お風呂の床をピカピカにする掃除方法教えて!

毎日使うお風呂場の床には、シャンプーや体の汚れ、入浴剤などさまざまなものが流れています。 気が付いたら床が汚れでベタついている、ピンク色の汚れがついていた、という方も多いのでは? 汚れをスッキリと落としてカビを予防する掃除方法をご紹介します!

“汚れやすいお風呂の床掃除、どうやるの?"

汚れの原因

お風呂の床に付着する汚れは、主に5つの種類に分けられます。

・赤カビ(ピンクぬめり)
・石鹸カス
・皮脂汚れ
・黒カビ
・水垢

人間から出る皮脂汚れの他にも、石鹸やシャンプーの成分、入浴剤の保湿成分、水道水に含まれるミネラル成分なども汚れの原因となります。
これらの汚れを栄養分に雑菌が繁殖することで、ぬめりやカビが広がっていくのです。
お風呂場の温度・湿度が雑菌の繁殖に好条件なことも、汚れが繰り返す原因です。

また、天井や換気扇内に付着したカビ菌が、床の黒カビの原因となっていることがあります。
天井や換気扇内の汚れは目立ちませんが、知らぬ間に汚れは蓄積していきます。
換気扇を回すたびに、カビの胞子を撒き散らしてしまっているかもしれません。
床の掃除と一緒に、天井や換気扇の掃除も定期的に行うとよいでしょう。


汚れの性質別お掃除方法

お風呂場の汚れは、さまざまな成分が混ざった複合汚れですが、汚れの性質により効果的な洗剤や、掃除方法は異なります。
皮脂汚れやぬめりは酸性の汚れ、水垢はアルカリ性の汚れです。
汚れは、汚れの性質と反対の性質を持つ洗剤で中和し、落とすことができます。
酸性の汚れにはアルカリ性の洗剤、アルカリ性の汚れには酸性の洗剤を使用しましょう。

この記事では、環境や人体に優しい自然派の洗剤を使用した掃除方法をご紹介します。
汚れによって、浸け置きが効果的な場合や、こすり洗いが必要な場合などがありますので、汚れの種類に合わせて洗剤を上手に活用しましょう。

皮脂汚れ、石鹸カス、赤カビ

赤カビは「ロドトルラ」という酵母菌の一種で、繁殖スピードが非常に速いのが特徴です。
水分だけでも繁殖するので、水回りに発生しやすく、掃除しても繰り返し発生します。
赤カビは皮脂や髪の毛、石鹸カスを栄養分に繁殖するため、赤カビが発生している部分だけでなく、床全体の汚れを取り除く必要があります。

これらの汚れは酸性のため、反対のアルカリ性の洗剤で落としましょう。
安価で手に入り、人体にも無害な【重曹】がおすすめです。

“重曹"
重曹はごく弱いアルカリ性ですが、沸騰させることでアルカリ度を高めることができます。

重曹沸騰水の作り方

  1. 水1リットルを大きめの鍋で沸かす
    (※アルミ鍋はNG)
  2. 重曹大さじ5~6杯を少しずつ入れる
    (※発泡しますが二酸化炭素ガスなので無害です)
    “沸騰したお湯に重曹を入れているところ"
  3. 20~30分沸騰させる
    (※時間がない場合は10分程度でも可)
  4. 火から下ろす
  5. 温度が下がってからスプレーボトルに入れる
    “スプレーボトルに入れた重曹水"
スプレーボトルに入れた重曹水を床一面に充分に吹きかけます。
汚れ具合に合わせて数時間放置したあとブラシでこすりながらお湯で流します。
一晩放置すると水分が蒸発して白い粉が残りますが、お湯で落ちるのでご安心ください。

黒カビ

クエン酸+重曹を使う

黒カビの除去には、【クエン酸】と【重曹】の併用が効果的です。

“重曹とクエン酸"
クエン酸・重曹・水が混ざると発泡し、この泡が高い洗浄効果を発揮します。
まず、水200mlに小さじ1杯のクエン酸を溶かし、クエン酸水を作ります。
スプレーボトルに入れ、黒カビが生えている箇所に充分に吹きかけます。

次に、重曹を粉のまま適量ふりかけてください。
シュワシュワと発泡するので、歯ブラシなどで軽くこすってカビを落としましょう。
硬いブラシなどでこすると表面に傷が付き、カビ菌が入り込んでさらに繁殖してしまいます。
軽い黒カビであれば、拭き取るだけで除去できる場合もありますので、強くこすらず、殺菌や汚れ分解ができる洗剤で、カビ菌を除去することをおすすめします。

※※注意※※
重曹は人工大理石や銅には使用できません。

重曹+酸素系漂白剤を使う

頑固な黒カビには、【重曹】と【酸素系漂白剤】の併用がおすすめです。
重曹と酸素系漂白剤(粉末)を同じ分量混ぜ、少しずつ水を混ぜてペースト状にします。
作ったペーストをカビや汚れに貼付し、乾燥を防ぐためにラップでパックして数時間放置。
充分時間を置いたら、ラップを外してブラシやスポンジでこすります。

※※危険※※
酸素系漂白剤は、塩素系の洗剤と混ざると有毒ガスが発生します。
併用したり、酸素系に続けて塩素系を使用したりするのは、絶対にやめてください!


