洗濯機の処分方法や処分費用・家電リサイクル法を解説!

洗濯機が壊れてしまった。買い替えたい。処分したい!洗濯機の処分方法にお困りの方にオススメの処分方法をご紹介。処分費用や処分の流れについてもまとめています。また、処分する時に知っておきたい「家電リサイクル法」についても解説しているので参考にしてください。

洗濯機のイメージイラスト

故障、引っ越し、買い替えなど、大きくて重い洗濯機は処分がとても大変……。

洗濯機は「家電リサイクル法」という法律に基づいて処分する必要があります。間違った方法で処分してしまうと法律違反になってしまうことも。

「どの処分方法が良いのかわからない」 「処分したいけど、時間がない」 「少しでも安く処分したい!」など、皆さんの状況にあった処分方法を5つご紹介します。

この記事でわかること

  • 家電リサイクル法とは
  • 処分にかかる費用の内訳
  • 処分方法の選び方
  • リサイクルショップで売却する方法
  • オークションに出品する方法
  • 家電販売店へ引き取りを依頼する方法
  • 指定取引所へ持ち込む方法
  • 不用品回収業者に依頼する方法

目次

1. 家電リサイクル法とは
2. 処分方法の選び方
3. 処分方法①リサイクルショップに買い取りを依頼
4. 処分方法②オークションに出品
5. 処分方法③家電販売店で回収してもらう
  5-1. 洗濯機を購入した販売店で回収してもらう
  5-2. 新しい洗濯機を購入する場合
6. 処分方法④指定取引所に持ち込む
7. 処分方法⑤不用品回収業者に依頼
8. 不用品回収業者選びに困ったら

1. 家電リサイクル法とは

家電リサイクル法とは、一般家庭や事務所から出される家電製品をリサイクルし、資源を有効に活用しようという法律です。エアコン・冷蔵庫・洗濯機・テレビ・乾燥機などの家電製品に適用されています。

不用になった家電は、リサイクル料金を支払った上で「指定取引所」に持ち込む必要があるのですが、家電販売店では新しい家電の購入と引き換えに回収を依頼できたり、または不用品回収サービスを利用して自宅から回収してもらったりすることができます。

回収を依頼する場合、リサイクル料金に加えて「運搬料」がかかります。下記のリサイクル費用の料金形態を参考にしてください。

●自分で指定取引所に持ち込む
───────────────
①リサイクル料金
───────────────

●家電販売店に回収を依頼
───────────────
①リサイクル料金
     +
②指定取引所への運搬料
───────────────

●不用品回収サービスを利用
───────────────
①リサイクル料金
     +
②指定取引所への運搬料
     +
③オプション料金(階段の有無など)
───────────────

2. 処分方法の選び方

洗濯機の処分方法はたくさんあります。ご自身に合った方法を探してみてください!

 こんな方にはリサイクルショップがオススメ

  • 洗濯機の状態が良い
  • 洗濯機の製造年から10年以上経過していない
  • オークションに慣れていない
  • 搬出が難しい(一部の店舗では、出張買取を行っています)
▶リサイクルショップでの買い取りについて

 こんな方にはオークションがオススメ

  • 洗濯機の状態がいい
  • オークションに慣れている
  • まだ使えるから、お手頃な価格で譲りたい
  • 時間に余裕がある
  • 洗濯機を梱包する手段がある

▶オークションへの出品について

 こんな方には家電販売店がオススメ

  • 処分したい洗濯機の購入場所がわかっている
  • 新しい洗濯機の購入予定がある
  • 指定取引所が遠い

▶家電販売店での回収について

 こんな方には指定取引所がオススメ

  • 運搬手段がある
  • 好きな時に処分したい、できるだけ早く処分したい
  • できるだけ安く処分したい

▶指定取引所への持ち込みについて

 こんな方には不用品回収業者がオススメ

  • 運搬手段がない
  • できるだけ早く処分したい
  • 洗濯機を運び出すのが難しい
  • 一緒に回収してほしいものがある

▶不用品回収について

3. 処分方法①リサイクルショップに買い取りを依頼

リサイクルショップで洗濯機を買い取ってもらう方法です。オークションとは違い、交渉で買取価格が変わることはありません。

また、リサイクルショップでは、出張買取を行なっている店舗もあります。出張買取は、洗濯機を運ぶ手間が省けるので便利です。

少しでも高く買い取ってもらうためのポイントがあります。洗濯機の本体はもちろんですが、洗濯機の説明書などの付属品も揃え、できるだけきれいな状態で査定してもらいましょう。

