パソコンを処分するには?注意点やデータ消去の仕方、処分方法を解説

パソコンの処分方法について。処分前にやるべきデータ移行とデータ消去の仕方、業者・自治体・メーカーに依頼する場合の処分方法についてご説明します。下取りや買取りなど、新しいパソコンの購入費用を抑えられるおトクな方法もご紹介!

パソコンと猫

パソコンはゴミとして処分することができないため、処分方法に困っている方も多いのではないでしょうか?

しかもパソコンには大切なデータを保存している方がほとんどかと思いますので、処分時にはそのデータの取り扱いにも注意しなければなりません。

処分前にやるべきデータ移行やデータの消去の仕方から、自治体・メーカー・業者が行うパソコン処分についてご説明します!

また、処分するパソコンがまだ使える場合の、おトクな下取りや買取りの方法についても解説しますので、ぜひ参考にしてください。


目次

1. そのままでは捨てられない? パソコン処分時の注意点
  1-1. ゴミとしては捨てられないので注意
  1-2. 初期化では不十分! 必ずデータの消去を行おう
2. パソコンのデータを消去するには?
  2-1. 必要に応じてデータの移行をする
  2-2. データの消去方法
3. パソコンの処分方法
  3-1. 自治体に回収してもらう
  3-2. メーカーに回収してもらう
  3-3. 業者へ郵送 OR 持ち込む
  3-4. 下取りに出す
  3-5. 買取りを依頼する
4. パソコンの処分業者選びに困ったら


1. そのままでは捨てられない? パソコン処分時の注意点

1-1. ゴミとしては捨てられないので注意

家庭用のノートパソコン、デスクトップパソコン、デスクトップパソコンのモニターは、平成15年10月(※事業系パソコンは平成13年4月)から資源有効利用促進法により、メーカーによる自主回収またはリサイクルが義務付けられることになりました。

これにより、パソコンをゴミとして捨てることができなくなったため、メーカーに回収を依頼もしくは業者に引き取ってもらわなければならなくなりました。

処分の方法はいくつかあるので、のちほど詳しく説明いたします。

※プリンタやキーボード、マウスなどの周辺機器は、自治体の不燃ゴミや粗大ゴミで回収可能なケースが多いので、廃棄の際は自治体のホームページなどで確認してください。


1-2. 初期化では不十分! 必ずデータの消去を行おう

パソコンを処分する前に必ず行うべきなのが、パソコンのハードディスクのデータ消去です。

パソコンにはメールアドレスや電話番号などの個人情報や、仕事上の機密情報、オンラインで買い物をした際に利用したクレジットカード情報、登録サイトのIDやパスワードなど、重要な情報がたくさん記録されています。

これらが流出してしまうと、アカウントの乗っ取りやクレジットカードの不正使用、社外秘のデータの漏洩など、大変な事態に発展する可能性もあります。

面倒だからとデータの消去を行わずに処分するのは非常に危険なので、処分前に必ずデータの消去を行ってください。

なお、「初期化すればデータの消去もできる」と考えている方も多いようですが、これは間違いです。

一見データは消えているように見えますが、ハードディスクの内部には消したはずのデータが残っており、特殊な方法を使えばデータの復元が可能です。そのため、パソコンを廃棄する前には、ハードディスクのデータを完全に削除する方法を取る必要があります。


2. パソコンのデータを消去するには?

前項でも説明しましたが、大切な情報を流出させないためにも、処分前のデータ消去は必須です。また、消去する前には必要なデータを新しいパソコンに移す必要もあります。

データ移行の仕方、データ消去の仕方を以下で詳しく説明します。


2-1. 必要に応じてデータの移行をする

ハードディスクとUSBメモリとCD

パソコンを買い替える場合は、古いパソコンのデータを新しいパソコンに移す必要があります。データ移行の3つの方法を順番にご説明します。


〇手動でデータを移す

用意するもの:外付けハードディスクやCD-R、DVD-R、USBメモリなどの記録媒体

移行方法:古いパソコンのデータを記録媒体に移し、新しいパソコンに接続して移すだけです。

※ただし、古いパソコンにインストールしたソフトウェアやネットワークの設定は移行できないので注意してください。


〇Windows転送ツールまたはMacの移行アシスタントを使う

用意するもの:新旧2つのパソコンを繋げるUSB転送ケーブルや外付けハードディスクなどのツール

※新旧両方のパソコンがネットワークに繋がっている必要があります。

移行方法:WindowsやMacのパソコンには、それぞれにデータ移行のためのソフトウェアが用意されています。簡単な操作を行えば自動で移行してくれるので、楽に移行作業ができます。

詳しい移行方法は、以下Windows・Appleの公式ページでご覧ください。

Windows公式ページ|転送ツールで多くのファイルや設定が引き継げます
Apple公式ページ|コンテンツを新しい Mac に移行する方法


〇データ移行用ソフトを使う

用意するもの:データ移行用ソフト、ソフトの説明書に記載の必要なもの

移行方法:有料のデータ移行用ソフトを購入し、その使い方通りにデータを移行する方法です。安心、安全に移行できる上、他の移行手段ではできないアプリケーションソフトの移行ができるものもあります。


