メニュー

タンスの処分方法7選|動かせないタンスを安く捨てるには?

2022.6.23 更新
  • lineで送る

タンスを処分する方法を7つ紹介します。タンスを解体して家庭ごみとして廃棄すれば無料で処分することもできます。動かせないタンスは家まで引き取りに来てもらえるリサイクルショップや不用品回収への依頼がおすすめです。

タンス処分 7つの方法

目次

  1. 1)タンスを処分する?しない?タイミングは?
  2. 2)タンスの処分方法は7つ
  3.  ①タンス買い替え時に引き取りサービスを利用する
  4.  ②解体して家庭ごみに出す
  5.  ③自治体の粗大ごみとして出す
  6.  ④フリマアプリやネットオークションを利用する
  7.  ⑤リサイクルショップで買い取ってもらう
  8.   売れなかったら地元の掲示板サービスに登録を
  9.  ⑥引越し時に処分を依頼する
  10.  ⑦不用品回収の事業者に依頼する
  11.   無料回収に騙されず不用品回収事業者を賢く選ぶには
  12.   不用品回収事業者は実績・料金・口コミを比較して選ぶ
  13. 3)タンスを安く処分するなら解体して家庭ごみ
著者の写真

ライター:佐倉玖弥
暮らしライター。主婦の経験を生かし「家事はキレイにスムーズに」をモットーにノウハウをご紹介。楽して無理なくできる家事を目指します。整理収納アドバイザー、クリンネスト、調理師、野菜ソムリエなど家事を楽しくする資格を保有。趣味は、犬の散髪・トレッキング・観葉植物を育てる事。

1)タンスを処分する?しない?タイミングは?

古くなったタンス

タンスは頑丈なので、よっぽどのことがない限り壊れて使えなくなる事はありません。 「子供の成長に合わせて処分したい」「実家から出るタイミングで処分したい」「引越しのタイミングで処分したい」などの理由で、不用になったタンスを処分したいという方が多いのではないでしょうか。 大型の家具であるタンスを処分しても良いものか…と悩む方も多いと思います。

処分したいと思ったときがベストタイミング

もちろん「処分する・しない」は各家庭の判断になりますが、整理収納アドバイザーの勉強をしている筆者は、個人的に1年以上使っていないものは処分の対象になると考えています。
「いつかやろう」と、家具をまとめて処分しようとすると腰が重くなりがち…。そのため、処分するタイミングは「処分したい」と思ったときがベストです。

家具をまとめて一気に処分したい場合は、不用品回収サービスの利用がおすすめです。


2)タンスの処分方法は7つ

タンスを処分する際には、自分で粗大ごみに出すか、売る、事業者に依頼して回収してもらうという中から自分に合う方法を検討することになります。検討できる方法は7つあります。
処分したい理由や処分費用、換金の有無などによって処分方法を選びましょう。
ぜひ以下のチャートをつかって、ご自身の状況に合った処分方法を見つけてみてください。

タンス処分方法7つのチャート
ポイント手軽さ費用項目費用相場
①買い換える・新しいタンスの搬入と同時に処分
・持ち出しと手続きの手間がない
引き取り手数料無料〜4,400円程度
②解体して家庭ごみ・安く処分できる
・解体・持ち出しの手間がかかる
ゴミ袋代200円程度
③自治体の粗大ごみ・安く処分できる
・手続きと運び出しが手間
粗大ごみ処理手数料1,000円〜2,000円
④フリマアプリなどを利用・臨時収入の可能性
・送料がかかる
手数料・送料販売価格や地域による
⑤リサイクルショップで買い取り・臨時収入の可能性
・売れない可能性がある
なし無料
⑥引越し時に処分・まとめて処分できる
・運び出しの手間がいらない
事業者による1,500円〜3,000円
⑦不用品回収の事業者に依頼する・まとめて処分できる
・都合のいいときに処分できる
回収費用8,000円〜3.9万円

①タンス買い替え時に引き取りサービスを利用する

「引越しを機にタンスを購入する」「お子さんの成長に合わせてタンスを買い替えたい」という方は、新しいタンスの購入店舗の「古家具引き取りサービス」や「下取りサービス」を利用できるかもしれません。購入先の店舗に確認してみましょう。

ニトリ、東京インテリアなどでは、タンスを購入した方へ納品・搬入する際に引き取りサービスを行っています。
また、通販のベルメゾンは、対象の商品を購入すると不要家具の引き取りが無料になります。

