自分で簡単!エアコン掃除のやり方と、写真で見る業者の分解洗浄

自分で簡単にエアコン掃除をしたいという方に、エアコン掃除に必要な道具やおすすめのスプレー、フィルターやファンなどパーツごとの掃除方法をわかりやすく解説!カビが生える原因や、エアコン内部のカビ取りに効果的な、業者のエアコン掃除もご紹介。

エアコンを掃除する女性

一年を通して使用頻度の高いエアコンは、汚れが溜まりやすい家電の一つ。内部に溜まったホコリ汚れやカビは、喘息やアレルギー疾患の要因になりやすいだけでなく、余計な電力の消費や、気になる臭いの原因にも……。

小さいお子さんやご高齢の方がいらっしゃるご家庭は特に、定期的なエアコン掃除をおすすめします。

この記事でわかること

  • 自分でできるエアコン掃除の方法
  • おすすめのエアコン洗浄スプレー
  • エアコン掃除に必要なもの
  • エアコンにカビが生える原因
  • 業者のエアコンクリーニングの様子
  • エアコンクリーニングの料金相場


目次

1. エアコン掃除ってどこまで自分でできる?
  1-1. エアコン掃除用スプレーって効果ある?
  1-2. おすすめのエアコン掃除用スプレー
  1-3. エアコン掃除はどのぐらいの頻度ですべき?
2. エアコン掃除に必要な道具
  2-1. 養生シートの作り方
3. 簡単にできるエアコン掃除のやり方
  3-1. フィルターの外し方
  3-2. フィルターの掃除
  3-3. 冷却フィン(熱交換器)の掃除
  3-4. ファンの掃除
4. エアコンのカビ汚れに要注意!
  4-1. エアコンにカビが生える原因
  4-2. エアコンのカビ取りに困ったら
5. お掃除機能付きエアコンは掃除が不要?
6. 業者のエアコン掃除は何が違うの?
  6-1. 業者のエアコン掃除とは
  6-2. 1分でわかるエアコンクリーニング【動画】
  6-3. 料金相場・所要時間
  6-4. 依頼時に必要な準備は?
7. 写真で見る 業者のエアコン分解掃除
8. エアコン掃除業者の選び方
9. 関連記事(臭い・ガス漏れ・異音)


1. エアコン掃除ってどこまで自分でできる?

?マークと女性

業者に頼むとお金もかかるし、できることなら自分でやりたいと思う方も多いかもしれませんね。

しかし、結論から言うと、自宅で完全にきれいにできるのは、取り外しが可能なフィルターと手の届く範囲の汚れのみです。

黒カビや臭いの原因となる蓄積汚れを完全に取り除くには、エアコンを各パーツに分解し、それぞれの汚れを丁寧に落とす必要があります。

専門知識のない素人がエアコンを分解洗浄するのは難しくリスクも高いため、数年掃除していないという場合は、一度業者に隅々まで掃除してもらうのがおすすめ。

定期的な業者のクリーニングが行き届いている状態であれば、普段のお手入れとしてフィルターの水洗いやスプレーを使った掃除は有効です。

<おすすめの関連記事>

画像の説明文

1-1. エアコン掃除用スプレーって効果ある?

安価で手に入り、使用方法も簡単なエアコン掃除用スプレーですが、気になるのはその効果ですよね。エアコンクリーニング業者「下北ハウスクリーニング」店長の穂積さんに聞いてみました。

一時的に臭いを抑えたり、多少の汚れを落とす効果はありますが、やはり洗浄液をしっかり洗い流すことができないので、時間が経つと臭いが復活してしまったりして、充分にきれいになるとは言えないですね……

