洗濯機のパンの役割と掃除方法を教えて!

近年、不動産業者などが「防水パンは不要」と説明している場合があり、防水パンを不要だと考えている方は多いようです。しかし防水パンには水漏れや結露から床を守る役割があります。今回は、防水パンの効果や掃除方法について説明します!

防水パンの役割とは

防水パンの役割とは水漏れ対策、結露水対策です。
水漏れというのはずばり、洗濯機からの万が一の水漏れトラブルが起こった時に床を守るためのものです。
結露水というのはあまり聞きなれませんが、洗濯機底面部にできる結露のことです。
設置してある湿度や温度、風通しなどの環境によってはぽたぽたと滴り落ちるほどの結露が洗濯機にはできるのです。

戸建に防水パンはいらない?

防水パンは水漏れや結露水から床を守るという大きな役割があります。
その機能からマンションやアパートの2階以上の洗濯機置き場には防水パンを設置するのは「常識」とされていますが、その反面で戸建住宅に対しては「不要」との認識が広く浸透しています。
しかしながら、大切な我が家の床の痛みを予防するのであれば「防水パンは不要」という認識は少々改めたほうがよいでしょう。

掃除しにくい防水パン・・・そのお掃除方法とは?

防水パンが大切な役割をもっていることは理解できても、現実の毎日の掃除の大変さには変わりありません。
洗濯機の下や壁との隙間のお掃除を少しでも楽に手軽にするお掃除方法をご紹介しましょう。

洗濯機はなるべく動かさない

掃除のためとはいえ、洗濯機を頻繁に動かすのはあまり好ましくありません。
洗濯機は構造上、給水および排水ホースが接続されているためです。
動かしてしまうとホースが緩んだり外れてしまうリスクがあり、それこそ家の中が水浸しになってしまう可能性がなくはありません。
そのため、掃除方法の大前提として「洗濯機は極力動かさない」ことは念頭に置いておきましょう。

ホコリは隙間掃除グッズを駆使してきれいにしよう

すぐホコリが溜まり、不衛生な状態になってしまうのが防水パン。
隙間が狭くて掃除の労力もかかるので、掃除も後回しになりがち。
それならば、隙間掃除グッズを駆使して狭い場所もラクラク掃除できるようにしましょう。
洗濯機まわりの掃除で活躍するのが、「ハンドワイパー」や「掃除機用隙間ノズル」です。
手や掃除機の届きにくい狭い隙間のホコリや汚れもササッときれいにできます。
>洗濯機の掃除方法を教えて!

隙間を広げる、隙間をカバーするという方法も

防水パンの隙間に丸ごとカバーをかけてホコリよけをしてしまうという方法もあります。
防水パンカバーは市販品でもありますし、ちょっとしたDIYで作ってもいいですね。
また、床と洗濯機底面の隙間を広げるかさ上げのために防水パンの四隅が高くなっているタイプの防水パンもあります。
これなら洗濯機底面と床の隙間の掃除もラクラクできます。

こまめに掃除してきれいを維持しよう

掃除のしにくさから後回しになりがちな洗濯機まわりの掃除ですが、かといって放置すればあっという間にホコリとカビの巣窟に・・・。恐ろしいことです。
汚れやすく、掃除しにくい場所だからこそ、知恵と工夫と便利グッズを駆使しながら清潔な水周りを維持していきたいものです。

この記事のキーワード

関連記事

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る