使わなくなったテレビって、どうやって処分するの?

新型のテレビをつい衝動買いしてしまったり、部屋の模様替えでテレビを置く場所がなくなったなど、まだ動くテレビが不用になったときはどうすれば良いでしょう。 また、壊れてしまったけど、中古品を知り合いに譲ってもらうなどして家電店を利用しなかったために、壊れたテレビの処分に困ったりしていませんか。 これからそんなときに役立つ、テレビの処分方法をご紹介します。

“使わなくなったテレビって、どうやって処分するの?”

まず家電リサイクル法対象かどうか確認

使わなくなったテレビを処分するには、まず家電リサイクル法対象の「テレビ」かどうか確認しましょう。
ブラウン管式テレビでも、液晶・プラズマ式でも、一般的なテレビであれば家電リサイクル法の対象ですので粗大ゴミとして出すことができないので注意が必要です。
ただ、テレビチューナーのないディスプレイモニターやプロジェクションテレビ、(チューナー付きであっても)パソコン用のディスプレイモニター、建築物に組み込むことができるように設計された浴室やキッチン用液晶テレビなどは、家電リサイクル法の対象外ですので、粗大ゴミとして処分できます。

家電リサイクル法の対象となるテレビの処分

家電リサイクル法の対象となる一般的なテレビの場合には、その処分には、主に4つの方法があります。

新品の購入と同時に引き取ってもらう

買い替えの場合や買ったお店がわかる場合は、買い換えるお店や買ったお店に相談すると良いでしょう。
引越す前に購入したもので購入店舗が遠くても、その店舗が複数の支店を持っている場合は、どの支店でも引き取ってもらうことができるので近くの店舗に連絡してみてくさい。

リサイクル料金を払って、指定引取所に持ち込む

また、「家電リサイクル券」を購入し、直接、指定引取場所へ持ち組む方法もあります。
この場合、事前にリサイクル料金を郵便局で「家電リサイクル券」を購入します。
料金はテレビのメーカーとサイズによって異なりますので、事前にこの2点をメモして郵便局に行きましょう。
その後に支払済の家電リサイクル券とテレビを指定引取所へ持ち込みますが、指定引取所の所在地はお住まいの自治体に問い合わせるなどして調べることができます。

自分で引き取ってくれる人やリサイクルショップを探す

不用になったテレビがまだ使えて引き取ってもらえる人が近くにいる場合は、その人に譲るという方法もあります。
処分料金を払わずにすみますし、そのまま使ってもらえるので環境にも優しいですよね。
近くに引き取り手がいないときでもリサイクルショップに持ち込んで引き取ってもらえば、誰かに使ってもらえるかもしれませんし、自分でインターネットを使って買い手や引き取り手を探す方法もありますね。

不用品回収の事業者に依頼する

最後に、買ったお店を調べるの面倒…自分で持ち込むのもちょっと…他の回収品もお願いしたい…といった場合には、不用品回収の事業者を利用する方法があります。
法に則ってしっかりと処分を行ってくれる事業者はもちろんのこと、テレビの状態が良ければ無料で回収してくれる事業者などもあるので、自分に合った回収サービスを探しましょう。
事業者によって意外と値段も異なるので、複数の事業者を事前に比較してから予約するのがおすすめです。
テレビ1点だけなら、くらしのマーケットの一括見積もりが便利。

家電リサイクル法の対象外となるテレビの処分

家電リサイクル法の対象ではない特殊なテレビの場合は、粗大ゴミとして、自治体の粗大ゴミ受付センターに連絡すると収集してくれます。
ただ、自治体によっては粗大ゴミの収集まで日数がかかる場合もあります。

粗大ゴミとして出すには、まず自治体のホームページなどで料金を調べ、回収日を確認します。
その後、料金分の粗大ゴミシールを販売店で購入し、回収日の朝までに指定された場所までテレビを運んで粗大ゴミシールを貼っておきます。
結構手間がかかってしまうので急ぎで処分してしまいたい場合などは、家電リサイクル法の対象でないテレビでも、不用品回収サービスを利用すると便利でしょう。

関連記事

人気記事TOP5

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る