通常、汚れを落とすには、洗剤で汚れを中和・分解させて洗い流す、もしくは拭き取る必要があります。

しかし、洗い流さないタイプのスプレーでは、汚れや洗浄液がエアコン内に残ったままになるため、汚れがつきやすくなったり、新たなカビが発生する原因になることも……。

洗浄スプレーを使用したあとは、たっぷりの水で洗い流すようにするか、有害な成分を含まないスプレーを使うのが安心です。


1-2. おすすめのエアコン掃除用スプレー

市販されているエアコン掃除用のスプレーで多いのは、界面活性剤や除菌剤、防カビ剤、消臭剤、香料などが添加されたもの。

冷却フィン(フィルターの奥にある金属部分)を洗浄するスプレーは、洗い流さないタイプが多く、ファン(送風口の奥にある筒のような部分)を洗浄するスプレーは、ムース状の洗浄液スプレーと、洗い流すためのリンス液のスプレーが2本セットになっています。

汚れを落とす成分が多く添加されている方が効果がありそうに感じますが、前項で説明したように、洗浄成分がエアコン内部に残ったままになると、新たな汚れの原因になる恐れがあります。

一番のおすすめは、「アルカリ電解水」の洗浄スプレー。水を電気分解させてアルカリ性にした洗浄液で、無味無臭かつ界面活性剤などの成分も入っていないため、洗い流しが不要です。

ジェット噴射ができるスプレーであれば、こびりついた汚れも落としやすいですね。電解水だけでも防臭・除菌効果がありますが、抗菌剤が添加されているスプレーであればより効果的です。


1-3. エアコン掃除はどのぐらいの頻度ですべき?

ご自宅で簡単にできるフィルターの掃除は、毎日8時間以上エアコンを使う場合は2週間に一度、それより使用頻度が少ない方は1〜2ヶ月に一度を目安に行うのが良いでしょう。

フィルター以外の場所は、エアコンのパネルを外して目に見える汚れが気になったときや、エアコンからの臭いが気になったときなど、必要に応じてこまめに掃除する必要があります。

ただ、ご家庭での掃除だけではどうしても落としきれない汚れも溜まっていってしまうので、定期的なお手入れに加えて、年に一度は専門のエアコンクリーニング業者に徹底洗浄してもらうと安心です。

業者のエアコン掃除なら、エアコンのパーツを分解した上でしっかりと丸洗いしてもらえるので、臭いの原因となるカビ汚れも一掃できますよ!


2. エアコン掃除に必要な道具

  • やわらかいブラシもしくは古い歯ブラシ
  • エアコン掃除用スプレー
  • 大きいゴミ袋(45リットル)3〜4枚
  • 新聞紙
  • 汚れてもいいタオル
  • ガムテープ


2-1. 養生シートの作り方

エアコン内部に洗浄スプレーをしたり、水で洗い流しをする場合は、エアコンから汚水が流れ出すため、付近を汚さないよう養生シートを取り付けましょう。養生シートは45リットルのゴミ袋で簡単に作ることができます。

養生シートの作り方

  1. ゴミ袋の端に、袋の口から底に向かって切り込みを入れる
  2. Uの字になった切り口を左右に広げる
  3. ピンと直線になった緑色の部分を、エアコンの下にガムテープで固定する

液体の重みでゴミ袋がはがれ落ちないように、しっかりと貼り付けてください。

真下にベッドなどの家具やカーペットがある場合は、できる限り移動させておきましょう。動かせない家具の上や、床には新聞紙やビニール袋などを敷いておくと安心です。

3. 簡単にできるエアコン掃除のやり方

エアコンのパーツ別に掃除方法をご紹介していきます。

3-1. フィルターの外し方

  1. エアコンパネルの両端についているロック解除ボタンを押してパネルを上げます
  2. パネルの両端に手をかける パネルを上に上げる
  3. つまみを持ちながらフィルターを引き出します
  4. フィルター中央のつまみをつまむ フィルターを引き出す
  5. 取り付けるときは、上下を間違えないよう、エアコン上部にフィルターを差し込みます。
  6. フィルターを差し込む

3-2. フィルターの掃除

  1. 目詰まりを防ぐためオモテ面→ウラ面の順に掃除機をかける
  2. ウラ面→オモテ面に向けてシャワーで水を流す
  3. 汚れが気になる箇所を歯ブラシなどで優しくこすり洗いする

