学習机を処分したい!処分方法を詳しく説明

学習机が不要になった場合の処分方法について、粗大ゴミとして出す方法やリサイクルショップに出す方法、不用品回収の事業者に依頼する方法などの詳細を解説いたします!

2019.5.16 更新
学習机の処分方法

目次

  1. 1)学習机はリサイクルしづらい
  2. 2)学習机の主な処分方法
  3. 3)不用品回収事業者選びに困ったら

1)学習机はリサイクルしづらい

“学習机"

学習机の処分する際に、エコや節約のために、リサイクルに回して他の方に使ってもらおうと考える方も多いのではないでしょうか。しかし、学習机の大半は丈夫な素材でできていますが、何年も子供が使うため、なかなか落ちない汚れがついているものが多いです。

例えば、鉛筆やクレヨン、絵の具の跡や、シールを貼った跡、子供自身が書いた落書きなどです。

他の家具はそこまで汚れることは稀なので、リサイクルショップで買い取りを受け付けてくれることも多いですが、使用済みの学習机はかなり条件が厳しいです。

学習机のリサイクルを考えたい場合は、汚れにくい素材にする、子供にきれいに使ってもらうことをあらかじめ徹底する必要があります。しかし、子供に使わせるのでなかなか難しいでしょう。よほど使用頻度が少なく美品の学習机以外は、処分を前提に考えましょう。

2)学習机の主な処分方法

①分解して燃えるゴミに出す

購入の際、多くの学習机はパーツごとに分かれているため、組み立ててから使用しますよね。つまり、処分の際に細かく分解して捨てることも可能ということになります。

引き出しを取り外し、ネジも外して細かい部品にしてしまえば、ゴミ袋に入れて可燃ゴミとして処分可能です。

しかし自治体にもよりますが、燃えるゴミとして出せるのはだいたいは45センチメートル四方以下と定められているので、天板などの大きなパーツは可燃ゴミの対象外になってしまいます。

あらかじめ自治体のホームページなどで燃えるゴミの規定を確認し、出さないパーツは粗大ゴミとして処分しましょう。しかし、学習机をまるごと粗大ゴミとして出すよりかは、パーツのみを出す方が回収料金は低くなるはずなので、費用の節約になります。

②粗大ゴミに出す

分解ができない学習机や、分解する暇がない場合は、自治体の粗大ゴミ回収に丸ごと依頼してしまうのが手っ取り早いです。自治体によって処分費用に違いがありますが、概ね1,000~2,000円ほどの費用で処分できるので、比較的安く済む方法です。

また、クリーンセンターに自分で持ち込むことを受け付けている自治体もあります。回収に来てもらうよりも処分費用は安くなり、数百円程度で済むでしょう。

ただし、重い学習机を車両に積む手間がかかり、学習机を載せられる車両の用意もしなければならないので、ちょっと大変かもしれません。

③買い換え時は販売店での引き取りサービスを利用する

学習机を新しい物に買い替える場合は、購入店によっては引き取りを受け付けてくれているところもあります。ただし、通常は学習机を購入する場合のみで、他の家具を購入する際に学習机の処分は受け付けてくれません。

また、処分は新しい机の配送のときのみだったり、3,000円ほどの処分費用がかかったりするなど、店舗によって条件があるので注意が必要です。

④リサイクルショップに売る

未使用やそれに近い状態の学習机なら、リサイクルショップで買取をしてくれるでしょう。少々の汚れなら、買取は受け付けてくれなくても無料での引き取りなら行ってくれるショップもあります。

ただし、学習机は値段がついても数百円程度にしかならないことがほとんです。それでも買取費用がかからない上に、エコに繋がるので、美品の学習机を処分したい場合にはおすすめの方法です。

⑤ネットのフリマアプリや地域のコミュニティサイトで売る

リサイクルショップでは売却できなかった学習机も、フリマアプリや地元のコミュニティサイトでなら需要がある場合もあります。

送料がかかってしまったり、近隣の方に譲る場合は運搬の手間がかかったりしてしまいますが、売却金額によっては利益がでたり、処分費用がかからなかったりするのでうまくいけばおトクな方法です。

ただし、すぐに欲しい人が現れるととは限らないので、早めに処分したい場合は他の方法を考えましょう。

⑥不用品回収事業者に依頼する

もっともおすすめな方法が、不用品回収事業者に依頼することです。

学習机を処分するタイミングは進学や就職で必要なくなったという時がもっとも多いでしょう。新生活を始めるため、学習机以外にも処分したい不用品があるタイミングと考えられます。

不用品回収事業者なら、学習机以外の不用品もまとめて回収してくれますし、自宅まで引き取りに来てくれるので運搬の手間もかかりません。

引っ越しシーズンなどの繁忙期だとすぐに来てくれない場合もありますが、大抵の場合は依頼して即日から数日以内に回収に来てくれるので、すぐに処分したい場合にもおすすめです。

3)不用品回収事業者選びに困ったら

“不用品回収のトラック"

なるべく費用をかけずに処分したいところですが、上述した通り長年使用した場合は、学習机のリサイクルや売却は難しいです。

また、大きな物なので不要になってしまった場合はできるだけ早く処分したいですよね。ほかの不用品もある場合は特に、不用品回収事業者へ依頼するのがおすすめです。

くらしのマーケットでは不用品回収サービスの事業者をユーザーのリアルな口コミで比較できますし、メッセージで質問もできます。また、代表の顔写真を掲載している事業者が多く、料金やオプション内容も明確に提示しています。ぜひお気軽にご利用ください!


くらまくんロゴ

くらしのマーケットは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の暮らしのサービスをオンラインで予約できる、日本最大級のサービス比較サイトです。

くらしのマーケットが選ばれる理由

料金・サービス内容が明確

急な追加料金なし

店舗写真・口コミでしっかり比較

利用者評価に基づくランキングで安心

予約・質問はWEBで完結

万が一のための損害賠償補償あり


⇒はじめての方へ(わたしたちの想い)
⇒超簡単!サービス予約の流れ

人気のサービスカテゴリ

☆格安引越し
☆不用品回収
☆エアコンクリーニング
☆お風呂クリーニング
☆エアコン取り付け

⇒サービスカテゴリ一覧を見てみる
※サービス比較や口コミ閲覧に会員登録は必要ありません

関連記事

人気記事TOP5

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る