ダニ退治3つのポイント!おすすめ駆除アイテムと布団・マットレスのダニ対策

ダニ退治の方法を解説。特に9〜10月は注意が必要です!布団などの寝具、カーペット、畳…ダニの生息地によって駆除方法を変えると、簡単に退治できます。アレルギー源となるダニを徹底的に駆除したい方はプロにお任せするという手も。相場料金やサービス内容も紹介しています。

2021.9.3 更新
ベッドの上を掃除機掛けする様子

目次

  1. 1)ダニが発生!徹底駆除する簡単な方法は?
  2.  1.くん煙剤で家全体のダニを退治
  3.  2.寝具には乾燥機
  4.   マットレスには布団乾燥機
  5.   ベビーベッドには薬剤を使わないダニ取りシートを
  6.  3.カーペットには粉末剤
  7.  4.ソファにはスプレー
  8.  5.畳は天日干し
  9. 2)ダニを防ぐ3つのポイント
  10.  1.ダニはホコリやフケ・アカが大好き
  11.  2.ダニは熱と乾燥に弱い
  12.  3.定期的に対策
  13. 3)ダニに刺されたら
  14. 4)ダニ駆除をプロに頼むという手も
畑野 佳奈子

ライター:畑野 佳奈子
料理は好きだけど掃除が苦手…くらしのマーケットで紹介しているお手軽な掃除方法をフル活用しています。

1)ダニが発生!徹底駆除する簡単な方法は?

布団のダニ

ダニは家の中のどんなところに多く生息しているのでしょうか。
大量発生すると「刺される」「アレルギー疾患の原因になる」など、体に影響を及ぼす可能性のあるダニが多く潜むところを狙って退治しましょう。

【ダニが多く生息する場所】


掃除機の画像

発生したダニは布類の繊維にしがみついているため、掃除機だけでは駆除できません。死滅させた後に掃除機をかけるのがポイントです。

1.くん煙剤で家全体のダニを退治

まずは家全体に生息しているダニを死滅させます。
普段掃除が行き届かない畳の合わせ目や、マットレスの奥などにも効率的に駆除できる市販のダニ駆除用「くん煙剤」を使いましょう。

くん煙剤を使用する前のポイント

  • 引き出し・クローゼットはすべて開放する
  • 家電・観葉植物に薬剤がかからないよう新聞紙やゴミ袋でカバーする
  • 食品・食器、おもちゃは密閉できるところか他の部屋に移動させる
  • 火災報知器にカバーをかける
  • 部屋を閉め切った状態にする
    ※換気扇の電源オフや小窓が閉まっていることも確認
  • ペットや人はくん煙剤を使用する部屋から出る

準備ができたら、製品の商品説明文に従って使用を開始します。
規定の時間そのまま放置します。規定時間が経過したら、薬剤成分を吸い込まないように注意しながら入室して換気を十分に行いましょう。
換気ができたら掃除機をかけます。

おすすめのダニ用くん煙剤

ダニアースレッドは、水を入れると煙が発生するタイプのダニ・ノミに効果的なくん煙剤です。1ヶ月に1度の使用が推奨されています。
妊娠中の方や小さいお子さんがいる家庭でも使用可能ですが、使用・換気の時には薬剤を吸い込まないように十分な換気をしてから出入りするようにしましょう。

【第2類医薬品】ダニアースレッド 6~8畳用 3コパック

集合住宅なら「くん蒸剤」がおすすめ

煙が出ない“霧タイプ”のダニ駆除用「くん蒸剤」もあります。火災報知器が反応しないので、マンションなど集合住宅にお住まいの方には、くん蒸タイプがおすすめです。

【第2類医薬品】かんたんダニアースレッド ノンスモーク霧タイプ マンション・アパート用 6~8畳用

※詳しい使い方は製品の商品説明文を参照してください。

2.寝具には乾燥機

布団

ダニにとって居心地が良いのはズバリ布団やマットレスなどの寝具です。
ダニが死滅するのは50℃以上20分間の環境です。
コインランドリーなどにある高温乾燥機に布団を入れて30分ほど稼働させれば、ダニは死滅します。