取り外したフィルター

油煙やタバコの煙などでベタベタしている場合は、少量の台所用洗剤やセスキ炭酸ソーダ、もしくは重曹を溶かしたぬるま湯に浸け置きをし、ぬるま湯で流して汚れを取ります。

固いブラシやたわしなどを使用するとフィルターが変形してしまうため、柔らかいブラシを使い優しくこするようにしてください。

洗ったフィルターは、清潔なタオルで水気を拭き取り、陰干しして完全に乾燥させます。フィルターが濡れていると新たなカビが発生する原因になるため、完全に乾燥させてください。


3-3. 冷却フィン(熱交換器)の掃除

フィルターの奥にある金属部分の掃除には、冷却フィン(熱交換器)用の洗浄スプレーを用意してください。

冷却フィン

1-2で紹介したアルカリ電解水の洗浄スプレーがおすすめです。

スプレーを使用する前に、フィンの表面に付着しているホコリやゴミを掃除機で吸い取り、水に濡らして固く絞ったタオルで汚れを拭き取っておきましょう。

スプレー缶に記載されている使用方法に従ってフィンに洗浄液を噴きかけていきます。噴きかけた洗浄液は汚れと一緒に排水管を通って排水されます。

アルカリ電解水以外の洗い流さない洗浄スプレーの場合は、洗浄液が内部に残らないよう、スプレーボトルなどを使ってたっぷりの水で洗い流すことをおすすめします。


3-4. ファンの掃除

エアコンの送風口の奥にある筒のようなパーツがファン。ファン用のスプレーは、汚れを落とす洗浄用のムーススプレーと、洗い流し用のリンス液スプレーが2本セットになっているものが市販されています。

スプレー缶に記載されている使用方法に従って、ファンに洗浄ムースを吹き付けていきます。まんべんなく泡を馴染ませられるよう、ファンを回しながら全体に吹き付けましょう。

15〜30分程放置して汚れが浮いたら、リンス液で泡と汚れを洗い流します。そのあと、スプレーボトルなどを使ってたっぷりの水で洗い流すようにしましょう。

洗浄液を充分に洗い流せたら、送風口にタオルを当て送風運転をして水気を飛ばします。最後に、手が届く部分と風の向きを変えるルーバー部分の水気をタオルで拭き取ります。

※注意※
掃除が終わったら、フィルターやパネルを元の位置に取り付け、エアコンの内部に水気が残らないよう、30分程「送風」もしくは「ドライ」運転をして内部を充分に乾燥させてください。水気が残っていると、内部の湿度が高くなりカビが発生する原因になります。


4. エアコンのカビ汚れに要注意!

エアコン内部の汚れでもっとも気をつけなくてはならないのが「カビ」。エアコンの中でカビ菌が繁殖してしまうと、送風と一緒にカビの胞子が室内に吐き出され、空気中に漂います。

このカビの胞子を吸い込むと、アレルギーや肺炎を引き起こす可能性があるため、免疫の低い乳幼児や高齢者、アレルギー体質の方は特に注意が必要です。

夏になると咳が出る夏型過敏性肺炎も、エアコン内で発生したカビ菌が要因となる健康被害の一つです。


4-1. エアコンにカビが生える原因

カビの繁殖条件は、「温度」「湿度」「栄養分」の3つ。

温度変化が少なく、結露などにより水分が発生し、栄養分となる汚れも溜まりやすいエアコン内部は、まさにカビ菌の繁殖スポットと言えます。

冷房時は特に、エアコン内部に結露が発生するため湿度が上がりやすいですが、冬場でも加湿器の使用や洗濯物の室内干しなどにより、エアコン内部が湿気てしまうことも。汚れと水分が合わさるとカビ菌が繁殖し、これが臭いの原因にもなります。


