不用品を処分するのに最適な方法って?【2019年版】

フリマサイトや事業者による回収など、たくさんある不用品の処分方法。「どうやって処分したら良いかわからない」という方に向けて、場合別にオススメの処分方法を解説します。

2019.4.10 更新
家電や家具

目次

  1. 1)処分を急がない場合
  2. 2)早めに処分したい場合
  3.  2-1)自分で運べる場合
  4.  2-2)自分で運べない、または物がたくさんある場合
  5. 3)不用品回収のプロはクチコミで比較

1)処分を急がない場合

値段がつきそうなものはフリマサイトの活用を考えてみましょう。
どうせだったら少しでもお金に替わった方が嬉しいですよね。
サイトを使うと多くの人に見てもらえるので、買い手が見つかりやすくなるのがメリットです。
ただその場合、写真や説明文の登録や売却後のクレーム対応は自分でする必要があります。
また送料や手数料が掛かる場合が多いです。

それを避けたい場合、身近に必要そうな人がいないか地道に声をかけましょう。
実際に物を見てもらってから渡せるとクレームのリスクが低いですし、同じ金額で売るならサイトを使うよりも手元に入る金額が多くなります。

スマートフォンを触る指

値段がつかなさそうなものは自分でゴミ処理場に持ち込む方法もあります。
その場合、回収に来てもらうより処分費用が割安になります。
指定の回収日が決まっていることがほとんどですので、事前に自治体のホームページで確認してください。

2)早めに処分したい場合

2-1)自分で運べる場合

値段がつきそうなものはリサイクルショップへ持ち込みましょう。
その場で値段をつけてくれることが多いため、すぐに現金化できます。
買取金額を上げるためには、自分で落とせる汚れはキレイにしておくことがポイントです。

雑誌を処分する女性

値段がつかなさそうなものは自治体の回収に出しましょう。
処分費用は掛かりますが、引き取りに立ち会う必要がないのでスケジュールの調整がいらないのがメリットです。
ただ、家電など引き取り不可の品目もありますので注意が必要です。
事前に自治体のホームページで確認しましょう。

<回収の流れ>

  1. まずは自治体のホームページで処分ができるか、費用はいくらかを確認し、電話やネットで申し込みましょう。
  2. 費用に合わせてゴミ処理券を購入します。地域によりますが、コンビニに売っている場合も多く手軽に手に入ります。
  3. ゴミ処理券を不用品に貼り、指定の回収場所に置いておきましょう。

2-2)自分で運べない、または物がたくさんある場合

重いものを処分したい場合や、一度にたくさんの物を処分したい場合は不用品回収のプロにお任せしましょう。
作業費によって自分の手伝いありなしを選べますので、状況に応じたオーダーが可能です。
妊婦さんやご高齢の方は手伝いなしを選んだ方が良いですね。

また物がたくさんある場合は、別々に捨てると手間も費用も掛かりますので、一気にまとめて処分するのがおすすめです。

事業者によっては家電を買い取ってくれるところもあります。

不用品回収事業者と女性

3)不用品回収のプロはクチコミで比較

不用品回収は家の中に入って作業することもありますので、プロにお願いする場合、信頼できるところを選びたいですよね。
くらしのマーケットでは、不用品回収のプロをユーザーのリアルなクチコミと料金で比較できます。
また万が一の損害賠償補償も行なっておりますので、安心してご利用いただけます。

利用無料ですので、まずは料金やクチコミをご覧ください!
不用品の量に応じて回収トラックの大きさを選ぶことができます。



くらまくんロゴ

くらしのマーケットは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の暮らしのサービスをオンラインで予約できる、日本最大級のサービス比較サイトです。

くらしのマーケットが選ばれる理由

料金・サービス内容が明確

急な追加料金なし

店舗写真・口コミでしっかり比較

利用者評価に基づくランキングで安心

予約・質問はWEBで完結

万が一のための損害賠償補償あり


⇒はじめての方へ(わたしたちの想い)
⇒超簡単!サービス予約の流れ

人気のサービスカテゴリ

☆格安引越し
☆不用品回収
☆エアコンクリーニング
☆お風呂クリーニング
☆エアコン取り付け

⇒サービスカテゴリ一覧を見てみる
※サービス比較や口コミ閲覧に会員登録は必要ありません

この記事のキーワード

関連記事

人気記事TOP5

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る