洗濯機を有料または無料で処分する仕方について

洗濯機を処分する場合の基礎知識や、まだ使える洗濯機をお金をかけずに処分する方法、使用不可である洗濯機を有料で処分する方法について詳しく説明いたします。

洗濯機のイメージイラスト

洗濯機を捨てる際、粗大ゴミとしては捨てることができないことをご存じでしょうか? 洗濯機は家電リサイクル法によってリサイクルが義務付けられているので、指定された正しい方法で処分しなければならないのです。

洗濯機の処分の基礎知識や、使用可能な洗濯機を無料で処分する方法、もう使えない洗濯機を有料で処分する方法について解説いたします。

目次

  1. 1)洗濯機の処分の基礎知識
  2. 2)お金をかけずに洗濯機を処分するには
  3. 3)有料で洗濯機を処分するには
  4. 4)不用品回収サービス探しにはくらしのマーケットがおすすめ
  5. 5)併せて読みたい関連記事

1)洗濯機の処分の基礎知識

ドラム式洗濯機

2001年より、家電リサイクル法の対象となった洗濯機、テレビ、エアコン、冷蔵庫は、処分する時にリサイクルを義務付けられています。主に洗濯機を販売している店に回収を依頼したり、自分で指定の回収場所に持ち込んで処分することになり、リサイクル費用や収集運搬費がかかることが多いです。

2)お金をかけずに洗濯機を処分するには

通常、洗濯機を捨てる場合には費用がかかりますが、まだ使用できる場合に限り、お金をかけずに処分できる場合があります。以下で詳しく説明します。

①フリマアプリやネットオークションを利用する

パソコンの画面

最近、インターネットのフリマアプリやネットオークションを利用する人が増えてきています。衣類やホビー関係のものを出品する人が多いようですが、洗濯機を始めとした家電も出品可能です。製造年数が新しめの洗濯機なら高値で買い手がつきますし、古くてもまだ使用できるものなら、売れる可能性が高いです。

処分費用がかかるどころか、売上金までゲットできるおトクな方法なのでおすすめですが、買い手があらわれないと処分に時間がかかるケースもあります。

②リサイクルショップで買い取ってもらう

リサイクルショップではお客さんから買い取った中古品を販売していますが、洗濯機の買取も受け付けている場合が多いです。出張サービスを無料で行っているショップも多く、申し込めばショップ店員が自宅までやって来てくれて、その場で査定・買取を行ってくれます。

フリマアプリやインターネットオークションに比べて短時間で処分ができ、簡単なやり取りで引き取ってもらえるので、まだ使える洗濯機を早く処分したい場合はリサイクルショップを利用するとよいでしょう。ただし、古い洗濯機は買い取ってくれないこともあります。

製造後5年以内の洗濯機ならば買取を受け付けてくれて、3年以内のものならば高値で買い取る、という店が多いようです。

3)有料で洗濯機を処分する方法

壊れてしまって使用不可である洗濯機や、製造から年数が経っていて買い取ってもらえない洗濯機の場合は、以下で説明する有料で洗濯機を処分する方法を行いましょう。

①買い替えの際に購入店に引き取ってもらう

電器屋のイラスト

洗濯機を買い替えるために古い洗濯機が不要になった場合は、新しい洗濯機を購入する店舗で古い洗濯機を引き取ってもらえます。収集運搬料金やリサイクル料金はかかりますが、新しい洗濯機を搬入するついでに古い洗濯機を処分してもらえるので、かなり楽な方法です。

店舗の中には、買い換えキャンペーンとしてポイントをプレゼントしていたり、安い料金で処分を受け付けていたりする店舗もあるので、買い換えの際はこの方法がもっともおすすめです。

②処分時に購入した店舗に引き取ってもらう

新しい洗濯機を買う予定はないけれど洗濯機が不要になった場合は、その洗濯機を購入した店舗に処分を依頼しましょう。家電リサイクル法によって、洗濯機を販売した店舗は処分を依頼されたら受け付けるように決められているので、必ず処分を受け付けてくれます。

収集運搬料金とリサイクル料金がかかります。

③最寄りの役場に問い合わせる

市役所のイラスト

洗濯機の購入店が分からない場合や、引越してしまって購入店が遠方になってしまい、処分に困っている場合は最寄りの市区町村に問い合わせてみましょう。引き取りを受け付けてくれる事業者や小売店を紹介してくれるはずです。また、市区町村自体が回収を行ってくれる場合もあります。

この場合も、収集運搬料金とリサイクル料金がかかります。

④指定された取引場所に持ち込む

処分前に郵便局に行って、家電リサイクル券の振込用紙に必要事項を記入して窓口でリサイクル料金を支払い、指定の取引場所に持ち込んで処分するという方法もあります。

運搬はしてくれないので引取場所には自分で持ち込まなければなりませんが、その分収集運搬費用はかからないので必要な費用はリサイクル料金のみになります。全国各地に指定取引場所はありますが、家の近くの場所が分からない場合は一般財団法人家電製品協会の最寄りの指定引取場所検索のページで探せるので、ぜひ利用してみてください。

⑤不用品回収事業者に依頼する

軽トラのイラスト

不用品を回収のサービスを提供している事業者に依頼するという方法もあります。洗濯機単体のみの回収をお願いすることもできますが、大抵の場合はほかの不用品一緒に引き取ってくれます。

2トントラック一台分詰め放題プランなど、一定量の不用品なら一律の料金で回収を行っている事業者もあるので、引越しなどで不用品を大量に処分したい場合におすすめです。

4)不用品回収の依頼にはくらしのマーケットがおすすめ

洗濯機は家電リサイクル法でリサイクルが義務付けられているため、正しい方法で処分する必要があります。不用品回収を行っている事業者の中には、無許可で違法な回収をしている悪徳な事業者も多く、不法投棄を行っていたり、法外な料金を要求されることもあります。

洗濯機の回収を不用品回収サービスに依頼する場合は、しっかりと事業者を見極める必要があります。

くらまくんロゴ

くらしのマーケットは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の暮らしのサービスをオンラインで予約できる、日本最大級のサービス比較サイトです。

くらしのマーケットが選ばれる理由

料金・サービス内容が明確

急な追加料金なし

店舗写真・口コミでしっかり比較

利用者評価に基づくランキングで安心

予約・質問はWEBで完結

万が一のための損害賠償補償あり


⇒はじめての方へ(わたしたちの想い)
⇒超簡単!サービス予約の流れ

人気のサービスカテゴリ

☆格安引越し
☆不用品回収
☆エアコンクリーニング
☆お風呂クリーニング
☆エアコン取り付け

⇒サービスカテゴリ一覧を見てみる
※サービス比較や口コミ閲覧に会員登録は必要ありません

5)併せて読みたい関連記事

荷台に家具を載せたトラックの模型

関連記事

人気記事TOP5

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る