エアコン取り付け工事費用の相場は?設置費用の総額を安く抑える方法が知りたい!

エアコンの設置費用の相場、標準工事に含まれる内容や、追加料金の発生理由と工事費用を紹介しています。エアコン取り付け工事費用の総額を安く抑える方法も紹介します。

2021.6.1 更新
エアコン取り付け工事費用の説明

目次

  1. 1)エアコン取り付け費用の相場
  2. 2)エアコン取り付けの標準工事の内容
  3. 3)追加料金が発生する理由と費用
  4.  3-1)壁に配管を通す穴がなく壁材質が特殊
  5.  3-2)室外機をベランダや地面に置けない
  6.  3-3)室内機と室外機が別のフロアにある
  7.  3-4)配管に化粧カバーをつける
  8.  3-5)エアコン専用のコンセントがない
  9.  3-6)既設エアコンの取り外しやリサイクルを依頼する
  10. 4)取り付け工事費用は、量販店か個人のお店どちらが安い?
  11.  4-1)家電量販店のエアコン取り付け工事費用まとめ
  12.  4-2)個人のエアコン取り付け業者の費用相場
  13. 5)取り付け工事をしてくれる個人のお店を探す方法
著者の写真

ライター:日野静花
家事歴15年以上。かつては大の掃除嫌いだったが、くらしのマーケットマガジンで記事を書き始めて以来、掃除が楽しくなってきた。

1)エアコン取り付け費用の相場

エアコンの取り付け費用は、エアコンの対応畳数によって変動します。取り付け費用が変動するその他の要因に、室外機の設置場所や設置場所の壁材質があります。追加料金の発生理由と費用は後ほど詳しく解説します。

対応畳数 料金相場
6畳〜12畳 10,000円〜13,000円
14畳以上 13,000円〜17,000円
エアコン工事の様子

エアコン本体を購入したら、エアコンの配送と取り付けをセットで行ってくれるお店もあります。エアコンを購入したお店に紹介される業者よりも、インターネットで見つけた業者の方が安く工事してくれることもあります。

エアコン取り付け費用の相場や標準工事の内容、追加料金の仕組みを理解して、取り付け工事の総額やサービスの質で満足できるエアコン取り付け業者を見つけましょう

2)エアコン取り付けの標準工事の内容

標準工事に含まれている作業は、エアコンの取り付け、配管類の接続、壁の配管穴開け、室外機の設置、真空引きです。

業者によって、標準工事で対応してくれる内容は違いますが、基本的には新しく取り付けるエアコンが正常に稼働するために必要な工事が網羅されています。

2-1)エアコンの取り付け

新品エアコン

エアコンの本体を壁に取り付ける作業です。



エアコンを取り付ける壁の材質が特殊な場合は、追加料金が発生することがあります。

取り付ける業者によっては、中古エアコンの取り付けを行っていない場合や、年式が古いエアコンは取り付けできないことがあります。中古エアコンの取り付けを依頼する場合は、対応可能か事前に確認しましょう。

2-2)配管類の接続

エアコンの配管

配管パイプ・ドレンホース(外につながる排水ホース)・連絡線(室内機と室外機をつなぐ線)を接続します。4mまでの配線費用は、標準工事に含まれることが多いです。エアコン本体と室外機の設置場所が離れている場合は、4mでは配線が足りず追加料金が発生することがあります。

2-3)壁の配管穴開け

エアコン配管穴開け

配線類を接続する際に、必要であれば壁に配管を通す穴を開ける工事を行います。

業者によって、標準工事で対応できる壁材の種類が異なります。木造やモルタル壁、ALC壁は、標準工事で対応可能な業者が多いですが、コンクリートやタイルの場合は追加料金が発生することが多いです。

マンションや集合住宅の場合は、穴開け工事に管理組合の許可が必要な場合や、工事を受けてもらえない場合があります。壁への穴開けが必要な場合は、依頼前に対応可能か確認しましょう。

2-4)室外機の設置

エアコンの室外機

室外機を屋外に設置します。

室外機を、エアコン本体の外壁を挟んだすぐ近くの庭やベランダに設置できる場合は、設置工事や設置台は標準工事費用に含まれます。

室外機の置き場所が屋根など傾いた場所であったり、天井や壁に吊るす場合や2階に設置するエアコンの室外機を1階に設置する場合は追加料金が発生します。

2-5)真空引き

エアコンの真空引き

真空引きとは、室内機と室外機を接続した後にエアコンの内部を真空にする作業のことです。

エアコン設置時には必須の工事で、作業の内容に違いが出づらいので追加料金が発生しにくい項目です。

3)追加料金が発生する理由と費用

エアコンを取り付ける際によく発生する追加工事の内容と、その費用相場を説明します。

追加料金の発生理由や費用は、業者によって異なります。取り付け工事を依頼する前に、追加料金も含めた工事費用の総額で業者を比較しましょう。

3-1)壁に配管を通す穴がなく壁材質が特殊

配管パイプの穴

エアコンを設置する壁がコンクリートやタイルなど特殊な材質の場合や、壁が分厚い場合、穴を2箇所以上開ける場合に追加料金が発生します。追加料金の相場は5,000円〜15,000円程度ですが、壁の材質や業者によってかなり差が出る項目です。

