メニュー

引越しの際に困るベッドの運搬方法と運搬出来ない際の対処法を紹介

2022.9.22 更新
  • lineで送る

初めて引っ越しをする際にベッドをどのように運搬するか迷う人が多いです。 どのように引っ越し先まで運ぶのがベストなのか分からない気持ちも分かります。 今回の記事では、自身で運ぶのが良いのか、引っ越しのプロに任せるのが良いのかなどを紹介していきます。

引っ越しの際のベッドの運搬方法

目次

  1. 1)引越しプランによっては、ベッドは運べない恐れがある
  2.   ベッドも運べるプランを選択する
  3.   ベッドが折り畳み式か、折りたためないかによって大きく異なる
  4. 2)自身でベッドを運搬する方法もあるが難しい
  5. 3)引っ越しできないベッドの処分方法
  6. 4)ベッドの運搬は引っ越しのプロに任せるのが最適


1)引越しプランによっては、ベッドは運べない恐れがある

ベッドは重量もあり、サイズも大きいので運搬を引越し会社に断られることもあります。

キングサイズのベッドなどは解体・組み立ての手間もかかりますし、重量・サイズ共に大きいので引き受けてくれないことも少なからずあります。

また、ベッドを運搬してくれるプランにすると値段も上がりますので、注意する必要があります。

しかし、引っ越しのプロにお願いすることでベッドの解体・組み立てもやってくれるので大きなメリットにもなります。

ベッドも運べるプランを選択する

引っ越しにかかる費用

引越しプランは数多くの種類があります。確実に運搬したい場合は、ベッドを運搬するプランを選択しましょう。

引越しプランは数多くの種類がありますので、間違ったプランを選択しないように気を付けてください。失敗したくなければ、一度問い合わせてみて一緒に適当なプランを考えてもらうのもおすすめです。

一般的にシングルサイズのベッドを運搬するのにかかる費用は、18,000円ほどが相場となります。

ダブルサイズ、セミダブルとサイズが大きくなるにつれて費用は大きく上がって行きますので、運搬するか処分するかは慎重に考えましょう。

また、単身パックというプランにはベッド運搬は含まれていないことが多いですので、よくプラン内容を確認するようにしてください。

ベッドが折り畳み式か、折りたためないかによって大きく異なる

折りたたみ式でコンパクトにまとまるベッドであれば問題なくスムーズに運ぶことができるでしょう。しかし、折りたたんでもサイズが大きくなってしまう場合はベッドも運べるプランを選択するのが無難です。

折りたたみ式でないベッドを使用している方は、これからに備えていっそ折りたたみ可能なベッドに買い替えるのも1つの選択肢です。

解体できないベッドに関しては、搬出・搬入にクレーンを用いて運搬することがあります。その分値段も上がりますので無理して運ばなくても良いベッドであれば、処分するのも一つの選択肢です。



2)自身でベッドを運搬する方法もあるが難しい

寝室のベッド

引っ越し費用を抑える為に自身でベッドを運搬する方法もありますが、おすすめはできません。

自力でのベッド運搬がおすすめできない理由

  • 引っ越し先に搬入経路がない場合がある
  • ベッドを解体する手間がある
  • ベッドを組み立てる手間がある
  • 念入りな梱包が必要(引っ越し先を傷つけると原状回復費用が発生する)

自力での運搬はかなり気を使いながら運搬する必要があることが、自身で運搬するのが難しい理由です。

また運搬方法についても検討する必要があります。

一般的に、近距離の引っ越しで自家用車で運搬可能であれば費用は抑えることが可能です。

レンタカーを借りて運搬するか、トラックを使用するなどの方法がありますが、あまりに長距離の運搬ですと、レンタカー代も高くなってしまいますので引っ越し会社にお願いした方がやすくなる傾向にあります。



3)引っ越しできないベッドの処分方法

ごみ処分場

引っ越し先に持っていくことのできないベッドは処分が必要です。

ベッドの処分方法

  • 不用品回収サービスに引き取ってもらう
  • 引っ越しをお願いする会社に引き取ってもらう
  • リサイクルショップに持って行く(大型のベッドだと断られることもあります)
  • フリマアプリで販売する

処分方法は様々ありますが、処分するのにお金がかかってしまうことがほとんどです。売ることができればいいですが、処分となりますと安く処分してくれる所を探すことをおすすめします。