2-2. データの消去方法

ハンマーと砕かれたハードディスク

パソコン内のデータの消去のやり方は、パソコンが起動する場合と、壊れてしまって起動しない場合で異なります。

それぞれの場合のやり方について詳しく説明いたします。

なお、自分でデータ消去を行うのが難しい場合は、処分業者やメーカーが対応してくれる場合もあるので、3.パソコンの処分方法を参照してください。


〇パソコンが起動する場合

パソコンの電源が入り、正常に起動する場合は、データ消去用のソフトを使って、その説明書通りにパソコンを操作してデータを消去します。

先述したパソコンの初期化や、手動でファイルを削除してゴミ箱を空にしただけでは、データの復元が可能になってしまうため、必ずソフトを使って行ってください。

最近のパソコンにはデータ消去用のツールが入っているものが多いので、取扱説明書やパソコンメーカーのホームページなどに記載の手順通りに操作すれば簡単にデータを消去することができます。

しかし、古いタイプのパソコンなどにはデータ消去ツールがインストールされていないものも多いです。

その場合は、フリーのデータ消去ソフトをダウンロードするか、有料のソフトを購入します。

なお、フリーだからといってデータが完全に消えないわけではなく、処理スピードが遅かったり操作の手間が多かったりするだけなので、十分使用できるものがほとんどです。


〇パソコンが起動しない場合

パソコンが起動せず、ソフトによるデータ消去を行えない場合は、ハードディスクをパソコンから取り出して、予備のバックアップ用ハードディスクとして保管するか、不要な場合は工具などで破損させ処分します。

取り出すにはパソコンを分解する必要がありますが、だいたいのパソコンでは比較的簡単にハードディスクを取り出すことが可能です。

ただし、中には分解が難しいものもあります。故障させたくない場合は、無理をせずにメーカーや業者に処理を依頼するのがおすすめです。

ハードディスクのみならパソコンではないので、だいたいの自治体では不燃ゴミとして廃棄することができます。

※自治体によって対応が異なるので、詳しくは各自治体のホームページなどで確認してください


3. パソコンの処分方法

無料で処分できる方法や、買取りや下取りなどでおトクに処分できる方法があります。以下でそれぞれの処分方法について詳しく説明します。


3-1. 自治体に回収してもらう

ノートパソコンや携帯電話、プリンタなどの小型家電を無料で回収してくれる回収BOXを設置している自治体が増えてきています。

中にはデータ消去までサービスとして行っているところもあるので便利です。ただし、回収ボックスの有無、回収品目は異なりますので、各自治体のホームページなどで確認が必須です。

また、データ消去を行っている自治体であっても、回収前に盗難に遭う可能性があります。念のため、データを消去後にBOXに投函するようにしましょう。


3-2. メーカーに回収してもらう

PCリサイクルマーク

「資源有効利用促進法」に基づき、メーカーにはパソコンの回収が義務付けられています。パソコンにPCリサイクルマークが付いている場合は、本体の標準付属品ごと無償でメーカーが回収に応じています。

PCリサイクルマークが付いていないパソコンの場合は有償になります。

 回収費用の相場

  • ノートパソコン本体:3,000円
  • デスクトップパソコン本体:3,000円
  • モニター一体型パソコン本体:3,000円
  • ブラウン管ディスプレ:4,000円


なお、メーカーではデータ消去を行っていないところが多いです。しかし、リサイクルの際にハードディスクを粉々に破壊する場合が多いので、個人情報の流出はほぼないようです。

回収前にハードディスクの処分法について確認を取り、不安なら自分でデータを消去するようにしましょう。


3-3. 業者へ郵送 OR 持ち込む

自治体の回収BOXが近くになかったり、メーカーの回収に時間がかかりそうだったりする場合におすすめなのが、業者による回収です。

パソコンを郵送するだけで処分してくれる業者や、出張回収に対応している業者も多く、パソコンの処分に手間をかけたくない場合に便利です。

また、持ち込みにも対応している業者もあり、送料を抑えたい人にはおすすめです。

業者によってはデータ消去やハードディスクの破壊を行ってくれるところもあるので、依頼前に調べてみるといいでしょう。

※不法投棄をしたり個人情報を抜き出したりする悪徳業者も少なからず存在します。依頼前に利用者の口コミや評判などをしっかり調べて検討してください。


3-4. 下取りに出す

パソコンを買い替える際、古いパソコンがまだ使える場合は下取りに応じてくれる店舗もあります。

古いパソコンを下取りしてもらうことで、新しいパソコンを値引きされた金額で購入できるのでおトクです。

大手の家電量販店で対応している場合が多く、店舗に直接持ち込んだり郵送でパソコンを送ったりすることによって、下取りをしてもらえます。

データ消去に対応しているかどうかは販売店によるので、事前に確認して必要なら自分でデータ消去を行いましょう。


3-5. 買取りを依頼する

新しいパソコンが欲しいけれど、購入予定の店舗で下取りをしていないといった場合は、買取り業者に査定してもらい買い取ってもらう方法もおすすめです。

新しめのパソコンなら比較的に高価に買い取ってもらうことが可能です。

こちらもデータ消去への対応は買い取り業者によるので、事前に確認が必要です。


4. パソコンの処分業者選びに困ったら

くらしのマーケットには、パソコンの処分もサービスに含んでいる不用品回収業者が多数登録されています。

くらしのマーケットの最大の特徴は、料金やサービス内容、口コミなど、業者選びに必要な情報がすべてページ上で確認できること!

「◯◯円〜」といった不明瞭な料金表示はなく、当日の急な追加料金や手数料なども発生しません。各業者のサービスページ閲覧には会員登録も不要なので、作業スタッフの写真や利用者の口コミもしっかり事前確認が可能です。

「予約前に聞きたいことがある」という場合も安心。ページ上のメッセージ機能で店舗スタッフに直接質問することができます。


◆オンライン予約可能
◆予約前の個人情報の登録不要
◆しつこい営業電話なし
◆不明な店は店舗スタッフに直接メッセージが可能

この記事のキーワード

関連記事

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る