店舗 家具 引取金額(税込) 条件
ニトリ 指定なし 4,400円 購入家具と同数量もしくは同容量
東京インテリア 中型家具(幅+丈+奥行= 200cm〜299cm) 3,000円〜 購入家具と同数量もしくは同容量
大塚家具 指定なし 2,000円 購入家具と同数量、同等の商品
ベルメゾン タンスなどの対象家具 無料 購入家具と同数量
シマホネット(島忠) なし 4,400円 購入家具と同数量、同品目
Amazon 対象の大型家具 無料(地域限定) 購入家具と同数量もしくは同容量

なお北欧家具で人気のイケアでは、イケア商品に限り家具買取りサービスを行っています。

※2022年6月現在の価格です。
参考:
家具引取りサービス|ニトリ不要な家具のお引き取り|東京インテリア不要家具引取り|大塚家具不要家具の無料引取サービス|ベルメゾン配送・組立に関するQ&A|シマホネット大型家具 引き取りサービス 対象商品|Amazon家具買取りサービス|イケア

買い替えの際に購入店に引き取ってもらうメリット

  • 処分するのに安全性・確実性がある
  • 家から運ぶ必要がない
  • 処分手続きの手間がない

買い替えの際に購入店に引き取ってもらうデメリット

  • 店舗や商品が限られる
  • 引き取り不可のものもある
  • エリアが対象外の場合がある
  • 場合によっては費用がかかる

②解体して家庭ごみに出す

手続きの手間や処分費用が一番かからないのは、タンスを解体し家庭ごみとして出すことです。
自治体によってルールは異なりますが、一番長い辺が金属製品で30cm未満、それ以外(プラスチック商品、木製品など)で50cm未満の長さ、指定のゴミ袋に入る大きさのものは、家庭ごみとして出すことができるところが多いです。

タンスの天板など大きなパーツは、のこぎりなどで切る必要があり、頑丈な素材でできていることが多いので、大変な労力が必要です。
材質によってのこぎりなどで切れない場合もあるうえ、解体・切断する場所も必要なので、体力とのこぎりの使い方に自信のない方にはおすすめできません。

解体して家庭ごみに出すメリット

  • ゴミ袋代だけで処分できる
  • 確実に処分できる
  • 手続きが不要

解体して家庭ごみに出すデメリット

  • 自分で解体・切断・処理しなければならない
  • 材質によっては切断できない
  • 自分の都合の良い回収日時を指定できない

参考:燃やすごみ|横浜市

③自治体の粗大ごみとして出す

タンス処分

自治体によっては、「指定の場所近くに収集する」「処理場まで自分で持ち込む」の処分方法によって費用が異なるとなる場合もあります。
自治体の粗大ゴミの回収場所までタンスを運ぶことができれば、処分費用は安く済みます。
必ずお住まいの自治体の粗大ごみ案内ページを確認しましょう。

自治体に連絡して粗大ごみごみ収集の予約を取り、費用を確認します
郵便局やコンビニなどで粗大ごみの整理券(※)購入してタンスに貼り、予約日時に回収場所に出します。

横浜市の粗大ごみ回収費用

家具 処分単価
たんす(最も長い辺が1m未満) 1,000円
たんす(最も長い辺が1m以上) 1,500円
戸棚 500円
衣装箱 200円
書棚(最も長い辺が1m以上) 1,500円
カラーボックス 200円

※2022年6月の横浜市の情報です
参考:粗大ごみ処理手数料表(品目別)|横浜市

自治体の粗大ごみとして処分するメリット

  • 確実に処分できる
  • 低価格で処分できる

自治体の粗大ごみとして処分するデメリット

  • 粗大ごみの手続きをしなければならない
  • 家の外や回収場所まで自力で搬出しなくてはいけない
  • 自分の都合の良い回収日時を指定できない

④フリマアプリやネットオークションを利用する

処分費用を浮かせるだけでなく臨時収入を得たい人には、フリマアプリやネットオークションの利用がおすすめです。

使用感が少なく、有名ブランドやおしゃれなデザインのタンスや歴史ある貴重なタンスは売れる可能性があります。

古箪笥

フリマサイトやネットオークションの価格設定は送料を考えて

フリマサイトやネットオークションの場合、配送のための手間も考慮する必要があります。
発送や梱包をどうするか、配送業者が2階3階にあるタンスでも運搬して送ってくれるか、配送料はいくらかかるかなどまで考慮しつつ利用しましょう。
場合によっては宅配よりも「家具の輸送サービス」を依頼したほうが安くなる可能性もあります。


