エアコン掃除は自分で簡単に!プロとの掃除の違いも解説

自分でやる普段のエアコン掃除は家にある道具だけで30分で終わります!手順は簡単。めんどくさいエアコン掃除法だからこそ簡単がいいですよね!プロのエアコン掃除と違いも解説!どこからプロの手を借りるべきか?正しいエアコン掃除法を紹介します!

2021.3.2 更新
フィルターの汚れを掃除機で吸う

目次

  1. 1) 自分でやるエアコンの掃除の準備
  2. 2) 自分でやるエアコン掃除
  3.  2)-①エアコン フィルターの掃除
  4.  2)-②エアコン内部の掃除
  5.  2)-③前面パネルなどの拭き掃除
  6. 3) 市販のエアコンスプレーは使っていい?
  7. 4) プロのエアコン掃除と自分との違い
  8. 5) エアコン掃除のQ&A
  9. 6) エアコン掃除におすすめ道具
  10. 7) 年に1回はプロのエアコン掃除!

動画でわかる!エアコン掃除のやり方

1)自分でやるエアコンの掃除の準備

早速、エアコン掃除の準備を始めていきましょう。

【自分でやるエアコン掃除の道具】

エアコン掃除に必要なもの

自分でやる普段のエアコン掃除は、自宅にある道具を活用して、簡単に済ませればOKです。

  • 掃除機
  • 使い古しの歯ブラシ
  • タオル
  • ハイディータイプのモップ
  • 雑巾(または着なくなったTシャツを切った古布)

【フロントパネルを開ける】

エアコンのフロントパネルを開けてみましょう。

    ①電源プラグを抜く

    エアコンの電源プラグを抜く

    はじめに、掃除中の感電や誤作動による事故を防ぐため、エアコン掃除前には、電源ボタンだけでなく、必ず、電源プラグをコンセントから抜きます

    ②エアコンのフロントパネルを開ける

    エアコンのフロントパネルを開ける

    上記①の写真の人物の手がかかっている付近、エアコンのパネルの両サイドにボタン(ロック解除ボタン)があるので、解除ボタンを押して、前面パネルを開けます

    ③フロントパネルを上まで持ち上げる

    エアコンのフロントパネルを上まで開ける

    バキッという音がするときがありますが、力を入れすぎないように、優しく丁寧に押し上げれば大丈夫です

    パネルが上の方でカチッといったら、そこがパネルの上限です。ゆっくり手をはなし、パネルが上で止まっていればOK。

2) 自分でやるエアコン掃除法

所要時間約30分

自分でやるエアコン掃除で、掃除できる箇所は、下記の3つ。これだけでも、エアコンの電気効率をあげる効果があり、エアコンの効きが良くなります。

①エアコン フィルターの掃除

②エアコン内部の掃除

③前面パネルなどの拭き掃除

2)-①エアコン フィルターの掃除

エアコン掃除のファーストステップは、フィルターの掃除です。

  1. エアコンのフィルターを外す
  2. エアコンのフィルターを外す

    フィルターのつまみを持ちながら、フィルターの形にそうようにゆっくりと引き出します。

    ※機種によって、エアコン上部にもフィルターがあるなどメーカーや機種によって仕様が異なることがあります。

  3. フィルターに掃除機をかける
  4. エアコンのフィルターに掃除機をかける

    エアコンのフィルターに掃除機をかけて大きなホコリを除去します。

    その際、エアコンのフィルターのオモテ側(エアコンの吹き出し側)から掃除機をかけるというのが、ホコリを掃除しやすくするポイントです。

  5. フィルターを水洗いする
  6. エアコンのフィルターを水で洗う

    フィルターを水洗いする時のポイントは、ウラ面から水を当てるということ。その方が、水の流れが良くなり、汚れが一気に落ちます

  7. 残ったホコリを歯ブラシで落とす
  8. エアコンフィルターを歯ブラシでこする

    細かい部分や目地、絡みついたホコリや汚れには、柔らかめの古い歯ブラシを使って洗い流します。

    ※この時、強くゴシゴシすると、フィルターが変形したり、破れることもあるので、優しく丁寧に行いましょう。

  9. フィルターの水気を乾燥させる
  10. エアコンフィルターを乾燥させる

    キレイなタオルでフィルターの水気を軽く取ったら、室内の風通しが良いところや直射日光を避けた屋外などで干しましょう。

    湿気が残ったまま戻すと、臭いやカビ発生の原因になります。半日〜1日かけて完全に乾燥させることがポイントです!