壁の穴開けが標準工事に入っていない場合は、一般的な壁材質でも2,000〜3,000円程度の追加料金が発生します。

エアコンの設置場所の壁に配管用の穴がない場合は、特殊な工事が必要だったり、工事ができなかったりすることがあります。取り付け工事依頼前に、壁材質や設置場所周辺の詳細を伝えて、配管の穴開けが可能が確認しましょう。

3-2)室外機をベランダや地面に置けない

室外機の屋根置き

室外機を、エアコン本体の外壁を挟んだすぐ近くのベランダや庭などに平地置きができない場合は、屋根に土台をつけて設置したり壁や天井から吊るす必要があるため追加料金が発生します。

設置パターン 料金相場
天井から吊り下げ 10,000円〜20,000円
壁への取り付け 10,000円〜20,000円
屋根に設置 10,000円〜20,000円
二段置き 15,000円〜25,000円

既存の設置器具を使い回す場合は、追加料金が10,000円以内で収まることもあります。

屋根の勾配が急な場合や、高所での作業など、上記よりさらに追加料金が発生することがあります。

3-3)室内機と室外機が別のフロアにある

室内機と室外機が別フロア

室内機と室外機が別フロアにある場合は、標準工事に含まれる配管では長さが足りないので、延長工事が必要です。追加料金は延長1mあたり3,000円前後が相場です。

3階以上の高所での作業が必要な場合や、足場がない場合はさらに追加で高所作業料金が発生することがあります。

3-4)配管に化粧カバーをつける

エアコン配管カバー

室内の雰囲気や建物の外観を損なわないように、配管にカバーをつけることができます。追加料金は、化粧カバーの長さによって決まりますが、5,000~15,000円程度のことが多いです。

化粧カバーの色や種類は、業者によって異なります。多くの色から壁紙に合う色を選べることもあれば、白しかないこともあるので、希望の色を取り付けてもらえるか事前確認しましょう。

化粧カバーではなくテープで巻く処理であれば、標準工事の範囲内で行っている事業者が多いですが、室内の雰囲気を損ねないように化粧カバーをつける人が多いです。

化粧カバーなしのテープ処理はこんな感じで仕上がります。テープの色は業者によって異なるので、化粧カバーを付けるか迷っている場合は、テープ色を質問してお部屋の雰囲気に合うか確認しましょう。

エアコン配管テープ仕上げ

3-5)エアコン専用のコンセントがない

エアコン専用コンセント

取り付けたいエアコン用に使用する専用のコンセントがない場合は、12,000円〜13,000円の追加工事費用がかかります。

エアコンをつなぐコンセントは、部屋にある通常のコンセントがどこでも使用できるわけではありません。エアコンは使用電力が非常に大きいため、ブレーカーからコンセントまで分岐されていない専用のコンセントが必要です。

エアコン専用コンセントの有無
「配管穴」のそばにエアコンの専用コンセントがあることと、「エアコン用コンセントの形状」をご確認ください。
※新規取り付けの場合は配管穴が開いていないことが多いので、天井近くに専用コンセントの有無を確認してください。

引用:ヨドバシカメラホームページ エアコン設置工事

ヨドバシカメラホームページ エアコン設置工事でプラグの形状や電源の種類(単相100Vか単相200V)、電気容量(アンペア)について確認できます。

エアコンの機種によってプラグの形状、電源の種類(単相100Vか単相200V)電気容量(アンペア)が異なります。コンセントの形状や電源の種類を取り付けるエアコンに合わせて変更する工事は、それぞれ2,000円前後が相場です。

3-6)既設エアコンの取り外しやリサイクルを依頼する

既設エアコンの取り外し

取り付けと同時に既設エアコンの取り外しを希望する場合は、4,000円〜6,000円程度で依頼することが可能です。

取り外したエアコンの回収とリサイクルを頼める事業者もあります。取り外し費用に加えて、リサイクル費用が990円、回収費用が1,500〜3,000円程度が相場です。

購入したエアコンと同じ台数のみ、回収とリサイクルが可能な販売店が多いです。

エアコンは、家電リサイクル法の対象品目となっています。買い替えの場合は、新たに購入した販売店で回収を依頼しましょう。

参考:経済産業省ホームページ 家電4品目の「正しい処分」早わかり!