4-2. エアコンのカビ取りに困ったら

エアコンのパネルを開けて中を見てみたら、奥まで黒カビが……!という場合、フィルターの掃除や、市販のスプレーを使った掃除だけでは汚れを落としきれません。

構造が複雑なエアコンを独自に分解して掃除するのは、故障の原因にもなり危険なため、奥まで汚れが見える場合は、エアコン掃除の業者に分解洗浄を依頼しましょう。

業者のエアコンクリーニングなら、細かいパーツはすべて外して丸洗い、そして本体部分も、高圧洗浄機などの業務用洗浄道具で、徹底的に汚れを落としてくれます。

「こんなに汚れてたの!?」というぐらい真っ黒な汚水が出ることも少なくありません。汚れを放置して新たなカビ菌を発生させないためにも、黒カビが見えたら一度業者に徹底洗浄してもらうのがおすすめです。


5. お掃除機能付きエアコンは掃除が不要?

ご自宅のリモコンに「手動掃除」や「フィルタ掃除」などのお掃除ボタンが付いている、もしくは液晶画面のメニュー表示で「お掃除」が選択できる場合は、お掃除機能付きのエアコンです。

お掃除機能と聞くとお掃除がいらないように思いますが、多くの機種でこのお掃除機能がきれいにしてくれるのは、フィルター部分のみ。ファンやその他内部のパーツにはもちろん汚れが溜まります。

お掃除機能の仕組みで多いのは、フィルター上部に設置されたブラシがフィルターのホコリをこすり取り、集めたホコリを室外へ排出、もしくはダストボックスへと回収してくれるというもの。

ある程度のホコリは回収されますが、細かい塵やホコリが内部に溜まったり、フィルター以外の場所に汚れが溜まるのを防ぐことはできません。

実際、お掃除機能付きでも、数年使用し続けると通常のエアコンと同じように、内部のあらゆる場所に汚れが溜まっていきます。お掃除機能付きかどうかに関わらず、定期的なクリーニングは必要です。


6. 業者のエアコン掃除は何が違うの?

6-1. 業者のエアコン掃除とは

業者のエアコンクリーニングとは、高圧洗浄機やスチームクリーナーなどの専用機器を使用して、フィルターなどの各パーツや、エアコン内部の奥の汚れまで徹底洗浄するクリーニングのことです。



プロに聞く!エアコンクリーニングのメリット

エアコンクリーニングは、汚れやカビ、ニオイの元を清掃・除去します。清潔感のある気持ちの良い空気が出るようになり、ファンに溜まっていたホコリなども除去されるので「冷暖房効率・省エネ性能」が格段にアップします! 一年に一度はされた方がいいですね。

<おすすめの関連記事>

エアコンの前で万歳する女性

6-2. 1分でわかるエアコンクリーニング【動画】

60分〜90分かかるエアコンクリーニングを1分間にまとめました。


6-3. 料金相場・所要時間

壁掛けタイプ1台:7,000円~11,000円
所要時間目安:60分~90分

  • ※お掃除機能付きエアコンは業者により料金が異なる場合や、対応不可の場合があります。
  • ※2台目以降が割引料金になったり、防カビ・抗菌コートを無料で実施している業者もあるので上手く利用するのがおすすめ!


6-4. 依頼時に必要な準備は?

エアコン下に2畳(180cm×180cm)ほどのスペースを確保できればOK。

そこにブルーシートを敷いて道具を置き作業します。ベッドや棚など家具がある場合は、予め移動しておくとスムーズです。

また、エアコン本体から外したパーツを洗浄するために、お風呂場やベランダなど水が使える場所も必要です。



プロに聞きました!エアコン掃除のよくある質問

Q室外機の洗浄はしたほうがいい?
A室外機はエアコンの心臓と言えます。室内の熱を逃がすのが室外機なので、正常に作動していないとエアコンの効きが悪くなります。室外機のアルミファンに汚れやゴミが詰まると故障の原因になったり、電気代が高くなってしまうので洗浄(1台4,000円)をおすすめしています。
Q作業中に大きな音はするの?
A高圧洗浄機の動作音は多少音を発します。音が気になる場合は事前にご相談いただければ、使用機器等を調整いたします。
Q浄水器付きの水道でも大丈夫ですか?
Aシンクに置いたバケツに水を溜めて汲み取る「汲み取り式」や、タンクに水を溜める「タンク式」の高圧洗浄機もあるので、どんな蛇口でも大丈夫です。

