レンタカーを借りて自分で引越ししたい!メリット・デメリット教えて!

引越し代を少しでも安く済ませたいというときは、レンタカーを借りて、自分で行うという方法があります。何だか大変そうではありますが、どのようなメリットがあるのでしょうか。

レンタカーでの引越しに向いているタイプと条件

レンタカーを借りて行う引越しに向いているのは、単身で近場のときです。
家族での引越しの場合は荷物が多いですし、子どもがいると危ないというのもあります。
また、遠方だと、乗り捨てができないときは、車を返しに戻らなければなりません。
手伝ってくれる友人、親戚がいることも条件です。もちろん、大型、中型車を運転できる人も必要になります。

レンタカー引越しのメリット

引越し業者に頼まない場合、自分ですべて行わなければなりませんが、その分、好きなようにできるというメリットもあります。

費用が安く済む

費用が掛からないのが一番のメリットです。
コストは、レンタカー代、段ボールなどの資材代、手伝ってくれた人へのお礼くらいでしょう。

自分の都合の良い日に引越しできる

3月などの引越しシーズンには、希望の日程で予約できないことが多いです。
引越し業者はさまざまあり、比較して決める手間もあります。見積もりを取る日にも家にいなければなりません。
自分で行う場合には、そのような手間がかからず、レンタカーさえ借りられたら、すぐに引越すことができるのです。

レンタカー引越しのデメリット

すべて自分で行うのは、かなりの労力を必要とします。
また、手伝ってくれた人への対応など、気を遣う部分もあります。

荷物や建物が破損したとき

引越し業者であれば、建具を養生したり、破損しにくい梱包をしてくれたりします。
しかし、自分たちでやる場合は慣れていないので、建物に傷をつけてしまう、食器が破損するといったことが起こり得ます。
責任の所在が明らかでないと、とても気まずいものになってしまい、友情にヒビが入ってしまうかもしれません。

車への積み込み、運転

荷物の量を見越して車をレンタルしたとしても、積み方によっては入りきらない可能性があり、何回も自宅と引越し先を往復することになります。
また、普段大きな車を運転しない場合、たくさんの荷物を積んだトラックを運転するのは危険が伴います。

どちらがよいか、よく比較検討しましょう

自分ですべてやる労力をいとわない、引越しに詳しい知人がいるというのであれば、レンタカー引越しを検討してみてもよいでしょう。
しかし、引越し代を節約するために自分で行うより、実は業者による引越しパックの方が安い場合もあります。
くらしのマーケットでは引越し業者を明確な料金表と口コミで比較し、予約することができます。


◎引越し情報特集公開中◎

引越しについての情報をまとめた特集記事を公開中!
費用や業者、引越し準備についての「教えて!」に応えるお役立ち情報満載。
ライターの引越し体験談も掲載中!
引越し情報まとめ特集|費用・準備・失敗しない業者の選び方

この記事のキーワード

関連記事

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る