エアコンの寿命ってどのくらい?交換のめどは?

エアコンの寿命・耐用年数はどのくらいでしょうか。 およそ10年くらいです。 使用頻度や設置場所にもよりますが、買い替えを検討するには10年を目安にするとよいでしょう。

エアコンの買い替えサインとは?

それでは具体的なエアコンの症状を見ながら、対応策を考えてみましょう。

エアコンをつけると音がする場合

エアコンから異音が聞こえるときは、エアコン本体の送風ファンの故障や室外機のコンプレッサーの故障の可能性があります。
またはフィルターの目詰まりやルーバーの作動不良の場合もありますので、まずはフィルターの掃除や点検をしてみましょう。

エアコンの風が臭う場合

エアコンの風が臭うのは、エアコン内に発生したカビやハウスダストが原因かもしれません。
2~3年ごとにエアコンクリーニングをすることで、フィルターの奥のファンや熱交換器周辺のカビも除去され、空気もきれいでさわやかな感じになります。
また、ほこりなども洗い流してくれるので、エアコンの効きもよくなり節電の効果もあります。

エアコンをかけても冷えない・暖まらない場合

エアコンから冷風や温風が出ない場合、まず、フィルターの掃除をしてみましょう。
フィルターが目詰まりしているとスムーズに送風されず、更にエアコン本体の故障の原因にもなってしまうのでご注意ください。
フィルターを掃除しても冷風や温風が出ない場合は故障の可能性が高いので、メーカーへ問い合わせするなど対応する必要があります。

エアコン本体から水漏れする場合

エアコンは、空気を冷やすときに発生した水を室内機から室外機へ配管を通して屋外へ排出するので、
冷房時にエアコン本体から水漏れするのは、ドレンホースがほこりやカビなどで詰まっている可能性があります。
まずはドレンホースの詰まっていないか確認し、もし詰まっていたらほこりなどを取り除きましょう。
それでも水漏れをする場合は、専門の業者へ早急に問い合わせするなど対応しましょう。

エアコンを買い替えるのか、修理を依頼するのかの判断基準

エアコンの不具合が発生した場合、修理を依頼するのか、または買い替えるのか判断に迷うところです。
基準としてはエアコンを購入してから経過した年数で判断するのがよいでしょう。
メーカーの保証期間はおおよそ5~7年ほどです。
また、上手にメンテナンスをしたエアコンの寿命・耐用年数も10年ほどです。
したがって、エアコンを購入してから7~10年たっている場合は、買い替えを検討しても良いでしょう。
先に述べたような不具合が起こらないように、定期的にエアコンのメンテナンスをしましょう。
くらしのマーケットではエアコンクリーニング業者を明確な料金表と口コミで比較し、予約することができます。

関連記事

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る