洗濯機がうるさいのって解決できないの?

洗濯機か大きな音を立てた時、故障かどうかが一番気になりますよね。故障ではなく、洗濯物の種類によって大きな音が出たり、内部の汚れが原因だったりする場合もあります。今回は、音の大きさや音の種類を元に、解決法や対処方法などを説明します。

洗濯機の調子が……

洗濯機を回すと大きな音や振動がする…と洗濯機の音で悩んでいる方は多いです。入れた服の種類や量、洗濯機の置き方が原因の騒音が多いですが、中には故障による異音も。今回は、洗濯機の音がうるさいときの原因と対処法についてまとめました。

どうしてうるさくなるの?

洗濯機がうるさくなる原因として考えられるのは、大きく分けて3つです。

  • 洗濯物の入れ方・内容
  • 洗濯機自体の置き方
  • 故障

洗濯物の入れ方・内容と、洗濯機自体の置き方については自分ですぐに対処できる問題ですね。
故障が原因の騒音の場合は、修理か買い替えが必要になってきてしまいます。

では、それぞれの場合についてさらに細かく分類し、その対処法を次項で詳しく説明いたします。

洗濯物の入れ方・内容が原因の場合

洗濯物の詰めすぎ

洗濯物が多い

電気代と水道代の節約や、時間短縮のためにもなるべく洗濯機を回す回数は減らしたいものですよね。

しかし洗濯物をぎゅうぎゅうに詰めてしまうと、その分洗濯時に遠心力がかかり、騒音の原因となってしまいます。特に脱水時に大きな振動を伴うガタンガタンという音が発生し、場合によってはエラーが出てストップしまうことも。

この使い方を繰り返していると洗濯機の故障にも繋がります。洗濯物は洗濯機の説明書記載の量を心がけ、詰め込みすぎないようにしましょう。

またエラーが出てしまった場合はそのまま回すのではなく、一度洗濯機の中のものを取り出して減らしてから使用するようにしてください。


洗濯物が少なすぎる

洗濯物の量が多すぎると騒音が発生することは上記でも説明しましたが、逆に少なすぎる場合でもうるさい音が鳴ることがあります。

洗濯物が少ないと洗濯機内の重さが均等になりづらくなるため、ガタガタと振動音が鳴ってしまうのです。

洗濯物が少ないことで故障の原因となることはまずありません。しかし音が気になる場合は、少ない洗濯物は手洗いしたり、他の洗濯物とまとめて洗濯するようにしましょう。


厚手の物を入れすぎていたり、洗濯用ネットを多用していたりする

洗濯ネット

最近では自宅の洗濯機で洗える布団やクッションなどが増えてきていて便利ですよね。
また、洗濯時に衣類を傷めない洗濯ネットを使用している方も多いと思います。

しかし、布団やクッションなどの厚手の物や、パンパンに衣類を入れた洗濯ネットを洗濯する際、脱水時に騒音が発生するケースがあります。

これらは水を吸うとかなりの重量になってしまいます。脱水の際は、重い洗濯物にかなりの遠心力がかかった状態で洗濯槽内を回されるため、洗濯機全体の回転がぶれてガタガタと振動しながら大きな音が鳴ってしまうのです。

程度がひどい場合は洗濯機の故障につながったり、洗濯機自体が横転する可能性もあり、非常に危険です。

厚手の物を洗濯する際は、量を減らしたり洗濯機の様子を見たりして、注意して洗濯機を使用してください。


レインコートや防水マットなど、水切れの悪いものを入れている

レインコート

レインコートやウィンドブレーカー、防水シーツなどは、そもそも水をはじく素材で作られているため、洗濯機の脱水モードとは非常に相性が悪いです。

これらのものが脱水時に洗濯槽内に広がってしまうと、うまく脱水できずに水が溜まった状態になり、そこだけ重くなってしまいます。
すると衣類が偏った状態と同じようになるため、騒音が発生してしまうのです。

このようなケースが多いため、「脱水はしないでください」と明記されているものもあります。洗濯する場合は、洗い・すすぎのみしておくのがよいでしょう。

脱水OKとされているものでも、脱水は避けるか洗濯機の様子を見ながら脱水を行うようにしてください。


何かの拍子に洗濯物が偏ってしまった

バスタオルやシーツなどの大物と、ハンカチや下着などの小物を一緒に洗う場合に起こりがちなのですが、洗濯時に大きな洗濯物が小物を包み込んでしまい、ばらけないことで洗濯機内の重さが均等にならないことがあります。

脱水時に大きな騒音が発生してしまったり、エラーで止まったりしてしまうので、この場合は一度洗濯機を止めて蓋を開け、洗濯物をうまくばらすようにしてください。

洗濯機自体の置き方が原因の場合


洗濯機が傾いている

水平器

洗濯機自体が傾いた不安定な状態だと、使用時の振動や騒音は大きくなってしまいます。

だいたいの洗濯機には、水平かどうかを計測できる水準器というものが付属していますので、これで洗濯機がちゃんと水平であるかを調べてください。

調べ方はいたって簡単で、水準器の中の気泡が中央に位置していればOK。もし気泡の位置がずれている場合は洗濯機の足を調節したりマットを下に敷いたりして、水平になるように調整してください。