フリマアプリやネットオークションを利用するメリット

  • 売れたら臨時収入になる
  • 自分で価格を設定できる
  • 出品手続きが簡単

フリマアプリやネットオークションを利用するデメリット

  • 買い手が見つからず処分に時間がかかる可能性がある
  • 梱包が手間
  • 送料が高くなる可能性がある
  • 買い手とのトラブルになる可能性がある

⑤リサイクルショップで買い取ってもらう

リサイクルショップは、店舗への持ち込みの他、無料の訪問買取サービスを行っている店舗もあります。
搬出が難しい人や少しでも早く処分したい人は、リサイクルショップの買取サービスの利用をおすすめします。
場合によっては予想よりも高値で売れる可能性もあります。

リサイクルショップで買い取ってもらうメリット

  • 早く処分ができる
  • 自宅まで査定しに来てもらえるサービスを利用できる
  • 売れたら臨時収入になる

リサイクルショップで買い取ってもらうデメリット

  • 買取不可なものもある

売れなかったら地元の掲示板サービスに登録を

リサイクルショップで値段がつかないと、そのままタンスを処分してもらうにもお金がかかります。

そんなときは、地元の掲示板サービスでタンスを掲載してみてはいかがでしょうか。
「無料で譲ってくれるならほしい」という引き取り手が現れるかもしれません。

⑥引越し時にタンスの処分を依頼する

引越し事業者

「引越しをするからタンスを処分したい」という方は、引越し事業者に処分してもらう方法もあります。
処分のための手続きの手間と自分で搬出する必要がありません。
不用品回収サービスを行っている引越し会社はいくつもありますので、見積もりの際に確認してみましょう。

引越し事業者に処分を依頼するメリット

  • 手続きの手間がない
  • 自力で搬出しなくてよい

引越し事業者に処分を依頼するデメリット

  • 追加料金がかかることがある
  • 他の不用品もまとめて処分できる

くらしのマーケットの格安引越し相場料金

距離相場料金
10km8,200円〜20,000円
20km10,200円〜23,000円
30km12,200円〜24,500円
40km14,200円〜27,000円

※2022年6月時点の料金です

くらしのマーケットで引越しサービスを利用した人の口コミ

口コミ

★★★★★ 5.0
この度はお引越しの手伝い本当にありがとうございました。 数年前に京都市内で引越しをした際に、大手業者だと値段が高かったことと、比較サイトからの勧誘電話がとてもしつこく引越しに対して後ろ向きな気持ちになっていた時に、くらしのマーケットの存在を知り、色んな方のクチコミを拝見して安井さんにお願いすることにしました。 簡潔にいうと、安井さんに引越しをお願いして本当によかったです!!! 人柄が優しく丁寧で、かつ、とにかく作業スピードが早いです!!! わたしは単身でのお願いでしたが、荷物量が多く2往復していただきました。(1往復追加で+10000円です。) 段ボール20箱や3人がけのソファなど膨大な荷物から大型家具まで、あっとゆう間に荷物を運んでくださり、感動の域でした。 また、不用品の回収も快く引き受けて下さり、不用品の大きさにもよるかと思うのですが、まとめて1000円で回収してくださりました。個人で不用品回収に出していたら、もっとかかっていたと思います。 引越し先への移動で、友人と2人で公共交通機関を利用して移動したのでお待たせしてしまう時間もあったのですが、全く嫌な顔をせず、むしろ作業終了後に安井さんが「最後駆け足になってしまい申し訳ありません。」と言って下さり、こちらがお待たせしたにも関わらず、心配りまで素敵な方だなと思いました。 クチコミ件数も多く、参考にさせていただいた方一人ひとりの文章がかなり長かったので、引越し前はもしステマだったら…と不安な気持ちもありましたが、実際に引越し作業をしていただいて、これはたくさん口コミを書きたくなるな〜と納得!大満足の引越しでした。 もし機会があれば、また安井さんにお願いしたいですし、この口コミで1人でも多くの方が安井さんにお願いして下さればうれしいです!
利用時期:2022年2月

