自分で簡単にできるエアコン掃除!プロのやり方も写真つきで解説

自分でできるエアコン掃除の方法と、プロによるエアコン分解洗浄の様子をご紹介。エアコン掃除に必要な道具やおすすめのスプレー、掃除頻度や室外機の掃除についての疑問にもお答えします!

2019.4.19 更新
エアコンを掃除する女性

一年を通して使用頻度の高いエアコンは、汚れが溜まりやすい家電の一つ。

内部に溜まったホコリ汚れやカビは、喘息やアレルギー疾患の要因になりやすいだけでなく、余計な電力の消費や、気になる臭いの原因にも。

小さいお子さんやご高齢の方がいらっしゃるご家庭は特に、定期的なエアコン掃除をおすすめします。

目次

  1. 1)エアコンの汚れ・臭いの原因
  2. 2)カビが引き起こす健康被害
  3. 3)自分で掃除するかプロに頼むか
  4.  3-1)お掃除機能付エアコンは掃除不要?
  5.  3-2)室外機の掃除は必要?
  6. 4)エアコンの掃除頻度
  7. 5)エアコン掃除に必要な道具
  8.  5-1)洗浄スプレーの種類
  9.  5-2)おすすめの洗浄スプレー
  10. 6)エアコンの掃除方法
  11.  6-1)養生シートの作り方
  12.  6-2)フィルターの外し方
  13.  6-3)フィルターの掃除方法
  14.  6-4)冷却フィン・ファンの掃除方法
  15.  6-5)掃除の仕上げ
  16. 7)プロのエアコンクリーニングとは
  17.  7-1)エアコンクリーニングの料金・所要時間
  18.  7-2)エアコンクリーニングのよくある質問
  19. 8)写真で見るエアコンの分解洗浄
  20. 9)おすすめのエアコンクリーニングサービス
  21. 10)併せて読みたい関連記事

1)エアコンの汚れ・臭いの原因

汚れたエアコンのイラスト

エアコンの汚れや臭いの原因は、エアコン内部に発生したカビです。カビの胞子は常に空気中に浮遊しており、温度・湿度・栄養分という3つの条件が揃った場所で繁殖を始めます。

エアコンの中は温度変化が少なく、空気中のホコリがフィルターに溜まったり、冷房時には内部に結露が発生したりするため、カビ菌にとっては絶好の繁殖スポットなのです。

エアコンと食べ物のイラスト

2)カビが引き起こす健康被害

注意しなければならないのは、カビ菌が引き起こす健康被害。エアコン内部から室内に吐き出された カビの胞子を吸い込むことで、アレルギーや肺炎を引き起こしてしまう可能性があります。

夏になると咳が出る「夏型過敏性肺炎」も、カビが要因となる健康被害の一つ。免疫の低い乳幼児や高齢者、アレルギー体質の人は特に注意が必要です。日常的にフィルターを掃除したり、最低でも年に一度はエアコンクリーニングを依頼しましょう。

3)自分で掃除するかプロに頼むか

首をかしげる女性

エアコンのカビや臭いを完全に取り除くには、エアコンを分解し、本体の奥や細かいパーツに至るまで丁寧に掃除する必要があります。

しかし、自分で完全にきれいにできるのは、取り外しが可能なフィルターと、手の届く範囲の汚れのみ奥まで汚れが見える場合や、何年も掃除していないという場合はプロに分解洗浄を依頼したほうが良いでしょう。

分解洗浄をしたあとであれば、普段のお手入れとしてフィルターの掃除や市販の洗浄スプレーを使った掃除は効果的です。

※注意※
構造が複雑なエアコンを独自に分解するのは故障の原因にもなり危険なため避けてください。

3-1)お掃除機能付エアコンは掃除不要?

エアコンのリモコンに「手動掃除」や「フィルタ掃除」などのボタンが付いている、もしくは液晶画面のメニューで「お掃除」が選択できるエアコンは、お掃除機能付きエアコンです。

お掃除機能の仕組みで多いのは、フィルター上部に設置されたブラシがフィルターのホコリをこすり取り、集めたホコリを屋外もしくはダストボックスへと排出してくれるというもの。

フィルター部分のホコリはある程度きれいになりますが、フィルター以外の場所に汚れが溜まるのを防ぐことはできないため、通常のエアコンと同様に定期的な掃除・プロのクリーニングが必要です。

3-2)室外機の掃除は必要?

