エアコンの室外機って掃除した方がいいの?

エアコン本体の掃除方法については知っている人も多いかと思います。一方、室外機の掃除の必要性や方法はあまり知られていません。室外機の掃除はエアコンの性能を保つために効果的です。室外機の掃除方法、掃除における注意点などを紹介します。

エアコンの室外機って掃除した方がいいのかにゃ?

家庭でできる室外機の掃除

室外機の外側のキャビネット部分を水で洗い流したり、しぼった雑巾などで拭いてください。
溜まっている泥やホコリで室外機の吸い込み部分がふさがれると、エアコンの稼働効率が下がります。
ブラシなどを使って室外機の吸い込み部分をきれいに掃除しましょう。
室外機が汚れすぎないうちに掃除しておくと、楽に汚れを落とすことができます。

室外機の場所によっては、落ち葉などが付着していたり、室外機の裏側や下に溜まっている場合があります。
落ち葉などの室外機周辺のゴミは、その都度取り除きます。

基本的に、室外機はあまり神経質になって掃除をしなくてもよいものです。
エアコンの適切な効果を保つために、年に1〜2回程度の頻度で室外機を掃除しましょう。

室外機を掃除するときの注意点

エアコンの電源を切ってから、室外機の掃除をします。
室外機の中にあるファンが回った状態ではケガをする恐れがあります。

室外機を水洗いする際は、上方から水をかけてください。
上方からの水濡れは雨と同じですから問題ありませんが、下方から室外機に水をかけることは極力避けましょう。
室外機に水をかけるのが不安であれば、固く絞った雑巾やブラシを使用して室外機全体のホコリを落とすよう掃除にします。

あまり使わないエアコンの汚れ対策

あまり使わない部屋や、春や秋など長期間利用しない時期には、エアコン本体だけでなく、室外機にもカバーを掛けておくとよいでしょう。
汚れを防ぎ、掃除の手間を省くことができます。

あまり使われていない室外機には、ハチなどの虫が巣を作ってしまうことがあります。
虫が巣を作ってしまうのを防ぐためにも、室外機カバーは効果的です。
春期には短期間でハチが巣を作ることもあります。
室外機まわりでよくハチを見かけるようであれば、室外機と周辺のチェックを行い、巣が大きくなる前に取り除きましょう。

最後に

エアコンの室外機を定期的に自分で掃除している、という方は少ないでしょう。
いざ自分で掃除してみようと思い立っても、実際には素人では掃除が難しいのが室外機の厄介なところです。
掃除をしないで室外機を汚れたままにしていればエアコンの不具合にもつながります。
室外機をきれいにしたい場合は、プロのエアコンクリーニング業者に依頼するのが確実で安心です。

業者選びの際には、利用者の評判を確認してしっかり比較することをおすすめします。
くらしのマーケットなら、エアコンクリーニング業者を料金、サービス内容、口コミで比較して予約することができます。

関連記事

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る