2〜3ヶ月に一度のペースで行うと効果的なので、季節が変わるごとに対応しましょう。
乾燥が終わったら、掃除機をかけます。

普段使っている掃除機を布団へ使うのに抵抗がある方は「布団クリーナー」を使いましょう。

おすすめのふとんクリーナー

アイリスオーヤマのハンディ布団クリーナーは、1分に約5,800回も布団をたたく機能があり、しがみついたダニやチリを吸い取りやすくします。さらに温風が出るので、ダニが繁殖しにくい環境を整えることも可能です。

アイリスオーヤマ ハンディ布団クリーナー ダニ・ちりセンサー搭載 IC-FAC2-W

また、布団用のヘッドが付属している掃除機もあります。
「掃除機を2台持つのはちょっと…」という方や「収納に困る」という方はレイコップ コードレスハンディ掃除機がおすすめです。

レイコップ コードレスハンディ掃除機 布用ノズル付き RHC-300JPWH-E ホワイト

マットレスには布団乾燥機

マットレスは移動が難しいので、布団乾燥機を使ってダニを退治します。

布団乾燥機は60℃で30分間稼働させます。
「ダニ退治モード」が搭載されている乾燥機もあります。
乾燥後は必ず掃除機をかけます。

おすすめは、大人気のアイリスオーヤマのカラリエです。
ノズルを差し込み、スイッチを押すだけという手軽さと、寝る間に温めておける時刻タイマー付きなのがポイントです。

アイリスオーヤマ 布団乾燥機 カラリエ パールホワイト FK-C3-WP

プロによるマットレスクリーニングサービスもあります。里帰り出産する方や、お子さんが生まれてアレルギーの発症が気になる方や、長期間掃除をしていない方は、プロによるクリーニングで一掃するのもよいですね。



ベッドと布団、どっちがダニ発生発生しづらい?

ベッドも布団もカバーを洗うのは比較的簡単ですが、問題はマットレスのお手入れです。どちらもメリット・デメリットがありますので、これから引越しをする方や、ベッドの購入を検討中の方はベッドと布団どっちがいいか比較している記事をご覧ください。

ベビーベッドには薬剤を使わないダニ取りシートを

「ベビーベッドに薬剤を使うのは気になる」という方も多いのでは?
そんな時はダニ取りシートが効果的です。
マットの下などに置くと、粘着シートがダニを捕獲してくれます。
化学殺虫成分を使用していないので、薬剤に敏感な方も安心ですね。

ダニがホイホイ ダニ捕りシート 1個(3枚入)

生まれたばかりの赤ちゃんは布団の上で過ごすことが多いので、ダニに刺される可能性も…。お子さんがダニなどに刺されてしまったときの対処法を記載している記事もあわせてご覧ください。

3.カーペットには粉末剤

カーペットもダニが生息しやすい場所のひとつ。
カーペットにいるダニの駆除には、粉末を振りかけるタイプの薬剤がおすすめです。

ノミ、ダニ、トコジラミ駆除用粉末殺虫剤 スミスリン粉剤 SES 350g

カーペットの表面には、粉末薬剤を散布し、掃除機で吸い取ります。
カーペットの下には散布のみでOKです。

1〜2ヶ月に1回のペースで行うと効果的です。普段の掃除機がけにワンアクションするだけなので簡単ですね。

また、以下の記事には毛の長いカーペットを効果的に掃除する方法が記載されています。インテリアとしても活躍するカーペットの掃除にお困りの方はぜひご覧ください。

カーペットの掃除方法

4.ソファにはスプレー

ソファーの画像

布張りのソファーやクッションもダニが発生しやすい場所のひとつです。
毎日腰掛けるソファは皮脂汚れや食べカスなどが付着しやすく、ダニが繁殖する好条件がそろっています。

表面の布カバーが外せる場合は、カバーを洗って乾燥させ、掃除機をかければOK。
カバーが外せないタイプは、布製品にささっとスプレーできるタイプのがおすすめです。
天日干し知らずなソファーなどのダニを駆除し、増殖するのを抑えてくれます。

カバーが外せないクッションは、天日干しか乾燥機で対処しましょう。

【防除用医薬部外品】ダニアーススプレー ハーブの香り [300mL]