室外機は室内の熱を外に逃がす役割があり、エアコンの心臓とも言える機械です。枯れ葉やゴミなどによって室外機のアルミファン部分が詰まってしまうと、風量が低下しエアコンの効きが悪くなったり、余計な電力を消費してしまったりします。

「ブーン」という音が普段より大きい、または「カラカラ」「コンコン」など異物が入っているような異音がする場合は、室外機に汚れもしくは異物が詰まっている可能性があります。

手の届く範囲であれば自分で取り除くか、難しいようであればエアコンクリーニングと一緒に室外機の掃除を依頼するのがおすすめです。

室外機

4)エアコンの掃除頻度

使用頻度や使用時間が長くなる夏や冬は、2週間に一度を目安にフィルターの掃除をしましょう。使用頻度や時間が少ない時期は、1〜2ヶ月に一度で十分です。

使用頻度が上がる夏や冬は、汚れが溜まりやすく黒カビや臭いが発生しやすくなります。1年に1度はプロの分解洗浄を依頼し、隅々まで汚れを落とすようにしましょう。

5)エアコン掃除に必要な道具

掃除道具のイラスト
  • エアコン洗浄スプレー
  • ペットボトル用加圧式スプレーノズル
  • 柔らかいブラシまたは歯ブラシ
  • ゴミ袋(45L)3〜4枚
  • 新聞紙 数枚
  • 汚れてもいいタオル
  • ガムテープ
  • はさみ

「ペットボトル用加圧式スプレーノズル」は、ペットボトルに取り付けるだけで、噴射する水の水圧を強くすることができる道具です。100円ショップもしくはネットショップなどでも1,000円以下で購入できます。

5-1)洗浄スプレーの種類

冷却フィン(※1)用のスプレーは洗い流さないタイプが多く、ファン(※2)用のスプレーは、ムース状の洗浄スプレーと、洗い流すためのリンス液スプレーの2本セットで販売されています。

※1:フィルターの奥にある金属部分
※2:送風口の奥にある筒のようなパーツ

5-2)おすすめの洗浄スプレー

市販されているエアコン洗浄スプレーに多いのは、界面活性剤・除菌剤・防カビ剤・消臭剤・香料などが含まれているものです。

汚れや臭いを落とす成分が多く含まれているほうが効果がありそうに感じますが、洗い流さないタイプのスプレーはエアコン内部に洗浄液が残るため、新たな汚れの原因になってしまう恐れがあります。

一時的に臭いを抑えたり、多少の汚れを落とす効果はありますが、やはり洗浄液をしっかり洗い流すことができないので、時間が経つと臭いが復活してしまったりして、充分にきれいになるとは言えないですね……。
(下北ハウスクリーニング店長 穂積さん)

おすすめのエアコン洗浄スプレーは、水を電気分解させてアルカリ性にした「アルカリ電解水」の洗浄スプレー。界面活性剤などが入っていないため、洗い流しが不要です。

ジェット噴射ができるスプレーであれば、こびりついた汚れも落ちやすくおすすめです。電解水だけでも防臭・除菌効果がありますが、抗菌剤が含まれているものであればより効果的です。

6)エアコンの掃除方法

6-1)養生シートの作り方

エアコンのまわりを汚さないよう、エアコンの掃除を始める前に、エアコン本体に取り付ける養生シートを作りましょう。養生シートは、45Lのゴミ袋1枚で簡単に作ることができます。

養生シートの作り方
  1. ゴミ袋を平らに広げる
  2. 袋の口の右端から底に向かって切り込みを入れる
  3. 切り口を左右に広げる
  4. 袋の口部分をピンと一直線に張る
  5. エアコン本体の下側にガムテープで固定する

