網戸ってどうやって取り付けるの?

網戸取り付けに苦労した経験のある人はとても多いのではないでしょうか。網戸の掃除や張替えなど、年に1~数回外す機会のある網戸ですが、外すときは簡単にできたのに、なぜか取り付けはとても手間取ることが多いです。網戸の取り付けにはコツがあります。このコツさえ押さえておくと面倒な取り付け作業が負担なく、スムーズにできるようになります。

網戸ってどうやって取り付けるの?

戸建て、マンション、アパートに関わらず一般的な引き違い窓であれば自分で網戸の取り付けが可能な仕様になっています。その取り付け方法については大きく2つのパターンに分けられますので、それぞれのパターンについて説明します。

「振止」のことを知ろう

網戸には、風や振動で勝手に外れてしまわないように「振止」というパーツがついています。スムーズに網戸の取り付けをするためにはこの振止の調節が必要なのです。振止の調整にはプラスのドライバーを使います。網戸の取り外し、取り付けの準備としてドライバーを準備しておきましょう。

一般的な網戸の取り付け方法

一般的な戸建て、マンション、アパートの引き違い窓の網戸には網戸の側面、上部に振止がついています。この振止のネジをドライバーを使って緩めます。ネジを緩めた状態で上→下の順番で網戸を網戸レールにはめていきます。レールに網戸をはめたら振止のネジを再びドライバーで締めていきます。取り付けの注意点としては、ネジをあまりきつく締めすぎると網戸の動きが悪くなります。少しずつ加減を見ながら、網戸がスムーズに動くように調節してください。

網戸レールと窓の隙間が狭い網戸の取り付け方法

一部マンションやアパート、またビルやプレハブで使われている網戸に多いタイプです。窓と網戸レールの間隔が狭いものについては、網戸の振止は側面ではなく網戸の枠の表面についています。振止の付いている場所は異なりますが、取り付け方法、注意点については一般的な網戸と変わりません。

網戸が取り付けられない場合

通常はサッシの一番外側に網戸レールがありますが、そうでない場合には網戸の取り付けがそもそもできないというタイプもあります。例えば、公団住宅では網戸レールよりも窓ガラスのサッシが出っ張っているために網戸の取り付けが不可です。網戸レールの上が12mm未満のものも取り付け不可です。また、網戸レールが曲がっているなど変形してしまったものも状態によっては取り付けが難しくなります。引き違い窓以外の窓、例えば玄関や縦横すべり出し窓、上げ下げ窓、内倒し窓、というような窓には網戸の取り付けはできません。

新しく網戸を取り付けたいなら

玄関や上げ下げ窓など、新しく網戸を取り付けたいと思ったら、自力での取り付けが難しいためプロに相談してみてはどうでしょうか。くらしのマーケットでは網戸張替え業者を明確な料金表と口コミで比較し、予約することができます。

関連記事

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る