引越し時のエアコンの移動・取り付け・取り外しってどうすればいいの?

引越しは荷物の搬入や搬出だけではなく、電気関係の工事も必要となり、大変ですね。その中でも特に、今まで使っていたエアコンを新居へ移設する際の取り外し、取り付け工事は費用がかさみます。エアコンの移設方法について、ご紹介します。

風を出すエアコン

エアコンの移設作業はプロにお任せしましょう

エアコンの移設を自分で実施する方法が、インターネットには掲載されていますが、作業はとても複雑です。
取り外すときは、配管からのガス漏れを防ぐために、まず初めに室外機へガスを集めます。
次に室外機とエアコン本体を取り外し、ガスが出ないように注意して配管を外し、パテで穴を埋めます。
また、取り付けるときには、配管類の加工やテープの巻き上げ、室外機との接続を行います。
このように専門的な知識が必要ですので、プロにお任せするのがおすすめです。
移設の依頼先は、エアコン移設事業者と引越し事業者の2通りあります。

エアコンの移設事業者へ依頼する

エアコンの移設事業者を自分で調べて、見積もりと日程調整を依頼します。
日程については、引越しと移設のタイミングを考慮することが大切です。
特に夏や冬は引越しをしたけれどエアコンが使えなくて暑い、または寒いという状況がないようにしましょう。
エアコン移設事業者は家電量販店やインターネットで調べることができます。
こちらのエアコン取り付け事業者もご参照ください。

引越し事業者へ依頼する

ほとんどの引越し事業者は電気工事事業者と契約しています。
そのため、エアコンの移設を依頼することができますので、自分で事業者へ依頼することは不要です。
移設作業は引越しと同じタイミングで実施しますので、日程調整の必要もありません。
また、エアコンの運搬は引越しの荷物と同時に運んでもらえますので、費用の発生はありません。

エアコンを移設するときの注意点

移設のときに「こんなはずではなかった」とならないように、以下のことに注意しましょう。

設置場所により料金が異なる

取り外しと取り付けの設置場所により、料金も異なりますので、見積もりのときにきちんと説明できるようにしておきましょう。
また、取り付け場所に穴がない場合は、穴をあけなくてはなりませんので、確認しておきます。
特に賃貸物件ではエアコンの設置ができるかを、管理元に確認し、許可をもらっておきましょう。

追加料金が発生する落とし穴

エアコンの移設の基本料金は、取り外し、取り付けの作業代となります。
しかし、取り付けでは、手持ちの配管では届かないために、配管の交換や延長になることがあります。
また、コンセントの交換、ガスの補充なども当日に追加されることがあります。
基本料金は安価に見えますが、この追加項目については、見積もりのときにしっかり聞いておきましょう。

手間が省けるのは引越し事業者へ依頼する方法

引越し事業者へ依頼する方が一度に済みますので、手間が省けます。
運搬は荷物と一緒にしてくれますし、日程も引越しと合わせて調整してくれます。
くらしのマーケットでは引越し事業者を明確な料金表と口コミで比較し、予約することができます。


◎引越し情報特集公開中◎

引越しについての情報をまとめた特集記事を公開中!
費用や事業者、引越し準備についての「教えて!」に応えるお役立ち情報満載。
ライターの引越し体験談も掲載中!
引越し情報まとめ特集|費用・準備・失敗しない事業者の選び方

関連記事

人気記事TOP5

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る