洗濯機に水がたまらない・給水できない場合の原因と解決策を徹底解説!

家事には必要不可欠な洗濯機。使おうと思ったら水がたまらないなんてことありませんか?洗濯機に水がたまらない場合は、排水弁に異物が詰まっている可能性が高いです。 この記事では洗濯機に水がたまらないときの原因と解決策を丁寧に解説しています。また、給水できない場合の原因と解決策も合わせて紹介します。

2020.1.9 更新
洗濯機のふたが空いている

目次

  1. 1)洗濯機に水がたまらない原因
  2. 2)排水弁の詰まりを治す方法
  3. 3)それでも水がたまらない時は
  4. 4)洗濯機から水が出ない原因
  5. 5)洗濯機を給水する方法
  6. 6)普段からできる洗濯機故障対策

1)洗濯機に水がたまらない原因

洗濯機から水が出てるのに洗濯槽に水がたまらないなんて経験ありませんか? 洗濯槽に水がたまらない原因は主に3つあります。

①洗濯機の電源が入っていない
洗濯が終了したときに、排水設定のまま電源が切れている場合があります。電源が入っていないことに気づかずに故障かも...と思ってしまう可能性もあるので、電源は最初に確認しておきましょう。電源が入っていないだけの場合、電源を入れれば水がたまります。


②排水弁に異物が詰まっている
洗濯機の内部には、排水をコントロールする「排水弁」というものがあります。

普段は排水弁を閉じることで洗濯槽に水をためますが、その部分に異物が詰まると排水弁が閉じなくなり、水がたまらなくなるのです。

この排水弁の詰まりは自分で取ることができます。


③排水モーターが故障している
この排水モーターが稼働することによって、水を止める排水弁を開きます。

ですが、モーターが故障していると水を止める弁を開くことができなくなり、水が出たまま、洗濯槽の中にたまらなくなります。

モーターの修理は排水弁と異なり自分で行うことが難しいので、専門的な事業者に依頼する必要があります。

2)排水弁の詰まりを治す方法

洗濯機に水をためるには、水がたまらない原因である排水弁のつまりを治す必要があります。排水弁のつまりは、小銭やヘアピンなどを衣服に入れたまま洗濯した際に、そのまま排水弁に詰まってしまうというケースが多いです。
他にも、長年洗濯槽を掃除しておらず、汚れやヘドロが詰まってしまう場合もあります。

また、排水弁は洗濯機の内部にあるので、裏側のパネルを外しから作業に取り掛かります。背面パネルを外すために、ドライバーを用意しておきましょう。

おすすめのアイテム:Amaco 精密ドライバーセット

  1. 蛇口を閉める

  2. コンセントをはずす
  3. 必ず洗濯機のコンセントを抜いてから作業しましょう。

  4. 背面パネルをはずす
  5. 一般的に背面パネルは2本のネジで止まっているので、ドライバーでネジを外しましょう。


  6. 排水弁を探し、取り外す
  7. 排水弁は、洗濯機によって様々ですが、基本的に黒いゴムに白いフタがついています。

    洗濯機の内部は複雑な形をしているので、戻すときに苦労しないように、この時点で写真を撮っておくのをおすすめします。


  8. 排水弁についている異物を取る
  9. 一緒に洗濯してしまったヘアピンや小銭などが詰まっている可能性があります。また、異物はなくとも長年の汚れやヘドロで詰まっている場合もあるので、その場合は排水弁をしっかり洗いましょう。


  10. 排水弁を元の位置に戻す

  11. 背面パネルを取り付ける

3)それでも水がたまらない時は

排水弁の詰まりを解消しても洗濯機に水がたまらない場合は、排水モーターが劣化して故障している場合や、洗濯機内部の他の部分が故障している可能性があります。

その場合、自分で修理するのは難しいので専門の事業者にお願いした方がよさそうです。

4)洗濯機から水が出ない場合

洗濯機から水が出てきてもたまらない場合の他に、そもそも洗濯機から水が出ない場合もあると思います。
その場合、給水部分に何か問題がある可能性が高いです。

考えられる原因としては、以下のことがあります。

  1. 緊急止水弁が作動している
  2. 洗濯機には、蛇口と洗濯機のをつないでいるホースの蛇口側に、「緊急止水弁」というものがついています。洗濯機が何らかの原因で水が止まらなくなったときに変わりに水を止めるために作動するものです。