    2)-②エアコン内部の掃除

    次のエアコン掃除の手順は、エアコン内部の掃除です。

  11. エアコン内部や吹き出し口の掃除
  12. エアコン内部をワイパーで掃除

    フィルターを乾かしている間に、エアコン内部の掃除をします。

    その時のおすすめ掃除道具は、市販のクイックルワイパーハンディ!

    手元が伸びて、毛先もしなやかに曲がるから、高いところや見えない箇所も楽に掃除できます。100均一の掃除棒の中にも似たような製品があり、おすすめです。

  13. 熱交換器のホコリは掃除機で
  14. エアコンの冷却フィンのホコリを掃除機で吸い取る

    フィルターの奥にある熱交換器(冷却フィン)を掃除します。

    ハイディモップで取りきれないホコリがある場合は、掃除機をかけるか、雑巾で乾拭きします

    ※この部分は非常にデリケートで壊れやすい部品なので、無理な掃除や水拭きは禁物です。

    2)-③ 前面パネルなどの拭き掃除

    最後に、前面パネルなどプラスチック部分をきれいに掃除します。

  15. フロントパネルの掃除
  16. エアコンを拭き掃除する

    エアコンの上側やサイド、フロントパネルの裏側など、水拭きできるホコリや汚れを掃除します。

    水を固く絞った掃除用クロスで、丁寧に水拭きします

    この際、洗剤の塗布は故障の原因にもなるのでNG。水で落ちにくい場合は、ぬるま湯を使用してみましょう。

  17. 乾いた部品を元に戻して完了
  18. エアコンフィルターなどが、しっかり乾いたのを確認したら、元に戻して完了です!

    お疲れ様でした!

3) 市販のエアコンスプレーは使っていい?

エアコンスプレーの使用はNG

市販のエアコンスプレーを使った掃除は、おすすめしません。

それは、エアコン内部は、とてもデリケートな素材でできているため、無理に奥まで掃除したり、プロの掃除事業者のイメージで、市販のエアコンスプレーや高圧洗浄機で掃除して、故障や破損させてしまうケースが非常に多いからです。

エアコン内部の汚れやカビ、臭いが気になったら、プロの事業者によるエアコン掃除を検討しましょう。

▼参考:エアコンクリーニングとは?その効果をプロに教わりました。

エアコンクリーニングとは?効果を解説

4) プロのエアコン掃除と自分との違い

プロの事業者のエアコン掃除風景

  1. プロだけのエアコン内部洗浄
  2. エアコンの内部を洗浄できるのエアコン掃除用のスプレーもありますが、プロとの最大の違いは、スプレーした後なんです!

    私たちはスプレーしたらそのままですが、プロは、事業者専用のエアコン掃除スプレーをした後に、高圧洗浄機などで、汚れはもちろん、汚れた洗剤液ごと、キレイに洗い流すことができます

    ※そこで出る汚水は、どこの家のエアコンも真っ黒です ↓。

    エアコン掃除で出た汚水
  3. プロだけの道具
  4. エアコン掃除はプロの事業者だけが使える高圧洗浄などの掃除道具、プロ用洗剤があります。

  5. プロならではの技術
  6. エアコンは、精密な機械なので、自分で分解掃除するのはNG!プロの技術と知識があるからできる徹底掃除が可能です。

    ▼参考:プロのエアコン掃除の作業内容・料金などを詳しく解説しています。

    プロの事業者のエアコンクリーニングの効果を解説

    5)エアコン掃除のQ&A

    エアコン掃除のおすすめ頻度や汚れ・カビの予防法を解説します。

    5)-1 エアコン掃除のおすすめ頻度は?