出典:口コミ|くらしのマーケット

口コミ

★★★★★ 5.0
川村さんにお願いして本当に良かったです!一言で言うと本当に引っ越しのプロです。初めは料金が安いところに依頼しようと思いましたが、荷物が多く一度では乗せられない可能性や、車の上に乗せられる可能性があったので、軽トラックで引っ越しをしているアロハムービングさんに依頼することにしました。事前に荷物の写真を送って欲しいという業者さんも多い中、こちらは特に写真を要求されることもなく、日にちだけ決めました。当日は訪問前にご連絡を頂きました。荷物も多かったので、手伝う気満々だったのですが、重いものも1人で素早く運んでくださり、とてもびっくりしました。(ウォーターサーバー本体や、12ℓの水7個、段ボールパッキン15個程、イス、テーブル等)。引っ越し先にもご一緒させていただき、搬入もスムーズだったので、トータル2時間程で終わりました。また引っ越しギリギリに大きな不用品が出てしまったので、写真を撮って一緒に回収できるかお伺いしたところ、+料金で回収いただいたので、かなりスッキリしました。ギリギリの連絡になってしまったのにも関わらず、快く受けていただき助かりました。また引っ越しの際はよろしくお願いします。
利用時期:2022年3月

出典:口コミ|くらしのマーケット

⑦不用品回収の事業者に依頼する

傷がついていてもリユース可能なタンスなら回収してくれるのが「不用品回収サービス」です。
軽トラックや2tトラックに積める量での価格設定もあります。

不用品回収車

タンスの他にもベッドやソファなどの大型家具から・小型家電・カーペットや衣類・食器などタンス以外の不用品も一緒に回収してもらえるため、まとめてすっきり片付けることが可能です。

不用品の買い取りをしている事業者もあるので、問い合わせ時には聞いてみましょう。


不用品回収のメリット

  • 都合の良い日時に処分できる
  • 搬出の手間が省ける
  • タンス以外の不用品もまとめて処分できる
  • 搬出後に簡単な掃除を行ってくれる事業者もある

不用品回収のデメリット

  • 料金がかかる
  • 慎重に回収業者を選ばないとトラブルに巻き込まれる恐れがある

不用品回収サービスの相場費用

不用品回収は、トラックの種類によって異なります。

トラック種類 相場
軽トラック 8,000円〜15,000円
2tトラック 25,000円〜39,000円

タンス以外の家具の処分でお困りの方は、大型家具の処分方法を詳しく紹介している記事をご参照ください。

無料回収に騙されず不用品回収事業者を賢く選ぶには

不用品回収事業者のなかには「無料回収」をうたい文句に不用品を回収し、不法投棄をしたり、リサイクル料と称して不当な金額を請求する事業者もいます。
トラブルに巻き込まれないよう、不用品回収事業者選びは慎重に行いましょう。
不用品回収業は、前提として都道府県の公安委員会から「古物商許可」を受けている必要があります。

"要注意"な不用品回収業者の特徴や事例などが掲載された優良な不用品回収事業者の選び方を参考にしてみてください。


不用品回収事業者は実績・料金・口コミを比較して選ぶ

優良な不用品回収事業者を選ぶには、3社以上の事業者の実績・料金・口コミを比較しましょう。

3社以上を比較すると、大体の相場やサービス内容の基準ができるため、選びやすくなります。

くらしのマーケットでは不用品回収サービス料金と口コミで比較し、オンライン(スマホアプリ)で簡単に予約できます。
不安なことや不明点がある場合は予約前に担当者と画像つきメッセージでやり取りができるので、不安や疑問も解消した上で予約ができます。
また、最高1億円の損害賠償補償制度があるため、万が一のときも安心です。
詳しくは、不用品回収でくらしのマーケットが選ばれる6つの理由ををご覧ください。


くらしのマーケットで不用品回収サービスを利用した方の口コミを一部紹介します。

口コミ

★★★★★ 5.0
狭い部屋への引っ越しの為、大きなタンス3つに本棚、ソファー、ローテーブル、PCデスク、ダイニングテーブルセット、ハンガーラック2つに衣装ケース、チェスト、電気カーペットなど他にも細かい物などもあり、沢山の不用品に頭を悩ませていました。 引っ越しまであまり時間もない中、たまたまネットで1番上に出てきた他の業者さんに連絡したところ対応も悪く、金額も10万円以上は軽くかかると言われ絶望していたところ、くらしのマーケットのT-2ndさんにたどり着きました。 藁にもすがる思いで予約したところ、営業時間外だったにも関わらずすぐにメッセージを頂け、不用品が多いので色々心配している旨を伝えた所すぐにお電話で打ち合わせをして頂けました。お電話での対応から本当に素晴らしく、私の荷物の量では追加料金がかかる説明や、料金設定など詳しく丁寧に教えて下さいました。日時も第一希望でお願いが出来ましたし、私の質問や不安にもしっかり耳を傾けてくださる誠意のある対応に予約完了した時点で本当に信頼が出来ると思いました。 当日も時間通りに来てくださり、お会いしても本当に良い方で、作業もスムーズ。階段しかない3階からの搬出は大変だったと思いますが最後まで気持ちいいお仕事をして下さいました。 流れ作業的なマニュアル通り、冷たい、威圧的な対応をする業者さんが多い中、お客さんの立場に寄り添って人間味のある素晴らしい大変をしてくださるT-2ndさんに巡り合えたことで気持ち良く新しい生活をはじめれました。 3階からの搬出で不用品もかなり多かったので追加料金はかかりましたが、これだけ親身になってご対応下さったので、それでも安いと思うお仕事をして下さいました。 また不用品が出た時は絶対またお願いしたいです。そして自信を持ってみなさんにお勧め出来ます。 T-2nd井上様、本当にありがとうございました。また宜しくお願いします。
利用時期:2022年5月