    この緊急止水弁が何らかの原因で作動して洗濯機が給水しない状態になっている可能性があります。


  3. 給水フィルターが詰まっている
  4. 給水フィルターには細かな汚れやチリが詰まりやすく、汚れが詰まっているせいで給水できない場合もあります。

5)洗濯機を給水する方法

洗濯機が給水できない場合は、緊急止水弁と給水フィルターの確認を行いましょう。

緊急止水弁が作動している場合、ホースを外したときに、蛇口からストッパーのようなものが出ています。

もし作動していた場合、以下の方法で元に戻すことができます。

洗濯機の給水ホースの画像

緊急止水弁の戻し方

  1. 水道の元栓を閉める

  2. 洗濯機の蛇口を開けて水圧を下げる

  3. 洗濯機の給水ホースの蛇口
  4. 緊急止弁を蛇口の中に押し込む

  5. ホースを繋ぐ

給水フィルターの掃除方法

ホースを開けても緊急止水弁が作動してなかった場合、給水フィルターが汚れている可能性があるので、掃除をしましょう。

給水フィルターは、蛇口を洗濯機を繋ぐホースの、洗濯機側についているものです。 洗濯機側についている緊急止水弁とは、逆になります。

また、給水ホースを外すときに、中に水が残っていると濡れてしまうので、まずはホースの中の水を抜いてから作業をします。

  1. 蛇口を閉める

  2. 洗濯機のフタを閉めたまま、電源を入れる

  3. 1分ほど経過したら止めて電源を切る
  4. この時点で、ホースに溜まっている水が全て抜けた状態です。


  5. 給水ホースのナットを緩めて、ホースを洗濯機から外す

  6. 給水フィルターのゴミを取り除く

6)それでも給水されないときは

緊急止水弁の作動を止めたり、給水ホースのフィルターを掃除したりしても給水されない場合は、洗濯機本体が故障している場合があります。

その際は自分での修理は難しいため、専門の洗濯機修理事業者に依頼することをおすすめします。

7)普段からできる洗濯機故障対策

普段から以下のことを注意して、洗濯機が故障しないようにしましょう。

  • 洗剤、柔軟剤を入れすぎない
  • 洗剤や柔軟剤を入れすぎると洗濯槽に溶け残りができ、排水弁にも汚れがつく可能性があります。洗剤や柔軟剤や既定の量を守りましょう。

  • 一度に大量の洗濯物を入れない
  • 表示量以上の洗濯物を洗うと、洗濯機には大きな負担がかかります。洗濯物は、洗濯機の7〜8割くらいまでの量が適量です。

  • 定期的な掃除を行う
  • 洗濯槽は月1回の定期的な掃除をするのがおすすめです。また、糸くずフィルターはゴミが溜まったらその都度捨てましょう。

洗濯機の詳しい掃除方法はこちらの記事で紹介しています。

洗濯機の中にカビが浮いている

また、洗濯機をプロの力で徹底的にきれいにしたい、という方はくらしのマーケットに依頼してみるのはいかがでしょうか。

くらしのマーケットの洗濯機クリーニングなら、洗濯機の機種や構造に詳しいプロが、業務用の道具や洗剤で洗濯機を分解洗浄してくれます!ドラム式洗濯機の洗浄にも対応している店舗も多数出店しています。

くらまくんロゴ

くらしのマーケットは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の暮らしのサービスをオンラインで予約できる、日本最大級のサービス比較サイトです。

くらしのマーケットが選ばれる理由

料金・サービス内容が明確

急な追加料金なし

店舗写真・口コミでしっかり比較

利用者評価に基づくランキングで安心

予約・質問はWEBで完結

万が一のための損害賠償補償あり


⇒はじめての方へ(わたしたちの想い)
⇒超簡単!サービス予約の流れ

人気のサービスカテゴリ

☆格安引越し
☆エアコンクリーニング
☆お風呂クリーニング
せんせん ☆エアコン取り付け

⇒サービスカテゴリ一覧を見てみる
※サービス比較や口コミ閲覧に会員登録は必要ありません

  • lineで送る

関連記事

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る