※液体の重みでゴミ袋が落ちてしまわないように、しっかりと貼り付けてください。

エアコンの近くにある家具やカーペットなどは、できる限り移動させておきましょう。動かせない家具や床には新聞紙やビニール袋を被せておくと安心です。

6-2)フィルターの外し方

  1. エアコンパネルの両端についているロック解除ボタンを押してパネルを上げます
  2. パネルの両端に手をかける パネルを上に上げる
  3. つまみを持ちながらフィルターを引き出します
  4. フィルター中央のつまみをつまむ フィルターを引き出す
  5. 取り付けるときは、上下を間違えないよう、エアコン上部にフィルターを差し込みます。
  6. フィルターを差し込む

6-3)フィルターの掃除方法

  1. オモテ面→ウラ面の順に掃除機をかける
  2. ウラ面からオモテ面に向けて水を流す
  3. 汚れを歯ブラシなどで優しくこする(※1)
  4. 汚れがひどい場合は浸け置きをする(※2)
  5. 汚れをすすぎ清潔なタオルで水気を拭き取る
  6. 陰干しして完全に乾燥させる

※1:フィルターの変形を防ぐため、固いブラシの使用や強い力でこすることは避けてください。

※2:油汚れやタバコのヤニでベタベタしている場合は、台所用洗剤・セスキ炭酸ソーダ・重曹のいずれかを溶かしたぬるま湯に浸け置きをしてください。

6-4)冷却フィン・ファンの掃除方法

冷却フィン:フィルターの奥にある金属部分
ファン:送風口の奥にある筒のようなパーツ

  1. 冷却フィンの表面のホコリを掃除機で吸い取る
  2. 水で濡らし固く絞ったタオルで汚れを拭き取る
  3. ファンに洗浄ムースを吹き付ける
  4. ファンを回しながらムースを全体に馴染ませる
  5. 冷却フィンにスプレーを吹きかける
  6. 15〜30分ほど時間を置く
  7. ファンにリンス液スプレーを吹きかける
  8. ペットボトルに水を入れ加圧式ノズルを付ける
  9. 冷却フィン・ファンについて洗浄液を洗い流す(※1)

※1:アルカリ電解水の場合は洗い流し不要です。

6-5)掃除の仕上げ

  1. 送風口にタオルを当て「送風」運転をして水気を飛ばす
  2. 手が届く範囲と、ルーバー(※1)の水気をタオルで拭き取る
  3. 乾かしたフィルターを取り付ける
  4. 30分ほど「送風」または「ドライ」運転をする

※1:風の向きを変える平べったい板のような部品

7)プロのエアコンクリーニングとは

プロのエアコンクリーニングとは、高圧洗浄機やスチームクリーナーなどの専用機器を使用して、エアコンの各パーツや内部の奥の汚れまで徹底洗浄するクリーニングのことです。

プロに聞く!エアコンクリーニングのメリット

エアコンクリーニングは、汚れやカビ、ニオイの元を清掃・除去します。清潔感のある気持ちの良い空気が出るようになり、ファンに溜まっていたホコリなども除去されるので「冷暖房効率・省エネ性能」が格段にアップします! 一年に一度はされた方がいいですね。

エアコンの前で万歳する女性

7-1)エアコンクリーニングの料金・所要時間

料金相場

壁掛けタイプ1台:7,000円~11,000円

※お掃除機能付きエアコンは事業者により料金が異なる場合や、対応不可の場合があります。
※2台目以降が割引料金になったり、防カビ・抗菌コートを無料で実施している事業者もあるので上手く利用するのがおすすめ!