ベッドは粗大ゴミに当たりますので、各自治体に問い合わせてみてどのように処分すれば良いのかを確認するのが良いでしょう。

ベッドを安く正しく処分する方法はこちらの記事でも紹介しています。処分を検討している方は参考にしてください。

ベッドを処分する方法7選|安く正しく処分するには解体か粗大ごみ

4)ベッドの運搬は引っ越しのプロに任せるのが最適

引っ越しの作業員

運ぶのが難しいベッドですが、引越しのプロに任せれば、解体から組み立て・搬入経路の確保・梱包など全てのことをやってくれるので安心して任せることができます。

また、新居を傷つけることなく慎重に搬入してくれますので現業回復費用も引越しの際にかかるリスクが低くなります。

くらしのマーケットには、お住まいの地域の格安引越しのプロが多数出店しています。多くの引っ越しサイトにありがちな、見積もりの大量の電話やメールもなく、料金表示も明確です。

またくらしのマーケットを利用して引越した人の口コミも多数掲載されており、安心して利用することができます。

くらしのマーケットで格安引越しを利用した人の口コミ

口コミ

★★★★★ 5.0
はじめて利用しました。 ひとりでの引越が初めてだったため不安でしたが見積依頼の時点で丁寧に対応して頂き、不明点や管理会社に問い合わせが必要なことも教えて頂けました。 色々なところで見積り依頼をしましたが私が調べた中では対応に対して一番費用が抑えられました。 当日は2人で対応してくださいました。 積み荷の時点では渋滞とのことで先に作業員の方が1人で来て対応となったのですが1人でも驚きの速さでした。迅速に荷物を運搬してくださり、大きめの家具や家電の梱包もとても丁寧でした。 ベッドの解体や照明の取り外し作業も手伝って頂き、本当に助かりました。 荷下ろしの際はあっという間に荷物が全部部屋に収まっていた感じでした。 私は知らなかったので気づけなかったのですが洗濯機を設置する際に必要なパーツが入居先になく、管理会社に問い合わせが必要になり、どのように伝えたらよいかも教えて頂き、とても助かりました。パーツが来たとしても自身で設置方法がよくわからず、業者手配が必要になるかもと不安だったのですが、問い合わせれば設置に来てくださるともおっしゃってくださり、不安が少し解消されました。対応自体は管理会社で対応して頂けましたが、お心遣いに感謝しております。 また機会があれば利用させて頂きたいです。 この度はご対応ありがとうございました。
利用時期:2022年8月

出典:口コミ|くらしのマーケット

口コミ

★★★★★ 5.0
親戚が大手引越し業者に依頼したところ、スタッフの人がアルバイトなのか新人なのか、かなり仕事が遅く長時間になってしまったと聞き、口コミを参考にこちらに辿り着きました。 見積もりも頑張ってくださり、当日までも不明点は問い合わせると丁寧に教えていただきました。 代表の方の人柄と、誠実にきっちり説明してくださるところも、大変安心できました。 そして、当日。 9時から始まり、荷物も少なくなかったため、夕方くらいまでかかることも想定していましたが、まさかの4時間で全てを終わらせていただき、本当にびっくりしました。(急遽、普段より多い人数で対応いただいたようです。) 事前に、スタッフの方は皆大手出身の役職経験者だと伺っていましたが、とにかく本当に全員手際がいい! テキパキと手早く、しかし丁寧に、作業を進めてくださり、転居先では家具の配置もアドバイスいただきました。 終わると、暑い中、代表の方が会計が終わるまで、他のスタッフも全員玄関外で待っておられ、最後に全員気持ち良い挨拶をされて帰られました。 (今年は暑いので、どうか無理されず、涼しいところで休んでいただいて大丈夫ですからね^_^) 最後まで素晴らしい対応で、知り合いが引越すときは是非勧めようと思いました。 また自分も、次は一軒家に引っ越す時も、お願いしようと思います。本当にありがとうございました!
利用時期:2022年7月

出典:口コミ|くらしのマーケット



著者の写真

ライター:aya
趣味は料理、筋トレ、読書。動物が好きで、愛玩動物飼養管理士1級の資格を保有。サービス業界で働きながらライターとして活動しています。分かりやすく、ためになる記事を皆様にお届けするため日々勉強中。

くらしのマーケット

くらしのマーケットは、ハウスクリーニング・引越し・不用品回収など、300種以上の暮らしのサービスをオンラインで予約できる、日本最大級のサービス比較サイトです。

くらしのマーケットの安心・安全

徹底した品質管理と万が一の際の保証制度!

⇒詳しくはこちら

もう一度使いたいサービスNo.1

「人」で選べる。「値段」がわかる。「なんでも」頼める。

⇒詳しくはこちら

最大1億円補償制度

くらしのマーケット独自の損害賠償補償制度です。

⇒詳しくはこちら

サービスカテゴリ一覧を見てみる

※サービス比較や口コミ閲覧に会員登録は必要ありません

  • lineで送る
はじめての方へ
くらしのマーケットとは?