ベッド処分|7つの方法からチャートでわかる!安くてお得な方法

ベッドの処分方法は7つあります。一番安いのは「解体する」ですが作業が大変…。買い替えるなら引取サービスを利用する、粗大ごみとして出す、自分で売る、不用品回収してもらうなど、ベストな方法がチャートで簡単に見つかります。

2021.8.17 更新
不要になったベッドを処分

目次

  1. 1)チャートでわかる!7つのベッド処分方法
  2.  ①ベッド買い替え時に引き取りサービスを利用する
  3.  ②解体して家庭ごみに出す
  4.  ③自治体の粗大ごみとして出す
  5.  ④フリマアプリやネットオークションを利用する
  6.  ⑤リサイクルショップで買い取ってもらう
  7.  ⑥引越し時に処分を依頼する
  8.  ⑦不用品回収の事業者に依頼する
  9. 2)無料回収に騙されず不用品回収事業者を賢く選ぶには
  10. 3)不用品回収事業者は実績・料金・口コミを比較
畑野 佳奈子

ライター:畑野 佳奈子
掃除が苦手でしたが…くらしのマーケットで紹介しているお手軽な掃除方法をフル活用しています。整理収納アドバイザー資格取得に向けて勉強中!

1)チャートでわかる!7つのベッド処分方法

不用になったベッドを処分する方法は大きく7つあります。
処分したい理由や処分費用、換金の有無などによって処分方法を選びます。
以下のチャートに沿って、ご自身の状況に合った処分方法を見つけましょう。

7つのベッド処分方法チャート

①ベッド買い替え時に引き取りサービスを利用する

屋内のベッド

ベッドを買い換えるために処分する場合は、新しいベッドの購入店舗の古家具引き取りサービスや下取りサービスを利用できるかもしれません。購入先の店舗に確認してみてください。

ニトリ、無印良品、イケア、東京インテリアなどでは、ベッドを購入した方へ納品・搬入する際に引き取りサービスを行っています。
また、通販のベルメゾンは、対象の商品を購入すると不要家具の引き取りが無料になります。

店舗 家具 引取金額(税込) 条件
ニトリ 指定なし 4,400円 購入家具と同数量もしくは同容量
無印良品 ベッド、マットレス他 3,000円 購入家具と同数量もしくは同容量
※同種引き取り不可製品あり
イケア ソファ、マットレス 無料 購入家具と同数量もしくは同容量
アウトレット商品は対象外
東京インテリア 大型家具(幅+丈+奥行= 300cm以上) 4,000円〜 購入家具と同数量もしくは同容量
ベルメゾン ベッドなどの対象家具 無料 購入家具と同数量

※2021年8月現在の価格です。
参考:
家具引取りサービス|ニトリ
不用品の引き取り|無印良品 ソファ・マットレス引き取りサービス|イケア
不要な家具のお引き取り|東京インテリア 不要家具の無料引取サービス|ベルメゾン

買い替えの際に購入店に引き取ってもらうメリット

  • 処分するのに安全性・確実性がある
  • 家から運ぶ必要がない
  • 手続きが不要

買い替えの際に購入店に引き取ってもらうデメリット

  • 店舗や商品が限られる
  • 引き取り不可のものもある
  • エリアが対象外の場合がある
  • 場合によっては費用がかかる

②解体して家庭ごみに出す

一番手続きの手間やコストが掛からないのは、ベッドを解体し家庭ごみとして出すことです。
自治体によってルールは異なりますが、一番長い辺が金属製品で30cm未満、それ以外(プラスチック商品、木製品など)で50cm未満の長さ、指定のゴミ袋に入る大きさのものは家庭ごみとして出すことができるところが多いです。

組み立て式のベッドは多いですが、大きなパーツは切る必要があり、大変な労力を必要とします。
スチールなど材質によってはのこぎりなどで切れない場合や、マットレスのコイルも取り除く必要があるため、あまりおすすめできる方法ではありません。

マットレス解体

解体が難しいベッドの種類

ベッドの種類難しいポイント
ロフトベッドスチール製は切れない、解体量が多い
二段ベッドスチール製は切れない、解体量が多い
ソファーベッドリクライニング部品の取り出しが必要
電動ベッド
介護用ベッド
モーター部分の取り出しが必要
ウォーターベッドウォーター(ジェル)の処理が必要