所要時間

所要時間目安:60分~90分

7-2)エアコンクリーニングのよくある質問



Q作業前に準備しておくことはある?
Aエアコン下に2畳(180cm×180cm)ほどのスペースを確保できればOK。そこにブルーシートを敷いて道具を置き作業します。ベッドや棚など家具がある場合は、予め移動しておくとスムーズです。また、エアコン本体から外したパーツを洗浄するために、お風呂場やベランダなど水が使える場所も必要です。
Q室外機の洗浄はしたほうがいい?
A室外機はエアコンの心臓と言えます。室内の熱を逃がすのが室外機なので、正常に作動していないとエアコンの効きが悪くなります。室外機のアルミファンに汚れやゴミが詰まると故障の原因になったり、電気代が高くなってしまうので洗浄(1台4,000円)をおすすめしています。
Q作業中に大きな音はするの?
A高圧洗浄機の動作音は多少音を発します。音が気になる場合は事前にご相談いただければ、使用機器等を調整いたします。
Q浄水器付きの水道でも大丈夫ですか?
Aシンクに置いたバケツに水を溜めて汲み取る「汲み取り式」や、タンクに水を溜める「タンク式」の高圧洗浄機もあるので、どんな蛇口でも大丈夫です。

8)写真で見るエアコンの分解洗浄

  1. 1動作・不具合確認
  2. 2分解、養生
  3. 3部品洗浄
  4. 4本体洗浄
  5. 5乾燥
  6. 6部品取り付け、動作確認

①動作・不具合確認

動作確認をする事業者の写真

まずはエアコンが正常に動くか、普段使っていて気になることがないか、お客様へヒアリングを行います。取り扱いを間違わないよう、メーカーや機種、お掃除機能付きかどうかもチェック。

異常がなければエアコンの電源を切りコンセントを抜いて、高圧洗浄機を準備します。

高圧洗浄機 高圧洗浄機のホース

高圧洗浄機はキッチンの側に設置。使用する水は、キッチンの水道から引っ張ってきますが、シンクに置いたバケツに水を溜めて汲み取るので、浄水器が付いている水道でも問題ありません。

水を汲み取るホース

②分解、養生

分解

本体のパネルやフィルターなど、取り外せる部品を外していきます。

本体カバーを取り外す事業者の写真

取り出したフィルターやカバーにはホコリがたくさん付着していました!

ホコリで汚れているフィルター 本体カバーについたホコリ

本体の送風口には黄色い油汚れも付着しています。手前のフチの溝には黒い点々とした黒カビも...…。

エアコンの送風口についた油汚れ ドレンパンについた黒カビ

依頼者の声

2年前に引越してきてから一度も掃除をしていないんです。最近エアコンが臭うなと思っていましたが、こんなに汚れていたなんて…...。

養生

本体右側にあるセンサー・電子基板・モーターなどの大事な電装部が濡れないよう、タオルを当てて固定し、まわりの壁が汚れないようエアコン専用の養生シートを取り付けます。

養生をしたエアコン

さらに、洗浄時に出てくる汚水をエアコン下に設置するバケツに溜めるための、「ホッパー」と呼ばれる洗浄シートを取り付けて養生は完了です。

洗浄シートを取り付けた様子

③部品洗浄

まずはエアコン本体にまんべんなく洗剤を吹き付けます。今回は油汚れや黒カビなど、酸性の汚れに効果のある、アルカリ性のオーガニック洗剤を使用。

このオーガニック洗剤は、植物性の原料から作られた洗剤で刺激臭や危険性もないため、妊娠中の方や乳幼児にも安心安全です!

全体に行き渡ったら、洗剤が汚れに浸透するまでしばらく時間を置きます。

洗剤を吹きかける事業者 洗剤をつけたエアコン

洗剤を浸透させている間に、本体から外したフィルター・ルーバー・カバーなどの部品を洗浄。ベランダやお風呂場、庭など水を使用しても大丈夫な場所にブルーシートを敷き、高圧洗浄機で洗っていきます。

汚れをざっと流してから洗剤をつけ、傷つけないよう柔らかい刷毛で汚れをとっていきます。細かいところは小さなブラシで洗うなど、隅から隅までしっかりと丁寧に。

各部品を丁寧に洗ったら、再度高圧洗浄機を使用し洗剤と汚れを落とします。

専用の刷毛でフィルターを洗う写真 高圧洗浄機で洗剤と汚れを落とす写真

ビフォーアフター

各パーツのビフォーアフターは一目瞭然!

