トイレの臭いの原因と解消方法・発生させない方法について

トイレの臭いの原因と、発生してしまった悪臭を解消するためのチェックポイント、臭いの発生を防ぐための方法を解説します。

清潔そうなトイレの写真

トイレ掃除をしているはずなのに、なぜか臭う……という経験はありませんか? トイレは毎日何度も排泄物を流す場所なので、掃除に見落としがあったり、カビが繁殖してしまったりすると、悪臭が発生してしまうことがあります。

以下で、トイレの臭いの原因、発生してしまった悪臭を解消するためのチェックポイント、臭いの発生を防ぐための方法を詳しく説明いたします。

目次

  1. 1)トイレの臭いの原因
  2. 2)トイレの臭いが気になる場合のチェックポイント
  3. 3)トイレの臭いを防ぐための方法
  4. 4)どうしてもトイレの臭いが取れないときは
  5. 5)併せて読みたい関連記事

1)トイレの臭いの原因

汚いトイレ

汚れたトイレから臭いがする場合、掃除をすれば解決できることが多いですが、掃除をしても臭いが取れない場合は、以下の原因が考えられます。

  • 汚れが取り切れていない
  • 尿の飛び散りによるアンモニア臭
  • 繁殖したカビの臭い

もっとも考えられるのは、掃除で汚れが取り切れていないことです。便器の裏側や壁や床など、掃除の手が届きづらい箇所に汚れが溜まっている事が考えられます。

また、用を足したときに尿が飛び散り、便器の裏側などについて放置されたことによるアンモニア臭も臭いの原因になります。また、男性が立って用を足した場合、壁や床などにも尿がはねて臭いが発生してしまうことがあります。

次に考えられるのが、繁殖したカビによる臭いです。トイレは水たまりが常にあるので湿度が高く、カビが繁殖しやすい環境です。トイレタンク内や便器の裏側、壁紙などが黒くなっている場合は要注意です。

2)トイレの臭いが気になる場合のチェックポイント

普段の掃除をしてもトイレの臭いが気になる場合は、以下の箇所を注意して見てみましょう。

①床、便器と床の境目

トイレ掃除といえば便器をメインに考えがちですが、床にも尿のしぶきが飛び散っています。トイレ掃除の際はトイレシートで毎回床全体を拭き取りましょう。それでも臭いが気になる場合は、中性洗剤を少量付けて汚れを拭き取ります。

また、便器と尿の境目は窪みになっているため、尿が垂れて入り込んでしまうことが多いです。トイレ掃除の度に念入りにふき取るようにしましょう。

トイレの床

②天井や壁

床と同じで、壁にも尿のしぶきが飛び散り、掃除をせずにいると悪臭が発生してしまいます。

トイレシートや、中性洗剤を使って定期的に壁全体を拭き掃除しましょう。特に、腰より低い位置が汚れていることが多いので、下の方を念入りに掃除してください。

また、天井や換気扇に尿の成分が付着し、臭いが染みついてしまうこともあります。天井や換気扇も、定期的に掃除する習慣をつけてください。

③便器の淵の裏

トイレ掃除

便器の掃除はしていても、淵の裏は目に見えないので掃除が行き届いていない場合も多いです。便器掃除の際は、淵の裏もブラシやトイレシートを使ってしっかり掃除してください。

④便座と便器の間

便座(ウォッシュレット)と便器の間は、普段結合しているので掃除している人は少ないかもしれません。しかしこのわずかな隙間に尿が入り込み、悪臭が発生してしまうことがあります。

大半の便座は取り外しができたりスライドしてずらすことが可能なので、定期的に確認して掃除をしましょう。

⑤タンク

水を常に溜めているタンク内はカビが繁殖しやすいので、カビによる悪臭が発生しているケースがあります。便器や壁をいくら掃除しても、タンク内の水が臭っていると悪臭は解消されません。タンクを開けてカビが発生していたら、中性洗剤を使って掃除をしましょう。