解体して家庭ごみに出すメリット

  • ゴミ袋代だけで処分できる
  • 処分するのに安全性・確実性がある
  • 手続きが不要

解体して家庭ごみに出すデメリット

  • 自分で解体・切断・処理しなければならない
  • 材質によっては切断できない
  • 自分の都合の良い回収日時を指定できない

参考:燃やすごみ|横浜市

③自治体の粗大ごみとして出す

折りたたみベッド処分

確実・安全な処分に、自治体のルールに沿って、使わなくなったベッドは粗大ゴミに出すという方法があります。
自治体によっては、「指定の場所近くに収集する」「処理場まで自分で持ち込む」の処分方法によって費用が異なるスプリングの入ったマットレスは適正処理困難物のため、回収不可となる場合もあります。
必ずお住まいの自治体の粗大ごみ案内ページを確認しましょう。

マットレスの種類によって処分可否や費用が異なる

横浜市の場合は、「自宅近くまでの収集」と「自己持ち込み」のいずれかを選び、事前申し込みを行います。

"ベッド枠"と"マットレス(スプリングあり)"は別料金なので、処分費用は合計3,200円、"ベッド枠"と"スプリングのないベッドマットレス"の処分費用は合計2,000円です。

布団のように三つ折りや四つ折りができるマットレスは、2枚まで一組200円で出すことが出来ます。一組ごとにビニール紐などでまとめましょう。

家具 処分単価
ベッド(枠のみ) 1,000円
スプリングマットレス 2,200円
スプリングなしマットレス 1,000円
布団/マットレス(2枚まで) 200円
ベビーベッド 500円

※2021年8月の情報です
参考:
粗大ごみ処理手数料表(品目別)|横浜市
粗大ごみよくあるご質問(FAQ)|横浜市
スプリングマットレスの処分について|鎌倉市

自治体の粗大ごみとして処分するメリット

  • 処分するのに安全性・確実性がある
  • 低価格で処分できる

自治体の粗大ごみとして処分するデメリット

  • 自治体の手続きをしなければならない
  • 家の外まで自力でベッドを搬出しなくてはいけない
  • スプリング入りマットレスは処分できないことがある
  • 自分の都合の良い回収日時を指定できない

④フリマアプリやネットオークションを利用する

スマホを弄る人

処分費用を浮かせるだけでなく臨時収入を得たい人には、フリマアプリやネットオークションの利用がおすすめです。

特にベビーベッドやキッズベッドは使用する期間が短いので、中古の購入を考えている人が多いため、高いニーズがあります。
傷や汚れなどのないものや、ブランドベッド、おしゃれなデザインのベッドは高値で売れる可能性があります。

搬出の手間や送料が気になるという方は、家具の輸送サービスの利用も検討しましょう。配送先や事業者によっては、宅配送料より価格を抑えられる可能性があります。


ベッド解体

フリマアプリやネットオークションを利用するメリット

  • 売れたら臨時収入になる
  • 自分で価格を設定できる
  • 出品手続きが簡単

フリマアプリやネットオークションを利用するデメリット

  • 買い手が見つからず処分に時間がかかる可能性がある
  • 梱包が手間
  • 送料が高くなる可能性がある
  • 買い手とのトラブルになる可能性がある

⑤リサイクルショップで買い取ってもらう

電卓と虫眼鏡

リサイクルショップは、店舗への持ち込みの他、無料の訪問買取サービスを行っている店舗もあります。
搬出が難しい人や少しでも早く処分したい人は、リサイクルショップの買取サービスの利用をおすすめします。
場合によっては予想よりも高値で売れる可能性もあります。

リサイクルショップで買い取ってもらうメリット

  • 早く処分ができる
  • 自宅まで査定しに来てもらえる
  • 売れたら臨時収入になる

リサイクルショップで買い取ってもらうデメリット

  • 買取不可なものもある

⑥引越し時にベッドの処分を依頼する

引越し業者

「引越しするからベッドを処分したい」という方は、引越し事業者に処分してもらう方法もあります。
処分のための手続きの手間と自分で搬出する必要がありません。
不用品回収サービスを行っている引越し会社はいくつもありますので、見積もりの際に確認してみましょう。