布ソファのほとんどはウレタンという素材で作られていますが、ウレタンは布団に使われている綿と違って、内部にまでダニが侵入することはあまりありません。

「ソファーを徹底的にきれいにしたい」という方は、プロのソファクリーニングサービスの依頼を検討してみましょう。



4.畳は天日干し

畳はイ草という天然素材が使われています。
このイ草は湿気を吸収する性質があり、部屋の湿度を快適にする役目がありますが、そのぶん畳に湿気が溜まってしまいます。

畳の目にはホコリや食べカスといったダニのエサが入り込みやすいため、ダニが発生しやすい場所です。
畳の効果的なダニ対策は、畳を外して天日干しにすることです。
畳の天日干しやダニ退治の詳しい方法が書いてある記事を読んで、畳のダニを退治しましょう。

食洗機を使用する

なかなか退治できないダニを駆除するのに効果的なのは、畳に挿して注入するタイプの薬剤です。梅雨の時期など天日干しが難しい時などに使用すると良いでしょう。

【防除用医薬部外品】ダニアース カーペット・じゅうたん・タタミに [300mL]

さらに、畳が老朽化して擦り切れていたり、変色や汚れ、臭いが気になる場合は、プロに畳の張替えを依頼しましょう。



2)ダニを防ぐ3つのポイント

家の中のダニを防ぐポイントは、以下の3つです。

  • ダニのエサを増やさない
  • 高温多湿の環境を作らない
  • 定期的な対策

ダニは、高温多湿な環境でホコリ、人のアカやフケ、保存食品をエサにしています。特に注意したい家に潜む3種類のダニの特徴を表にしました。

発生場所エサ発生時期
ヒョウヒダニ(チリダニ)布団・カーペット・ソファなどフケ・アカ、ホコリなど1年中
コナダニ保存食品の容器・畳小麦粉や調味料などの保存食品・ワラなど梅雨・初秋
ツメダニカーペット・畳ヒョウヒダニ・コナダニなどほかのダニや小昆虫類梅雨・初秋

ヒョウダニやコナダニが増殖すると、それをエサにしているツメダニも増えます。ツメダニは吸血しないものの、まれに人を刺すので刺咬症の原因になることもあります。

1.ダニはホコリやフケ・アカが大好き

ダニの中でも特に気をつけたいのは、家の中に生息するダニの7〜9割を占める「ヒョウダニ(チリダニ)」。人のフケやアカが好物で、1年中を通して布団やマットレスなどに生息します。

ヒョウダニの死骸や糞により、アトピー性皮膚炎・気管支喘息・アレルギー性結膜炎・アレルギー性鼻炎などのアレルギー性疾患の原因となることがわかっています。

アレルギー

もっともアレルギー性疾患が発症しやすくなるのは9〜10月にかけての時期。6〜7月に繁殖し、約2ヶ月で一生を終えるので8〜10月に死骸が増加するためです。

出典:ダニアレルギーって何?|認定NPO法人 アレルギー支援ネットワーク 事務局

2.ダニは熱と乾燥に弱い

ダニは温度20~30℃、湿度60~80%の高温多湿で暗い場所を好みます。
逆に、50℃の熱で20分、60℃以上の熱だと一瞬で死滅します。
ダニを予防するには、熱と乾燥を意識しましょう。乾燥機は最適です。

3.定期的な対策が必要

駆除した後は、定期的にダニ防止の対策をしましょう。
ダニ防止加工の布団やシーツ、ダニが嫌がる香りを発するダニよけシートやスプレーも効果的です。

  • 布団などを天日干しをする(月1回)
  • シーツ・布団カバーを洗濯する(週1回)
  • 布団乾燥機をつかう(週1回)
  • ダニ防止加工の布団・シーツを使用する
  • ダニよけシートやスプレーを使用する
  • 衣類やシーツの洗濯にダニ予防洗剤を使う

どんなに掃除が行き届いている家でも、残念ながらダニの生息数をゼロにすることは現実的ではありません。
健康被害が出ていないのであれば、極度に神経質になって駆除を考える必要はありません。しかし、ダニの大量発生時にかゆみやアレルギーなど健康被害のおそれがあるため、適切な対策が必要です。

出典:ダニを知る|アース害虫駆除なんでも事典

おすすめのダニ予防洗剤

「ダニクリン」は、日本アトピー協会が推薦している洗濯用仕上げ剤です。
持続効果は約1ヶ月。漂白剤や柔軟剤と一緒に使えるので寝具やクッションカバーなどの洗濯(すすぎ)時に洗剤を入れるだけでカンタンにダニ予防が出来ます。

