エアコン室外機の掃除の必要性・自分での掃除の仕方について

エアコンの室外機に掃除が必要な場合のチェックポイントと、自分でできる掃除の仕方について詳しく説明します。

室外機

エアコンの室内機は、室内の空気を外に排出するため、使用しているとどんどん汚れが溜まっていきますよね。

定期的な自分でのフィルターの掃除や業者によるエアコンクリーニングが必要だと知っている人も多いと思います。しかし、室外機の掃除について考えたことがある方は少ないのではないでしょうか?

室外機の掃除が必要なのかどうかを判断するポイントや、自分でできる室外機の掃除の仕方を詳しく説明いたします。

目次

  1. 1)室外機の掃除をすべきかのチェックポイント
  2. 2)室外機の部分別掃除の仕方
  3. 3)エアコンは定期的なクリーニングを
  4. 4)併せて読みたい関連記事

1)室外機の掃除をすべきかのチェックポイント

エアコンの室外機は、外に置いて雨水や砂埃にさらされても故障しないように設計されています。よって定期的な掃除は必要なく、基本的にはメンテナンスフリーです。

しかし手入れが必要ないといっても、機械なので場合によっては故障することももちろんあります。定期的に室外機まわりをチェックし、以下のような状態が見られる場合は掃除が必要です。

  • 室外機の周辺や中にゴミが溜まっている
  • 異音がする

フィンという熱交換器やファン、室外機の中にゴミが溜まっていると故障の原因となることもあります。また、一見ゴミがなくても室外機から異音がする場合は、内部に異物が混入していることが考えられます

2)室外機の部分別掃除の仕方

室外機の本格的なクリーニングは、分解が必要な専門的な作業となるので家庭では難しいです。

無理にやろうとすると故障の恐れがあるので、必ずプロのエアコンクリーニング業者に依頼しましょう。

しかし、室外機まわりや、正面の吹き出し穴・裏側のフィンに溜まった汚れなどの掃除は自分でも行うことができます

もし、室外機周辺があまりにも汚かったり、異音がしたりする場合は、まず自分でできる範囲の掃除を行いましょう。

自分では掃除できない箇所にゴミが溜まっている・掃除しても異音が鳴るという場合は、プロのクリーニングへの依頼をおすすめします。

以下で部分別の室外機の掃除の仕方を説明します。

①外側の汚れ

室外機の表面の汚れは、ほうきで掃いてざっとホコリを落としてから、雑巾で拭いてきれいにしましょう。

正面の風の吹き出し口になっている網目状の部分は、特に汚れが溜まりやすい箇所です。使い古しの歯ブラシなどで網のゴミを掻き出してから、掃除機で吸い取る方法が効率的です。

また、室外機は雨ざらしになることが前提で作られているので、掃除に水を使ってもまったく問題ありません。

あまりに泥汚れがひどい場合は、軽く水で洗い流してから雑巾で汚れを拭いていく方法がおすすめです。

ただし、通常の雨では考えられないような水のかけ方(室外機の下側から水をかけるなど)をすると故障する可能性があるので、注意してください。

②フィン

室外機の裏側や側面には薄い金属板がありますが、ここは熱の交換を行うフィンと呼ばれる部分です。ここの隙間に汚れが詰まっているとエアコンの動作効率が下がってしまいます。

ゴミが溜まっている場合は、歯ブラシや掃除機などで丁寧に掃除をしてください。また、フィンはアルミでできており、少し指で押しただけでも変形してしまうほど繊細ですが、多少の変形なら動作上問題はありません。

しかし、大きな変形は動作不良の原因となるので、なるべく衝撃を加えないように慎重に手入れをしましょう。

③室外機周辺の汚れ

室外機そのものがそんなに汚れていなくても、室外機のまわりに異物があると空気の流れが悪くなり、動作効率が低下して電気代が余計にかかってしまいます。

室外機まわりには自転車や植木鉢などは置かず、枯葉などはこまめに掃除をしましょう。

室外機の半径20cm以内に物を置かないようにすれば、無駄な電力が消費される心配はないでしょう。

④ドレンホース

エアコンの機器内で結露が発生した場合に、水分を外に排出するのが室外機のドレンホースですが、このホースに汚れが詰まっていると室内機から水が漏れたり故障の原因になったりします。

中をのぞいてゴミが詰まっていたり、蜘蛛の巣が張っていたりしたら、除去してください。

⑤室外機の中

室外機の中にゴミが溜まっていたり、中のファンにゴミが絡まっていたりすると、故障の原因となることがあります。

ただし、室外機の中は分解しなければ掃除ができないので、自分でのゴミの除去は行わない方がいいでしょう。室外機内部が汚れている場合は、プロのエアコンクリーニング業者に依頼してください。

3)エアコンは定期的なクリーニングを

上述した通り、室外機は基本メンテナンスフリーで、汚れがたまっていたり異音がしたりする場合のみ、お手入れが必要です。しかし、室内のエアコンは自分でこまめにフィルターを掃除する必要があります。

掃除をしないとフィルターにはすぐにゴミが溜まってしまい、ひどい場合はエアコン内部にカビが生えたり、エアコンが利きづらくなったりするので、必ず数週間に一度はフィルターのゴミを除去しましょう。

また、エアコンの分解洗浄も1年に一度は必要です。1年使用すると、内部の部品にカビが生えたりホコリが溜まったりしてしまい、動作効率の低下や臭いの発生、カビ菌による健康被害の原因になったりする場合があるためです。

室外機の場合と同じで、素人による分解・洗浄作業は故障の原因に繋がりますので、必ずプロのエアコンクリーニング業者に依頼しましょう。

くらしのマーケットの最大の特徴は、料金やサービス内容、口コミなど、業者選びに必要な情報がすべてページ上で確認できること!

「◯◯円〜」といった不明瞭な料金表示はなく、当日の急な追加料金や手数料なども発生しません。各業者のサービスページ閲覧には会員登録も不要なので、作業スタッフの写真や利用者の口コミもしっかり事前確認が可能です。

「予約前に聞きたいことがある」という場合も安心。ページ上のメッセージ機能で店舗スタッフに直接質問することができます。

◆オンライン予約可能
◆予約前の個人情報の登録不要
◆しつこい営業電話なし
◆不明な店は店舗スタッフに直接メッセージが可能

4)併せて読みたい関連記事

エアコンを掃除する女性 室外機の異音のイメージイラスト

関連記事

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る