エアコンフィルターの洗浄ビフォーアフター 本体カバーの洗浄ビフォーアフター

依頼者の声

洗浄後のフィルターは見違えるほど汚れが落ちていてビックリ!自分で叩いたり掃除機を使うより断然きれいになりますね!

④本体洗浄

洗った部品を乾かしている間に、エアコン本体も高圧洗浄機で汚れを落としていきます。エアコン内部を洗浄するときは、汚れが中で詰まらないように、バケツ1杯分(約6リットル)もの水で洗い流します。

汚れた水は上から下に流れるため、上から順に水をかけていき、すすぎ残しがないように数回上下させてしっかりと洗剤と汚れを落とします。

エアコン本体を高圧洗浄機できれいにする事業者

洗剤と汚れを含んだ汚水はホースを伝って下のバケツに。

汚水は真っ黒でしたが、家族の人数が多かったり使用頻度が高い場合だとさらに黒く、バケツの底に沈殿するほどの汚れが出るのだそう…...。

ビフォーアフター

熱交換器部分のホコリや黒カビ、油汚れもスッキリきれいに!

Before-After Before-After

細かいところまで汚れがすべて落ちています。隙間に入ったホコリやポツポツとあった黒カビもまったく見当たりません!

Before-After

⑤乾燥

本体の洗浄が終わったらエアコン回りの養生シートは外して、内部の水分を乾燥させるために電源を入れて、15分程暖房運転をします。

空回しで内部を乾燥

空回しのあとは、送風口や内部に残った水分をタオルで拭き取っていきます。

タオルで仕上げる 内部乾燥後の送風口

⑥部品取り付け、動作確認

乾かしたパーツを取り付け、暖房・冷房かきちんと作動するか、異常がないか動作確認をしてエアコンクリーニングは終了!

動作確認をする事業者 エアコンクリーニング完了

洗浄後のお願い

エアコンの洗浄後は暖房運転をしますが、完全には乾きません。作業後2時間程はエアコンを点けっぱなしにしておいてください。乾かないうちに電源を切ってしまうと、新たなカビが発生する原因になります!

依頼者の声

深呼吸したくなるほど出てくる風がきれい。スッキリ臭いもなくなりました!気温・湿度が高く暑い日でしたが、クリーニング後にエアコンをつけたらすぐ涼しくなり感動です!

9)おすすめのエアコンクリーニングサービス

今回、エアコンクリーニングを依頼したのは「アールクリーニング」店長の穂積さん。

店長の穂積さん

店長の穂積さん

エアコンをはじめ水回りや洗濯機、ベランダまで広くハウスクリーニングを手掛ける「アールクリーニング」。

高い技術力に加え、常にお客様の立場に立ったこだわりのサービスで多数の5つ星評価を獲得している店舗です。

妊娠中や小さなお子様がいても安心なオーガニック洗剤を使用するなど、お客様が不安に思うこと、疑問に思うことに真摯に向き合い、日々素晴らしいサービスを提供しています。

室内でも脱いだスリッパを都度揃えるなど、細かい礼儀にまでこだわる姿勢にプロを感じました。作業中は真剣ながらも、明るく気さくな人柄でとても話しやすかったです♪

アールクリーニングの詳しい店舗情報・サービスを見る

くらまくんロゴ

くらしのマーケットは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の暮らしのサービスをオンラインで予約できる、日本最大級のサービス比較サイトです。

くらしのマーケットが選ばれる理由

料金・サービス内容が明確

急な追加料金なし

店舗写真・口コミでしっかり比較

利用者評価に基づくランキングで安心

予約・質問はWEBで完結

万が一のための損害賠償補償あり


⇒はじめての方へ(わたしたちの想い)
⇒超簡単!サービス予約の流れ

人気のサービスカテゴリ

☆格安引越し
☆不用品回収
☆エアコンクリーニング
☆お風呂クリーニング
☆エアコン取り付け

⇒サービスカテゴリ一覧を見てみる
※サービス比較や口コミ閲覧に会員登録は必要ありません

10)併せて読みたい関連記事

エアコンの前で首をかしげる女性 エアコンからの音のイメージイラスト

関連記事

人気記事TOP5

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る