7. 写真で見る 業者のエアコン分解掃除

  1. 1動作・不具合確認
  2. 2分解、養生
  3. 3部品洗浄
  4. 4本体洗浄
  5. 5乾燥
  6. 6部品取り付け、動作確認

① 動作・不具合確認

動作確認をする業者の写真

まずはエアコンが正常に動くか、普段使っていて気になることがないか、お客様へヒアリングを行います。

取り扱いを間違わないよう、メーカーや機種、お掃除機能付きかどうかもチェック。異常がなければエアコンの電源を切りコンセントを抜いて、高圧洗浄機を準備します。

高圧洗浄機 高圧洗浄機のホース

高圧洗浄機はキッチンの側に設置。
使用する水は、キッチンの水道から引っ張ってきますが、シンクに置いたバケツに水を溜めて汲み取るので、浄水器が付いている水道でも問題ありません。

水を汲み取るホース

② 分解、養生

分解

本体のパネルやフィルターなど、取り外せる部品を外していきます。

本体カバーを取り外す業者の写真

取り出したフィルターやカバーにはホコリがたくさん付着していました!

ホコリで汚れているフィルター 本体カバーについたホコリ

本体の送風口には黄色い油汚れも付着しています。
手前のフチの溝には黒い点々とした黒カビも…。

エアコンの送風口についた油汚れ ドレンパンについた黒カビ

依頼者の声

2年前に引越してきてから一度も掃除をしていないんです。
最近エアコンが臭うなと思っていましたが、こんなに汚れていたなんて…。

養生

本体右側にあるセンサーや電子基板、モーターなどがある大事な電装部が濡れないよう、タオルを当てて固定し、まわりの壁が汚れないようエアコン専用の養生シートを取り付けます。

養生をしたエアコン

さらに、洗浄時に出てくる汚水をエアコン下に設置するバケツに溜めるための、「ホッパー」と呼ばれる洗浄シートを取り付けて養生は完了です。

洗浄シートを取り付けた様子

③ 部品洗浄

まずはエアコン本体にまんべんなく洗剤を吹き付けます。今回は油汚れや黒カビなど、酸性の汚れに効果のある、アルカリ性のオーガニック洗剤を使用。

このオーガニック洗剤は、植物性の原料から作られた洗剤で刺激臭や危険性もないため、妊娠中の方や乳幼児にも安心安全です!

全体に行き渡ったら、洗剤が汚れに浸透するまでしばらく時間をおきます。

洗剤を吹きかける業者 洗剤をつけたエアコン

洗剤を浸透させている間に、本体から外したフィルターやルーバー、カバーなどの部品を洗浄。

ベランダやお風呂場、庭など水を使用しても大丈夫な場所にブルーシートを敷き、高圧洗浄機で洗います。

汚れをざっと流してから洗剤をつけ、傷つけないよう柔らかい刷毛で汚れをとっていきます。細かいところは小さなブラシで洗うなど、隅から隅までしっかりと汚れを落とします。

各部品を丁寧に洗ったら、再度高圧洗浄機を使用し洗剤と汚れを落とします。

専用の刷毛でフィルターを洗う写真 高圧洗浄機で洗剤と汚れを落とす写真

ビフォーアフター

各パーツのビフォーアフターは一目瞭然!

エアコンフィルターの洗浄ビフォーアフター 本体カバーの洗浄ビフォーアフター

依頼者の声

洗浄後のフィルターは見違えるほど汚れが落ちていてビックリ!
自分で叩いたり掃除機を使うより断然きれいになりますね!