引越し事業者に処分を依頼するメリット

  • 手続きの手間がない
  • 自力で搬出しなくてよい

引越し事業者に処分を依頼するデメリット

  • 追加料金がかかることがある
  • 他の不用品もまとめて処分できる

くらしのマーケットの格安引越し相場

距離相場料金
10km1万600円〜1万6,600円
20km1万2,600円〜1万8,600円
30km1万4,600円〜2万600円
40km1万6,600円〜2万2,600円

くらしのマーケットで引越し事業者を選んだ人の声

依頼者の声①

不用品が多かったのと格安でできるところを探し、こちらにお願いをしました。 こちらの都合で引っ越し日が早くなってしまったり、不用品が増えてしまったりしましたが、快く引き受けてくださいました。レスポンスも早く、とてもスムーズにやりとりができたのも好印象です。 また引っ越す機会がありましたら、ぜひお願いをしたいと思っています。本当にありがとうございました。
利用時期:2021年3月

出典:口コミ|くらしのマーケット

依頼者の声②

本日はありがとうございました。事前の打ち合わせも大変丁寧で、安心してお取引できました。少し荷物が多いかも、、と相談をしていたので当日は大きい車で、また2人で来て下さいました(追加料金はかかりませんでした!) 不用品も持っていっていただき大変助かりました。朝早くから来ていただいた上に何から何まで丁寧に親切にしていただき、本当にこの値段で??と申し訳なくなるくらい素晴らしい対応でした。次また引越しとなった時もお願いしたいと思います。本当にありがとうございました!
利用時期:2021年7月

出典:口コミ|くらしのマーケット

依頼者の声③

今回は引越しに伴う不用品回収をお願いしました。 やりとりもメッセージだけでしたが、簡潔で分かりやすかったです。 費用も、自治体のホームページで紹介されている業者さんと変わらず、そういった業者さんだと、一階まで自分で運ぶように言われたり、日程も業者さんの希望日でと要求されたりしましたが、こちらでは、そのようなことは一切なく、要望した希望日に来てくださいましたので、むしろ割安だったと思います。 当日は、住宅街で分かりにくい道でしたが、時間通りに来てくださり、また、てきぱきとすぐに持ち出してくれました。 担当の方も、とても気持ちの良い明るい方で、さっと処理してくださいました。 作業を終えられた後に、近隣の方に声をかけられた様子でしたが、感じよく応対されていて、それも感心しました。またお願いしたいですし、友人にも薦めたい業者さんです。ありがとうございました。
利用時期:2021年8月

出典:口コミ|くらしのマーケット


⑦不用品回収の事業者に依頼する

ベッドだけでなく、処分したいものが多い時や、処分を急いでいる・都合の良い日に処分したいという時は、不用品回収がおすすめです。
自宅からの搬出が難しく、店舗や指定の場所へ持ち込みができない人にもぴったりです。

回収可能な不用品は、リユース可能な品物です。著しく破損していてリユース不可能なものや、生ゴミなどの一般ごみの回収は出来ません。

不用品回収ベッド解体

不用品回収のメリット

  • 都合の良い日時に処分できる
  • 搬出の手間が省ける
  • 搬出後に簡単な掃除を行ってくれるところもある

不用品回収のデメリット

  • 料金がかかる
  • 慎重に回収業者を選ばないとトラブルに巻き込まれる恐れがある

不用品回収サービスの相場費用

不用品回収は、トラックの種類によって異なります。

トラック種類 相場
軽トラック 1万〜1.8万円
2tトラック 3万〜4万円
​​

Q&A:トラックの積載量について

Q:軽トラックってどのくらい荷物がのるの?
A:軽トラックの一般的な荷台の大きさは、荷台長1.9m×荷台幅1.3m×荷台の高さ1m≒2.5㎥です。およそ1.5畳の広さに1mの高さまで積み込み可能です。
(※「不用品回収(軽トラック)」のカテゴリでは、2.5㎥以上、法定積載可能重量(350kg)までの積み込みを保証しています。)