4)取り付け工事費用は、量販店か個人のお店どちらが安い?

家電量販店でエアコンの購入も取り付けも依頼するのと、格安の電気店や中古エアコンを購入して個人の取り付け業者に取り付けてもらうのでは、どちらが安いのでしょうか。

販売店によっては、エアコン本体に取り付け工事費用が含まれていることがあります。エアコンの価格が安くても、取り付け工事費用を含めると最終的に高くなることもあります。

エアコン取り付けを安く抑えるためには、エアコンの本体価格と取り付け費用の総額で比較検討することが重要です。

4-1)家電量販店のエアコン取り付け工事費用まとめ

エアコンの購入と取り付けを検討する際に、購入先の候補としてまず挙がるのが家電量販店です。代表的な家電量販店の標準工事費用をまとめました。

※2021年5月の情報です。最新の価格は店舗にお問い合わせください。

ヨドバシカメラ ビックカメラ ヤマダ電機
〜3.6kw
(6〜12畳)
10,780円 10,780円 10,466円
3.7〜4.0kw
(12〜14畳)
15,950円 15,714円
4.0kw超
(14畳〜)
記載なし 18,857円

ビックカメラとヤマダ電機は、エアコンを購入した場合のみ取り付け工事を依頼できます。エアコンの取り付けのみを依頼することはできません。

ケーズデンキとジョーシンは、エアコンの本体代金に取り付け費用が含まれています。

参考: ヨドバシカメラホームページビックカメラホームページヤマダ電機ホームページケーズデンキホームページジョーシンホームページ

4-2)個人のエアコン取り付け業者の費用相場

個人でエアコン取り付けをしてくれる場合の費用相場は、小さいエアコンなら大手量販店の方が安く、12畳用以上のエアコンなら大手量販店とほぼ同程度です。エアコンを安く購入できる場合は、個人の取り付け業者に依頼すると総額を抑えられます

相場
〜3.6kw
(6〜12畳)
13,000〜17,000円
3.7〜4.0kw
(12〜14畳)
4.0kw超
(14畳〜)
19,000~23,000円

家電量販店では、基本的にエアコンを購入した場合にしか取り付け工事を依頼できないのに対して、個人の取り付け業者はどこで買ったエアコンでも取り付けてもらえます。既に持っているエアコンの移設を依頼する場合には、個人の業者に依頼しましょう

5)取り付け工事をしてくれる個人のお店を探す方法

5-1)口コミでサービスの質を確認

口コミ比較

インターネットなどで、利用者の口コミを確認して、どんな人が作業に来るのか、作業は丁寧かなど気になるポイントを確認しましょう。個人のエアコン取り付け業者に依頼する一番のメリットは、どんな人が作業に来るかを事前に確認できることです。

家電量販店の取り付けサービスでは、事前にやり取りする人と当日作業をする人は違います。一方、個人の業者の場合は、事前にやり取りした人が来てくれることがほとんどで、「事前確認の内容が作業担当者に伝えられてなかった」といった事態が起こりにくいです。

くらしのマーケットなら、個人事業者を対応地域で比較することが可能です。

口コミで評判のいい事業者順にチェックすることもできるので、費用とあわせて確認してみてください。

5-2)事前確認は入念に

見積もり

エアコンの取り付け工事は、取り付け場所の状況やエアコンの機種によって追加料金が発生しやすいです。

作業内容を入念に確認してくれる業者は、作業当日に予期しない追加料金が発生しづらいです。現地の事前確認や、写真での作業内容確認を行い、最終的な作業費用を事前に提示してもらいましょう。工事依頼前のやり取りは、安心して作業を依頼できかの判断材料にできます。

くらしのマーケットなら、本予約前に事業者と直接メッセージでやり取りが可能なので、懸念事項を事前に相談できて安心です。

くらしのマーケットで自分にあった事業者を探してみよう!

くらしのマーケットで比較しよう

くらしのマーケットなら、口コミや料金で事業者の比較ができます。

くらしのマーケットで信頼できる事業者を探してみてください。

くらまくんロゴ

くらしのマーケットは、ハウスクリーニング・引越し・不用品回収など、200種以上の暮らしのサービスをオンラインで予約できる、日本最大級のサービス比較サイトです。

くらしのマーケットの安心・安全

徹底した品質管理と万が一の際の保証制度!

⇒詳しくはこちら

もう一度使いたいサービスNo.1

「人」で選べる。「相場」がわかる。「なんでも」頼める。

⇒詳しくはこちら

最大1億円補償制度

くらしのマーケット独自の損害賠償補償制度です。

⇒詳しくはこちら

サービスカテゴリ一覧を見てみる

※サービス比較や口コミ閲覧に会員登録は必要ありません

  • lineで送る

関連記事

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る