出典:口コミ|くらしのマーケット

口コミ

★★★★★ 5.0
以前住んでいて家具がそのままになっている家の家具を解体・回収いただきました。作業いただく日まであまり日数がないにもかかわらず予約確定いただき、当日は2台のトラックで時間通りに到着いただき、まずはご挨拶から。3名の外国の方々でしたが、礼儀正しく、言葉の意思疎通も問題ないようで解体・回収いただく対象を確認いただき、早速、作業を開始いただきました。戸建ての2Fにある回収物は、タンスX2、ベッドX2、ドレッサー、机X2、本棚など、大きなものが多いので壁や階段など家に傷をつけないよう2Fで解体してから降ろす、と最初に説明がありました。開始してしばらくすると、このあとは大きな音が出ます、とわざわざ言いに来てくれました。1時間もしないうちに解体してからベランダから庭に降ろし、トラックに積むまで完了。大変にスピーディな作業です。1Fは、オーディオラック、レコードラックなどは同様に解体いただき、ソファーセット、台所のレンジラック、洗濯機はそのまま回収いただきました。短時間で手際よく全体の作業が完了しました。作業後は掃除機で掃除していただきました。作業に向き合う全員の真摯な姿に好感が持てます。最後に各部屋のエアコンの撤去はどうしますか、新住所の家でも回収するものがあれば、何でも作業いたしますよ、と気づいたことを言ってくれます。 今まで家具類等の整理を後回しにしていましたが、今回作業いただき、部屋の中がすっきり広くなり、気持ちもすっきりしました。 ありがとうございました。お疲れさまでした。
利用時期:2022年6月

出典:口コミ|くらしのマーケット


3)タンスを安く処分するなら解体して家庭ごみ

タンスを処分する方法を7つ紹介しました。
一番安く処分するには「②解体して家庭ごみに出す」ことですが、解体の手間がかかります。

運び出しの手間なくタンスを廃棄するなら⑦不用品回収の事業者に依頼するのがおすすめです。自分の都合に合わせて回収してもらえるので、処分を急いでる方も利用しやすいです。

まとめ

要らないタンスはどうやって処分すればいいですか?
タンスを処分する方法は7つあります。状況に合った一番効率的で安い方法を選びましょう。
①買い替え時に引き取りサービスを利用する
②解体して家庭ごみに出す
③自治体の粗大ごみとして出す
④フリマアプリやネットオークションを利用する
⑤リサイクルショップで買い取ってもらう
⑥引越し時に処分を依頼する
⑦不用品回収の事業者に依頼する

運べないタンスの処分方法が知りたいです。
タンス処分をしたいのに大きなタンスを運べない場合は、解体して家庭ごみに出す方法か、リサイクルショップの出張買取を利用する方法か、不用品回収の事業者に依頼する方法があります。

くらしのマーケット

くらしのマーケットは、ハウスクリーニング・引越し・不用品回収など、200種以上の暮らしのサービスをオンラインで予約できる、日本最大級のサービス比較サイトです。

くらしのマーケットの安心・安全

徹底した品質管理と万が一の際の保証制度!

⇒詳しくはこちら

もう一度使いたいサービスNo.1

「人」で選べる。「値段」がわかる。「なんでも」頼める。

⇒詳しくはこちら

最大1億円補償制度

くらしのマーケット独自の損害賠償補償制度です。

⇒詳しくはこちら

サービスカテゴリ一覧を見てみる

※サービス比較や口コミ閲覧に会員登録は必要ありません

  • lineで送る
はじめての方へ
くらしのマーケットとは?