Q:2tトラックはどのくらい荷物がのるの?
A:2tトラックの一般的な荷台の大きさは、荷台長3.1m×荷台幅1.6m×荷台の高さ1m≒5㎥です。およそ3畳の広さに高さ1mまでです。 (※「不用品回収(2tトラック)」のカテゴリでは、5.0㎥以上、法定積載可能重量(2,000kg)までの積み込みを保証しております。)
参考:軽トラック/2トントラックの積載量について|くらしのマーケット

マットレスを処分するには

ベッドとセットになりがちな「マットレス」は、素材や大きさによって処分方法や費用が異なります。
おすすめの方法はマットレスの処分の仕方について説明している記事をご覧ください。


2)不用品回収事業者を賢く選ぶコツ

不用品回収事業者のなかには、"無料回収"をうたい文句に不用品を回収し、不法投棄をしたり、リサイクル料と称して不当な金額を請求する事業者もあります。
トラブルに巻き込まれないよう、不用品回収事業者選びは慎重に行いましょう。
不用品回収業は、前提として都道府県の公安委員会から「古物商許可」を受けている必要があります。
"要注意"な不用品回収業者の特徴など、失敗しない不用品回収事業者の選び方を参考にしてみてください。

3)不用品回収事業者は実績・料金・口コミを比較

不用品回収の価格

不用品回収事業者を選ぶ際は、実績・料金・口コミを比較して選びましょう。

さまざまな不用品回収事業者を比較しオンライン予約まで出来る「くらしのマーケット」は、料金や口コミを比較して事業者を選べるのはもちろんのこと、訪問見積もりなしですぐに回収してもらえるうえ、心配なことがあればメッセージで事前にやり取りが出来るので安心です。
当日の急な追加料金は発生しません。

気になる方は、くらしのマーケットから不用品回収が選ばれる6つの理由もあわせてご覧ください。申込み方法も記載しています。

不用品回収サービス利用者の声

利用者の声①

荷物は当日急きょ増えたにもかかわらず、快く引き受けていただいて本当に助かりました。ベッドフレームはあっという間に解体でき、荷物の搬出もとてもスムーズにできました。おかげさまで無事に引っ越しすることができました。また、機会があれば利用したいと思います。
利用時期:2021年8月

出典:口コミ|くらしのマーケット

利用者の声②

5.0 洗濯機とシングルベッドだけ決めていて、あとは当日隙間があったら詰め込むというお話しでした。当日、アレもこれも「大丈夫ですよ」と粗大ゴミとして捨てるはずだったものまでほとんど持って行ってくれました。まさかあんなに詰め込めるとは!そしてお値段変わらず9800円!洗濯機1個リサイクルに6050円、粗大ゴミで計8000円分ほどかかると思えばかなりお安く済んでとても助かりました。ありがとうございました!
 利用時期:2021年8月

出典:口コミ|くらしのマーケット

利用者の声③

以下の内容で見積依頼を3社出しました。 1社は回答無し、1社は16000円程度、 こちらは9800円で受けてもらえたのでこちらにお願いしました。 ①冷蔵庫 かなり古い ②セミダブルベットフレーム ③セミダブルマットレス ④5段チェスト ⑤衣服、靴段ボール2箱程度 ⑥掃除機2台 ⑦ワンダーコアスマート ⑧空気清浄機 結局はこれにアイロンやアイロン台、ガラステーブル等他の細々したものも持って行ってもらいました。 3人の男性に手際よく運んでもらって20分くらいで終了。 軽トラサイズの量ということで追加の料金もありませんでした。 全てを粗大ごみで出すのも一苦労ですし、一回で済むのは大変助かりました。
利用時期:2021年7月

出典:口コミ|くらしのマーケット


くらまくんロゴ

くらしのマーケットは、ハウスクリーニング・引越し・不用品回収など、200種以上の暮らしのサービスをオンラインで予約できる、日本最大級のサービス比較サイトです。

くらしのマーケットの安心・安全

徹底した品質管理と万が一の際の保証制度!

⇒詳しくはこちら

もう一度使いたいサービスNo.1

「人」で選べる。「相場」がわかる。「なんでも」頼める。

⇒詳しくはこちら

最大1億円補償制度

くらしのマーケット独自の損害賠償補償制度です。

⇒詳しくはこちら

サービスカテゴリ一覧を見てみる

※サービス比較や口コミ閲覧に会員登録は必要ありません

  • lineで送る

関連記事

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る