④ 本体洗浄

洗った部品を乾かしている間に、エアコン本体も高圧洗浄機で汚れを落としていきます。エアコン内部を洗浄するときは、汚れが中で詰まらないように、バケツ1杯分(約6リットル)もの水で洗い流します。

汚れた水は上から下に流れるため、上から順に水をかけていき、すすぎ残しがないように数回上下させてしっかりと洗剤と汚れを落とします。

エアコン本体を高圧洗浄機できれいにする業者

洗剤と汚れを含んだ汚水はホースを伝って下のバケツに。

汚水は真っ黒でしたが、家族の人数が多かったり使用頻度が高い場合だとさらに黒く、バケツの底に沈殿するほどの汚れが出るのだそう…。

ビフォーアフター

熱交換器部分のホコリや黒カビ、油汚れもスッキリきれいに!

Before-After Before-After

細かいところまで汚れがすべて落ちています。
隙間に入ったホコリやポツポツとあった黒カビもまったく見当たりません!

Before-After

⑤ 乾燥

本体の洗浄が終わったらエアコン回りの養生シートは外して、内部の水分を乾燥させるために電源を入れて、15分程暖房運転をします。

空回しで内部を乾燥

空回しのあとは、送風口や内部に残った水分をタオルで拭き取っていきます。

タオルで仕上げる 内部乾燥後の送風口

⑥ 部品取り付け、動作確認

乾かしたパーツを取り付け、暖房・冷房かきちんと作動するか、異常がないか動作確認をしてエアコンクリーニングは終了!

動作確認をする業者 エアコンクリーニング完了

洗浄後のお願い

エアコンの洗浄後は暖房運転をしますが、完全には乾きません。
作業後2時間程はエアコンを点けっぱなしにしておいてください。
乾かないうちに電源を切ってしまうと、新たなカビが発生する原因になります!

依頼者の声

深呼吸したくなるほど出てくる風がきれい!スッキリ臭いもなくなりました!
気温・湿度が高く暑い日でしたが、クリーニング後にエアコンをつけたらすぐ涼しくなり感動です!


8. エアコン掃除業者の選び方

エアコンクリーニング業者を選ぶ際、多くの人はインターネットを利用するのではないでしょうか。

検索すると山のように出てくるエアコンクリーニング業者の中から、1つを選ぶのは大変な作業ですよね。 まずはインターネット上での情報から、優良な業者を選別するコツをお教えします!

【おすすめ記事】
エアコンクリーニング業者の選び方を教えて!


店舗紹介「下北ハウスクリーニング」

今回、エアコンクリーニングを依頼したのは下北ハウスクリーニングの穂積さん。

店長の穂積さん

店長の穂積さん

エアコンをはじめ水回りや洗濯機、ベランダまで広くハウスクリーニングを手掛ける「下北ハウスクリーニング」。

高い技術力に加え、常にお客様の立場に立ったこだわりのサービスで多数の5つ星評価を獲得している店舗です。

妊娠中や小さなお子様がいても安心なオーガニック洗剤を使用するなど、お客様が不安に思うこと、疑問に思うことに真摯に向き合い、日々素晴らしいサービスを提供しています。

室内でも脱いだスリッパを都度揃えるなど、細かい礼儀にまでこだわる姿勢にプロを感じました。作業中は真剣ながらも、明るく気さくな人柄でとても話しやすかったです♪

詳しい店舗情報・提供サービスを見る


おすすめのエアコン掃除業者

くらしのマーケットには、高い洗浄技術を持った業者や、安全性の高いオーガニック洗剤を使用している業者など、多数の優良業者が出店しています。

1箇所あたりの料金、サービス内容、予約可能日などがページ上で確認できるので、見積もりをとる必要もありません。予約前に個人情報を登録する必要もないので、しつこく営業電話がかかってくることもありません。

汚れ具合による当日の急な追加料金請求もないので安心です。スタッフの顔写真や、利用者の口コミも見ることができるので、ぜひご覧ください!


◆オンライン予約可能
◆予約前の個人情報の登録不要
◆しつこい営業電話なし
◆不明な点は店舗スタッフに直接メッセージが可能

エアコンクリーニングサービスを見比べる


9. 関連記事(臭い・ガス漏れ・異音)

エアコンと食べ物のイメージイラスト エアコンの前で首をかしげる女性 エアコンからの音のイメージイラスト

関連記事

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る