新生活が始まる2月〜4月に買取価格が高くなる傾向があります。その時期に合わせるのもオススメです。

また、買い取ってもらう際に身分証明書の提示が求められる場合があります。健康保険証免許証などを手元に準備しておくと困りません。

4. 処分方法②オークションに出品

インターネットにはたくさんのオークションサイトがあり、それを利用して売る方法です。

オークションでは、条件を決められたり最低取引価格を設定できるので、リサイクルショップよりも高く売れる可能性があります。

リサイクルショップと同様に新生活で洗濯機が必要になる2月〜4月が売り時です。

洗濯機の梱包を自力でするのが難しい場合は、配送業者の家電配送サービス引越し業者の配送サービスにお願いしましょう。

5. 処分方法③家電販売店で回収してもらう

家電販売店の不用品回収サービスの利用方法は2つあります。

5-1. 洗濯機を購入した販売店で回収してもらう

洗濯機を購入した販売店が回収サービスを行っていれば、回収してもらうことができます。

この場合は直接販売店に持ち込みます。また、郵便局でリサイクル券の購入が必要です。回収方法は販売店によって異なるため、お近くの店舗の状況を調べてください。

5-2. 新しい洗濯機を購入する場合

販売店によって異なりますが、新しい家電の配送・設置と同時に古い家電を回収してくれます。運ぶ必要がなくなるので手間が省けるのが一番のメリットです。

しかし、販売店から製造業者やリサイクルセンターに配送する費用を負担しなくてはならないため、処分費用は少し高くなります。

回収条件や回収の流れが店舗によって異なるため、詳しくは洗濯機の購入を希望する店舗に問い合わせてください。

6. 処分方法④指定取引所に持ち込む

「指定取引所」という場所に処分したい家電を直接持ち込む方法です。 指定取引所は地域ごとに決まっています。

リサイクル場まで直接運んでいるため、リサイクル場までの収集運搬料がかからないのが特徴です。回収の流れは以下の通りです。

  1. 最寄りの指定取引所を探す
  2. 郵便局で「家電リサイクル券」に記入(※1)
  3. メーカーごとに決められたリサイクル料金を振り込む
    (このときの振替払込受付証明書は大切に保管しましょう)
  4. 必要事項を記入した「家電リサイクル券」を、洗濯機に貼り付ける(※2)
  5. 家電リサイクル券と洗濯機を指定取引所に持ち込む

※1:直接、指定取引所に持ち込むため、料金郵便局振込方式(青字の券を使用)です。記入方法は表紙の裏面に書かれています。

※2:券の添付場所は洗濯機右側面の上部です。

7. 処分方法⑤不用品回収業者に依頼

不用品回収業者という民間業者に依頼して処分する方法です。不用品回収業者は、運び出しから行ってくれるため料金が比較的高めになります。

そのため、はじめに業者に見積もりを提示してもらい、料金を確かめてからお願いするのがオススメです。

また、不用品業者を探す時は悪徳業者に注意しましょう。不用品を回収するには市区町村が許可している「一般廃棄物処理業許可」が必要です。この許可をもらっていない業者は適切な方法で回収・廃棄していない可能性が高く、問題になっています。

「古物商の許可」・「産業廃棄物処理業の許可」では、家電リサイクル法が適用されている家電は回収できません。名前が似ているので気をつけましょう。

8. 不用品回収業者選びに困ったら

くらしのマーケットの最大の特徴は、料金やサービス内容、口コミなど、業者選びに必要な情報がすべてページ上で確認できること!

「◯◯円〜」といった不明瞭な料金表示はなく、当日の急な追加料金や手数料なども発生しません。各業者のサービスページ閲覧には会員登録も不要なので、作業スタッフの写真や利用者の口コミもしっかり事前確認が可能です。

「予約前に聞きたいことがある」という場合も安心。ページ上のメッセージ機能で店舗スタッフに直接質問することができます。

◆オンライン予約可能
◆予約前の個人情報の登録不要
◆しつこい営業電話なし
◆不明な店は店舗スタッフに直接メッセージが可能

関連記事

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る