手洗い場に置いたり便器にスタンプしたりするだけで、便器内やトイレタンクまできれいにしてくれる洗浄剤が販売されているので、こういったものの使用もおすすめです。

トイレのイメージイラスト

3)トイレの臭いを防ぐための方法

きれいなトイレ

トイレの臭いは、日々のちょっとした注意で発生を抑えることができます。以下で簡単にできる方法を説明します。

①こまめな掃除をする

臭いを抑えるには、やはりこまめに掃除をすることが一番です。大切なのは、トイレを汚してしまったらすぐにトイレシートやブラシなどで汚れを落とし、汚れを放置しないことです。掃除道具は取りやすい場所に置いておき、家族にも掃除を手伝ってもらうようにしましょう。

また、週1回程度はトイレ全体を念入りに掃除してください。その際、前項で挙げたポイントをチェックして隅々まで掃除すれば、トイレの悪臭に悩まされることはそうそうないはずです。

②座って用を足す、蓋を閉めて流すなど使い方に気を付ける

トイレを汚さないためには、汚さないような使い方をするのが大切です。以下の点に気を付けてトイレを使いましょう。

  • 男性は座って用を足す
  • 流すときは蓋を閉める
  • ドアをなるべく開けておく

座って用を足せば、立って用を足すのに比べれば大幅に尿ハネが少なくなります。

また、トイレの水を流す際、わずかな水しぶきが床や壁に飛んでしまうので、流すたびに少しずつ便器まわりが汚れていってしまっています。蓋をしめれば、水しぶきが飛ぶのは蓋の裏だけになるので、掃除も楽に。水を流す際は必ず蓋を閉めるようにしましょう。

さらに、臭い原因となるのは汚れやカビが大半ですが、カビの繁殖を促す湿気も間接的に臭いの原因となっていると言えます。トイレを密室にしてしまうと、湿気がこもりカビが生えやすくなってしまうので、基本的にトイレのドアは開けておくようにしましょう。

全開にしておくのは見栄えが気になる……という方は、少し開けておくだけでも十分効果がありますよ。

③消臭剤や芳香剤を置く

トイレ用の消臭剤や芳香剤を置くと、簡単に悪臭を緩和できるので、手っ取り早く臭いを解消させたい場合はおすすめです。ただし、臭いを抑えているだけで、トイレ内の汚れやカビを除去出来ているわけでありません。

清潔なトイレ空間にするためには、消臭剤や芳香剤を使ったとしても、臭いの元を確認してしっかりと掃除しましょう。

4)どうしてもトイレの臭いが取れないときは

いくら掃除をしても、トイレの臭いが取れない、黒カビが落ちない、という場合は素人では手が届かないような箇所が汚れていたり、カビが奥深くまで根付いてしまったいるのかもしれません。そんな場合は、プロのトイレクリーニング業者への依頼をおすすめします。

プロのトイレクリーニングなら、高い技術と業務用の洗剤で、家庭では落とすのが難しい頑固な汚れやカビも、隅々まですっきりきれいにしてくれるので、悪臭もバッチリ解消されるはずです。

くらしのマーケットの最大の特徴は、料金やサービス内容、口コミなど、業者選びに必要な情報がすべてページ上で確認できること!

「◯◯円~」といった不明瞭な料金表示はなく、当日の急な追加料金や手数料なども発生しません。各業者のサービスページ閲覧には会員登録も不要なので、作業スタッフの写真や利用者の口コミもしっかり事前確認が可能です。

「予約前に聞きたいことがある」という場合も安心。ページ上のメッセージ機能で店舗スタッフに直接質問することができます。

◆オンライン予約可能
◆予約前の個人情報の登録不要
◆しつこい営業電話なし
◆不明な店は店舗スタッフに直接メッセージが可能

5)併せて読みたい関連記事

重層とクエン酸

関連記事

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る