ユニットバスの掃除を簡単にするコツってないの?

最近の集合住宅のユニットバスは、掃除がしやすい耐久性・防水性に優れた素材で統一されています。しかし、ユニットバスの利用者は掃除にあまり時間の取れない単身者も多いようです。そこで今回は掃除を簡単にするコツについて説明いたします!

2019.3.19 更新
ユニットバス

掃除を簡単に、常に清潔にしておくコツはこれ!

掃除を簡単にするためには、ユニットバス全体に汚れを溜めないことが重要になってきます。
とはいえ、手間や時間がかかる方法では意味がありませんよね。
そこで、ちょっとした手間や入浴時についでに行える方法で、ユニットバスの清潔を保つコツを詳しく解説いたします。

使用後には必ずシャワーで浴室全体を流す

ユニットバス使用後は石鹸カスや皮脂汚れなどのさまざまな汚れが浴室中に飛び散っています。
大して汚れているようには見えないかもしれませんが、これらの汚れが蓄積していくとカビや水垢などの原因となってしまいます。
汚れの蓄積を防ぐ方法はいたって簡単で、入浴後にシャワーで浴室全体を流すことです。
ここでポイントなのが、まずは温水で汚れを流してから、シャワーの温度を下げて冷水にすることです。
皮脂や石鹸カスなどの汚れはお湯の方が流れやすいのですが、浴室の温度が高いまま放置しておくと、高い温度を好むカビが繁殖しやすくなってしまいます。
シャワーを冷水にして、浴室全体の温度を下げればカビの予防になるというわけです。
また、シャワーカーテンがあるユニットバスの場合、カーテンは汚れやすいうえにカビも生えやすいのでカーテンにも温水と冷水をかけるのを忘れないでください。

小物の置き方に工夫する

単身用のアパートなどのユニットバスは浴室が狭い場合が多いので、床にシャンプーボトルや石鹸置きを直置きしている人も多いでしょう。
しかし、小物が床に置かれていると、接地面が乾きにくくカビが生えやすくなってしまいます。
そこでおすすめなのが、吊るせる小物は吊るすという方法です。
壁にフックを取り付け、石鹸をネットに入れてフックに吊るし、シャンプーやボディーソープのボトルは、マグネット式のラックなどを壁に取り付けてそこに置くようにしましょう。
素材の関係でフックやラックがどうしても取り付けられない場合は、浴室には小物を置かないことです。
小物はかごなどにひとまとめにし、入浴のたびに持ち込む、という方法がおすすめです。

使用後は水気を取る

使用後に冷水シャワーで汚れを洗い流したとしても、水分はそのまま残ってしまいますよね。
水道水にはミネラルやカルシウムなどが含まれていて、これらの成分は水が蒸発してもそのまま残り、水垢の原因となります。
よって、水垢を防ぐには蒸発する前に水分自体をなくすことです。
入浴後は、体を拭いたバスタオルなどで浴室全体の水分をふき取ってしまいましょう。
バスタオルで浴室の床などを拭くことに抵抗を感じる方もいるかもしれませんが、毎日掃除している浴室ならそこまで汚れていないので、衛生的には問題ありません。
どうしても気になる人は、いらないタオルを用意するのがよいでしょう。

換気を常に行う

入浴後の短時間のみ換気扇を回すという人も多いようですが、できれば換気扇は24時間回しっぱなしにしましょう。
また、ユニットバスには窓がない場合も多いですが、扉を開けておくだけでも換気の効果は大きいです。
できれば、使用時以外は扉は開けっ放しにしましょう。
もちろん、窓がある場合はなるべく開けておき空気の通り道を広げます。
このように浴室をしっかり換気することによって、カビの増殖をグッと抑えることができます。
なお、換気扇のつけっぱなしは電気代が気になる……という方も多いと思います。
しかし、使用環境にもよりますが、常に換気扇を回しっぱなしの状態でも電気代は月数十円程度です。
この金額なら換気によって得られる効果の方が大きそうですね。

クエン酸・重曹を常においておく

ユニットバスにはさまざまな汚れが付着します。
主に考えられるのは黒カビ、赤カビ、水垢、皮脂汚れ、石鹸カスですね。
カビ用の洗剤や浴槽用の洗剤、さらに水垢用……などと洗剤をそれぞれ用意していたらキリがないですよね。
しかし、浴室の汚れはクエン酸と重曹の2種類を用意しておけば、ほぼ落とすことが可能です。
使用方法はスプレーボトルを2つ用意し、それぞれに水100mlとクエン酸小さじ1杯、重曹小さじ1杯を入れてクエン酸スプレーと重曹スプレーを作ります。
汚れが気になる個所にスプレーし、スポンジでこするだけでさまざまな汚れを落とすことができますよ。
簡単に作れますし、体にも優しい成分でできているので、入浴のついでにちょっとした掃除を行うことができます。
それぞれの詳しい使用方法や、効果のある汚れの種類などは、下記の記事を参考にしてみてくださいね。
洗剤いらず!クエン酸でお風呂掃除をしてみよう
入浴剤だけじゃない?重曹でお風呂掃除をしてみよう

排水口用のネットを使用する

単身世帯に多いトイレと一体型のユニットバスの場合は、排水口の奥の排水管が途中で合流しています。
よって詰まってしまった場合にトイレを使用すると風呂の排水管から逆流したり、その逆の現象が起こる場合があります。
また、トイレとセパレートされているユニットバスの場合でも、在来浴室の排水口に比べて小さい場合が多く、少し掃除しないだけで詰まりやすい状態にあります。
もちろんこまめに掃除すれば大丈夫ですが、少しでも詰まりの可能性をなくしたい方は、排水口用のネットやカバーを設置しましょう。
溜まったゴミの除去も簡単ですし、掃除もしやすくなるのでおすすめです。

汚れがひどい場合はプロの浴室クリーニングもおすすめ!

紹介したコツを日々実践していれば、汚れは溜まりづらくなるため毎日のユニットバスのお掃除も楽々なはずです。
もし、すでにお風呂が結構汚れていて、クエン酸や重曹を使っても汚れが落とせない……といった場合は、プロのお風呂クリーニングに依頼してみてはいかがでしょうか?
くらしのマーケットでは、口コミ内容やサービス内容、料金から事業者を探しだせる上に、不明な点は担当者と直接やり取りすることも可能です。
一度プロの手によって徹底的に掃除してもらえれば、そのあとの掃除は楽になるので、ぜひご利用ください。

◎オンライン予約可能
◎予約前の個人情報の入力不要
◎しつこい営業電話なし
◎不明な点は店舗スタッフに直接メッセージが可能

ビックリした様子の女性

関連記事

人気記事TOP5

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る