もし、水準器がついていない洗濯機や水準器が壊れている場合は、ホームセンターなどで水準器を購入するか、スマートフォンのアプリの水準器を使って計測してください。


床の強度不足

洗濯機を置いている床の強度が弱くなっていたり、柔らかい素材だったりすると洗濯機が不安定になり振動が大きくなってしまう場合があります。

洗濯機を置いている場所は湿気が多く、洗濯機の重みで劣化しやすいです。変色していたりへこんでいたりなど、異変を感じた場合は洗濯機を移動させるか、床の修理を早い段階で行ってください。対応が遅れると洗濯機が横転してしまう可能性もあり、危険です。

おすすめなのは、洗濯機設置時に丈夫な洗濯機台を設置することです。家の床も傷めませんし、もし水漏れした場合でも被害を抑えられます。


洗濯機の足の高さの問題

洗濯機の種類にもよりますが、洗濯機の足は高さを調整できるものが多いです。その足の高さが合っていなかったり、緩んでいたりすると洗濯機が不安定になり、騒音と振動の原因となります。

高さが合っていない場合はきちんと調整して合わせ、洗濯機を安定させましょう。もし足に不具合があってうまく調整できない場合は、タイルや角材などを下に敷いて高さを合わせてください。

しかし、タイルや角材による調節はあくまで応急処置です。備え付けの足に比べると安定性に欠けるため、速めに足の部品の交換や修理を行ってください。


うまく排水ができていない

洗濯機には排水のための排水パイプが付いていますが、この排水パイプの位置が洗濯機の排水口より高くなっていると排水がうまくできない場合があります。 そうすると洗濯槽に水が残っている状態で脱水が始まってしまうので、騒音の原因になります。

脱水時に洗濯機の外側から異音がする場合は、排水パイプの位置をチェックし、位置を調整して音が収まるかどうかを確認してください。

また、パイプ内は洗濯物から出たホコリや糸くずが詰まりやすい場所です。詰まってしまうと排水はできなくなりますし、水漏れや故障の原因につながりますので、排水パイプ内は定期的にチェックして掃除するとよいでしょう。

洗濯機が故障している場合

洗濯物の内容に問題がなく、洗濯機も安定しているのに騒音が止まない場合は、洗濯機の故障かもしれません。

故障の疑いがある場合は、まずは洗濯槽の中を覗いてみましょう。左右のバランスがおかしくなっていたり傾いていたりしていませんか? その場合、軸が歪んでいる可能性があります。

洗濯機の軸が曲がっていたり歪んでいたりすると、回転時にガタガタを大きな音が鳴ってしまうのです。

こうなってしまうと自力での対処は難しいので、メーカーや修理業者に修理を依頼するか、買い替えを検討してください。

どうしても音が気になる……そんな場合は防音グッズを!

防音ゴム

洗濯物の内容にも気を付けているし、洗濯機や排水パイプも正しい位置にして振動も音も小さくなったけど、それでもやっぱり気になる……という方には、防音グッズがおすすめです。

洗濯機の振動や音を和らげるための、専用の防音マットや防音ゴムがホームセンターなどで販売されているので、購入して洗濯機の下に設置してみてください。
設置をするだけで振動も音もかなり抑えられます。

また、専用の防音マットや防音ゴムはちょっと費用が気になる……という方には、洗濯機専用ではないコルクマットや耐震用マットもおすすめ。効果を実感できたという声も多く、100円SHOPでも販売されていますので、一度試してみる価値はあります。

洗濯機を清潔・快適に使い続けるなら定期的なクリーニングを!

洗濯機の騒音の対処方法について詳しく紹介しましたが、いかがでしたか?
洗濯機は生活には必要不可欠な家電です。毎日のように使用する方がほとんどかと思いますので、騒音や振動に悩まされず、日々清潔なお洗濯ができることが望ましいですよね。

洗濯機を清潔に使うためには、定期的なクリーニングが必要です。ご自宅でも市販の洗剤を使った掃除はできますが、洗濯機を分解してまでの洗浄となると、素人にはかなり難しい作業ですし、無理に行ってしまうと故障してしまうこともあります。

そこでおすすめなのが、プロの洗濯機クリーニング業者による分解洗浄です。プロの腕なら、洗濯槽の裏側や細かい部品など、素人では手の届かない箇所まで根元から汚れを解決してくれます。

くらしのマーケットでは、口コミ内容やサービス内容、料金から業者を探しだせる上に、不明な点は担当者と直接やり取りすることも可能です。
気になるオプションメニューの内容や金額も提示されているため、安心して選ぶことができるので、ぜひご利用ください。

◎オンライン予約可能
◎予約前の個人情報の入力不要
◎しつこい営業電話なし
◎不明な点は店舗スタッフに直接メッセージが可能

関連記事

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る