いやいやウチの黒カビはかなり手ごわいよ…という方は、お風呂のカビ取りのコツを徹底解説したお風呂のカビの取り方教えて!の記事をお読みください。

◎床の黒カビを除去したら、天井や換気扇のカビも合わせて除去しておきましょう。
 別記事で、天井のカビをとる方法 換気扇の掃除方法 もご紹介しています。

水垢

水垢は、水道水に含まれるミネラル成分が、水分の蒸発とともに結晶化して残ったものです。
お風呂場の場合、石鹸カスやシャンプーなど他の成分も混ざっています。
水垢はアルカリ性の汚れなので、酸性の洗剤を使用します。
こすっても落ちない頑固は水垢には、クエン酸水パックが効果的です。

前項で紹介したクエン酸水を作り、スプレーボトルに入れ、水垢に充分に吹きかけます。
キッチンペーパーを貼り付け、さらに上からスプレーしたあと、ラップでパックし放置してください。
頑固な汚れほど、時間を長く置いたほうが効果があります。
充分に時間を置いたら、パックを外しスポンジなどでこすって水垢を落とします。
もし水垢が取れない場合は、再度パックして時間を置いてからこすってみてください。


カビ・汚れ防止の方法

面倒な床掃除の回数を減らすためには、カビや汚れを予防することも大切です。
予防のポイントは3つあります。

・床に汚れを残さないこと
・カビ菌を死滅させること
・湿度を下げること

床に汚れを残さない

お風呂から上がる前に、お湯で床全体を流して汚れを床に残さないようにしましょう。
床の端から排水口に向かって汚れが流れるようにすると良いです。
床に汚れが残っていると、床の排水性能が落ち、乾きが遅くなってしまいます。
一晩経っても床が乾いていない場合は、床に汚れが付着している証拠です。
床を一度きれいに掃除してから、毎日お湯で流すことを習慣づけましょう。

カビ菌を死滅させること

45℃以上のお湯であれば、カビ菌を死滅させることができます。
熱いお湯を出せるのであれば、カビが生える場所に数秒当てて温度を上げ、菌を死滅させましょう。
パッキンなど黒カビが根を張っている場合は、1~2分お湯をかけてください。
高温の温度設定ができない場合は、カビの栄養源となる汚れをきちんと除去できるよう、週に一回でも上の【黒カビのお掃除方法】で紹介した重曹沸騰水スプレーを使用して、汚れを取るようにしましょう。

湿度を下げること

湿度を下げる一番の方法は、当たり前ですが水分を取り除くことです。
体を拭いたバスタオルで、水の溜まりやすい箇所だけでも水分を拭き取ると、カビ予防になります。
スクイージーで床の水を一気に排水口に流してしまうのも良いですね。

時間がないという方は、換気を徹底しましょう。
効率的な換気のコツは、空気の出入口を2つ確保すること。
ドアの下に通気口が付いている場合は、ドアを閉めたまま換気扇を回します。

換気扇の排気口とドアの通気口の2つを確保することで、空気の流れを作り出します。
通気口がない場合は、ドアを少し開けて換気をしましょう。
空気の通り口が狭いほど空気の流れは強くなり、水気を早く乾燥させます。


おすすめのお風呂クリーニング業者

蓄積した汚れや頑固な黒カビの掃除にはかなりの労力が要ります。
汚れがひどい場合は、プロのクリーニングに依頼するのがおすすめです。

くらしのマーケット のお風呂クリーニングは1箇所あたりの料金、サービス内容、予約可能日などがページ上で確認できるので、見積もりをとる必要もありません。

汚れ具合による追加料金や、諸経費などの不明瞭な料金請求もないので安心です。
スタッフの顔写真や、利用者の口コミも見ることができるので、ぜひご覧ください!

◎オンライン予約可能
◎予約前の個人情報の登録不要
◎しつこい営業電話なし
◎不明な点は店舗スタッフに直接メッセージが可能


お風呂クリーニング業者を見る

関連記事

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る