    カビ予防法
    エアコンの使用時期 エアコンの掃除頻度
    夏場 2週間に1度はフィルター掃除
    冬場 2週間に1度はフィルター掃除
    使用頻度が少ない時期 1ヶ月に1〜2回
    内部の汚れが気になる場合 1年に1回、プロの分解洗浄がおすすめ

    エアコン掃除のおすすめ頻度は、だいたい2週間に1回が理想

    特に、夏や冬は毎日使う物だけに、面倒でもできる範囲でお掃除することで、汚れだけでなく、内部のカビを予防する効果も期待できます。

    エアコン内部カビは、完全に防ぐことは難しいですが、イラストで紹介したポイントも合わせて実践していくことで、増殖を予防することは可能です。

    ▼参考:エアコン内部のカビの予防法を詳しく解説しています。

    エアコンのカビ予防

    5)-2 お掃除機能つきエアコンも掃除が必要?

    カビ予防法

    お掃除機能付きのエアコンも、実は、フィルター以外の場所に汚れが溜まることは防げません。

    それゆえ、通常のエアコンと同様に、定期的なフィルター掃除、自動の掃除機能で溜まった掃除ボックスの掃除、プロの事業者によるエアコン内部のクリーニングが必須です

    5)-3 室外機のトラブルも機能低下する?

    エアコンの効きが悪い、掃除しても改善しない、外で異音がするという場合は、室外機をチェックしましょう。

    室外機やホースに汚れや異物がつまっている場合、エアコン機能が低下することがあります。

    自分で対応が難しい様子なら、エアコン掃除の事業者やメーカーに相談するのが◎。

    6) エアコン掃除におすすめ道具

    ①クイックルワイパーハンディ

    エアコンの送風口付近はもちろん、手元を伸ばせばエアコンの上の部分の掃除も簡単にできます!

    【クイックルワイパー ハンディ 伸び縮みタイプ】
    伸び縮みできて先が曲がるから掃除しやすい!

    ②サンコーブラシ エアコンすきまの汚れ落とし

    エアコンの送風口にもしなってフィットするから、無理なく気になるところまで掃除できるおすすめ掃除道具です。

    【サンコー ブラシ エアコンすきまの汚れ落とし】
    エアコンの送風口にうまくフィットして汚れやホコリがごっそり取れる

    エアコンの汚れやカビを予防するコツは、こまめな掃除や日頃の換気です。

    そうは言っても、なかなか忙しくて、どうしても本格的な掃除ができない時は、便利な簡単掃除グッズを使って、できるところだけでも掃除しましょう。それだけでも、効果は期待できます!

    7) 年に1回はプロのエアコン掃除!

    エアコン掃除は、面倒と思いがちですが、いざやってみると、家にある道具で意外に簡単にできます。

    でも、エアコン内部に溜まった汚れやカビは、残念ながら、自分で掃除することはできません。

    日頃の掃除は自分で頑張りつつも、自分や家族が暮らす空気を送り出すエアコンだからこそ、年に一度を目標に、プロによるエアコン掃除についても検討してみましょう。

    プロのエアコンクリーニングに興味を感じたら、まずは気軽に、エアコンクリーニングの口コミだけでも覗いてみましょう!

    くらまくんロゴ

    くらしのマーケットは、ハウスクリーニング・引越し・不用品回収など、200種以上の暮らしのサービスをオンラインで予約できる、日本最大級のサービス比較サイトです。

    くらしのマーケットの安心・安全

    徹底した品質管理と万が一の際の保証制度!

    ⇒詳しくはこちら

    もう一度使いたいサービスNo.1

    「人」で選べる。「相場」がわかる。「なんでも」頼める。

    ⇒詳しくはこちら

    最大1億円補償制度

    くらしのマーケット独自の損害賠償補償制度です。

    ⇒詳しくはこちら

    サービスカテゴリ一覧を見てみる

    ※サービス比較や口コミ閲覧に会員登録は必要ありません

  • lineで送る

関連記事

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る