エアコンから変な音がするけど、何が原因?

エアコンを使用しているときに、本体や室外機から変な音がしてうるさいことがあります。 エアコンが壊れてしまったのかと心配になりますが、異音の原因はいろいろあります。 故障だと判断する前に下記の事例をチェックしてみてください。

エアコンから変な音がするけど、何が原因?

まず確認すべきこと

エアコンのフィルターの確認

エアコンの正面にあるカバーをはずすと、まずフィルターが付いています。
フィルターの奥に熱交換器という金属製の部品が付いています。
エアコンが温度調節する仕組みは、この金属の熱交換器が冷えたり温まったりして、そこを通る風の温度を変化させているのです。

エアコンを使用すると、フィルターや熱交換器にホコリなどが付着します。
それを定期的に掃除をして取り除かないと、エアコンは風をうまく送ることができなくなり、過剰な振動をして「カタカタ」と大きな音がします。 フィルターや熱交換器の目詰まりに注意しましょう。

ドレンホースの確認

エアコンから「ポコポコ」という音が聞こえることがあります。
これは室内と室外の気圧に差がある状態で、ドレンホース(排水ホース)から空気が入ったときに聞こえる音です。 この場合、故障ではなく、原因がわかれば対処できます。
この症状は、気密性の高い部屋によく起きる現象です。

一時的な対処法は、窓を少し開けたり給気口を開けることです。
根本的な解決をするには、ホース自体にバルブを取り付ける方法があります。
この作業は業者に委託しましょう。

故障と間違いやすいさまざまな音

蒸発器の音は故障じゃない

エアコンから「ミシッ」という音が聞こえることがあります。
原因は、エアコン内部にある金属製の熱交換器が温まったり冷えたりするときに膨張したり収縮したりするため、エアコンの外側の部分が音を立てることです。 運転をしていない時でもこの現象は起こります。
また、エアコン運転中に「シューシュー」という音がしますが、これはエアコン内部の配管に冷媒ガスが流れている音ですからこれも故障ではありません。

ルーバーからの音

エアコンの風向きを変えるルーバーが動くたびに音がすることがあります。
オイルをさすと改善することもあります。
取り扱いが難しい機種の場合は、業者に依頼したほうがよいでしょう。

室外機からの音にも注意

今までは室内機の音について説明しましたが、室外機から音がすることもあります。
室外機のファンから異常な音がする場合は、ファンの劣化が考えられます。
室外機の内部から異音がする場合は、室外機が安定した場所に置かれていないことが原因かもしれません。がたついていないか確認しましょう。
また、室外機に接触している物があると振動で音が出ることもあります。
これで直らなければ、コンプレッサという内部の部品が故障していることも考えられます。専門業者に点検してもらいましょう。

掃除のプロに見てもらうのもおすすめ!

エアコンからはさまざまな音がしますが、故障ではないことがほとんどです。
適切な対処しても異常な音が続く場合は、エアコンクリーニング業者に内部のクリーニングを依頼したり、修理業者に相談したりすることをおすすめします。

プロに依頼した場合、時期や地域によって異なりますが、家庭用の一般的なエアコンなら7,000円〜10,000円程度でクリーニングしてもらえます。
クリーニング業者は、エアコンを分解した上で、適切な洗浄液を用いて丁寧に掃除してくれます。
業者選びの際には、利用者の評判を確認してしっかり比較することをおすすめします。

【体験レポ】まるで新品!?プロのエアコンクリーニングを写真付きで完全解説! で、プロの仕事でどれだけきれいになるのか、チェックすることができます!「数ヶ月に一度は定期的に掃除しているよ!」という方も、あまりの汚れに目を疑ってしまうかもしれません。

くらしのマーケットなら、エアコンクリーニング業者を料金、サービス内容、口コミで比較して予約することができます。

関連記事

くらしのマーケットでは、業務用エアコンのクリーニングもご予約いただけます。
【体験レポ】業務用エアコンのクリーニングを写真付きで完全解説!

関連記事

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る