ダニクリン 防ダニ洗濯用仕上げ剤 本体 500mL

3)ダニに刺されたら

もしもダニに刺されたら、噛み跡の特徴を確認しましょう。かゆみが繰り返しおこる場合には、医療機関を受診し必要な治療を受けてください。

※参考: 虫さされチェック|アース製薬

4)ダニ駆除をプロに頼むという手も

「自分でどうにかするよりプロにお願いしたい」という方に向けて、プロの事業者によるダニ駆除の料金相場やサービスの流れを紹介します。

【こんな人はプロの駆除がおすすめ】

  • ダニアレルギーが深刻な方
  • 忙しくて掃除まで行き届かない方
  • 小さなお子さんがいる方
  • これからお子さんが産まれる予定の方

料金相場

ダニ駆除の料金は、事業者の料金設定や駆除する部屋の広さによって異なります。広さごとに基本料金が設定されてる場合が多く、平均的な基本料金の相場は10平米あたりおよそ1万5,000円~2万5,000円です。

基本料金で設定されている部屋の広さよりも広い場合は、1平米辺り+2,000円などというように料金を加算していく事業者が多いです。

以下に、プロに頼んだ時と自分で駆除するときの税込価格と時間の比較を表にしました。

【30平米あたりの駆除の価格・時間の比較】

相場料金時間手間
プロに頼む※2.4万円〜平均2〜4時間程度
自分で対応計:3,400円
・くん煙剤1,600円
・エアゾール900円
・ダニよけスプレー600円
・コイン大型乾燥機300円/30分
計:3.5時間〜
・くん煙剤2時間〜
・乾燥機30分
・掃除機1〜1.5時間
×

※くらしのマーケットに掲載している事業者の価格(2021年9月時点)

自分で駆除すると費用はあまりかかりませんが、時間と手間がかかります。
プロに頼むと、費用はかかりますが短時間ですみずみまで駆除されます。

さらに事業者の中には、期間を開けて2回目の駆除を割安で行ってくれるプランや、年間契約で定期的に駆除作業をしてくれるサービスを行っている事業者もあるので、予約時に確認してみましょう。

サービスの流れ

プロにダニの駆除を依頼する場合は、まず駆除作業前に被害状況や使用する薬剤の安全性の確認などのヒアリングがあります。
そのあと、自宅に訪問して実際に駆除作業を行います。
ダニの繁殖状況によっては、後日再度訪問してもう一度駆除作業を行う場合もあります。

  1. 事業者に連絡(見積もり・予約)
  2. 被害状況や使用する薬剤の安全性の確認などのヒアリング
  3. 予約日時に自宅に訪問し、駆除作業開始

4)害虫駆除サービス選びは実績と料金と口コミを比較して

女性

くらしのマーケットには、ダニ駆除サービスの事業者が多数出店しています。ダニの駆除・退治をプロに依頼したいときは、料金や口コミを見て比較するのがおすすめです。



また、ダニだけでなくゴキブリやトコジラミなどの駆除にお困りの方も、相談すればまとめて駆除してもらえるかもしれません。

まずは自分の手でゴキブリ退治を試してみるという方は、ゴキブリを駆除するための撃退・繁殖予防法の記事をぜひ参考にしてください。

害虫撃退

トコジラミにお困りの方は、トコジラミの発生や駆除方法を記載した記事を読んでみてください。すぐ対策をとりましょう。

害虫駆除


くらまくんロゴ

くらしのマーケットは、ハウスクリーニング・引越し・不用品回収など、200種以上の暮らしのサービスをオンラインで予約できる、日本最大級のサービス比較サイトです。

くらしのマーケットの安心・安全

徹底した品質管理と万が一の際の保証制度!

⇒詳しくはこちら

もう一度使いたいサービスNo.1

「人」で選べる。「相場」がわかる。「なんでも」頼める。

⇒詳しくはこちら

最大1億円補償制度

くらしのマーケット独自の損害賠償補償制度です。

⇒詳しくはこちら

サービスカテゴリ一覧を見てみる

※サービス比較や口コミ閲覧に会員登録は必要ありません

  • lineで送る

関連記事

カテゴリ

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る