お風呂掃除の基本教えて!

ちゃんと掃除をしているつもりでも、水垢や黒ずみなどでお風呂は汚れていくものですね。 その汚れ、基本を抑えた掃除をするだけで、たまりづらくなるかもしれません。 お風呂掃除はやり方次第で、そんなに手間をかけずとも浴室を清潔に保てるのです。 ということで、今回はお風呂掃除の基本についてまとめました。

お風呂が汚れていくとどうなるの?

お風呂の汚れが蓄積されていくと、どうなってしまうのでしょうか。
浴室から嫌な臭いがする、排水口から異臭がする……それは、溜まった汚れによるカビや排水口が雑菌の温床となっているのが原因です。
>お風呂が下水臭いんだけど、どうしたらいいの?

そしてその臭いをさらに放置しておくと、コバエが発生することもあります。
>お風呂のコバエの撃退方法教えて!

いずれにしても、お風呂を正しく掃除できていないのが原因です。

まずは汚れを溜めないこと!

お風呂掃除の一番大事なポイントは、その日の汚れはその日のうちに取ってしまうことです。
使い終わった後にすぐに洗ってしまいましょう。
入浴後に全体をシャワーで流し、軽く浴槽をスポンジでこすります。
そして全体に冷水シャワーをかけて洗い流すだけでOK。
汚れが定着する前なので、簡単にきれいにすることができ、冷水によってカビの発生を防げます。
>お風呂のカビを防ぐ方法ってないの?

また、浴槽は汚れてザラつきやすいので週に1度洗剤をつけて念入りにお掃除するのがいいでしょう。
>浴槽を掃除するときのコツ、教えて!

おすすめアイテム

お風呂掃除用の洗剤やスポンジは、いろいろなものが販売されていますね。
たくさんありすぎてどれを選べばいいのか困ってしまうかもしれません。
汚れや場所にあった道具を用意することで、お風呂掃除を簡単にすることができます。
>お風呂掃除のおすすめアイテムを教えて!
>入浴剤だけじゃない?重曹でお風呂掃除をしてみよう
>洗剤いらず!クエン酸でお風呂掃除をしてみよう

お酢や使い古した歯ブラシなど、すでに家にあるもので非常に効果的なものも多いので、試してみてください。

念入りお掃除をしよう!

毎日のお風呂掃除だけでは、細部まで完璧にはできないので定期的に念入りお掃除をする必要があります。
しかし、毎日簡単にでも掃除をしていることで、念入りお掃除のときはグッと楽になっているはずです。
念入りお掃除の頻度は、2~4週間に1回程度を目安にしましょう。
この頻度なら、全体を洗剤でよく洗い流せばOKですが、もし黒ずみや水垢、ぬめりなどが発生している場合は、その汚れにあったお掃除方法を行いましょう。
>お風呂の黒ずみってなんとかならないの?
>お風呂の水垢、どうやったら落ちるの?
>お風呂の赤カビってなんとかならないの?

また、年末の大掃除のときは1年間の汚れをすっきり落とすようにしましょう。
>お風呂の大掃除、何をしたらいいの!?

クリーニング業者に頼む

しかし、すでにお風呂の汚れがかなり溜まっている場合、ご家庭で清潔にするのは難しいかもしれません。
そんな方は、プロの浴室クリーニングに頼むことを検討してみてください。
>浴室クリーニングの相場って、いくらくらい?

掃除しづらいエプロンや、照明や換気扇まで徹底的に洗浄してくれます。
>浴室クリーニングって何してくれるの?
>お風呂のカビって、業者に頼めば本当にとれるの?

最後に

お風呂掃除の基本についてまとめましたがいかがでしたか?
くらしのマーケットでは、お風呂クリーニング業者を料金、口コミから簡単に比較することができますので、汚れがひどい場合は一度相談してみませんか?
プロならではの、お風呂掃除のコツが聞けるかもしれませんよ!

関連記事

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る