家電の引越し準備のポイント、教えて!

引越し準備をするとき、日常に使う小型家電を運ぶ際にはちょっとした注意が必要です。乱雑に梱包してしまうと、運搬中に破損するなどのアクシデントも考えられます。今回は家電を上手に荷造りするためのコツをアドバイスします。

2019.3.12 更新
家電

家電の引越し準備をする前に

家電の中でも大型家電(エアコンや冷蔵庫)は、引越し先の配線や配管をしっかり確認しないと故障の原因となってしまいますので、そちらは専門業者にお願いすることが良いでしょう。
その他の家電、例えば液晶テレビや扇風機、パソコンなどは比較的運び出しやすい家電ですので自分で梱包して荷出しすることができます。
では次に自分でできる家電の荷造りのコツを詳しく見ていきましょう。

家電の荷造りのコツ

日常に使用する家電、キッチン用のポットや炊飯器は引越し先ですぐに使いたい家電です。
それらは手早く取り出せるように使う場所ごとわかるように段ボールに梱包しておくことが良いでしょう。
また梱包するときには、エアキャップに包んで箱の中で動かないようにすると移動中の破損が防げます。
電灯などの照明器具は形が不安定なもの多く、壊れやすいので特に慎重に扱わなければいけません。
中の電球などが動かないようにガムテープなどで固定してエアキャップで保護した状態で搬送しましょう。

その他の小型家電やモバイルの荷造りのしかた

ドライヤーから髭剃り、携帯電話など細かい小型家電が部屋中に数多くあるお家も多いことでしょう。
まずは子供の部屋で使うもの、洗面台で使うものと、おおまかでもよいので使う場所別に梱包すれば、荷物分けがすぐにできます。
配線の順番が決まっているもの、コードがたくさんあってわかりにくいものはコードにシールや印をつけておくと本体と配線の組み合わせがわかりやすいです。
また、あらかじめ配線の状態を写真に撮って記録しておくと、引越し先での設置作業が楽にできます。
精密機械の扱いは慎重におこないます。
特にパソコンデータは壊れると復旧が難しいことがありますので、できれば自分で運ぶことが望ましいです。
そして念のため外付けハードディスクなどにバックアップしておくと安心です。

家電専門の引越し業者を頼もう

家の家電は毎日使うものも多く、引越し先でもできるだけ早く取り出したい荷物もたくさんあります。
また、たくさんの荷物に紛れて、紛失してしまうなどという心配もあります。
最近ではこういった要望に応えて、家電だけを先に引越し先に運んでくれるサービスがあります。
くらしのマーケットでは引越し業者を明確な料金表と口コミで比較し、予約することができます。
引越し期間はあれこれと手続きが多く何かと忙しいので、このようなサービスはとてもありがたく便利ですね。


◎引越し情報特集公開中◎

引越しについての情報をまとめた特集記事を公開中!
費用や業者、引越し準備についての「教えて!」に応えるお役立ち情報満載。
ライターの引越し体験談も掲載中!
引越し情報まとめ特集|費用・準備・失敗しない業者の選び方

  • lineで送る

この記事のキーワード

関連記事

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る