くする原因になってしまうのです。

1-3)不要なデータやソフトウェアが多い

インストールしたソフトウェアなどは、少しずつ増えてしまいます。不要なソフトウェアを放置していると、動きを遅くする原因になってしまいます。

2)動きが重くなったパソコンに試してみたい対処方法

パソコンの動きを重くしている原因は複数あり、簡単に特定するのは難しいものです。原因を見つけるために、次の内容を確認して解決しましょう。

2-1)通気口のほこりを取る

通気口の掃除をあまりしていない場合、ほこりで通気口が塞がれ「熱暴走」が起きてしまいます。

内部が高温になると、不具合だけでなく故障にも繋がる恐れがあります。

【通気性を良くする方法】

パソコンを持ち上げる
  • 通気口のほこりを取る
  • 壁から離したり、通気性のよいスタンドを使ったりして空気の通りを良くする
  • 熱い室内での使用を避ける

参考:Q&A│富士通

2-2)再起動を試みる

パソコン

使用中に急に動きが重くなった場合は、再起動を試してみましょう。

シャットダウンと違い、再起動は完全に電源を切ってから起動するため、不具合の原因を取り除ける場合があります。

【再起動の方法】

スタートメニューから電源を切りますが、「シャットダウン」ではなく、「再起動」を選択します。完全に電源を切っているため、起動に時間がかかる場合があります。

参考:完全なシャットダウンを実行する│Panasonic

2-3)ウイルスチェックをする

パソコンがウイルスに感染している

起動するまでに時間がかかるようになったり、最近急に動きが悪くなったりした場合は、ウイルス感染の可能性があります。ウィルス対策ソフトを確認して駆除しましょう。

もし、ウイルス対策ソフトの有効期限が切れていたときは、早急に更新や導入をおすすめします。

2-4)スタートアップアプリを減らす

パソコンの起動時に自動的に起動するアプリは「スタートアップアプリ」と呼ばれます。

スタートアップアプリは、ウイルス対策ソフトのように常に最適な状態を保つために必要なものが多いです。けれどもアプリの数が増えてしまうと、パソコンに負担をかけてしまいます。

【スタートアップアプリの確認と無効化】

  1. ホーム画面の「スタートメニュー」(Windowsマーク)から、「Windowsシステムツール」を選択し、「タスクマネージャー」を選択する
  2. 「スタートアップ」タブをクリックし、スタートアップアプリの一覧を表示する
  3. ③無効化するアプリを選択して、「状態」を無効に変更する

参考:WindowsでPCのパフォーマンスを向上させるためのヒント│Microsoft

2-5)同時に複数のアプリを開かない

パソコンのディレクトリ

メモリは、データを処理する役割があります。同時に複数のアプリを開いて操作しているとメモリが不足して、急に動きが重くなってしまいます。

容量の大きいメモリに交換すれば改善しますが、使っているアプリを閉じるだけでも一時的に改善します。

【タスクマネージャーでメモリの使用状況を確認する】

  1. ①「スタートメニュー」-「Windowsシステムツール」-「タスクマネージャー」の順に選択して、タスクマネージャーを表示する
  2. ②表示されている使用中アプリの一覧を確認する。「メモリ」の項目の上に使用率が高くなっている場合にはメモリ不足が原因の可能性が高いため、アプリを閉じて負担を減らす

参考:Windows 10でメモリの使用状況を確認する方法│NEC

3)それでも解決しなければプロに依頼!

パソコンを笑顔で使用する女性

パソコンの動きが悪くなったときは、複数のソフトウェアの起動や、熱を持ちやすい環境が不調の原因になることが多いです。

ソフトウェアを整理するなどの対策をしても解決しないならば、パーツの交換や修理が必要になってしまいます。

そのまま放っておくとパソコンが使えなくなるようなトラブルに繋がる可能性があるため、早めに専門知識のある人に相談しましょう。

パソコン修理の相場

内容相場料金
起動しない19,000円〜21,000円
インターネットがつながらない11,000円〜13,000円
動作が遅い11,000円〜13,000円
データ復旧、救出19,000円〜21,000円
液晶パネル割れ14,000円〜16,000円
水漏れ、水没11,000円〜13,000円

くらしのマーケットでは、パソコン修理の経験豊富なプロが多数登録しています。分かりやすく費用が掲載されているので、買い替えしようかと思っている場合にも修理費用と比較して検討するのがおすすめですよ。

パソコンの不調を解消して、ストレスなくパソコンを使えるようになるといいですね。


くらしのマーケット

くらしのマーケットは、ハウスクリーニング・引越し・不用品回収など、200種以上の暮らしのサービスをオンラインで予約できる、日本最大級のサービス比較サイトです。

くらしのマーケットの安心・安全

徹底した品質管理と万が一の際の保証制度!

⇒詳しくはこちら

もう一度使いたいサービスNo.1

「人」で選べる。「値段」がわかる。「なんでも」頼める。

⇒詳しくはこちら

最大1億円補償制度

くらしのマーケット独自の損害賠償補償制度です。

⇒詳しくはこちら

サービスカテゴリ一覧を見てみる

※サービス比較や口コミ閲覧に会員登録は必要ありません

  • lineで送る
はじめての方へ
くらしのマーケットとは?